ギャラリー樹庵

オーナーの開設ご挨拶

福岡市都心部から転居して10年目の平成8年3月「ギャラリー樹庵」を開設しました。都会の喧騒を離れた自然の懐にとけこむ工芸作品・手仕事などを、築90年前後の再生古民家の息ずかいの中でひととき楽しんでいただけたら望外の喜びです。
ギャラリー全体図 ギャラリー作品
置き屋根 工芸品


棟梁・木挽・石工などの名が墨書きされた棟木近くの大岩を砕いて切り出された花崗岩は敷石や石垣として今も生き続けています。
慈しみ再生された古民家は、これからも永く、力強く大地に踏ん張り、その生命を全うすることでしょう。
拙庭に鎮座する大もみじは、毎年無数の種を散らし、翌年芽を出します。これらの小さな生命を育て「水源の森」に植樹することができれば・・。民家も樹木も水もすべて循環の中で、我々人間や地球の生命を支えています。ギャラリー樹庵は、開設の開設の原点と志を忘れることなく、歩みつづけます。
(記載の文章はパンフレットよりオーナー許可)
オーナー 長岡秀世