第1回槍騎兵佐賀支部キャンプ・ミーティング in 広川原キャンプ場





9月27日〜28日間で、槍騎兵佐賀支部キャンプを決行しました。
心配していた天気もすこぶる良く、まさしくキャンプ日和。
(シーズンは終わってんだけどね)

午後から買出し&準備(事前に出きるものは調達済み)やらなんやらで、予定より1時間半遅れで現地、
藤津郡嬉野町にある広川原(ひろこうら)キャンプ場
へ到着しました。
ここは、嬉野市外からかなり離れており、少し進むともう長崎県。
ずいぶん遠くへ来たもんだ・・・。

しかし、到着時間を1時間半遅れたため、辺りはうっすらを日暮れ間近。
(午後4時半に着いてしまった)
キャンプ場について、慌てて、すぐ管理棟へ受付手続きに行き、
レンタル品や場内での注意事項や確認事項(世間話もした)を行いました。
すると管理人さんから、ニつ提案。
”すごい車がいっぱい来ているね〜。車はバンガロー近くに停めていいよ。心配だろうから”

”10人用バンガローは駐車場から離れているから、5人用を二つに変えましょう”

何とも嬉しい申出。
実は、駐車場はキャンプ場施設から離れていたため、荷物の運搬が大変なこと。
夜はイタズラ?されないかが心配されていたんです。
思ってもみない申し出にちょっぴり感動♪
しかも、ゴミ袋1枚(ほんとは有料)をプレゼントしてもらった♪ラッキー♪

おまけに、薪(まき)は本当は有料なのだが、そこら辺に転がっているものはタダで使って良いとのことでした。
こりゃ楽だ!

早速、夕食の準備開始!!
炊事班と、薪拾い班とに分かれ、行動開始!すると・・・



オモチャ発見・・じゃなく・・・・T.Naka氏です。
いつも期待どおり、ネタを提供してくれる彼は、佐賀支部の名誉メンバーですね。
楽しそうだけど、あまり時間ないのねん。
急いで準備しないと、日が落ちてしまう・・・。


    

薪拾い班は早々に終わり(そこら中に落ちているので、ほんと拾うだけだった)、
炊事のお手伝い(邪魔?)に行きました。
本日の料理長はた〜ぼ〜さん。(↑写真右の左側の人))
副料理長はMS81さんのお二人にお願いしました。(↑写真右の右側の人)
二人とも抜擢しただけあって、手際が良いです♪
ザクザク・・・

夕食は焼肉(BBQ)&ヤキソバ、ご飯だったので、食材を切るだけだったんだけど、
先発隊(5名)は昼食抜きで買出しや準備をしていたので、お腹ペコペコ。
そこで、


No.001 Itawasa た〜ぼ〜さん作品

じゃーん”板わさ”登場!!!
た〜ぼ〜さん、特盛ワサビ入り豪快です!

これがまた旨い!!(外で食べるからかな?)
いつも食べている居酒屋の板わさとは違って、とても美味しいし、とってもわさびが効いていました。
キ・・・くぅ〜〜っ!
(T.T)

まだ準備中だったにもかかわらず、

もう〜我慢できない私は、

”プシュ!”



”うめェ〜〜〜っ!!”

私とた〜ぼ〜さんは、缶ビールを一気に開けてしまいました。
流石に、すきっ腹にビールを流し込んでしまったので、この後30分はフラフラ〜としてましたね。\(__ )

でも、いつもと違う、開放感が溜まらなく気持ちィィ。
泊まりだし、飲酒運転じゃないから、思う存分飲めるビールは最高に美味しかったです。




炊きだし準備の風景です。(余裕こいてる)
飯盒でご飯炊いているのですが、釜を二つ使っていました・・・なんでだろう?と
見下ろすと・・・




グツグツと、煮込みの音・・・

なんと!た〜ぼ〜さん”特製タン・シチュー”が温められてます♪

実は、この日のために、た〜ぼ〜さんが、是非みんなに食べてもらいたい一身で、
自宅より作ってきていたそうなんです♪
なんか、マジで美味しそう♪

早く食べたい・・・・ジュル。

午後5時半過ぎ・・・食材の準備も終わり(飯盒も上手に焚けた!!)、焼肉開始体制が整ったころ。

まだ、とりさんと、佐賀青6さんが来ていない・・・

もしかして、道に迷っているのでは?と心配し、連絡をとろうと思ったら、なんと・・・

携帯が入りません!!
思いっきり”圏外マークやん!”でしたっ!(^^;

誰だ〜こんな場所選んだのは〜っ!(私です。すいません)
auは入ると思っていただけで、実際に使えるかどうかまでは調査してませんでした。

とにかく、無事到着することを願って待つことに・・・

指を加えて待っていると、午後6時30分頃、
とりさん、無事到着しました。

佐賀青6さんは連絡が取れないまま、午後7時スタートしてしまいました!!

