第5回唐津・呼子いか食い&ツーリング・オフミ





今年で第5回目を迎えました、佐賀支部恒例の唐津・呼子イカ食いツーリング・ミーティング。
例年だと、梅雨明け頃なので晴天を予想していましたが、
どういうわけか・・・
どんより、曇り空。

蒸し暑さで不快指数を75%を超えていたのではないかって思うくらい、梅雨真っ只中で開催いたしました。

本日は、遠方より、
熊本支部(こーくん、ホワイティーさん、高浜さん)
北九州支部(エンペラーさん、しもきんさんファミリー)
博多支部(hiroさん)
らが、参加を頂きました。
まず持って、お礼申し上げます。

当初は悪天候が予想されたのですが、みなさんの日頃の行いが珍しく?良かったのか??
大雨には見舞われることなく、
パラパラ・・・と、
通り雨程度で、なんとか無事に催すことができました。


ところで、今回・・・・も!?

第一集合場所で遅刻者が続出・・・。
8時30分集合としていたはずなのですが、時間通りに集まったのは、たったの3人だけ。(おいおい!)

私もさすがに不安になり、予め印刷しておいた、催行内容を見ましたが、やっぱり8時30分集合⇒9時00分出発。
佐賀ん時間とは、これほどルーズなものなのか・・・と思い悩んでしまいました・・・・が!?

私も過去に前科があるので、あまり言える立場じゃありませんので・・・

何はともあれ、
予定より50分遅れの、9時20分。
全員集合!!!
し、二次集合場所「おさかな村」へ向かったのでした。

(ホリ○モン風に言うと、想定の範囲内です・・・(^^;;)



   


二次集合場所(恒例)での集合時の様子です。
(ここで、北九州支部の方と合流)

往路では、嘉瀬側ダムの底部を走ってきたのですが、大雨に見舞われることなく、心配していた天候も
唐津に入ってからは、曇り空で持ちこたえてくれていたようです。
(まったく、不安定な天気で、予想できない週末でしたが・・・)


先に述べましたが、北九州支部、熊本支部のみなさんの写真です。
豪快な(カッコイイ)エボがずらりと並んでて、怖いお兄さん集団のように感じますが、
とてもフレンドリーでオチャメなドライバーさんが多いです。

おさかな村に来ていたお客さんらがジロジロと食い入るように観ていましたね。

ここで、約40分の休憩&お買物(品定め)時間を設定、11時00分出発しました。






今回のイカミのターゲットに選んだのは、
「いか本家いそ浜別館」
です。
当初予定より、15分送れで現着しましたが、新鮮なイカを食べてもらうためか、電話がかかってきて、
「いまどちらまでお越しですか?」
と親切・丁寧なお電話を頂きました。
電話を頂いたときは、既に着いてはいたのですが、見事に隊列が崩れてしまい、待ち状態。
たーぼーさんが、後列を引っ張って来て頂いて助かりました。
さすがに10台を超えて市街地を走るのは大変だな・・・と実感してしまいました。

ちなみに、
ここいそ浜別館は、呼子大橋の本土側に位置し、加部島にある風の見える丘公園と、呼子大橋が一望できる
ナイスなスポットという理由で選定しました。



   


ふと、辺りを見回すと、昔漁港だったのか、漁船が転覆&座礁している残骸が激しく打上られていました。
きっと保険に入ってなかったんでしょうか?
転覆したまま、放置してあって、
ある意味オブジェ的な存在になっています。

p.s.早く引き上げた方がいいと思うんだけど・・・

何はともあれ一行は、いそ浜別館店内へ。






私達を待ち構えていたかのような、見事なイカの活き造りです!!!
透明さが新鮮さを表しているばかりでなく、大きさも申し分ありません。
基本的に、何処で食べても同じようなものだろうと思いますが、店舗それぞれで特徴がありますね。
大きさもさることながら、
食感も程よく、コリコリとした歯ざわりに舌鼓を鳴らしたのは言うまでもありませんね。
賄いのおばさん等がやってきて、
”足も美味しいですよ〜〜”
と、
言いながら、ハサミでジョッキンジョッキン足を切ってくれました。
(なかなか、残酷・・・)

