TOP > 会社案内





 会社概要

 九州籃胎漆器株式会社
 福岡県久留米市野中町908−1
 石橋文化センター東 300m
 TEL:0942-35-3333
 FAX:0942-33-8959
 創業 1941年
 事業内容: 籃胎漆器の製造・販売
籃胎漆器の歴史

明和年間久留米藩の抱塗師に依って創められた堅地塗の伝統を礎とし、塗師川崎峰次郎が竹カゴに応用苦心して精巧で優雅な茶道具等を完成し「久留米籠地塗」として世に出たのが始まりです。
其の後籃胎漆器と呼ばれる様になり現在では手数の込んだ手法で現代生活に合う様研究され東洋趣味豊かな工芸品として年と共に名声を博して居ります。
   
籃胎漆器の特長

堅くて伸びの良い真竹を一定の巾厚みにし、種々の形に手編みした竹カゴに十数回カシュー塗料で塗固め、更に巧妙に研磨したもので堅牢優雅な味わいがあります。
寒暑による伸縮否形の惧なく使用後空拭き等の手数を要しない軽くて便利な実用漆器です。今日では海外よりの素地及び中間製品を利用したものもあります。
 ■店内
google地図を表示する
COPYRIGHT(C) 九州籃胎漆器株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.