トップページ     メニュー表     ペペのパエリア     ペペのご案内     リンク

当時、音楽を通じてその名を知っていたジャンバラヤというものが食べ物の一種だと知って、急に食べたくなりアメリカはニューオリンズまで行ったのが30年前。中にザリガニ等が入ってたりして、あまりおいしくなく少しがっかりしました。
その旅の途中、ロサンゼルス等西海岸で知ったのが今ではかなり名を知られるようになったタコス。以来30年、大阪や宮崎でタコス等の料理店ペペを営んで来ましたが、10年前今度は何故か急にパエリアを食べたくなり、スペインに行きました。これはグーでしたね。
  で、早速スペインで習ったレシピで作ったパエリアを店で提供した所、中々の評判!!尚、米がかたすぎる、調理に時間がかかりすぎる、等の欠点を修正し、少し日本人好みの味を出してかなり満足のいくパエリアが完成しましたので、皆様に家庭料理としても食べてもらえる様、真空パックの持ち帰り品を売り出しました。
考えてみれば、昔食べたジャンバラヤはイタリアのリゾット、ポルトガルのオージャ(日本に伝わりおじや)フランスのピラフ、等と同じくパエリアの仲間だったのかも知れません。ただしパエリアはシーフード、イカスミ、チキン、メキシカンと種類も多く、スペインの代表料理となった位、世界中にその名が知られています。
 
白米中心の日本では、あまり食されていませんが、やきめし程には油っこくなく、炊き込みご飯よりは少しスープっぽいパエリアはきっと皆様のお口に合うと思います。
              
願わくば、食べるときの気持ちとしてメキシコ人になってタコスを
イタリア人になってピザを  韓国人になってキムチを
スペイン人になってパエリアを食べよう。
Copyright (C) 2006 PEPE de PAELLA . All Rights Reserved