これからもOM
OMの概要
アクセサリー編
ファインダーグループ
OMプリズム考
■ファインダーグループ
ファインダー交換式のカメラは、ファインダー取り付け部からフォーカシングスクリーンが交換できます。ファインダーが固定されているOM-1シリーズ、OM-2シリーズ、OM-3シリーズ、OM-4シリーズは、レンズ取り付け部からフォーカシングスクリーンの交換が可能です。この方式は他社のカメラにも見ることができます。
OM-4、OM-4Ti、OM-3、OM-3Tiのファインダーには視度補正機構が組み込まれていますが、その他の機種はアイカップを利用して視度補正レンズを取り付ける必要があります。
フォーカシングスクリーン ▲TOP
1-1 マイクロマット式(一般全レンズ用)
中央のマイクロプリズム部とマット面でピントを合わせることができる。マイクロプリズム部は開放F値がF5.6以上のレンズやF5.6以上の絞りでプレビューした時かげる。OM-1、OM-2に標準的に装備されていた。
1-2 マイクロマット式(望遠・標準レンズ用)
1-1と同じタイプであるが、マイクロプリズム部はF5.6でもかげらず、望遠レンズや標準レンズに適している。
1-3 スプリットマット式(一般全レンズ用)
中央のスプリットプリズム部とマット面でピントを合わせることができる。スプリットプリズム部はF5.6以上の絞り値ではかげる。
1-4N 全面マット式(一般全レンズ用)
全面がマット式になっておりプリズム部をもたないため、開放F値やプレビューした時の絞り値によりかげりがでることがない。
1-5 マイクロ透過式(広角・標準レンズ用)
中央はマイクロプリズムになっているが、その他は透明なスクリーンになっている。ボケ具合を確認できないが、マット面がない分だけ明るい。
1-6 マイクロ透過式(望遠・標準レンズ用)
1-5と同じタイプ。中央のマイクロプリズム部はF5.6でもかげらない。
1-7 マイクロ透過式(超望遠レンズ用)
1-5と同じタイプ。中央のマイクロプリズム部はF11でもかげらないので、開放F値の暗い超望遠レンズに適している。
1-8 全面マット式(天体・超望遠用)
全面が非常に細かいマット面になっている。そのため、どこでも精密なピントあわせができる。
1-9 透過式(内視鏡撮影用)
内視鏡にカメラをつけた時に使用する。全面が透明となっており明るい視野が得られる。
1-10 方眼マット(シフトレンズ用)
全面マットに方眼が入っている。もともとシフトレンズやマクロレンズ用として準備されたが、構図が決めやすいので一般撮影でも用いられる。
1-11 十字マット式(接写・拡大撮影用)
中央部は透明で二重十字線があり、周囲を細かいマット面にしてある。低倍率の接写はマット面、等倍以上では十字線でピントを合わせる。
1-12 十字透過式(顕微鏡・等倍以上撮影用)
バリマグニファインダーなどを装着して、まず二重線で視度調節をし、十字線を使ってピント調節をする。
1-13 マイクロ/スプリットマット(一般全レンズ用)
中央のスプリットプリズムをマイクロプリズムで囲み、さらに周囲はマット面になっている。OM-1NやOM-2Nに標準的に装備されたスクリーン。
1-14 マイクロ/スプリットマット(一般レンズ用)
中央のスプリットプリズムが斜めになっている。横線や縦線の多い被写体に向いている。
ファイン・ルミマイクロマット
それまでのスクリーンのマット面に改良を加え、明るくなった新型フォーカシングスクリーン。OM-3Tiに標準装備されると共に2種類の新型スクリーンが発売された。交換はできないがOM20にこのタイプのフォーカシングスクリーンが採用されていた。
ミラーボックス内の受光素子は正しい測光値を示すが、ペンタ部の受光素子はフォーカシングスクリーンが明るくなった分だけ誤差が生じる。そのため、OM-2SP、OM-3、OM-3Ti、OM-4、OM-4Ti(BLACK含む)以外の機種には取り付けられないようにスクリーンの出っ張り部分の形状が異なっている。
2-4 全面マット式(一般全レンズ用)
1-4Nの改良型。
2-13 マイクロ/スプリットマット(一般全レンズ用)
1-13の改良型。
フォーカシングスクリーン
ブラシ、ピンセットがセットになりケースに入っている。
ケースには、交換するフォーカシングスクリーンを立てるためのスペースが設けられている。
フォーカシングスクリーン交換が可能なOMは、同じ手順で交換できます。
交換方法
アイカップ ▲TOP
アイカップ1
初期のアイカップは、丸型のラバー製です。
視度補正をする時、アイカップにディオプトリックコレクションレンズを装着します。
アイカップと同時に、視度調整にも用います。
通常は中空になっていますが、ディオプトリックコレクションレンズを装着することで視度補正できます。ディオプトリックコレクションレンズの度数を変えるだけで近視・遠視にも対応します。
アイカップ2
アイカップ2の覗き窓は四角に変わりました。視度補正にはディオプトリックコレクションレンズ2を用います。これは、ディオプトリックコレクションレンズにアイカップがついた構造となっています。
ディオプトリックコレクションレンズ2

