おっぱい倶楽部活動案内  
母乳育児はだれでもできる!
1.集会について
2.助言について
3.他の活動について
4.参考になる本
homeへ戻る

1992年12月結成

母乳で育てたいと思っていても現状では適当な情報があまりなく、孤立して悩んでいる人が多いようです。そんな経験をもつ母親が、すでに活動していた育児サークルMIN(みん)の仲間に呼びかけてできたのが、このおっぱい倶楽部です。
「母親同士で励まし合って楽しい母乳育児を」というのがこのサークルの基本理念です。おっぱい倶楽部は、1983年から活動している京都の育児サークルの考え方を基にしています。

京都母乳育児サークルの考え方(引用)
“母親同士で励まし合って楽しい母乳育児を”というのが、サークルの基本理念です。ほとんどの女性は、特別なことをしなくても自分のおっぱいだけで赤ちゃんを楽しく育てられると私達は信じています。適切な情報と励ましがあれば、大体のトラブルは予防・解決できますし、いらない不安に悩まされないで済みます。
(例外的に特別な指導や治療を必要とする人には専門家に相談されるように勧めています。)
 サークルの目的は、母乳で赤ちゃんを育てたい女性に情報と励ましを与えることです。母乳推進運動ではありません。また、上の子どもをミルクで育てた方、現在ミルクを飲ませている方につらい思いをさせるような話は避けています。
 母子の個性を尊重し、リラックスした楽しい育児を目指しています。
「○○しなければならない」「○○すべきだ」「○○になるはずだ」といった言い方は望ましくありません。また、現在日本の「常識」育児に対して、体重や時間を気にしない授乳、自然卒業などの可能性をあげていますが、これは押し付けではありません。一人ひとりの母親が、自分の育児を決めることが大切だと思います。
 母乳育児の現状をよくしていくために、まずは私たち母親がお互いに支え合って強くなりたいものです。
楽しい母乳育児の輪を広げましょう。


日 時:毎月第3土曜日 午前10:00〜12:00
場 所:八代市八千把公民館 和室
テーマ:
1・おっぱいだけで育てるための心がけと準備
2・赤ちゃんの誕生・授乳の開始
3・楽しい母乳育児のコツ、さまざまなトラブル予防と解決法
4・母親の食事と乳離れ

もくじへ戻る


私たちは、母親のボランティアなので専門家として責任を持ってアドバイスや助言をすることはできません。質問や悩みに対して、母乳育児サークルの推薦している資料の適当な箇所を紹介するようにしています。(しかし、これも押し付けではありません)
 参加者の方が、他人の悩みなどに応じて自分の経験からアイデアを出すとよい参考になります。ただ、それを一般化してアドバイスするのではなくて《体験談》として提供するように心がけています。

もくじへ戻る


おっぱい倶楽部は、どの宗教、政党、また別の目的を持った団体ともいっさいかかわりを持ちません。集会の時間内では自分のかかわっている他の活動の宣伝や物品の販売などはしないように心がけています。

もくじへ戻る


1,「おっぱいだより集」(メディカ出版)・・・3年間の「おっぱいだより」の記事や体験談をテーマ別に整理した本・1,800円
2,「母乳は愛のメッセージ」(山内逸郎、山陽新聞社)
3,「母乳、このすばらしい出発」(ラ・レーチェ・リーグ編 メディカ出版)
4,「母乳について22の手紙」(山内逸郎、山陽新聞社)
5,「はじめての母乳育児と心配事解決集」((有)一聡社)
6,「新母乳育児なんでもQ&A」((有)一聡社)

もくじへ戻る


Copyright 2003 OppaiClub. All Rights Reserved.
mail:oppaiclub@toraneco.netto:JunkoNakatsu
homeへ戻る