立花山・松尾山・白岳の見え方
 
 立花山(たちばなやま)は、福岡市東区と新宮町や久山町にまたがり、歴史や自然に恵まれ市民から親しまれている山です。最高峰は井楼山(せいろうやま 標高367m)、400mほど離れて松尾山(標高337 m)、その西300mには白岳(しらたけ 標高314 m)があります。立花山の名前はそれらの山の総称ですが、最高峰を立花山と呼ぶことが多いようです。三日月山(272 m)は井楼山から南に1 kmほどの尾根づたいで結ばれています。
 立花山3峰は見る方向によっては2峰に見えたり3峰に見えたりまた並ぶ順番も変わります。私自身勘違いすることも多く位置関係を理解する為に整理してみました。
 お薦めスポットは奈多の西福寺観音堂(B)からの眺めです3峰が並んで美しく見えます。また三日月山山頂から見る(E)は鹿部山公園から見る(D)の180度反対側から見た構図になります。

拡大して表示します(PDF)

立花山や三日月の山頂からの展望はこちらから



表紙へ戻る