九州歯科大学能楽研究会

Twitter開設!

能楽

能楽は室町時代に世阿弥によって大成された総合舞台芸術です。能楽についての詳しい説明は能楽協会能楽事典the能ドットコム能の世界をご覧下さい。

稽古内容

九州歯科大学能楽研究会では観世流の謡曲(ようきょく)と仕舞(しまい)を稽古しています。謡曲とは能の詞章(台本)を独特の節回しで謡うもので、仕舞とはクセ(最も盛り上がる部分)やキリ(最後の部分)などの能の一部を扇を使って舞うものです。和風の演劇部とコーラス部とダンス部を合わせたようなものです。仕舞は日本舞踊のようなイメージとは異なり、激しい足拍子を踏んだり、ジャンプして空中で1回転したり、平家の武将が合戦で刀で斬り合う様子を再現するなど、派手でアクロバティックな動きも多いです。普段は私服に足袋を履いて稽古しています。年に数回ある能舞台での発表会では紋付・袴を着て謡ったり舞ったりします。着物の着付けも指導しますので、慣れれば自分一人で着れるようになります。

稽古日

基本的に毎週水曜に稽古しています。練習のメインは月2回行われる師匠稽古です。福岡市在住の観世流能楽師・森本哲郎先生に直接ご指導して頂きます。森本先生は九大能楽部長崎大能楽部もご指導されています。場所は大手町のムーブ(ソレイユホールの向かい)の9階にある市立大手町練習場(大学から自転車で10分程)またはレディスやはた(北九州市立西部勤労婦人センター)の能舞台です。師匠稽古以外の日は学内施設で自主練しています。試験前や長期休暇中はお休みになります。

[森本哲郎先生]

[ムーブ]

部員募集

九歯大能研では新入部員を随時大募集しています。歯学科・口腔保健学科・男女・学年・年齢不問です。他の部活との掛け持ちもOKです。最初は全員初心者なので、経験の有無は心配要りません。最初に必要なのは稽古用の観世流尺一扇(4500円)と足袋(数百円)だけで、これらは一度買えばずっと使えます。発表会で使う着物は貸出もありますし、中古で安く手に入れることもできます。入部するしないはともかく、まずは一度見学に来てみませんか? 「謡って舞える」歯科医師や歯科衛生士を目指しましょう☆ 質問や見学の申し込みなど、是非お気軽にメールまたはTwitterでご連絡下さい。

年間活動計画

・春と秋に八幡で開催される北九州松濤会への出演
・九大能楽部や長崎大能楽部との交流(合同合宿や、自演会への賛助出演など)
・福岡市で開催される九州学生能楽連盟大会への出演
・名古屋市で開催される全国学生能楽コンクールへの出場
・歯大祭での公演

九州学生能楽連盟大会




メリット

・他の部活やバイトとの両立可能。
・一生続けられる趣味を持てます。
・大声で謡ってストレス発散できます。
・団体競技と違って自分のペースで稽古できます。
・着物の着付けができるようになります。
・正座に強くなります。
・親戚や友人の結婚式で祝言(しゅうげん)を謡ってあげられます。
・日本人として知っておくべき人物や故事について学べます。
・外国人に日本文化の一端を語れます。
・自己紹介する時の話の種になります。
・他大学の様々な学部の学生と知り合いになれます。

リンク

九州歯科大学
森本能舞台
社団法人能楽協会
財団法人観世文庫・社団法人観世会
檜書店
the能ドットコム
九州大学能楽部
長崎大学能楽部
山口大学能楽部