九州自動車三菱展示会&2002パリ〜ダカールラリー報告会
〜ランエボ&レグナム交流会〜

   

平成14年2月16日(土)〜17日(日)にかけて、九州三菱さんによる、ランサーエボリューションGT−A展示&試乗会
他いろいろ車の展示発表会が九電記念体育館で開催されました。
私は17日(16日は長崎だったので)に参加したんですが、
この日、ランエボと同時にレグナムのオーナーズクラブのみなさんと一緒に展示するということで、
楽しみにしてました。

九州三菱さんの展示会なのに、ランエボ&レグナムの展示会みたいで、面白かったけど、
福岡ドームでオート・サロンが開催されていたためか、沢山の来場者がありました。

←の写真はFASTWAYというクラブ(他クラブもあったみたい)の出展車です。いつもランエボばっかしなんで、
なんか新鮮さを感じる上に、レグナムっていう車がとってもカッコ良く思えてきたのは、私だけかな?

→の写真は槍騎兵ね。
エボ1が居なかったのはとっても残念ですけど、エボ2〜7まですべて揃うとやっぱ感動ですね♪

ん?私の車は(生粋の)エボ2じゃない??
失礼しましたぁ〜〜m(__)m



     


なんか、エボと違ってどれも怖そうですねっ!
(エボも充分怖い?)
見た瞬間、”これはダークだぜ!”って思ったのは私だけかもしんないけど、とってもナイス!
どの車も革命的なものばかりで、間近で感動してしまいました。
どれもこれも、気合い入っているし、心底車が好きな人たちなんだなーって共感してしまいました。
なんか、オート・サロン行くより、こっちの方が楽しいと思った今日一日でした。
(入場料いらないし、コーヒーやジュース飲めるし^^)


     


→の車、なんとエボ7のウイングが付いているようですねっ!スゴッ!!!
じーっと、見ていると、突然、
車が喋りだし、
ビックリ!おののいてしまいました。
(レグナムオーナーさんの仕業らしい)

”なんじゃっ!!車が喋るぞ〜〜!”
”Thank you!”とか、何かいろいろ喋ってくるんで、面白かったです。
でも、こういうのいいね♪
盗難防止の変わりにこれ付けてもらおうかな〜。どこ売ってんだろうか・・・
欲しい・・・

レグナム・オーナーさんとではなく、車と交流してしまった、管理人でした。
(スミマセン)



展示会の受付で発見した、三菱パジェロのケーキ。
なんか面白いねー♪
思わず、受付のお姉さんに、
”これ終わったら皆でたべるんですか?”
って聞いたら、
思いっきり困ってました。(⌒^⌒)bうふっ

”早く食べないと、食中毒になるんじゃないですか?”
って言うと、大笑いされてしまいました。

でも、食べがいありそうな、ケーキです。美味しいそう・・・






この日のメイン・イベント。2002年パリ〜ダカールラリーで見事優勝した、
増岡浩選手(左)と3位の篠塚建次郎選手(右)の報告会&トークショーがありました。
こんな間近で見れるなんて、感動♪
この人たちがあのパジェロに乗って、パリ〜ダカール間、総走行距離9,432kmもの道のりを
46時間11分30秒で完走したのかと思うと、”男気”感じるね。
とかく、優勝おめでとう♪

特に増岡選手に当たっては、昨年の幻の2位からの悲願の初優勝。(苦節15年だそうです)
ほんとうにおめでとうと言いたいですね。
(ウレシそうにマイクもってるし)

篠塚選手も齢50過ぎ(たぶん)の大会最高齢でありながらの3位見事と言うほかないね。
両者ともこの報告会で、
パリ〜ダカールまでの参戦しての心境やそれぞれの想いやハプニングなどいろいろトークして
くれました。(爆笑トークもあった)

しかも、今年の三菱はスゴイ!
パリ〜ダカールラリー1位〜4位までをパジェロで独占したんだよ〜ふおーーー!!
快挙です。


トーク・ショーの中でもあったんだけど、日本の車には日本人が乗らないといけいないって篠塚選手が
言っていたけど、私も同感。
今こうやって、パリ〜ダカールラリーがマスコミやニュースで取り上げられるようになったのは、
この人たち(志を持った人)がいたおかげだということを忘れてはいけないね。
パリ〜ダカールラリーというと、砂漠とかジープってイメージもあるかもしれないけど、
WRCやアジパシ(ターマックやスノー、グラベルもね)なんかもあるんだし、
どんどん世界において日本人選手が活躍できるようになると、こうやって、メディアに取り上げられ、
モータースポーツ全体の底辺を拡大することができるんだろうね。

ちょっと話しが剃れてしまいまいしたね。(個人的発言ですいません)




これが、今年優勝を導いた、チーム日石三菱ラリーアート(増岡選手)の車です。
まだ、汚れやキズやらヘコミやらそのまんま残ってて、
パリ〜ダカールまでの軌跡が伝わってくるようでした。
ほんと、マジで凄かった♪


         


左はエンジンルーム、真ん中はドライバーとナビゲーターの名前と血液型みたいですね。
ちゃーんと増岡浩って書いてあるところがウソみたいだけど、本物なんだよねー。
パジェロってこんなカッコ良かったんだ〜って改めて感じましたね。

右はリアのショックアブソーバーです。
今日初めて知ったんですが、この車(パジェロね)、フロントに2本、リアに3本のショックを装備している
そうなんです。これぐらいないとあの過酷なレースでは勝てないのかと思うと、
ショックです。(←ばぁ〜か!)


やっぱ、近くで覗く豪快さはたまりませんね♪
(オレって、土系かな?)

     


後方から撮ってみました。
トークショーでも増岡選手が話していましたけど、なんと走行中にリアトランクの扉が飛んでいった
そうです。オイオイ!!!
トランクには十字レンチやらスコップ(砂を掘るため)が装備してあったそうですが、
もしパンクしたりしていたら、危うくリタイヤですよね。
勝負は時の運とかいうけど、
増岡選手は強運だなって感じました。
(今まで運が無かった?)
篠塚選手が言うには、大会を終えるまで、10数回もパンクするこもあるらしいのですが、
今年増岡選手にいたっては1回のトラブルも無く(パンクも無かったらしい)完走したそうです。スゴっ!
リアのトランクには、タイヤが4本、あとオイルクーラーが天上に付いていました。
ロールバーもタイヤ収容棚になるんだなーって思い、
過酷なレースのために、無駄なものは一切ないんですね。



ムムっ!これは・・・
佐賀支部遠征部隊?
しかも、自分の車にあった風船が付いているじゃありませんか??
子供にあげる風船をおトながとってきちゃいけないなー。しかも、以外と似合うところがなんとも言えませんね。
(黒は無かったみたいね←当たり前)

みなさんお仕事で大変なところ、お供して頂いてありがとうございました。



今回の立役者槍騎兵博多支部長@うめさんです。
何故かキメのポーズがTEI TOWAに似ていると思うのは私だけでしょうか?
その後ろでピースしているのはママクロさんかな?遠目でデジタルズームだったので、綺麗に撮れてませんが・・・
うめさん、二日間どうもお疲れさまでした。
特に、昨日は車3台と非常に寂しい思いをさせてしまい、申訳ありませんでした。
またのご活躍期待します。

お世話になりましたっ!!!ご苦労さま〜♪