足を食べると、当然のことながら、口の中にくっ付いてくるので、楽しいです♪
身より、足を食べていた人、意外と多かったなぁ〜

ちなみに、
めん玉を食べるのがツウです。
私は過去に食べたことがありますが、
とってもジューシーで、磯の香りに包まれ、歯ごたえがありますよ〜〜♪



   


店内の様子、イカしゅうまいです。
あらかじめ予約をしており、他のお客より早かったためか、、、2階の展望の良い場所をキープ
して頂いておりました。
呼子大橋と海の眺めながらの食事は一層の食をそそりますね。
また、名物のイカしゅうまいはボリュームたっぷりで、ゴハンが進みます。

んで!
ここで大事件が発生!!!

(私がちゃんとリサーチしてなくていけなかったんだけど・・・ごめんなさい<(_ _)>)

ゴハンのお代わりが有料だったこと。

私も過去にイカミを開催してきたものとして、軽率だったのですが、
ゴハンのお代わりがタダじゃないんです。
私の経験から言うと、

初めから、御膳と一緒にゴハンがある場合⇒お代わり自由。
ゲソテンと一緒又は直近にゴハンが出てくる場合⇒有料。

という、固定概念があり、
初めから御膳に並んでいたので、無料かと・・・。

たーぼーさんは、ちょっとキレ気味でしたが、そのとおり。
ゴハンで儲けを出す必要はありません。

しかも、普通盛で210円もゴハン代がかかったのは私もびっくりでした。
こーくん、たーぼーさんはゴハン大盛りでお代わりをしたのですが、
1杯の値段が恐ろしく高かったです。
ほっかほっか亭のゴハンのみの2倍はしたな・・・。

わざわざ予約まで入れて来ているんだから、それぐらいサービスして欲しいものです。
それがちょっと悲しかったな・・・。






ゲソ天の登場です!!!
写真は3人前ですが、4人前は山と化していました。
コレがまた、今までに無く大きい。
過去に食べてきたゲソ天の中では、No.1の大きさ&ボリュームです。
最近では、ゲソ天は天つゆと塩が主流なのですが、このいそ浜別館では、天つゆが出てきました。
別にお塩を頂戴して食べたのですが、
やっぱり塩が美味しい♪♪

食材のもった味を引き立たせてくれるのが、塩なんだなぁ〜〜!!
これがわからんとは、いそ浜はまだまだです。

ちなみに、天つゆには既に大根おろしが混入。
(ちょっと、私的にはカチンときたんだけど)

大根おろしは、おろしたてをゲソ天に添えて置くのが定石。
いつおろしたかわからない、大根を天つゆに入れるのは、店側の怠慢かと・・・
故に、大根が天つゆに沈殿してたのは、長い時間つゆに浸っていた証拠だと思ったのでした。
(いそ浜別館は少しセコイようですね)

しかし、ゲソ天は文句のつけようが無く、美味しかったです!!!






いそ浜別館横の堤防から
呼子大橋&加部島をバックに記念撮影です。
怪しい手や指は無いようですが、バッチリ撮れました。

一度でいいから、呼子大橋をバックに写真撮ってみたいと思っていたので、
私的にはとても満足です。

1998年ごろだったかな?私も後で知ったのですが、某新聞社による佐賀県民による人気投票で、
「新さが百景」
を選定。
No.1人気を取ったのが、この呼子大橋だったそうです。
なんで、人工の建造物がNo.1だったかというのはさておき、
佐賀県民のシンボル的役割を担っているんだなぁ〜と思います。


日差しもさほど強くなく、ただ蒸し暑さだけが不快だったので、早々に撮影したのち、
一行は波戸岬へ向かいました。



   


私も生まれて初めてやってきました。波戸岬です。
国民宿舎までは車でドライブしたことがあったのですが、岬まできたのは初めてでした。
例年だと、涼むために玄海エネルギーパークを利用するのですが、サザエのつぼ焼き食べたさで、
ここを選定しました。

