(子供の成長)

今日は保育園での夏祭り。

駐車場に同じタイミングで来た女の子のお友達と楽しく手をつないで向かいます。

青春やね〜(じんべいもステキ)



会場に着くと「コウ君〜」と声をかけられるのは女の子のお友達が多い気がします。

うらやましすぎるぞ、コウ君。

カナ君も祭りを満喫していました。



遠くからこっちを見つけても泣かなくなったし、

踊りもそれなりの格好ができていて、成長を感じられました。

売られていた焼き鳥をおっさんのようにかぶりつき、あっと言う間の勢いで5本ぺろっと食べてました。

胃袋の方もちゃっかり成長していたようです(^_^A


(なぜ?この完成度)

保育園のお迎え時に、仲良しのお友達と遭遇。

顔が揃うや否や、

「へんなおじさん!へんなおじさん!へんなおじさんだから、へんなおじさんっ!!」

……『へんなおじさんダンス』を踊りだした。

しかもコウ君が率先して。

なぜこの年代の子たちがこの踊りを知っているのかが摩訶不思議。

きっと上の子たちがしてて、それを真似して覚えるのであろう。

恐るべし保育園効果。

しかし、この再現度、この完成度はいったい……。


(物欲の権化)

保育園から七夕の短冊を持って帰ってきました。

願い事を書いて提出するとのことですが、

早速なにを願うのか、コウ君に尋ねてみました。

すると、

「ハイパーブルーポリス(のおもちゃ)が欲しい」とか

「ゴーバスターズ(のおもちゃ)が欲しい」とか

なになにが欲しいという願いばかり……

つい先日ラジオで耳にしてた話題が記憶にあった。

短冊に「家族が長生きしてほしい」という願いを書いてた子どもがいたそうだ。

なんと感動する話であろう。まず、子どもが『長生き』という言葉を使うところがいい話。

それに比べウチの子はなんと物欲が強いのであろう…

…親の顔が見てみたいわ……(あ、僕か…)


(無理無理)

保育園にお迎えに行くと、コウ君と同じタイミングで出てきた

同じクラス3人の女の子達から立て続けに「コウくんのお父さ〜ん」

と声をかけられ、手を振ったり、軽く遊んだり、微笑み返し。

う〜ん、子どもとは言え、女の子からちやほや(?)されるのもまんざらではない。

おじさんがあと20歳若くて、君たちがあと16歳成長してくれたら。

……コウ君のお迎えの話じゃないんかいっ!?


(新旧田植え体験談)

昨日は保育園で田植え体験をしてきたみたいで、

田植えの格好をして見せてくれたり、

土に足がぬかるんだ事など楽しそうに話してくれました。



自分が小さい頃、田植えをした事をふと思い出した。

田植えをした。と言うより『泥んこ遊び』だったけどね。

田んぼがプール状態。ほんの33年くらい前の話し……。