JAF公認国内競技
組織許可番号2003−5019
ALL JAPAN RALLY CHAMPIONSHIP 2WD Sr.Rd.2

Tour・de・KYUSYU 2003 in NANAYAMA




突然、こんな表嬢から始まる写真って何だろう・・・。
(これはヤラセではないっ!)

ここ、七山村では全日本ラリー選手権が毎年開催されていることはあまり知られていない。
ちょっと知名度が低過ぎって感じもするけど、
今年で、5回目を迎える。もっと大々的にアピールしても良いと思う!
地元、七山村の協力もありオール・ターマック(舗装路面)・ラリーの開催が可能となっており、
競技は4月26日〜27日の二日間で行われています。

私も以前から開催されていたのは、知っていたんだけど、なかなか機会が無かったため、今までのびのびであったけど、
やっと念願叶って見に行くことができました。

朝9時過ぎ、佐賀健康ランドに集合して目指すは、七山村にある”な○の湯”会場。
よく場所を確認せずに出発してしまい、迷い込んだら”な○の湯”駐車場だったんだけど、とりあえず、
楽太郎さん(サービス隊で来ていた)に連絡しようとしたら・・・。

”な○の湯”から変なオジさんがやってきて、
”あんたらラリー関係者だろ!ここに止めてもらっては困る!あっち行けっ!”
と一言。
ほとんど頭ごなしに言われてしまい、一同絶句。

おいおい、別にここに止めて行こうなんて思っていないし、電話かけるだけだったのに〜っ!
それに駐車場めっちゃ広い割りには、客少な過ぎじゃん!
(5台ぐらいしか止まってなかったぞ!)
ちょっとぐらい、いいじゃん!迷惑かけた覚えはなーいっ!

それに、七山村は「清流と緑の自然公園の村」だろ!
自然を愛することのみならず、人として生きることに誇りと思いやりを持てーい!
しかも、私はタオル持っているぞ!
温泉に来た客だったらどー弁解するんだー!(入るつもりはなかったけど・・・)
車で人を判断するのは人として最低だぞ〜!

と思いながらも電話をかけた後、早々に立ち去りました。

必ずしも、このラリー開催にあたっては地元住民との理解があるわけではないと知った瞬間でした。(;>_<;)ビェェン
相変わらず、認知度低過ぎ・・・。

午前10時過ぎ。
予定より速かったけど、ギャラリー受付をしました。
すると、
OFFICIAL PROGRAMとギャラリーマップを貰いました。





こ・・・コマ図!( ̄□ ̄;)!!
んなもん、貰っても見方がわからん!私はラリーストじゃなーい!
どこがスタートか記号の意味がわかんな〜い┐('〜`;)┌

ギャラリーってラリーストじゃないとアカンのかな?楽太郎さんのおかげでなんとか行くことができたけど、
危なかった〜♪
危うく七山村で遭難するところでした。

スタート会場から20分ぐらいかな?車で各々移動して行くんだけど、まったく知らない道ばかり。
(受付係りの人も、知っている人に着いて行って下さいと・・・?!)
コマ図を頼りに行くのはいいんだけど、ちょっとしたラリー気分を楽しめましたね。
先導車は居なかったけど、同じ目的(ギャラリー)の車が数台連なってしまい、ブイブイ着いていきました。
どんどん、山奥に入って行くと、霧が雨に変わり、冷たい風が吹き荒れて路面は完全にウエットでした。

で、
駐車場に車を止めて、ひたすら林道を歩く歩く・・・
コマ図ではギャラリー地点まで700mぐらいと書いてあったけど、遠い遠い。
舗装道路だったけど、登りがキツイし、路面は濡れて、雨が吹きさらしていました。
普段からの運動不足が祟ってか、息が上がってしまいオジサン丸出し状態でした。
(で、TOPの写真なんだね)

午前11時30分ごろ、駐車場から徒歩で20分ぐらい歩いたところでギャラリーポイントを発見!
とは言ってもどうぞ見てくださいという場所ではなく、”どうにかして観て!”って感じ。
覚悟はしていたけれでも、山に登ることに・・・足場が悪い・・・

そう言えば、T.Nakaさんがカッパと長靴・傘を準備してきたのがようやく解った。
こういう場所で観るんだね。。。
でも、ごめんなさい・・・置いて来ちゃったね!