で、ここで問題勃発!!

バンガローの近くで、明るいと思っていたら、辺り一帯、真っ暗・・・予想外。
こんなはずじゃ・・・と言っても仕方ないので、





こんな感じで始まってしまいました・・・( ̄□ ̄;)!!

事前調査していたにもかかわらず、失態をやってしまいました。みなさん、すいません。
バンガローはAC100Vが来ていたので、
投光器を準備するべきでした。マタマタ\(__ )

・・・・。

いきなり焼肉でも良かったんですが、た〜ぼ〜さんがせっかく作ってきてくれた、”タン・シチュー”を満腹状態で
食べるにはもったいないとのことで(私が言い出したんだけど)、先に頂くことに。
で、生クリームと、パセリ?をまぶし・・・


た〜ぼ〜さん、”特製タン・シチュー”の完成ですっ!!
(チューボーですよ!風)


No.002 Tan−Shichu た〜ぼ〜さん作品

まさかキャンプ場でこんなお洒落な料理が食べられるとは夢にも思いませんでした!!
香りよし、見た目よし、あとは食べるのみっ!

さぁ〜て、
頂っきま〜すっ!!パクっ!

・・・・・・。
・・・・・・。

うまっ!!!!
ほんとに、美味しい(*^_^*)


このお肉の柔らかさ・・・・言葉では言い表せないほど。
それにこのシチュー、肉汁が絡み合って、コクのあるしっかりした味である。
お金払ってもいいくらいの美味しさでした。
みんなも、絶賛♪

本人曰く”亜○里○で食べたときに、自分で作ろうと思った”と。

す、すげェ〜。

決して亜○里○に引けを取らない美味しさです。
私は会社を退職して、た〜ぼ〜さんと喫茶店でも開こうかと思うほどでした。
ほんとに、美味しかったです♪

ぷはぁ〜食った食った。あとご飯食べたら終わりやねー・・・とかなり満足してたが・・・

焼肉スタート!



やっぱり、タン・シチューだけではお腹は満たされないのか、
ジャンジャン焼きまくり・食べまくり・飲みまくりが始まりました。

お肉は、いっぱい。
野菜も、いっぱい。

とりさんが、思わず”誰がこんなに食うんやぁ〜”とボヤくほど。

55リットルのクーラーボックスにいっぱい、お肉を積め込んでいたのでした・・・




焼肉を開始直後の写真です。
暗闇の中、デジカメ電池の節約のため、プレビューオフ状態で、撮った写真です。(うまく撮れた)
とりさんの、カメラ目線がいい感じ。
楽しんでもらえているようです。(笑)

タン、カルビ、霜降り、手場先、荒引ウインナー、ホルモン、エビなどいろいろ。
野菜も、キャベツ、にんじん、かぼちゃ、玉ねぎ、ピーマン、もやしとまぁ〜食べきれないほどの食材を準備していました。

で、焼肉開始からしばらくすると、遅れて佐賀青6さん合流。
なんと、6時半近くまで寝てたとか・・・。
(ちなみに、今日は「ガンダムSEED最終回」、佐賀青6さんは、最後だけ見たと言っていた)

日が落ちてから、ここまでよく来れたものだとビックリしました。まぁ〜無事でなにより。
サッカーボール片手にやってきました。
(何で?)




けっ・・・煙い・・・。
ゴホっゴホっ。

この日のキャンプ場の気温は17℃ぐらい。湖から吹き込んでくる風がとても冷たかったのですが、
火の周りは結構温かったです。
でも、やっぱり寒かった・・・

ありったけの肉と野菜を焼きまくり、開始1時間後には、まったり状態・・・。
もう食えない。。。くるしい。

あと、まだ肉と野菜、最後にはヤキソバが待っているのに・・・。


    

お腹に溜まったものを早く消化しようと、突然サッカーが始まりました。
漆黒のサッカーです。

お世辞にも、良い足場ではない上に、湖に向かって下り坂。
ちょっと危険と思いながらも、楽しく遊んでいる風景です。

ほんと、廻り一体は闇なので、コケたりしないかヒヤヒヤものでしたね。

ちなみに、佐賀青6さんはこの日もサンダルでした・・・キケンだな・・・。

私もちょっとだけ仲間に入れてもらいました♪


辺りがあまりにも暗かったので、空をふっと見上げてみると・・・。

”満天の星空”

デジカメでは撮影不可能でしたが、言葉には言い表せないほどの星数。
思わず、”こんなに星があったんだぁ〜”と眺めていました。
まだ、火星が神々しく輝いている近くに、
カシオペア座がとても綺麗に見え、

”天の川”

が手に取るように、うーんと近くに見えて、とてもロマンチック♪
白鳥座や北極星までしっかり、大きく近くに見えました。

野郎\(^_^ ) ( ^_^)/といるのが、とても切ないと感じた瞬間でした・・・・トホホ。

しかし、ほんとに夜空いっぱいに広がる、星空はとても綺麗でした!!!





