BBIQ接続の設定 ルータに関する設定です
ここではBBIQの接続に関連する設定を中心にして説明を行います。
私がルータを設定する上での備忘録として作成してあり、 メーカおよびBBIQとは一切関係ありません。
快適なwindowsライフ及びネットライフを愉しむための一助になれたら幸いです。


BBIQの光接続は、回線終端装置(ONU)の後に光電話ターミナルが接続されており、
その光電話ターミナルなるものはNEC製ルータAtermWR7610HVです。(私の場合:FTTH+光電話)

Aterm WR7610HVのPC1ポートからLANケーブルでPCに接続するのが基本設定です。
基本設定は、WindowsXP以外の時は接続ツールをインストールしてツールで[接続]をクリックします。
(WindowsXPの場合はツールをインストールしなくてもダイヤルアップのようにPPPoEの接続設定ができます。)

常時接続のFTTHだから会社のネットワークのようにHUBさえ通せば簡単に接続できると思っていたのですが、
BBIQの場合は、PPPoEなる接続を行っており、ダイヤルアップのように[接続]を行う必要があります。

光電話ターミナル(NEC製ルータAtermWR7610HV)とPCの間にSW'ingHUBを設置し、HUBを通しての接続も
大丈夫、ちゃんと接続できます。
但し、どれか一台のPCがダイヤルアップのようにしてBBIQに接続したら他のPCからは接続できません。

HUBを通して他のPCからも同時に接続するためには工夫が必要です。
私の場合、デスクトップPCから接続するBBIQ接続(WANミニポート)を [インターネットの共有]にして
HUBに接続した他のPCそれぞれから通常のLAN接続(ダイヤルしない)でインターネットに接続しています。
この場合は、一度に数台のPCをインターネットに接続できますが、
[インターネットの共有]を設定したPCの電源を常時入れておく必要があります。

PCのIPアドレスは、個別にローカルのIPアドレスを割り振りました。
例:デスクトップPC 192.168.0.100 サブネットマスク255.255.255.0 ゲートウェイ192.168.0.100
  他のPC  192.168.0.2〜254、 サブネットマスク255.255.255.0 ゲートウェイ192.168.0.100
 
[インターネットの共有]を設定したPCを常時電源ONする代わりに、
光電話ターミナル(NEC製ルータAtermWR7610HV)とSW'ingHUBの間にルーターの多重接続になりますが、
無線LANルータNEC製のAterm WR6650Sを設置してみました。

光電話ターミナルはBBIQの借用品なので一切設定変更しないようにとの配慮です。

BBIQのホームページをいくら探しても設定方法がないので、試行錯誤の末自己流で接続に成功しました。

ここで注意すべきは、光電話ターミナルにIPアドレス192.168.0.1が設定されている事です。

「つなぎかたガイド」にある[http://web.setup/]または[http://192.168.0.1]での
ルータセットアップは光電話ターミナル(NEC製ルータAtermWR7610HV)の設定画面になります。
これを防ぐには、ルータとPCを単独に接続して初期設定のIPアドレスを192.168.0.2に変更してから行うと良いでしょう。

この場合は、[http://192.168.0.2]に接続するとAterm WR6650Sの「クイックweb設定」になります。

ルータのWAN側にBBIQへの接続IDとパスワードを設定する事で、ルータに接続したPCはそれぞれ
毎回ダイヤルアップ接続の様に[接続]操作を行わなくてもネットに接続できる仕組みです。
(ルータが[インターネットの接続共有]を行っていると思えば良いでしょう。)

PCのIPアドレス設定はDHCPに設定しました。
個別にローカルIPを割り振っても大丈夫でしょう。
手動設定の時のゲートウェイは、上記で設定したルータのIP192.168.0.2です。


BBIQのルータが接続されているので、AtermWR6650Sは[アクセスポイントモード]にすれば良いと思います
ただ、私の場合は色々試しての結果がPPPoEモードで繋がるようになったのでそのまま
PPPoE設定で使用しています。