OM-4Ti
撮影の準備 撮影する 撮影が終了したら
電池を入れる 撮影モードを選択する フィルムを巻き戻す
フィルムを入れる
各モードの操作法
フィルム感度を設定する ワインダー2を使う その他
視度を調節する セルフタイマーを使う フォーカシングスクリーンを交換する
ミラーアップ時のリセット方法
ファインダー表示の照明
OM−4Tiの使い方
撮影の準備
●電池を入れる
OM-4Tiの電池室 SR44×2、または、LR44×2を入れます。
バッテリーチェック 電池残量をチェックします。

電池が切れると、電子制御シャッターは作動しません。ミラーアップしてシャッターロックしてしまいます(リセット方法は後述)。

1/60・Bの機械式シャッターは、電池がなくても作動します。
バッテリーチェックランプ(セルフタイマー)
セルフタイマーランプはバッテリチェックランプを兼ねます。
【ランプ点灯】電池残量OK
 【ビープ音】‥ピーーーー
【ランプ点滅】電池残量少
 【ビープ音】‥ピッ、ピッ、ピッ‥
【ランプ消灯】電池残量なし
 【ビープ音】‥なし
消音
SPOTボタンやMEMO/CLEARレバーなどを操作すると確認音が鳴ります。
この電子音を消すためには、セルフタイマーセットレバーを上に引っ張り上げて時計回りに倒します。
消音
▲TOP
●フィルムを入れる
OM-4Ti・裏蓋のロック解除
巻き戻しクランクを引き上げ、ロックを解除して裏蓋を開きます。
OM-4Tiのフィルムの入れ方はOM-1Nと同じです。スプールのスリット下部にある突起にフィルムのパーフォレーションを噛ませ、フィルムの先端をスリットに挿入します。フィルムは、時計回りに巻き込まれます。
スプーロケット&巻き取りスプール フィルム装填
OM-4Tiのフィルムカウンター フィルムカウンターは順算式です。裏蓋を閉じると「S」が表示されます。「1」になるまで、空シャッターを切ります。
36枚目までカウントした後は、「E」が表示されます。
フィルム装填時はマニュアルにしておきます。フィルムを送るために空シャッターを切る必要がありますので、オートでレンズキャップをしたまま空シャッターを切るとシャッター速度が長時間になってしまいます。
▲TOP
●フィルム感度を設定する
OM-4Ti・フィルム感度設定ダイヤル 巻き戻しクランク部にフィルム感度設定ダイヤルがあります。このダイヤルは、露出補正ダイヤルと兼用になっています。

フィルム感度を設定する時はダイヤルを引っ張り上げて回し、設定したら下げます。
フィルム感度を合わせると、露出補正ダイヤルの指標がズレますので、ダイヤルを下にさげた後、指標を中立の位置に戻します。
▲TOP
●視度を調節する
視度補正機構
ファインダーには視度調節機構が内臓されています。+1〜-3ディオプトリーの範囲で無段階に調節できます。
@ノブを引き出します。
A竜頭を回して視度を調節します。
レンズを外した状態で、フォーカシングスクリーンが鮮明に見えるようにします。
Bノブを押し込んでロックします。
ディオプトリックコレクションレンズ2による視度補正もできます。
OM-4Ti+ディオプトリックコレクションレンズ2
▲TOP
撮影する
●撮影モードを選択する
メインスイッチを切り替えてマニュアルかオートを選択します。
マニュアル オート
メインスイッチを動かすと露出計と電子シャッターの電源がONになります。
「MANUAL」でもシャッターは電子制御です。
「AUTO」で使うときは、シャッターダイヤルを機械式シャッター(「60」・「」)以外のポジションにします。
メインスイッチには「OFF」のポジションがありませんが、回路にタイマーが組み込まれていますので一定時間操作をしないと自動的に電源が切れてファインダー内表示も消えます。メインスイッチの操作・レリーズボタン半押し・MEMO/CLEARレバーの操作のいずれかで自動的に電源ONの状態になります。
電源ONの方法 [電源ONの方法]

