index.html へのリンク


1・ 特に評価の高い点



 @ 子ども一人ひとりを大切にした保育と保護者支援に取り組まれています。
  *クラス全体に関わる事の出来る保育参加を行っている。保育参加には、試食・担任との
   面談が設定されており、普段の保育に接する事が出来る貴重な機会を設けている。また
   懇談会や親子クッキング・ 親子クリスマス会等を開催し保護者支援に努めている。

 
 A 質の向上を目指した活動が職員及び地域との連携の下で展開されています。
  *保育士・保育園の自己評価、マニュアルの整備、グループ研修と職員の一人ひとりが保育
   サービスの質・職員の資質の向上に取り組んでいる。
  *地域との交流として園行事案内のチラシ配布の工夫・ふれあいの日開催・散歩とゴミ拾い
   を行うクリーン活動・地域行事への参加・グループホーム交流など地域に関わりを広める
   活動が積極的に展開されている。
 
 B 丈夫な身体作りに積極的に取り組まれています。
  *「強い心と丈夫な身体作り」を実現する為、上半身裸と裸足で過ごす活動を保護者の理解
   を得て長く続けている。その他に乾布摩擦・ストレッチ体操・足指体操を実施し体力づくりを
   行っている。
   食の面では全園児の主食のお米は低農薬で育てた小郡産の米を使用し、野菜を多く摂取
   出来るメニューとなっている。


2・ 改善を求められる点


 
 @ 職員個別の研修計画や人事考課制度の確立を期待します。
  *自己評価や自己申告等で把握した問題やスキルを考慮し具体的な研修計画の策定を
   期待します。また職員の意欲を引き出す人事考課制度の確立が望まれる。
 
 A 苦情解決の仕組みについて保護者等へ十分に周知される事が求められます。
  *苦情等の内容や検討結果は事業計画に反映されているが保護者等の意向に考慮した上
   で対応結果の公表が望まれる。

 B 子どもが心地よく過ごせるように施設・設備面での環境整備を期待してます。
  *今後一定の年月使用されていく施設設備であるので改修や清掃により心地よく過ごせる
   環境保持が求められます。

 以上、「福岡県福祉サービス第三者評価」について当評価機関で受審された事を証します

     評価結果の詳細については、第三者評価推進機構ホームページをご覧下さい。
     《アドレス http://www.fsw.or.jp/hyoka/top.html.》 
      医療・福祉ネットワークせいわのホームページからもご覧になれます。
     「www.npo-seiwa.or.jp」 の福岡県福祉サービス第三者評価の欄をクリックして下さい。
     
トップページへもどる
福岡県福祉サービス第三者評価の結果