三苫海岸でのアカウミガメの産卵・孵化の記録

 2003年7月2日に三苫海岸でアカウミガメの産卵が確認されました、福岡市内でしかも住宅街から200メートほどの場所であったことでマスコミにも大きく取り上げられました、マリンワールドのスタッフや地元有志の皆さんの昼夜問わずの観察や保護の結果、産卵から68日目の9月9日に最初の小亀が這い出しその後次々と孵化して海に帰って行きました。護岸工事などで自然の浜辺が失われていく昨今、今回身近にウミガメの産卵にふれ自然環境の保護をより一層考えさせられました。
          ◆ウミガメの産卵場所が住宅街の近くだったことがわかる航空写真です。


2003年三苫海岸での記録
7月2日産卵を確認 産卵数 138個
内 受精卵 126個(91%)
68日目の9月9日頃から孵化が始まりました 内 孵化数 122個(88%)
海に帰った小亀 92匹(66%)
アカウミガメは通常40〜100日、24〜32℃で孵化するそうです、今年は冷夏で24℃以下の日が続き孵化が危ぶまれていましたが、結果として高い孵化率で小亀は戻っていったそうです。
◇データはマリンワールドの森学芸員の報告からです(7/19三苫公民館でのウミガメ報告会より)


 マリンワールド撮影

  138個の産卵を確認 マリンワールド撮影&調査
◆三苫海岸でウミガメ産卵のニュースを伝える新聞

2003年9月10日 20:30 YAMADA撮影
 
2003年9月10日 20:30 YAMADA撮影
孵化が9月9日から始まり、マリンワールドのスタッフや大勢の住民が見守る中、小亀たちは次々に海へ帰って行きました、照明の使用は小亀に影響するとの事で月明かりだけの中でぼんやりと確認できる程でしたが一所懸命に海にもどる姿は感動ものでした。上は計測時の画像ですこの子亀の体重は20gでしばらくはマリンワールドで育てられるそうです。


◆ 今後の課題

  「ゴミ捨て厳禁」の看板を無視するかのように置かれているゴミの山と産卵場所の上に残る四駆の轍(わだち)の跡、 モラルの低下を感じます。

         ◎母ガメが産卵場所として選ぶ海岸の条件

                1.海から見て陸が暗い(孵化した小亀は夜の薄明るい海面を目指す為)
                    2.障害物が無くきれいな砂浜(護岸や小亀の障害となるゴミ等がない)
                        3.静かな浜 (産卵時や小亀が穴から出た時に外敵がいない)


パワーポイントで制作した「ウミガメの話」(mp4)のプレゼンテーションです

表紙へ戻る