長崎市 みやた歯科医院  保険診療、矯正、インプラント、ホワイトニング、審美歯科、予防歯科、歯周治療

トップページ
矯正
インプラント
審美歯科
ホワイトニング
歯周治療
歯周治療
リンク
歯周病は歯の病気ではなく、歯肉(歯ぐき)、歯根膜、歯槽骨(あごの骨)など、歯を支えている歯周組織の病気です。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)

 プラーク(歯垢)は歯周病を引き起こす最も重要な因子であり、歯肉炎、歯周炎の初発因子です。歯肉炎、歯周炎はプラークを取り除くことにより改善してきます。歯周病の発症・進行には毎日の生活習慣にあるリスクファクター(危険因子)も密接に関わっています。

プラーク(歯垢)


 プラークは、食べ物のカスのように思われている方がいますが、実際は、歯周病菌や虫歯菌とその代謝産物の塊です。プラーク1mg中に1億個以上というとんでもない数の微生物が存在すると言われています。
 このプラークが付着していると、歯肉は腫れ、歯を支えている骨が吸収し歯がぐらぐらしてきます。

歯周病(歯槽膿漏)治療の進め方

1.応急処置
痛みがあったり、被せ物が外れたりなど緊急性のあるものから優先して処置します。

2.検査

X線写真、歯周ポケットの測定、歯肉からの出血、動揺度、咬み合わせ等の検査、生活習慣のチェック、歯周病原菌の検査等をさせていただき、情報を集めます。

3.治療計画の理解と同意(インフォームドコンセント)

検査の結果から、現在の歯周病の状況やどのように治療していくかを説明させていただきます。患者さんの理解と同意を得て治療にはいります。歯周病は生活習慣病なので、患者さん自身の理解が非常に大切で、治療の成否を握ると言っても過言ではないでしょう。

4.初期治療

本格的な治療開始です。歯周病は患者さん自身と歯科医、歯科衛生士が協力して治していきます。この初期治療では歯周病の最大原因であるプラーク、あるいは歯石を取り除き、歯肉(歯ぐき)の炎症の改善をはかることを第一とし行われます。

1)ブラッシングの練習

磨き残しをチェックし、歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス等の正しい使い方を指導させていただきます。

2)スケーリング・ルートプレーニング

歯石をとっていきます。ポケットの深い所は、麻酔が必要な場合があります。全部の歯が歯周病に罹患している場合、通常4〜6回に分けて歯石をとっていきます。
5.再評価

初期治療後に一定期間待ち、その治療効果を判定のために再度検査します。検査結果をもとに、今後の見通しを説明させていただきます。初期の歯周病の方はここまでで治ってしまい、定期検査に入ります。深い歯周ポケットが残っている方は、必要に応じて歯周外科手術を行います。

6.歯周外科手術

深い歯周ポケットが残ってるところなどに行います。この手術には、代表的な歯肉剥離掻爬術(Flap operation)などさまざまな手術法があります。必要に応じて、失った骨をより積極的に再生させる方法(再生療法)としてエムドゲインやGTR法などを行います。

7.再評価

歯周外科手術後に一定期間待ち、その治療効果を判定のために再度検査します。定期検査の間隔を決定していきます。

8.定期検査(メンテナンス)

歯周病(歯槽膿漏)の治療が終了しても、きちんとしたメンテナンスがされていないと再発してしまいます。
アメリカ歯周病学会では、「メンテナンスは歯周病治療の延長であり、新しいあるいは再発する異常や疾患を早期発見し、治療しようとするのである」とし、その期間は、3ヶ月ということが歯肉の健康を維持するのに効果的であると、多くの論文で示されています。
しかしながら、「個々の患者の歯周病(歯槽膿漏)に対する感受性や患者のコンプライアンス(協力度)が異なるために、患者ごとの異なったメンテナンス期間を選択することが必要かもしれない」としています。