「精神障がい者は、社会を新しく変えて行く存在である!」

 
新年あけましておめでとうございます
今年がより一層の飛躍の年になりますよう願っています。
 ホーム トピックス実施活動写真ワークショップ 講師の散策フォトメディア掲載 資料室 講演情報 

宮崎もやいの会とは
 
宮崎もやいの会定款

もやいの会活動案内
 
活躍する当事者達

精神障がい者の現状

疾患に関する情報

精神疾患!
誰に相談すべきか?

運営者の日々是出会

リンク(県内・県外関係機関、その他)

新規会員募集

お問い合わせ

支援センター「かふぇらて」ブログ

写真集団えんブログ

精神障害者自立支援ネットワーク宮崎

WAVE photo Gallery 

Since: 2008/09/23
Lastupdated:2019/1/16

写真ワークショップを体験したレポートを掲載(PDF)

写真ワークショップ活動のミッションを掲載(PDF)

写真ワークショップの実施案内文章を掲載(PDF)


難病患者・家族の写真活動の参加者感想&写真をPDFで掲載

 もやいの会として参画
当事者に展示機会作る



パネラーで登壇、案内をPDFで掲載 

「精神障がい者家族の理解」のデータ掲載PDF)

NEW
かふぇらてを利用しての利用者コメント掲載


 支援センター「かふぇらて」のブログを開設

地域活動支援センターⅢ型「かふぇらて」を4月オープン

広報誌「すてっぷ」
春号テキスト版掲載


広報誌「すてっぷ」
秋号テキスト版掲載


広報誌「すてっぷ」
夏号テキスト版掲載


新着情報


  各地域での参加者の感想を掲載

都城・延岡・宮崎・日南での実施報告を掲載

「ピアサポート養成交流会」の案内を掲載

先駆的精神福祉医療の宮崎での講演録を掲載

 共催をしている映画の上映会案内


6月7日九保大学生・当事者の写真WS報告
写真WS体験レポート

写真展「I Love みやざき2015」の案内掲載
 

旧去川小学校の廃校で「廃校でアートがスパーク」を開催

全国誌・精神看護7月号に写真活動の紹介レポート掲載(PDF)


県立看護大准教授・小笠原氏の写真活動体験レポートを抜粋して掲載(PDF)


延岡市での写真ワークショップ写真展掲載

広報誌「すてっぷ」事業所紹介取材記

  九保大での講話の学生感想レポート掲載

九保大での講話に関する所見とグループワークでの意見を掲載

九保大のPSWを目指す学生の写真WS体験報告と学生の感想掲載

宮崎看護専門学校での講話の報告を掲載

ピアスタッフの企画
「鹿児島から学ぶ、新しい働き方」を掲載



当事者の公立大生アンケートレポートの返信


ひきこもり当事者内田昌宏氏アンケート考察

県看護大福浦善友助教アンケートレポート

公立大辻ゼミ生のアンケート感想レポート

県提出報告書掲載
宮崎もやいの会独自の報告書掲載

ソーシャルワーク資料リンクページ

写真ワークショップの活動紹介Vol.1

延岡でのふれあい散策フォト参加学生感想をPDFで掲載

写真ワークショップの活動紹介Vol.2

第2回の市民講座参加者のコメントを掲載

1回の市民講座参加者のコメント掲載

市民講座の案内を掲載


25年九保大での講話のレポート掲載:PDF
 

「図書館・自殺・精神障がい者」を考察した文章掲載(PDF)

 市民活動センター情報誌紹介記事を掲載(PDF)
 
宮崎市内2ヵ所の支援センター合同企画の写真WSの報告を掲載

妻地区でのふれあい交流会当事者感想掲載

西都市妻地区でのふれあい交流会の報告掲載

大塚地区でのふれあい交流会の報告を掲載

宮崎保健福祉専門学校の学生と当事者の写真WSの実習体験報告


宮崎もやいの会独自の報告書を掲載

 「ふれあい交流会」
ピアスタッフ体験
レポート掲載


公立大学:辻教授の寄稿文を掲載

宮崎大学:木村准教授の寄稿文を掲載
開催地区の報告と参加者感想を掲載
ふれあい交流会の開催日程・近々開催案内・実施要項を掲載


公立大「ふれあい交流会」の辻ゼミ学生感想

公立大「ふれあい交流会」報告&当事者感想

ピアサポート宮崎
設立趣旨

 
27年度精神保健福祉講座のアンケート掲載

精神福祉講座の報告と
平成27年度宮崎市中央東地区講座案内掲載


26年度精神保健福祉講座のアンケート掲載
 

写真展の案内です!
 