アイカップ1はディオプトリックコレクションレンズを交換して、それぞれの視度に合わせることができましたが、アイカップ2に交換用のディオプトリックコレクションレンズはありません。ディオプトリックコレクションレンズそれぞれにアイカップがついたディオプトリックコレクションレンズ2により視度調整を行うようになっています。
バリマグニファインダー ▲TOP
アングルファインダーとマグニファイヤーの機能を持つアタッチメント。アングルファインダーとして全視野を見ながら構図を決める場合は倍率を1.2×に合わせ、マグニファイヤーとして正確なピント合わせをする場合には2.5×にします。接眼部分には+3〜-7ディオプターの範囲で視度調整ができる回転ヘリコイドがついています。また、接眼アングルは360°自由に変換できます。
1.2×の光学系
2.5×の光学系
アイカプラー
顕微鏡写真撮影でフォーカシングスクリーン1-12を用いる場合に併用すると、周辺まで明るくみることができます。
(取り扱い説明書より)
▲TOP
ホームへ
OMの概要・プロローグ
OMの概要・カメラ編
OM-1シリーズ
OM-2シリーズ
OM-3シリーズ
OM-4シリーズ
OM二桁・三桁シリーズ
OM以外のカメラ
OMの概要・レンズ編
ズイコー/広角レンズ
ズイコー/標準レンズ
ズイコー/望遠レンズ
OMの概要・アクセサリー編
フラッシュフォトグループ
モータードライブグループ
OMの使い方
OM-1Nの使い方
OM-4Tiの使い方
中古OMガイド
中古OMガイド/ボディー編
中古OMガイド/レンズ編
OM-D E-M5
中古OM-1の販売状況
中古OM-2の販売状況
中古OM-3の販売状況
中古OM-4の販売状況
中古OM二桁・三桁シリーズの販売状況
中古ズイコーレンズ(広角)の販売状況
中古ズイコーレンズ(標準)の販売状況
中古ズイコーレンズ(望遠)の販売状況
中古ズイコーレンズ(ズーム)の販売状況
OMプリズム考
プリズムの腐食
プリズムの腐食はOM特有の現象ではなく、ペンタ部内側に貼られたモルトが経年変化により加水分解して溶け、プリズムの蒸着面を侵食するために起きますので、ペンタ部内側にモルトを使用している機種に現われる不具合です。。OMではOM-2までの機種にプリズムまわりにモルトが使われており、「プリズムの腐食」が起きやすいのです。
腐食防止対策
以前はオリンパスで腐食防止対策を受け付けていたのですが、現在は受け付けていません。おそらく、プリズムまわりのモルトを他の材質のものに交換していたのだと思います。まだ、プリズムの腐食がみられないOMは、カメラ修理店でモルト以外の材質のものに交換すると大丈夫でしょう。このカバーもオリンパスが供給している部品というより、カメラ修理店が手作りするといったものですので、カメラ修理店に可能かどうか確かめて見て下さい。
修理
プリズムの腐食している個体は、中古市場でも割安になっています。プリズムが腐食しているOMは、実用できないか?といわれれば、全部が全部そういうわけではないと思います。(程度にもよりますが‥)