まったりしている風景その2です。
もう、そろそろ限界か・・・それとも、余裕か・・・もう、午後9時半ごろ。
開始から、2時間半が経過しているのですが、みんなとりあえず元気みたい・・・。

明らかに、スローペース。
少しずつ、お肉を焼いては、こんがり焼いて食べ。
しばらくして、また食べるをこの後、延々と繰り返していたのでした。

午後11時過ぎ。

もうそろそろ、フィナーレを迎えるべく、ヤキソバタイム♪スタート!!

 →  → 

まず、ヤキソバ用に買ってきていた豚バラを豪快に、鉄板へ。
あと、鳥もあったはず。
じゅ〜じゅ〜とお肉を炒めて、野菜投入。
火力を上げるために、団扇でガンガン釜土を仰ぎまくっていました。
ん〜香ばしいにおいです。


 →  → 

すると、焼肉用に残してあった、野菜をた〜ぼ〜さんが刻み始めました!
残っても仕方ないので、ここで刻んでヤキソバに混ぜて処分する・・・立派な判断です。
この手際の良さときたら、まるで主婦そのもの。
恐れ入りました。

と、ここで、ヤキソバ麺が投入。
6人分を準備していたのですが、野菜の多さやみんなの胃袋を容量を考え、3人分を投入。
鉄板から溢れそうな、豪快なヤキソバ。
これは一体何の料理だ・・・!?

で、完成!


No.003 Special−Yakisoba た〜ぼ〜さん作品

げっ、見ているだけでお腹いっぱいになりそうなボリュームです。
これが男の料理!と実感した写真です。

なんか、ヤミ・ヤキソバみたいな感じもするけど、みんなでたいらげてしまいました。

これも、見た目以上に美味しかったです♪




ヤキソバ間食後の風景です。はぁ〜食った食ったって感じですかね?
もう、午前0時近く。
そろそろ片付けを始めないと・・・と考えているのですが、
最後のトドメを刺されたのか、T.Nakaさんぐったり状態です。

私も、胃の中がヤキソバで満たされてしまい、お茶ばかり飲んでいました。

とりあえず、朝食の準備が楽なように、後片付け開始。

ここで、源さんは、明日仕事ということで、早めに就寝。(遅いけど)

ちなみに、朝食は、
ご飯、味噌汁、味りん干しのはずだったのですが、
あまりにも、お肉と野菜が余ったため、
味噌汁→豚汁
になったのでした・・・。
(っていうか、なんでも鍋みたいな・・・想像したくないけど)

28日午前1時過ぎ。
ようやく後片付けが終わり、みんなでバンガローへ。

ここで、とりさんは頭が痛いということで、戦線離脱。就寝・・・。

残った5人で、トランプをすることになりました。

    

何を始めるかとの問いかけに、全員一致で、

”朝まで大富豪大会”

が始まりました。
(何もやることがないので)

ローカル(オプション)・ルールは一切無しのオリジナル大富豪にてこずってしまい、始めの方は
貧民・大貧民生活を強いられてしまったのですが、
後半は要領を得て、大富豪に君臨していました。

もはや誰も止めるものもいない状態。
このまま朝を本当に迎えてしまうのかと思っていたら、

午前3時過ぎ、
とりさんのイビキに絶えられなくなった、源さんが乱入。

このまま朝まで、ずーっと大富豪だけ!をやっていたのでした。





午前6時過ぎ。
佐賀青6さんの出勤時間が迫ってきて、大富豪終了〜♪
(はぁ〜、やっと解放されたって感じ)

そっと、窓を見ると・・・もう、日の出。
うっすらと夜が明けようとしていました。




しかし、佐賀青6さん、そのまま
一睡もせず、そのまま着替えて元気いっぱいで出勤してしまいました。
(ご苦労さまでした)

で、ここで、MS81さん脱落。



死亡・・・・。(注意:仮眠中です。毛布が役だった瞬間です。)

副料理長不在のまま、朝食の準備をすることにしました。

ちなみに、朝の気温15℃。
さ・・・寒い。

目を覚ますために、何度も顔を洗いに言ったのは言うまでもないが・・・。

この後、午前7時過ぎ。
源さんも出勤ということで、そのまま出発していきました。
無理矢理泊まったくれたのに、数時間しか寝ていない、源さん。
本当に、ごめんなさい。お疲れさま!



