Mishanの登山記

 保口岳


保口岳登山口  (23/05/07)
  ★保口集落の林道終点、数台の駐車が可能。
  ★登山口から約8分で空屋の民家があり、地蔵峠を経由するルートと直登ルートが分岐。
    @直登ルートは、民家の左手を通り、伐採地跡の作業道を歩く。民家から1.2q、約40分で林道に出る。
    A地蔵峠を経由するルートは民家の玄関前を通り、スズタタの藪、崩壊地を横切る必要がある。
     40分で地蔵峠、さらに5分で林道に出る。左の林道を辿ると直登ルートと合流する。
  ★林道脇の赤テープが付けられた標柱から稜線に取り付く。
  ★普賢峰まで0.9q、30分、さらに保口岳まで0.6q、20分を要する。
  ★復路は西側中腹の林道に下り、普賢峰を眺めながら周回するルートを可。
  ★三本木峠近くから作業林道・保口線を5q歩いて登ることも可。
保口集落入口 保口岳登山口 空家の民家 民家横を直進 分岐
稜線への取付 普賢峰 保口岳 林道を歩く 林道から普賢峰

栴檀轟から保口岳  (22/08/18)
  ★作業林道を利用。林道分岐まで4.2q。さらに山頂まで約1q。
  ★1時間50分〜2時間20分。
  ★ピンクの尾根ルートは、踏み跡もなく迷いやすいので、注意してください。