ANGLING REPORT

2005年11月15日

修行
修行するぞ!修行するぞ!修行するぞ!
今回も前回に引き続き、寒中入水修行
冷たい河川の水の中に立ち込み
上半身は冷たい北風にさらされる
雑念を川の流れで洗い流し
邪念を北風で吹き飛ばす…

大潮 干潮深夜1時56分
干潮3時間前から入水
干潮までの3時間の修行だ
満月で照らされた水面は北風に刺激され波立っている
少々ご機嫌斜めなようだが、修行なのでこれもよし
一歩、一歩と流心部に向かい足を運ぶ
腰まで立ち込み、そこからは下半身を微動だにせず大自然の一部と化す
自分の気配を消し、魂(SOUL)を込めたルアーのキャストを開始
シュルルル〜 ボチャン!
ルアーは北風を引き裂き そして流れへと着水
そして命を授かったルアーという塊(かたまり)を艶めかしく泳がせる
艶めかしく…艶めかしく…
時折トウィッチと呼ばれる妖艶の技でルアーに怪しく腰を振らせ、
流れの中に身を潜めているであろうシーバスを誘う
自分の立ち位置より上流45度にキャストし、
チョン、チョンと、トウィッチを加えながら自分の正面を過ぎるまでナチュラルに誘う
そして正面を過ぎたあたりからリールを1,2,3,4,と巻く
1,2,3,4,1,2,3,4,1,2,3,4…
4≠フ所でトウィッチし誘いをかける
シュルルル〜 ボチャン!
1,2,3,4,1,2,3,4…
何度も何度も繰り返す
1時間…2時間…修行の時間は刻々と過ぎていく…
この間、何事も起きることなく…
そして北風がおさまった修行終了間近(干潮 潮止まり間近)にドスン!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
フッキング2発!そしてゴリゴリと必死にリールを巻く
ぬぬぬっ!確かな重量感!
しかもエラ洗いしないところをみると良型か?
も、もしかして念願のランカーサイズ!?
魚の走る方向にロッドを倒し、いなすように寄せてきたシーバスを見て唖然&納得
ルアーのフックがシーバスの背中に掛かっている
どーりでエラ洗いもせず、重量感があった訳だ…
納得、納得
メジャーをあててみると…74p!
前回よりサイズUP!



念願の80pオーバーには届かなかったが、嬉しい…嬉しすぎる(T_T)
そしてここで修行時間終了
これからが時合いか?とも思われるのだが…
ここでグッ!と我慢するのもこれまた修行
後ろ髪を引かれながら聖地を後に…
と言いますか当日仕事だし、これぐらいにしとかないとですね(^-^;
しかし終了間際にGETとはついてるな〜o(^-^)o
諦めかけていただけに大満足!
74p



シーバスフリークの方々にしてみたら『な〜んだ』なサイズかも知れませんが、
74pでも大喜びできる今の自分を大切にしたい、そんな気持ちで今は一杯だ
いや〜益々シーバスにはまりそうな予感!
このままサイズUPし続けたら…イヒヒなことになりそう(^o^)
って…そんなに甘くないかぁ〜(;^^) 
シーバス倦怠期も完全解消されたことだし…
修行するぞ!
修行するぞ!
修行するぞ!
修行は続くのだ…

★今回もヒットルアーはTACKLE HOUSE / K-TEN TKF-130 FORSEでした
ィやるな!このルアー!!
だって下手くそな俺にだって釣れるんですもん
お気に入りに追加決定!

いや〜シーバスってこ〜んなに楽しかったんですね〜 たまりません!(>_<)
それではまた次回の釣行記で(^o^)/


トップへ
戻る
前へ
次へ