2000年11月1日(水)〜5日(日)の期間で開催されました”2000佐賀インターナショナル・バルーン・フェスタ”の写真です。
数日前の台風20号接近のおかげで大会初日から2日間競技ができなかったので、今年も行けないかな?と心配してましたが、
3日目にして晴天に恵まれ、ようやく初日を迎えることができ、「ホッ」と胸を撫で下ろすようです。
あんまり、写真はうまく撮れませんでしたけど、雰囲気を味わって頂けると嬉しいです。

本当は夜の部があるのですが、今回は都合で行けませんでした。(残念・・・・)
夜の方も見物で、バルーンのバーナーの灯りがとっても綺麗なんです。野郎二人で行くのはほんとうに恥ずかしいので
次回までには、彼女と行けるように頑張ります。(大笑い)

バルーン大会の紹介も兼ねて記載します。ご参考まで。

開催場所:佐賀市嘉瀬町河川敷
開催内容:第16回パシフィック・カップ
第17回熱気球日本選手権
2000熱気球ジャパン・ホンダグランプリ第4戦
バルーンファンタジア2000
参加国:世界17カ国(実際は13カ国だったらしい)
参加機数:89チーム
うちの会社も出てたよん。左図でわかるかな?


オフィシャル・ホームページ

http://netcom.gr.jp/balloon/

    

この日は初日ということもあり、気合充分。午前3時に開催場所の駐車場に潜入し、
車の中で仮眠してました。既にワンボックスやらRVやらで車内泊組が大勢いたのは言うまでも
ありませんね。とりあえず、3時間ぐらい仮眠をとって、一路場所とりへ向かいました(左写真)
朝早くから的屋が並ぶ中、半分寝ぼけてました。(お腹空いてた・・・)

7時にはブリーフィング(打ち合せ)が終わり、ようやく競技開始。
午前のタスク(競技)はフライインという競技で、会場から4km以上6km未満の位置から飛んで
きて、会場の決められた場所にマーカーを落とすという競技です。(その他にもいろいろ競技がある)
会場は連日の雨でぬかるんでいたので、歩道やあぜ道からの飛行準備したそうです。
今飛ばそうとしているのは、競技参加者じゃないので、ここで飛ばしているんだけどね。^^;
(真中、右写真)
ちょうど、バルーンに空気(大型扇風機)とバーナーの熱を送り込んでいる様子。
見ているだけだと楽なんだろうけど、必至にバルーンを支えながら(飛んでいかないように)、
頑張ってます。バーナーの熱気もすぐ近くまで伝わってきてて、目の前でバルーンが
揚がったときは、思わず拍手が巻き起こりました!!

バルーンの編隊飛行です。というより、競技真っ最中。
各方面から飛び上がったバルーンが会場に向かってくる写真ですね。高度を変えながら、風を探し会場への道を探して
いる様子。じょじょに会場に集まってくるバルーンは感動です。
会場の近くにある煙突の煙は北風なのに、会場は南風が流れているんですよ。フワフワと飛んでいるけど、
パイロットは大変なんだろうな・・・
でも、空から眺める景色やバルーンは、また違って見えるんでしょうね。
一度乗せて欲しい気もする・・・。重いかな!?


会場の上空を飛んでいる写真です。皆空を見上げている様子が面白い。
当然、私も見上げていたんだけど、首が疲れてしまい、もうダメでした。
(写真撮っているほうが楽だった)
今度行くときは、敷物と双眼鏡が必要なことが解りました。寝ながら見るのは1番
楽だと気づいたのでした。

この写真は大変上手く撮れた一枚です。写真展にでも出そうか?悩んだくらい・・・
晴天に恵まれ、時折強い日差しのと風も微風程度。バルーン大会には持って来いの天候でした。
朝は寒さで死にそうだったけど・・・
しかし、午後からは風が強くなって来てしまい競技は中止。(無念)
でも、この写真ほんとうに良く撮れているでしょ?

  

トム、タコ(何で?)、ドラエモンです。
バルーン大会では、競技以外にもこういった、アニメのキャラクターを使ったバルーンが繋留されます。
(バルーンファンタジア)
この他にも何体かあったのですが、あいにくの突風に見舞われ繋留することができませんでした。
今、流行りのピカチューとかトトロとかいて欲しかった・・・
でも子供には結構ウケていたので、可愛くて良かったです♪

このHPの管理人(左)と同僚です。いろいろ無理いって強引に連れてきました。半ば強制とも言う。^^
朝早くから昼過ぎまでお付き合い頂いてありがとうございました。
二人で同じこと考えていたんだけど、ゼッタイ!野郎二人では行きたく無いね!!
って思いました。でも、楽しかったのでいいかな?

来年こそは野郎と来ないぞ!と決意した一日でした。