世界遺産・沖ノ島の見え方 
 
 6月8日 新宮の海岸(盾の松原)から偶然見えた世界遺産「沖の島」
 
ここをクリックすると拡大表示します 
本当に新宮浜から沖ノ島を見ることができるのか調べてみました
島々の位置関係は下記の地図を参照ください。
 
 
相島、小呂島との位置関係も合っているようです。 計算上で目視できるのか・・・

結論:
  方向的には「沖ノ島」や「小呂島」の様ですが、「沖ノ島」は計算上でもぎりぎりのようです。
地球は丸いので目の高さ2mから見える水平線までの距離は5.4kmです。計算上、目の高さや対象物の高度が高いほど見える距離はのびます。
  天気の良い日に高度のある立花山(365m)で確認しようと思います。
 

 立花山から眺める
8月19日 天気がいいので立花山へ登頂。やっと沖ノ島の島影を肉眼で見ることができました。
ダウンロードするとPC壁紙用(1366×768)として使用できます
 
 立花山山頂から沖ノ島と小呂島は目視できましたが壱岐・対馬は確認できていません。
気象状況に大きく左右されますので晴れた日に登山を続けて調査継続したいと思います。


表紙へ戻る