これからもOM
OMの概要
カメラ編
OM-4シリーズ
中古OM情報
■OLYMPUS OM−4シリーズ
OM-4 OM-4Ti OM-4Ti BLACK
分割測光(評価測光)と測光方式を激しく争ったマルチスポット測光機能搭載
OM-4は「カメラ付き露出計」と言われた程、優れた内蔵露出計を装備しています。複数のポイントをスポット測光すると、適正なシャッター速度をカメラが演算しますので、スポットメーターなどの単体露出計を使う場合より、より簡便に、そして高度に露出を操れます。
OM-4が登場した頃、ニコンでは分割測光を開発して、マルチスポット測光と激しく測光方式を争いました。その後、キヤノンでは分割測光と似た評価測光を採用しました。
 ■マルチスポット撮影
OM-4・シャッター付近
@SPOTボタン(1回)中央重点平均測光→スポット測光
ASPOTボタン(2〜8回)スポット測光→マルチスポット測光
BSPOTボタン(1回)+HI..LIGHTボタンハイライトコントロール(+補正)
CSPOTボタン(1回)+SHADOWボタンシャドーコントロール(-補正)
※MEMO:セット後、最初にレリーズした時のEV値を60分間記憶する。
※CLEAR:全ての操作をクリアーして中央重点測光に戻る。
 ■ミラーアップした時のリセット方法
OM−4・OM−4Tiは、電池が消耗するとレリーズした時ミラーアップします。ミラーアップした時は、シャッターダイアルを『60』または『B』の位置、つまり機械式シャッターの位置に合わすと復帰します。
各モデルの特徴 ▲TOP
OM-4
TTLダイレクト測光に続いて世界初の『マルチスポット測光』を搭載した絞り優先AE機です。OM-2より、さらに電子化が進められています。そのため、電池の消費量は飛躍的(?)に増大し、よくバッテリーチェックランプが点滅したり、突然ミラーアップしたりしますので、電池残量には注意を要します。ぱっと見た目は、それまでのOMと異なった印象を受けますが、底板の形状やマウント部にあるシャッターダイヤルなど、OM-1・OM-2とほぼ同様で、アクセサリーの互換性が保たれています。
OM−4
初期のモデルは電池の消耗が激しいため、サービスステーションで対策がとられました。
【通常】
●メインスイッチ切り替え
●シャッター半押し
ファインダー内表示
●MEMO/CLEARレバー操作 ファインダー内表示
【対策済み】
●MEMO/CLEARレバー操作 ファインダー内非表示
【未対策】
諸元
●形式
35ミリTTLダイレクト測光式一眼レフ
●シャッター
電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッター
オート時・60〜1/2000秒
マニュアル時B、1〜1/2000秒
X(1/60)接点
●ファインダー
視野率97パーセント 倍率0.84倍 
フォーカシングスクリーン交換可能
●測光方式・露出計
TTL中央重点平均ダイレクト測光
EV-5〜19(ISO100・F1.4)
マルチスポット機能搭載
EV0〜19(ISO100・F1.4)
LCD表示
●フィルム感度
ISO6〜3200 
●巻き上げレバー
巻き上げ角130度 予備角30度 
分割巻上げ可能 
●使用電池
LR44またはSR44型銀電池・2個
●サイズ
136ミリ(W)×84ミリ(H)×50ミリ(D)
●重量
540グラム
OM-4・ペンタ部
ペンタ部
ファインダー表示用LCDの採光窓があります。
アクセサリーシューは固定されています。
外装は真鍮製です。
OM-4・シド調整用竜頭
視度補正機構
ファインダーには視度補正機構が組み込まれました。
(+1.0〜-3.0ジオプトリー)
ディオプトリックコレクションレンズも使用できます。
OM-4・セルフタイマー
セルフ
タイマー
電子式です。赤窓は丸い形状です。レバーを内側に倒すと消音できます。
シャッターボタンで作動します。
OM-4・SBC
SBC