OM−1シリーズ、OM-2とOM-2Nのマニュアル時の測光はペンタ部の受光素子が受け持っていますので、プリズムの腐食の度合いによっては測光精度に影響を与えます。ごく僅かな点状の腐食が認められるだけの場合はその影響は皆無といえますが、比較的広い範囲の面状の腐食の場合、やはり測光に影響すると考えた方がいいでしょう。また、OM-2、OM-2Nのオート時は、ミラーボックス下部のSPDによりますのでプリズムの状態に関わらず正確な露出が得られます。ただし、ファインダーに表示されるシャッタースピードは、ペンタ部の受光素子によりますので誤差が生じます。とはいえ、MF機ですので、ピント合わせに支障がある場合もありますし、たとえ僅かでも気になる方は、除去した方が無難でしょう。
 @プリズムを交換する
腐食していないプリズムに交換するのですが、交換部品としてのプリズムを持っている修理業者を見つけるのは大変でしょう。オリンパス社が補修部品の在庫がなくなった時、逆に全国の修理業者からかき集めたようなので、在庫している修理業者も少ないと思われます。

次に考えられることは、他の個体からプリズムを移植する方法です。いわゆる、ジャンクとか研究用とか部品取り用といわれるカメラからプリズムを取り、乗せかえるのです。シャッターが切れなくても、ミラーアップしたままでも、アタリやへこみのあるカメラでも、プリズムが綺麗であれば利用できます。修理業者に依頼するのが確実ですが、自分でやる場合は、あくまでも自己責任でやって下さい。

★OM10のプリズムを流用する
OM10のプリズムはOM-1、OM-2に流用できます。ただし、プリズムを乗せている部品の加工が若干必要になります。
 Aプリズムを補修する
簡単にいうと、プリズムの腐食した箇所の蒸着面を取り除き、替わりの反射するものをくっつけるというものです。この「反射するもの」にクイックリターンミラーを利用する方法があります。

・OMではないのですが、キヤノンFTbのプリズム補修の手順を紹介したサイトを勝手に紹介しておきます。
http://yama-masa.hp.infoseek.co.jp/canon/slr/html/tlb/tlbpri.htm

・OM-1のペンタ部内の様子がわかる画像があります。

http://kochi-med.net/moto/camera/camera_repair/olympus_om1/
http://www.ncad.co.jp/~komata/olympus-om-1n.htm

・腐食したファインダーの応急処置について紹介したページ
http://www.asahi-net.or.jp/~RN6H-IMI/om_info.htm#d

補修した場合、銀蒸着面と代用品を当てた部分との境目がどうなるかは、よくわかりません。もしかしたら、黒い境界線が残るかもしれません。これも、自己責任ということになります。
 Bプリズムを再生する(再蒸着処理)
腐食したプリズムの蒸着面を剥がして、再び蒸着してプリズムを再生する修理業者があります。上に紹介したサイトによると、プリズムのみ送付する場合、1万円未満ということです。また、カメラごと送って、プリズムの補修とオーバーホールをして2万5千円くらいという記事を見たことがあります。詳しくは、業者から見積もりをとってみて下さい。

[プリズムの再蒸着を受け付けている修理業者]
関東カメラサービス
日研テクノ
東京カメラサービス(再蒸着処理かわかりませんが、OMのプリズム交換ができます)
▲TOP
[PR]NTTデータキュービット アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営