午後1時30分過ぎ。
いよいよSS1回目スタートです!
足場の悪いところで、ゴハン食べて2時間ぐらい立ちっぱなしで待っていました〜♪
路面は完全ウエット!
どんな走りをするのかな〜と思いきや、爆音(独特な)と共に次々と目の前を駆け抜けていきますっ!
各車両クラス(Aクラス、Bクラス、Cクラス)毎にアタックするんだけど、カッコイイ♪
2輪駆動部門だけだけど、
ブラインドコーナーから立ち上がる姿は圧巻です。路面の状況なんて逐一変わるだけに、
ドライバーのミス一つで大事故になるだけに、見ている方も結構ヒヤヒヤ。
速ぇ〜〜!!!



   


Aクラスの写真です。エントリーは15台。
左はERG☆ラック☆Weds☆Kei−R(愛知からの出走)、右はNRSマーチ(神奈川からの出走)です。
全国各地を転戦しながら、こうやって知らない・不慣れな道を諸共せず走ってゆく姿に
オーラを感じますね。
私も軽だからと言って、ヘタな真似はやめよ〜♪


  


Bクラスの写真です。エントリーは16台。
左はBRIG☆ERGオーリンズ・アドバンCA(神奈川?からの出走)、
右はESSO・C−ONEランクス(群馬からの出走)です。
Bクラスになると迫力上がりますね。
駆け抜けるスピードレンジが違うのがわかる・・・まぁ排気量の違いだろうけど、
ぐいぐい曲って行きますね。


  

同じくBクラス。キャロッセBSヴィッセ・シビック(北海道からの出走)です。

私達が見ていた場所・・・なんとなく解るかな?
道路よりかなり内側に入って見ていたんだけど、目の前には丸太がごろり・・・。
丸太のところには白いテープが貼ってあったんだけど、
”ここより入ってはいけません”

言う意味ではなく、
”とてもキケンですので、ここには居ないで下さい”
と言う意味だそうです。
基本的にこの白いテープが貼ってあるところは、車から見てブラインドとなるところだから、
いつ突っ込んでくるかはわからないから・・・ということでした。
(保険料取られた意味が解った)

もし、車が突っ込んできたら、丸太に引き殺されてしまうところでした(;^_^A アセアセ

オフィシャルの人は下に降りて見ちゃダメ!って言ってたけど、守らない人ってドコにもいるんだね。
オジサンとオバサンは下で見てました(笑)

ちなみに、この場所(一帯)は携帯電話が入りませんでした。(Docomo,J−sky,auも)






午後14時30分過ぎ。この時間になると雲間から日差しが差し込んできて、
路面は完全ドライ!
SS2回目の走行が始まりました!!
1回目とは逆方向から出走してくるんで、場所を変更!
さっきまで居た場所とはうってかわって、足場もフラット。非常に見やすい位置に陣取りました。
(だけど、ずーっと立ちっぱなしで足がイタイ)

路面の状況がかなり良くなったんだろうか・・・アクセルの吹かし方がさっきまでとは違う!
しかも、私達が見ている手前では”黄色い悲鳴”までも轟く雰囲気。
”きゃぁ〜〜!!!”


  


Cクラスの写真です。エントリーは6台。
左はエナペタルATSBPF西日本自動車EF8(福岡からの出走)です。
右はREPSOL−ADVANスターレット(静岡からの出走)です。
2回目(逆走)とあって、コーナーの立ち上がりがスゴイ!
ハデなアクションはないものの、
無理なく、無駄なく、駆け抜けて行きます。





この日のSSギャラリーは午後3時30分過ぎ、無事終了。(ギャラリーはここまでらしい)
この後、私達が止めている駐車場が次のSSになるらしく、オフィシャルの指示で
そそくさと帰るのでした。
(帰りも辛かった)

参加車両はこのまま午後9時近くまで競技をやるみたいなんだけど、観てみたい気もするけど、
いけないんだろうな・・・
だって、夜はもっと面白そうだし、、、

迷彩服とポンチョ、登山靴があれば、山中にこっそり潜んで観れるんだが・・・あと、ライトもね!

何はともあれ、間近で観る本物のラリーはちょっと興奮してしまいました。
次は是非!
4輪駆動部門を観て見たい!
絶対観たい!

そのためには、ちょっとラリーの勉強もしないといけないな・・・コマ図読めなかったし。

観戦した時間は1時間とちょっとだったけど、待ち時間が恐ろしく長いことに、
もし次行くんだったらヒマ潰し持っていこーっと!

最後に、大会役員・構成委員並びに七山村のみなさま、競技運営・支援頂き有難うございました。
おかげさまで、楽しく辛い一日を過ごすことができました!!

p.s.来年は是非4輪駆動部門やってくれ!