GBRの手術

 GBRには、まずGBRを行って骨が出来てからインプラントを埋入する「段階法」と、GBRとインプラント埋入を同時に行う「同時法」がありましたね。ここでは段階法のGBRについて、ポイントとなる所の写真をお見せしましょう。


これは、上顎の奥歯が抜けている症例です。骨の高さと幅が両方とも足りません。GBRをして、骨の高さと幅を作っていきます。

歯肉を切って骨を露出させ、骨を作りたい所に骨補填材を盛りつけたところです。骨補填材にはPRPを混ぜています。 骨補填材を非吸収性のメンブレンで覆い、溶ける糸を使って固定したところです。この後粘膜を合わせて縫合します。


術前
術後約半年です。骨の高さと幅が回復できました。この写真は既にメンブレン除去手術も終了して、インプラント埋入を待つばかりです。


術前と術後の骨の状態も比較してみましょう。

術前の骨の状態です。骨が大きく吸収しています。 術後、インプラント埋入前の骨の状態です。十分な幅と高さになっています。



 いかがでしたか?骨が足りない場合に行う骨造成手術、特にGBRについて理解して頂けましたか。骨造成手術はインプラント埋入手術よりも高度な技術を必要とし、患者さんにとっても手術回数や手術期間が増えたり、腫れる事があったりして少し大変かもしれません。
 しかし、インプラント埋入が不可能なところに埋入しようとする時には絶対必要な手術なのです。また、ぎりぎりの骨量があってインプラント埋入が可能であっても、長期的に安定してインプラントを維持する為には、やはり絶対に必要な手術なのです。
 インプラントに限らず、歯科治療を長期的に成功させる為には必要な処置を省略せず、時間をかけてひとつひとつの処置を確実に行っていく事が大切なのです。


スマートフォン、携帯電話の方はこちらへどうぞ