雁ノ巣飛行場の痕跡

雁ノ巣飛行場 (福岡第一飛行場)←ウィキペディア参照  

  


現在は「雁の巣レクリエーションセンター
福岡空港の延長線上に位置し上空は離着陸する航空機のルートとなっています。  
  

沿革
 
1948年(昭和23年)に米軍が撮った航空写真


福岡第一飛行場
 1936年(昭和11年)に滑走路(600×30m)1本、海岸に水上機の滑走台(80m)と格納庫2棟が整備され開港した。1939年(昭和14年)からは拡張工事が行われ、総面積は開港時の倍以上の135平方メートル、滑走路は800m級2本の交差型となった。太平洋戦争時には博多海軍航空隊が置かれるなど陸海軍共用となった。















 
1956年(昭和31年)に米軍が撮った航空写真
 
ブレディ飛行場
 戦後はアメリカ軍に接収され「Brady Air Base」の名称で1977年(昭和52年)に返還されるまで輸送部隊の飛行場として使用された。











  
 


現在は

雁の巣レクリエーションセンターと航空交通管制部になっています。 










 痕跡
地図上(A)の箇所
(A) 水上飛行機用のスロープ跡が残っている


地図上(B)の箇所
(B) 2本の滑走路がクロスする位置でコンクリート上に筋状や〇形の模様が見られます。この模様は米軍が滑走路に敷いた穴あき鉄板の跡とのことです。








 
穴あき鉄板について調べてみました
 







名称:Pierced Steel Planking Mat
重量:66ポンド=30kg
長さ:10フィート=305cm
幅 :15インチ=38cm
ちなみに海外のネットで販売もされていました US $125.00
 


  雁の巣レクリエーションセンターの管理棟に昔の雁ノ巣飛行場の様子を説明したパネルが展示されています。その写真の中に穴あき鉄板を敷いている当時の写真がありました。


表紙へ戻る