(「ガジっと」)

保育園から自宅への帰宅途中でちょいと寄り道。

店の駐車場で車から降りると‥‥

蝉が一匹、仰向けで弱々しくもがいてる。

それを見てコウ君が言いました。「あっセミだ!」「どうしたんだろ?」

「‥‥かわいそう」と言葉を続けました。

蝉の短い一生が終わろうとしている事が子供でも少しはわかるのかな‥

と関心しているのもつかの間、

明らかにさっきとは違う開き直った感じの元気な声で「わかった!」

‥‥うん、その声はかわいそうだとは思ってないね、きっと。

それから今度はジェスチャーを混じえて‥‥

若干中腰で足をがに股開き、両腕を丸太を掴むような感じで、

挟み込む真似をして手を動かす「クワガタがね‥‥」「ガジっと」「挟んだんだよ」

‥‥‥「ガジっと」って、間違ってるようで間違ってないけどさ、

適切でないようで、結構適切な表現だったりもするけどさ。

でもね、これだけはわかる、

その蝉はクワガタにガジっと挟まれてヤラレタわけではないと思うよ。

とは言いませんでした。

コウ君のそのクワガタのポーズが無駄になっちゃうから‥‥‥


(少年の目に映るもの)

ちびっ子ふたりとも体調が微妙だったので

保育園に迎えに行って、それから病院に連れて行きました。

その帰宅途中の車の助手席でコウ君が空を見て言いました。

「カブトムシみたい!」その目線の先には白い雲。

確かにカブトムシの形に見えなくはないな‥‥。

カブトムシ欲しいって言ってたからそう見えるのかもしれないけど、

まず、大人になると純粋に空を見上げることが少なくなるし、

空に浮かぶ雲を見て何かの形に見えると思うことが

なくなってしまっている事に気づいた。

コウ君と共にカブトムシの形をした雲を眺めるイクメンお父さんの眼差しは

まるで少年のようだった‥‥

‥‥かどうかは定かではない。


(人生初の‥‥)

じいじの家の町内のお祭りの日だ。

天候が心配されたが、全く問題ない天気、さすが晴れ男のコウ君。

ちびっ子二人は甚平を着て雰囲気からお祭り気分。



会場に着いて、まずコウ君が目をつけたものは『金魚すくい』

最近は薄い紙状のおもちゃみたいな金魚すくいが支流だけど、

ココではなんとも珍しい昔懐かしいモナカの皮のタイプの金魚すくいだ!

ウチでは飼う設備がないし、すぐ飽きることは目に見えているから、

いままでやらせなかったが今日は出血大サービスで解禁。

コウ君、人生初の金魚すくいにチャレンジ!

2回やってみたが、うまくすくえるはずもなく、

あえなくモナカの皮はただのゴミとなった。

それでも金魚すくいのお約束(?)サービスで一匹ゲット!



しばし嬉しそうに金魚を観賞。そして、バアバの盆踊りも遠目に鑑賞。

太鼓のリズムと曲が終わり‥‥‥バアバが盆踊りから戻ってくるやいなや‥‥

「バアバ可愛いね」の言葉がコウ君の口から飛び出した!

人生初のお世辞(?)か‥‥‥いやこれ以上何も言うまい。

その後も、かき氷を食べたり、真似してみんなと一緒に踊ったり、

本物の太鼓に触ったり‥‥‥着々とお祭り男として成長するのであった。


(長い45分間)

午前中プールに行く予定を変更して、午後からプールに行く事となり、

それをまた変更して、公園で噴水水遊びをする事となり波乱の展開。



噴水の時間帯が決まっているので、まず始まるまで遊具で遊びます。



手を取り合い、仲睦まじい光景です。



噴水の時間になりました。第一回戦開始!!



45分の休憩ののちゴーグル&ラッシュガード着用で第二回戦に挑みます!



噴水の時間は15分、そして45分待って、再び噴水の時間の繰り返し。

この日は2回で30分噴水水遊びを楽しんだ、

暑い中の45分の待ち時間は子供たちには長く感じるんだろうな〜…

大人でも長く感じますが(いや実際長い…)……( ̄△ ̄;)


(お〜祭りだ〜)

お〜祭りだ〜、お祭りだ〜、お〜祭り大好きさ〜♪

\(^^\)(/^^)/

今日は大村夏越祭り3日目、みんなで繰り出してみようかっ!