  


なんと清々しい朝でしょうか?
空気がとても新鮮で美味しい♪日差しも思ったほど強くなく、心地よい朝です。
いつも眺める風景とは違って、
大自然って感じが滲み出てくるよう。

感無量です。




意識、朦朧とするT.Naka氏です。
実は、1時間ほど仮眠をとっていたところ、私が強引にCDラジカセ大音量攻撃により、目覚めてボンヤリしているところです。
なんか、辛そうですね。
(スミマセン)




朝食の準備を着々と進める、料理長た〜ぼ〜さんです。
飯炊きは私がやったんですが、
豚汁はた〜ぼ〜さん一人で作ってしまいました。
かなり、眠たかったようですが、手つきはしっかりしています。(とても4?歳とは思えない)

でも、いい香りがしてきます♪

鍋いっぱいに豚汁が出来上がっています。
(こんなに誰が食うんか!って心の中できっと思っていたはずです)


No.004 Aji no Mirinboshi to Ninniku た〜ぼ〜さん作品

午前9時過ぎ、朝食の準備完了です。
本当は、アジの味りん干しがメインだったのですが、昨晩のツケが豚汁になってしまい、普通のオカズに
なってしまった、可愛そうな味りん干しです。
右にあるのは、ニンニクの丸焼きです。

まだ起きてこない、とりさんを起こして朝食を頂きました。

た〜ぼ〜さん曰く”気の抜けた豚汁”と豪語していたのですが、これもまた以外と美味しい♪
(写真が無くてすいません。忘れてた)

昨晩の残り物とは言え、豚以外の牛肉も一緒に煮込んであったのですが、美味しかったです♪
思わず、豚汁4杯もオカワリしてしまいました。

味りん干しも丁度良い焼き加減で、身が柔らかく旨かった〜。

にんにくは誰も手をつけなかったけどね。
(焼けてなかったみたい)


このあと、しばらくして後片付けを開始。
ゴミの仕分けから、バンガローの掃除。
食器洗いや生ゴミ処理と総出でやり遂げ、

チェックアウトまでゆっくりすることにしました。




今回のオフミ実効班の一人(もう一人は私だけど)、もっとも功労のあった、た〜ぼ〜さんです。
ぐったり横になっているところから、想像するに相当きつかったはずです。

一番働いてましたからね・・・。ご苦労さまです。

思えば、二人で”今度、キャンプやりたいね!”の一言から始まったこととは言え、
ここまでやるとは本人も(私もだけど)思っていませんでした。

右腕のぐったり感が面白い写真ですね。

午後0時過ぎ・・・最後の後片付け。
レンタル品の返品、精算、ゴミの処分を済ませ、現地解散としました。

私もこの時間になると、まぶたが重たく、思考力も低下。
とてもじゃないけど、みんなを引っ張っていく気力も、付いて帰る根性もなかったです。
(そう言えば、現地解散はあまり例がないな・・・)

とりあえず、山道は迷わせるわけにはいかなかったので、嬉野警察署付近まで先導していきました。

が、

市街地に降りたとたん、急激な眠気が襲ってきました。

9年ぶりに”自動追尾モード”になりました。

===============説 明===============
管理人は、運転中に眠気の極限を迎えると自称”追尾モード”になり、
自分の意思とは無関係に前方を走る車の後ろを追尾するのである。
しかも、前方の車の動きに併せて運転するため、過去に知らない場所に
迷い込んでしまった経験がある。非常にキケンな状態である。
================================

ここであっけなく、管理人死亡・・・。
目に付いたコンビニには常に立ち寄って、仮眠。また少し進んでは仮眠を延々と繰返し、
自宅に帰り着いたのは、午後4時過ぎでした。

そのまま、帰ってくるなりお風呂場へ直行。
汗を流し、部屋に戻ってきた瞬間。
髪も乾かさず、そのまま就寝。午後6時前であった。
(大河ドラマを見ようとTV付けっぱなし)

次に目がさめたのは、12時間後であったということだけ、ここに書いておきます。

とにかく、

凄まじい、佐賀支部キャンプ(黄金伝説的)

でしたっ!

これに懲りず
また、来年も企画しようと思います。

みなさん、お疲れさまでした〜っ!