駐車場に入ろうとしたら、休日の午後は案の定・・・満員御礼。
11台にもなる車を一気に無料駐車するのは不可能でした。
近くにある、有料駐車場しかなかったのですが、
1日300円惜しさにちょっと戻り、無料駐車場に停めて徒歩。
とりあえず、ココまで来たので、サザエのつぼ焼き屋さんが並ぶ店先を素通りし、岬まで行ってみることに。


「The Northwest End.」
東経129度51分
北緯33度33分



とあるとおり、本土では、再北西端ということですね。
予想どおり何も無いところですが、岬付近は芝生が綺麗に整備されており、
サッカーボールや、ブーメランやフリスビーを持ってくれば、ちょっと遊べたかもしれません。
しかし、
海風が強いので、そんなものでは遊べないかな??(^^;)

潮風が心地よくも、湿った空気が不快感を払拭できず、
しばらく海を眺め、サザエのつぼ焼きセンターへ。






じゃーん!!!サザエのつぼ焼きです。
波戸岬駐車場の近くにある、サザエつぼ焼きセンター(ほんとの名前か知りませんが)。
約20件ほどの軒先が並んでできた、つぼ焼き・イカ焼きを売りまくる・食べまくるところです。

軒先から、流れ出てくる香りが堪らないくらい、食欲をそそりますね。

サザエのつぼ焼きだと3〜4個で、500円と決して安くはありませんが、
一度食べてみようってことで。

サザエもなかなかの大きさで、さほど苦くもなく美味しく頂くことができました。
真剣にビールを飲みたくなってきましたが、サイダーでガマン。
きっと、合うと思うんだけどなぁ・・・・

近くに住んでいると思われる奥様方やおばあさん達が働いていて、私が座った場所は、
一番古株のおばあさん。
「今日は何処からきたの?」
と問いかけをキッカケにちょっと世間話をしました。
ここの店舗ができて、約30年の歴史があるらしく、昭和50年8月にオープンしたそうです。
私は、昭和50年2月生まれだから、ほぼ30年ですね。
おばあさんも30年を迎えて、まだまだ元気そうでなによりでしたが、
そんな随分昔から、ここで働いているなんて、ちょっとスゴイと感じました。






博多支部より唯一参加を頂いたhiroさんです。
毎年、このイベントに限って必ず参加して頂いている、ある意味皆勤賞ものです。
彼は海外出張で忙しく、その合間を縫って参加して頂きました。

今日も用事があったらしく、16時までには福岡に戻らないといけなかったそうですが、
このサザエのつぼ焼き屋さんで、既に15時・・・間に合いそうになく・・・付き合ってくれて、
サザエを一緒に食べました。






波戸岬の手前にある、大駐車場です。
ここから歩いても徒歩3分程度ですが、こんなに広い駐車場があったとは私も知りませんでした。
一般のお客さんから観ると、何事からあっているのか?ちょっと怖い集団が集まっていると通報でもされないか心配でしたが、
大胆にも1列に並べてアピールしたわけで・・・。

一般の車も数台入っては、すぐ出ていく始末でしたが、決して怪しい集団ではありませんので・・・


一行は、サザエのつぼ焼きを堪能したのち、二次集合場所であった、「おさかな村」まで戻り、
16時過ぎに解散したのでした。


今回のイカミ。
振り返ってみれば、予定では梅雨明け開催だったのですが、思ったより梅雨が長引いたおかげで、
蒸し暑く&どんより曇り空のもとでの開催となりました。
(しかし、雨じゃなくて、良かった♪)
また、下見をしたにも係わらずリサーチ不足と手際の悪さにみなさまにご迷惑をおかけしたのではと思います。

また、来年も計画したいと思いますが、

1.おかわりが自由にできること。
2.移動ルートの選定及び隊列時の編成。
3.開催時期(梅雨明け)。

と、基本に戻り、計画・実施しようと思います。


何はともあれ、無事開催〜終了できて良かったなぁ〜と思いますが、みなさんのご協力無くしては、
安全に催行できなかったと感じます。
ありがとうございました!!

みなさん、どうもお疲れさまでした。

また来年もよろしくお願いしま〜〜〜〜〜〜す♪♪


p.s.T.Nakaさん、下見まで来たのに当日来れないのはどういうことなの??(笑)