て予定でした。

ところがっどっこい、カナ君が突然の熱で保育園からのお呼び出し。

もちろんお祭りなんか行けるはずもなく自重。

しかしお兄ちゃんのコウ君は至って健康体。

ここは、コウ君とお母さんのお祭り組と、

カナ君とイクメンお父さんのお留守番組に別れることになりました。

イクメンお父さん留守番だからと言って、なにも悲しいことはありません。 (TmT)

カナ君とうたた寝しながらまったり過ごしました。

そして、コウ君が帰って来てからは、

○○を買って○○を買った、とか

お友達の○○ちゃんに会ってそれから○○君に会ったとか、

いろいろ楽しそうなお土産話しを聞くことができ

留守番していた甲斐があったと思いました。  (/_<)

焼きそばのお土産もあり、心もお腹も満たされましたとさ。


(日焼け?それとも?)

先日のプールで、ほんのり日焼けしたカナ君なんだかちょっぴり健康的風貌。

今晩の夕ご飯のスパゲッティを手掴みでほおばりワイルドだぜ〜。

口とほっぺの周りに薄茶色が上塗り。色黒さ1.25倍増し。

日焼けなのかスパゲッティの汚れなのか

微妙なくらいのいい感じなこんがり具合になってる。

まるで松崎しげる風、いやそこまでいかない、東幹久くらいにしとこう……

いやいやそういう問題じゃない。

無邪気にスパゲッティを散らしなが食べる姿は、

まだまだ紛れもない、黒に染まっていない純粋な子供です。

濡れテッシュで拭くと、やはり可愛いカナ君でした。


(オリンピックに…)

今日は誰がなんと言おうと、絶好のプール日和。



カナ君1歳9ヶ月にして既に何度目かのプール体験ですが、

まったく水に対しての恐怖心がなくこちらがヒヤヒヤもの。

浮き輪なしで平気だし、繋いだ手を振りほどこうとするし、

足がつかない深いところまで進んで行こうとするし…

しっかり見張っておかないと危険極まりない。





コウ君は潜ってカナ君を引っ張って行ってくれるし、

二人とも水は得意だから水泳選手にでもするか、

そしたら次の次の次の次くらいのオリンピックに出場しているかも…

(o ̄∀ ̄)ノ

いっぱい遊んで帰って来たら、

みんなで『 川 』の字になってお昼寝しました。

あっ4人だから、『 川| 』の字かな。


(かき氷の日)

本日かき氷の日〜!

なんでも、昔は『かき氷』の事を『夏氷』と言ってたらしく、

ナ・ツ・ゴ・お・りのナ、ツ、ゴから7・2・5(7月25日)というわけです。

関連性があるかわかりませんが、知覚過敏の日でもあるらしいです。



偶然にも冷蔵庫に一個残ってたかき氷を、

夕食後にみんなで分けて食べました。

牛乳大好きカナ君は、牛乳多めのかき氷で、食べるというより飲む感じ、

飲み終えると「飲んだ!」と満足げの一言。 ♪ヽ(o ̄∇ ̄o)ノU

たぶん今日のかき氷の日を世の中で一番満喫したのは、このカナ君であろう……。


(普通の4歳男児)

絶好のプール日和。ではないものの最高気温30度で曇り時々晴れ、

風は少々あって体感気温はそう高くない。

それでも梅雨時期の休日に貴重な雨ではない天気。子供にとってはプール日和。

オープン時間前に到着。待ちきれないコウ君。落ち着かない様子で時間到来。

まるでパドックから放たれた馬のように発進!

低めの水温などもろともせず、激しく水と戯れる。

しばらくすると、保育園のお友達を発見。

また違うギアに切り変わりお友達モードへ。

「いっしょに遊ぼー」と言ってつかず離れず、時折捕まえたり捕まったりで仲良く遊びました。



男の子のコウ君はリードする‥‥‥というより、

自分の行きたいように連れ回してた感じに見えました…。

まだまだ紳士というには程遠い、単純な4歳男児でした。