ANGLING REPORT

2007年09月09日

ありがとう!
先ずはィ夜の部
海峡はヤンヤヤンヤの大騒ぎ!
TOPにバフッ!
メバルロッドをズビビビビッ!
まさに入れ食いでした
ありがとう!



ヒラは塩焼きに
アジは刺身に
セイゴはムニエルに…
みんな美味しくいただきました
ありがとう!

そして本番の朝の部は、今年の課題TOPチニング!
今回は一人での釣行ではなく、三人の名人とご一緒させて頂きました♪
出会いに
ありがとう!
なんてったってメンバーが凄い!(私以外は)
『Fishing of four seasons』のKaiさん
『俺にもルアーで釣らせろ!』のhiroakiさん
『Disturbed Anglers』のJerremyさんなのですから…
凄っ!!
なにも起きない筈ないです、このメンバーで!
最初は三人の方達と違うポイントで釣りをしていたのですが、途中から私が釣りをしていたポイントに勢揃い
それまで4バイトもノーフィッシュな私は悶々&ちょっとイライラ
『今日もまたヌーチーの顔を見れないかも…』と、少し諦めムードの午前7時半
前日、同じポイントで37pのチヌをGETしている弟に電話し、前日の状況を聞いてみる
潮の動き出した7時前からライズが始まり、ヒットした時間は7時40分
おおおっ!ならば時合いはこれからではありませんか!
気合いを入れ直しキャストを繰り返す
ビシュッ!とポッパーをキャストして
ィゆっくりとリールを巻きながら
チョコチョコチョコと細かく首を振らせ
時折ルアーを止めたり、スーッっと海面を滑らせたり
そんな感じで弱ったベイトをイメージしてポッパーをリトリーブしていると



グオボッ!!
ポッパーが水中へと引き込まれた瞬間に
ジーーーーーーーーーーーッ!!
リールのドラグが悲鳴をあげる
瞬時にデカイと感じた私は『Kaiさーーん!!』と悲鳴のような声でサポートを頼もうと大声で叫ぶ
ショックリーダーはフロロの4号
沖にあるブレイクラインに持って行かれたらひとたまりもない
ロッドを高く構え強引に浮かせにかかる
トルクフルな突っ込みに何度も耐え、魚の動きが止まった時に必至にリールを巻けるだけ巻く
これを繰り返していると『チヌだ!デカイ!』と誰かの声
足下に目をやると夢にまで見た50pはありそうな立派なチヌの姿
それを見た瞬間に緊張し、心臓バクバク、膝がガクガク
そして無事にネットでランディングして頂き今年の課題達成!
ィやったーー!!



『このメンバーでなにか起きない筈がない』と思ってたら、なんと私にまぐれが起きてしまいました…
サポートにまわって下さったKaiさん、hiroakiさん、Jerremyさん…
ありがとう!
本当に有り難うございました!
実は誰にネットでランディングして頂いたのかさえ覚えてないんです
それぐらい興奮してたんでしょうね
しかし、私のファイトシーンはアタフタとさぞかし格好悪かったことでしょう(^^;
でもね、それくらいの釣りのレベルで丁度いいんです
余裕で魚とファイトできたら釣りって楽しくなさそうですしね
いつもハラハラドキドキで、釣りが一向に上達しない俺
ありがとう!



こんなに笑ったのはどれくらいぶりだろう…てか顔が自分じゃないみたいでキモイ(^^;

最後になりましたが、ポイントを教えて頂いたJUNさん、JUN1さん
ありがとうございました!

【TACKLE】
ROD:DAIKO PREMIER PMRS−88L
REEL:DAIWA CALDIA KIX 2506
LINE:FAMELL SW SUPER PE 16lb
SHOCK READER:KUREHA SEAGUR ACE 4号
LURE:DUEL チヌポッパー


トップへ
戻る
前へ
次へ