− Super Taikyu Series ROUND1 −
CP−MINE 500km RACE
3/31(予選)−4/1(決勝)
スーパー耐久シリーズ2001 第1戦


新世紀最初のスーパー耐久レース。今まで何度かこの地(MINEサーキット)に足を踏み入れたことはあっても、
大きな大会のレースを観戦するのは、今回が初めて。ちょっとウキウキ・ワクワクの一日。
рェ観戦したのは、決勝レース。(予選からは行けませんでした)
昨晩の曇り空からは一転、暑さが感じられる好天に恵まれ、まさに小春日和でした。

当然、ビンボーなので前回と同じく自宅から高速を使える身分ではなく、朝4桙ノ起きて若宮I.C.まで国道を爆走
していったのである。(あぁ〜眠たい・・・)

今回のお目当てはキャンギャル?・・・じゃなくて、我らが三菱ランサーエボリューションがエントリーするクラス2観戦。
エントリーは6台だったのですが、6台中5台はエボ。(cり1台は新型インプなのだ)
と、3撃ノ発売されたばかりの、エボ7のスーパー耐久デビュー戦なのである。

その名も、O菱PUMAランサーエボ7!!
中谷明彦&木下隆之選閧ェドライバー。

さぁ〜、2001年開幕線スタート!!!!

これが、今回のお目当てPUMAランサーですッ!
レース開n前にPITWALKができるんだけど、直後に発見しました。
今回開幕戦に至っては、初Q戦、初ポールゲット(クラス2予選1位)ヒジョーに頼もしい♪
いっつも、キャンギャルのお姉ちゃんが車から離れなくて、やっとの思いで撮りました。
ふぅ〜大変だった・・・
このデザインは以前とだいぶん変わったようで、炎をデザインしているそうです。
違和感あるけど。
しかし、黒エボとは・・・カッコイイ♪
рフもこんなならんかなぁ〜?

    

左から、ファルケンランサーエボリューション6です。冨桝朋広&柳生治男選閧ェドライバーです。ぱっと見た感じエボ5なのか6なのか
全然わかんないですけど、6で間違いないようです(苦笑)PITWALK中は曇り空になったり、強い風が吹いたりと、キャンギャルoちゃん
達はちょっと寒そうでしたよ。あと、PITWALK中は各パドックからお土Yが貰えるなんて知らなかったので、ノンビリして行った私達は
あんまり貰えませんでした・・・トホホ。
もうちょっと早く行けばよかった。
中央は、RSオガワADVANランサーエボリューション6です。なんか、耐久レースというより、GT選闌を思い起こされるような感じでね。
右は、JMC・ADVANランサーエボリューション6です。これもまたデザインがスゴイ!!とって食われそうな感じがします。
なんか、サメみたい。ホオジロザメ?

向かって右側が中谷明彦選閧ナす。ドライビングビデオとか雑盾ニかで有名な方ですよね。見たことあります??
間近でみれて感激してしまいました!!!
左側は木下隆之選閧ナす。金髪でサングラスとは悪そうな(まるで、Taxi2みたいな)感じですけど、終nニコヤカ笑顔
でしたよ。ぜんっぜん緊張してない・・・
これから決勝っていうのに、こんな笑顔振りまいてて大丈夫なのかなぁ?もしかして、余裕?

以前のPUMAランサーは青色を基調としていたので、今回の黒はやっぱ見慣れないですね。(クドイ?)
中谷さん、笑顔最高っす〜〜〜〜!!!




ここから先へは18歳未満はご遠慮下さい。って言ってもみるよね。
р烽スだのカメラ小僧になってしまったので、その成果品をご覧下さい。


ファルケンガール3人娘です。
まだ、4撃ニいっても山の中のMINEサーキット。梵ワ強い風が吹いたりしてて、寒い思いをしながらのこの姿・・・
一番右の娘がいい・・・ジュル?