@メインスイッチを動かす。
Aレリーズボタンを半押しする。
BMEMO/CLEARレバーを操作する。
CエレクトロニックフラッシュTシリーズを装着してフラッシュの電源をONにする。

シャッターダイヤルが機械式シャッター(「
60」・「」)の位置にあると電源が入りません。ただし、機械式シャッターは作動します。
それぞれのモードの操作方法 →
▲TOP
●ワインダー2を使う
底板にあるワインダーとの連結部のカバーを外してワインダー2を装着します。

カバーは、ワインダー2の電池室に格納できませんので紛失しないように注意しましょう。


ワインダー2の使い方は共通です。
→ワインダー2の使い方はここをクリック
ワインダー(モータドライブ)連結部
▲TOP
●セルフタイマーを使う
セルフタイマーのセット
【セットの仕方】
セットレバーを上方に上げて反時計回りに回します。
【スタートの仕方】
レリーズボタンを押すとセルフタイマーが作動開始します。
 ランプが点滅して電子音が鳴り始めます。
 スタートと同時にミラーアップします。
 10秒後にランプの点滅速度と電子音が速くなります。
 12秒後にシャッターが切れます。
※セルフタイマー作動中にセットレバーを元の位置に戻すと、直ちにシャッターが切れます。
▲TOP
撮影が終了したら
●フィルムを巻き戻す
巻き戻しボタン 軍艦部にあるフィルム巻き戻しボタンを押し、巻き戻しクランクで巻き戻します。
▲TOP
その他
●フォーカシングスクリーンを交換する
フォーカシングスクリーンの交換方法は、フォーカシングスクリーン交換可能なOMに共通です。
→フォーカシングスクリーンの交換方法はここをクリック
フォーカシングスクリーンには「1−○○」と「2-○○」の2タイプがあります。
「1-○○」タイプは、フォーカシングスクリーン交換可能ないずれのOMにも装着可能です。
「2-○○」タイプはOM-2SP・OM-4・OM-4Ti・OM-4Ti BLACK・OM-3・OM-3Tiへの装着は可能ですが、M-1・OM-1(MD含む)・OM-1N・OM-2・OM-2Nには装着できません。
(上:2-○○タイプ・下:1-○○タイプ →)
フォーカシングスクリーン・2-○○、1-○○

▲TOP
●ミラーアップのリセット
ミラーアップ時のリセット方法
電子シャッターを搭載しているので、電池が消耗するとミラーアップしたままシャッターロックがかかります。
バルブロック
@ BLOCK(バルブロック)を押しながら‥
機械式シャッター1/60
A シャッターダイヤルを回し「60」を指標に合わせます。
これでリセットされます。
機械式シャッター(メカニカルシャッター)
電池が消耗した時でもシャッターが切れる機械式シャッター(メカニカルシャッター)も組み込まれています。
【セット方法】
BLOCK(バルブロック)を押しながら‥
シャッターダイヤルを回し「60」に合わせます。
=シャッター速度:1/60
シャッターダイヤルを回し「B」に合わせます。
=シャッター速度:B
シャッターダイヤルを「60」・「B」から「1」〜「2000」に動かす時は、BLOCKを押す必要はありません。
機械式シャッター(メカニカルシャッター)は電池がなくても作動しますが、ファインダー内の表示は消えます。
機械式シャッター(メカニカルシャッター)ではフラッシュはシンクロしません。
機械式シャッター(メカニカルシャッター)ではワインダー等は使用できません。
▲TOP
●ファインダー表示の照明
採光窓
ペンタ部の採光窓によりファインダー内のLCDが表示されます。
採光窓からの明るさが不足する場合、表示が暗くなり見難くなります。こんな時は、マウント・エプロン部にある照明ボタンを押すと、ファインダー表示が照明されます。一度、押すと一定時間照明した後、タイマーにより自動的に消灯します。
ファインダー表示照明用ボタン
▲TOP
<<OMの使い方トップページへ
[PR]NTTデータキュービット アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営