「写真展を見て」の感想を掲載


写真展来場者のアンケートの感想を掲載

どんこやの撮影記及び制作風景の写真掲載
実施機関担当スタッフのメッセージを掲載

写真展展示風景を掲載(PDF)
宮日新聞の写真展の紹介記事を掲載・PDF
「写真展に寄せて&写真活動のきっかけ」を掲載
 

精神障がい者自立支援ネットワーク宮崎
定例会の案内&趣旨及び賛同者掲載


1月障害者差別解消法で出た意見を掲載

1月障害者差別解消法の参加者の感想掲載

1月定例会の報告掲載

H27年9月相模原事件に関する研修会の感想&コメント掲載

第1回定例会取材記事掲載(PDF)


ぼちぼちの会での意見交換会の報告を掲載

ぼちぼちの会の研修会案内を掲載


報告書とアンケートのコメント掲載


宮崎市での人権啓発事業の新聞記事/画像/コメントを掲載

日南市での人権啓発事業の画像をPDFで掲載

延岡市での人権啓発事業の画像をPDFで掲載
「へんけん・じんけん・にんげん」の事業の案内を掲載

「人生のターニングポイント」の講話の資料をPDFで掲載
 
「当事者の素晴らしい感性を写真で発見」の講話資料をPDF掲載
  

講話「当事者の素晴らしい感性を写真で発見」を拝聴した方のレポートをPDFで掲載

宮精連の事務局を5年担って要望実現・事業実施に関する資料をPDFで掲載 

 
24年講話を聞いた九保大の学生のレポートをPDFで掲載


上映会の案内を掲載

 ボランティア9名の映画感想レポート掲載 


<日々是出会>2019/1/16
 1月も半月が過ぎてしまいました。
 今年も、無病息災で過ごせたらと思っていますが、こればかりは自分の意志だけではどうにもならない面もあるので、なるようにしかならないし、何かが起きた時には、何とかなるさ(ノープロブレム)と思っています。

 生きていれば色々な問題や試練が日々あるわけで、それを悲観していても何も変わらないので、問題があって当たり前だし、順調だし、何とかなるさ、という気持ちで過ごしたいものです。

 以前、旅行好きの知り合いが、若い時に南米かアフリカを一人旅をしたときに、1日1便しか走っていない汽車に乗り遅れて悲観していたら、地元の人が、ノープロブレム、明日が来れば乗れるさ、と言ったことが印象に残った、と話してくれたことを今でも思い出します。

 現代人は、あまりにも時間に縛られた生活をしていることで、チョッとした失敗でも大げさに心の中に引きずってしまい、何とかなるさ、という心の余裕を失い、悲観的になってしまうのかもしれません。

 そのような心の在り方が、精神疾患の要因になる可能性大であり、年々増加の一途をたどる精神疾患者ですが、個人主義、成果主義、自己責任論、という時代の中で、自分で解決することを強いられることによって孤立してしまっている現状(孤立主義)では、より疾患者が増えるのは不可避なことだと考えられます。

 できることなら一人で考えることの限界を知り、引きずらないためにも、自分の弱さを話せる仲間に話して、問題を共有してもらうことで、気持ちが落ち着き、解決につながる道筋が見えてくることになると思います。

 個人主義、成果主義、自己責任論という既成の価値に囚われない、新たな多様な思考や関係性が求められていることを強く感じます。
  「障がい者写真集団・えん」メンバー写真を掲載してきましたが、講師が去年の11月に交通事故にあって以降、写真ワークショップを休止していますので、当分の期間、講師の撮った写真を掲載します。
 



    今日までの来訪者は

 
 
特定非営利活動(NPO)法人 宮崎もやいの会
〒880-0867 宮崎市瀬頭2丁目8-12 中村レジデンス3F 
TEL&FAX:0985-71-0036
E-mail:m-moyai@kag.bbiq.jp 

Copyright(c)2007-2013 miyazaki moyai, All rights reserved.