FUJITSUBOガール3人娘です。かなり挑発的なおじ様キラーです。
р燻vわず、横から盗み撮りしてしまいました・・・^^
クラス1で参戦しているトトムFUJITSUBO−GTRのパドックで撮影しました。
やっぱ、GTRは早いですね。エボより2秒以上もラップタイム早いもん。スゴ!

    
中央はAZENISガールです。なんか、とっても爽やか〜って感じですよね。一番自然に撮れてて気揩ソ良かったです♪
あどけなさがあって好きです^^
右側はドコのバドックだったかわからないまま撮った写真。すごく堂々としているので、シャッター切るのu危阿靴討靴泙辰燭任后
ところで、Pじゃまだよね?
このPITWALKの間だけに撮影した写真は60枚あまり・・・そんなに撮ったのか?って自分を疑うほどでした。
気がつくと、デジカメの電池c量が半分になってて大アラワ。充電器持っていってなかったので、途中でやめちゃったのは
とっても残念・・・でも、
ん〜、ご馳走様でした。


  

いよいよ開幕戦スタートです!!!
今からこの車達、このコースを155もするそうです。おいおいほんと耐久だね。F1でも60前後なのに・・・
この日エントリーは全クラスで30台余り。
我らがPUMAランサーはクラス2予選第1位!!
3番グリッドに着いています。見えるかな??(ハゲオヤジが写ってるけど)

打倒!GTR!!!
走れっ〜〜!ランサー!!!

  

ん〜順調にクラス2トップを快走するPUMAランサー(左)です。メインスタンドと最終コーナー辺りを行ったり来りしながら
の観戦でしたけど、間近でみると迫力ありますね。
рフ車なんてチョロQみたいな感じです。
でも、PUMAランサーは他の車と違ってうるさくない!!なんか、大型スクーターみたいな音で、ひゅ〜〜んって感じで
ホームストレートを加速して行くのでした。(他の車は爆音だったけど)

  

おぉ〜っ!!!
PUMAランサーがクラス1のFUJITSUBO−GTRをあおってる〜〜!!!
・・・っていうのは、真っ赤なウソです。
タは周回遅れにされて、頑張って食付いて走っている様qでした。
やっぱ各が違いますね。ストレートエンドでの最高速が違いすぎて勝負にならんです。
でも、複合コーナーやシケインでは付いて走ってましたよ。それだけでも、スゴイよ。

新型インプレッサ(右)結構イイジャン!カッコイイ。

しかし、この日のレースは総荒れ。クラス2に至っては5台のエボのうち、氈Xとリタイヤし、
↑の写真とるときは新型エボと新型インプレッサだけになってました。おいおい、完走率悪いんじゃない???
インプとの一騎打ち見たかった。

がぁ〜〜〜ん!!!!!
ツイに起こってはいけないことが起こってしまいました!
エボすべて全滅。。。。
最後の1台になっていたPUMAランサーは、総合1位(全クラス)を快走するも、
124目にまさかのエンジンブロー・・・。
炎が上がっていたそうです。(デザインどおり^^)
ついさっきまで、順調に走っていただけに、とっても残念。
cるは、新型インプ・・・ガクっ。

結局そのまま新型インプが完走して、クラス2優勝を明渡してしまったのでした。チャンチャン♪

しかし、↑の写真可哀想です。デビュー戦だっただけに、vわぬ洗礼を受けてしまったのでした。(泣)


表彰式の写真です。
みんな完走した車を並べて記念B影&表彰式です。
この日、完走したのは、全部で17台/30台。
約500kmを4條ヤ余りで走った過酷なレースで、見ている方も相当疲れました。
当然、エボは1台も完走できなかったので、下に降りることはなく、遠くから表彰式を眺めていたんだけど、
もし、ランサーが完走していたらと思うと寂しい表彰式になりました。
ん〜タに悔しい!!!

でも、クラス2のFastestLap”1分35秒572”を叩き出したのはPUMAランサーだったんだよ。
それだけでも、エライよね♪
よくやった!

また、来年応援に行くからね〜っ♪
氈i第2戦)は頑張れよ!