OM-2・OM-2Nは、2個のSBCがありましたが、OM-4では1個に集約されています。
このSBCは、スポット測光用の受光素子と一体になっています。また、ファインダー表示用の測光も受け持ちます。
OM-4Ti/OM-4Ti BLACK
OM−4Ti
1986年、チタンカラーのOM-4Tiが発売されました。いわゆるOM-4Ti(白)です。このチタンカラーは、結構、塗装面が弱く、塗装がはげやすいと思います。
1989年にブラック塗装のOM-4Ti BLACKが発売され、OM生産終了まで作られました。
OM-4Ti(白)もOM-4Ti BLACKも、ほぼ同じような中古価格帯になっていますが、程度の良いOM-4Ti(白)は、ちょっと高価でしょう。カメラ本体の補修部品は、生産終了から10年間くらいは保有しているのですが、OM-4Ti(白)は、部品交換を伴う修理は不可能な場合があります。実用性で言えば、OM-4Ti BLACKでしょう。
諸元
●形式
35ミリTTLダイレクト測光式一眼レフ
●シャッター
電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッター
オート時
60秒(スポット時は約4分)〜1/2000秒
マニュアル時
B、1〜1/2000秒  X(1/60)接点
●ファインダー
視野率97パーセント 倍率0.84倍 
フォーカシングスクリーン交換可能
●測光方式・露出計
TTL中央重点平均ダイレクト測光
EV-5〜19(ISO100・F1.4)
マルチスポット機能搭載
EV0〜19(ISO100・F1.4)
LCD表示
●フィルム感度
ISO6〜3200 
●巻き上げレバー
巻き上げ角130度 予備角30度 
分割巻上げ可能 
●使用電池
LR44またはSR44型銀電池・2個
●サイズ
136ミリ(W)×84ミリ(H)×50ミリ(D)
●重量
510グラム
OM-4Ti・トップカバー
チタン外装
チタンは耐腐食性が高く、丈夫で軽量という特徴があります。
OM-4Ti・シュー
シュー部
ペンタ部に固定されたシュー。フルシンクロフラッシュF280を使用すると1/2000まで同調可能(スーパーFP発光)。電気接点が増設され5つになっています。
OM-4Ti・セルフタイマー
セルフ
タイマー
OM-2SPと同じデザインで、赤窓が四角になっています。
OM-4Ti・底板
自動巻上げ
カプラー部
カプラー部分は、OM-1やOM-2と若干形状が異なりますが、ワインダー2やモータドライブは互換性が保たれています。また、モータードライブ2では、自動巻き戻しが可能です。
▲TOP
ホームへ
OMの概要・プロローグ
OMの概要・カメラ編
OM-1シリーズ
OM-2シリーズ
OM-3シリーズ
OM二桁・三桁シリーズ
OM以外のカメラ
OMの概要・レンズ編
ズイコー/広角レンズ
ズイコー/標準レンズ
ズイコー/望遠レンズ
OMの概要・アクセサリー編
ファインダーグループ
フラッシュフォトグループ
モータードライブグループ
OMの使い方
OM-1Nの使い方
OM-4Tiの使い方
中古OMガイド
中古OMガイド/ボディー編
中古OMガイド/レンズ編
OM-D E-M5
中古OM・ズイコーレンズのネット通販状況です。マップカメラを中心に紹介しています。
在庫・価格は商品を掲載した時点のものです。最新の情報・コンディションはサイトで確認して下さい。
→マップカメラ(楽天市場店)の中古OMのページへのリンク
▲TOP
中古OM-1の販売状況
中古OM-2の販売状況
中古OM-3の販売状況
中古OM二桁・三桁シリーズの販売状況
中古ズイコーレンズ(広角)の販売状況
中古ズイコーレンズ(標準)の販売状況
中古ズイコーレンズ(望遠)の販売状況
中古ズイコーレンズ(ズーム)の販売状況
[PR]NTTデータキュービット アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営