本文へスキップ

 

規約

大分IBD(潰瘍性大腸炎・クローン病)友の会規約

(名 称)
第1条 本会は、大分IBD(潰瘍性大腸炎・クローン病)友の会といい、略称を
 大分IBD友の会という。

(事務局)
第2条 本会の事務局は、大分市大字下徳丸362−1に設置する。
(目 的)
第3条 潰瘍性大腸炎とクローン病(以下「IBD」という)に関する正しい知識の
 普及啓発に努め、会員相互の交流や意見交換の場を提供し、IBD患者の生活の    
 質の向上に寄与することを目的とする。
 
(事 業) 
第4条 本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1) 会員への情報提供
(2) 研修会、交流会、レクレーション等の開催
(3) 関係行政機関の行う事業への協力
(4) その他、本会の目的達成に必要な事業

(会 員)     
第4条 本会の会員は次のとおりとする。
(1) 正会員  IBD患者及びその家族
(2) 賛助会員 本会の目的に賛同した個人または団体
   
(入 会)
第6条 会員になろうとする者は、その年度の会費を添えて会長に届け出る。                 

(脱 会)
第7条 理由を記入した脱会届を会長に提出することにより、いつでも脱会できる。
 その場合、納入済みの年会費は返却しない。
2 会費未納の場合、年度末をもって休会扱いとする。

(役 員)
第8条 本会に次の役員をおく。
(1) 会 長   1名 本会を代表し、会務を総括する。
 (2) 副会長  若干名 会長を補佐し、会長不在の時はこれを代行する.
(3) 事務局長  1名 本会の庶務をおこなう。
(4) 幹 事  若干名 会務を執行する。
 (5) 会 計   1名 本会の会計事務をおこなう。
 (6) 会計監査  1名 会計監査をおこない、総会で報告する。
(役員の選出) 
第9条 役員は、総会に出席した会員の過半数の承認を得て選出される。
       
(役員の任期)
第10条 役員の任期は1年とする。ただし欠員により選出された役員の任期は、前
 任者の残任期間とする。また、再任は妨げない。

(総 会)
第11条 本会は年に一度定期総会を開催し、本会の基本事項を決定する。
2 総会の議決は、出席した会員の過半数の同意で決する。
3 役員会が必要と認めた場合、会長は臨時に総会を召集することができる。

(役員会)
第12条 役員会は会の活動について協議する。

(会計年度)。
第13条 本会の会計年度は、毎年3月1日より翌年2月末日までとする。   
                             
(会 費)
第14条 会員の年会費は正会員・賛助会員とも2,000円とする。
2 会費は年度初めに全納するものとする。新規会員は入会時に年会費を納入する。ただし、10月以降翌年3月までに入会する場合の年会費は1,000円とする。

(顧 問)
第15条 役員会の推薦により顧問をおくことができる。

(規約の改正)
第16条 この規約は総会の議決によって改正することができる。
 
(その他)
第17条 この規約に定めのない事項は役員会の議決により処理し、総会において承
 認を受けるものとする。
 
   附 則
1 この規約は2000年2月20日から施行する。

大分IBD友の会

〒870-0118
大分市下徳丸362-1