農福医連携「キノコ」「野菜」

「仕事をしたい障碍者さん、高齢者の方」「作業場を探している福祉施設」「リハビリテーションと農業」

農福医連携と農業

福祉施設さんでは、障碍者さんが楽しく働ける作業があると喜ばれます。
野菜やキノコ栽培は、障碍者さんの適正に応じて、収穫や栽培作業があり、作業先としてとてもよい環境です。
植物の生長を観察し、収穫、販売し、収入を得る活動の一環を担えます。

高齢者さん

病院、デイケアサービス
高齢者さんの軽い運動と植物を育てる喜び

Read more

障碍者さん

A型、B型の障碍者さん
楽しく作業をしたい方が多いようです

Read more

リハビリテーション

車椅子の方でも、楽しく植物を育てられます。

Read more

栽培作業の様子

トマト

障碍者施設栽培

椎茸芽だし

障碍者指導者研修

キクラゲ出荷作業

障碍者指導者作業

野菜出荷作業

障碍者施設作業

椎茸出荷作業

障碍者施設作業

キクラゲ乾燥

障碍者施設作業

野菜・キノコ栽培施設いろいろ

ハウス野菜栽培

ビニールハウスで、トマトやナスなどを栽培します。
高設栽培で、高齢者、障碍者の方が作業しやすい環境がお勧めです。
低コストのココバッグ、樽栽培を始動します。

ドーム栽培

発泡ポリスチレン製の組み立て式ハウスで、 椎茸、キクラゲの周年栽培、冬虫夏草を栽培します。
耐火性、耐熱性、耐風雪の頑丈なつくりで、温度管理がしやすく、作業もしやすいのが特徴です。

植物工場

太陽光(orLED併用)利用型で、トマト、イチゴ、ズッキーニなど葉菜類が栽培します。
ロックウール栽培や、フィルム栽培があります。弊社ではココバッグ栽培を推奨します。

テント栽培

試験栽培などで利用する、レジャー用テント栽培。
椎茸、キクラゲの自然栽培ができます。湿度も充分に維持でき重宝します。

コンテナ栽培

椎茸の周年栽培で利用します。家庭用のエアコン1台で、温度管理ができ、手軽に栽培ができます。
コンテナは動産扱いで、移動もできます。

空き施設栽培

空き倉庫、納屋、工場、廃坑などでは、少し手を加えるだけで、キノコ栽培やLED野菜栽培が可能です。当社ではキノコ栽培を指導します。

無農薬野菜の露地栽培

農林水産省の新ガイドラインでは、無農薬栽培については、「特別栽培農産物 栽培期間中農薬不使用」、さらに化学肥料も使っていなければ、 「特別栽培農産物 栽培期間中農薬・化学肥料不使用」と表示します。表示の許可を得るためには、各県の農林水産部もしくは農業改良普及所に、審査してもらうことになります。

漢方資材を利用します。

除草作業は、合鴨・ヤギさん活用?

無農薬の農地にするには3年かかります。

植物の免疫力を上げ、病気や害虫への耐性を強くする

農薬よりやっかいな化学肥料問題

硝酸態窒素

化学肥料の過多は、硝酸態窒素の問題が多くなります。

土壌障害

化学肥料3年仕様で、連作障害が出できます。

地下水汚染

硝酸態窒素は水に溶けやすく、地下に浸み込み、地下水が汚染されます。

害虫

化学肥料で育つ作物は、硝酸態窒素の残留が多くなり、そこに害虫が付きます。

農福医連携の農業では、「農薬・化学肥料不使用」で、健康によい作物を丁寧に作ります。

農地を有機栽培ができるように、微生物を使い耕します。
科学肥料は植物が吸収しやすく、即効性がありますが、
使いすぎると残留が増える上、地力(ちりょく)が落ちます。
そこで、乳酸菌、放線菌、光合成菌、酵母菌などをブレンドして、化学物質を微細化し、
植物が吸収できるようにし、残留を減らします。

障碍者施設で農業・6次産業例

ハウス野菜栽培

栽培補助、梱包

  • 芽かき、肥料散布

  • 収穫作業

  • 出荷作業

キノコ栽培

栽培補助、梱包

  • 霧吹き、水やり作業

  • 収穫作業

  • 乾燥・梱包作業

薬用キノコ栽培

収穫梱包、出荷

  • 霧吹き

  • 収穫・乾燥作業

  • ラベル貼り・梱包

立ち上げに失敗しないためには

■ 農業と就労支援経営を両立させるためには・・・

(1)就労支援を先に、確立する。サービス管理責任者が農業経験があればベターですが、そうでない場合は、農業経験者を雇用する必要があります。
 あるいは、清掃、除草作業などの作業先を確保し、その間に農業を立ち上げるやり方

(2)別途、農業を立ち上げ、生産事業が確立してから、栽培の作業補助を行う形もよいようです。

(3)最初から、補助金や給付金を充てにせず、自己資金や融資の資金内で、小さくスタートして少しずつ拡張するところは、失敗例が少なく、その後軌道に乗って補助金等を申請するやり方が無難です。

障碍者数の統計

身体障碍者数

合計386万人

知的障碍者数

合計62万人

精神障害者数

合計361万人

農業従事者数

  • 177万人
  • 基幹的農業従事者
  • H27

1960年1,175万人から、H27年には177万人まで減少

農業従事者の人口減少が200万人を割りました。70歳以上の高齢者の離農が進み、若年層との世代交代がないため、減少が続いています。

  • 66.8歳
  • 農業者平均年齢
  • H28

農業を支えているのは、60~70歳の農業者となっています。

農業者の平均年齢は66.8歳、この年代の方が離農すると、農業者人口は100万人を割ってしまいます。

  • 7.9万人
  • 新規就農者
  • H28

新規就農者が徐々に増えています。

農業雇用の活発化となっています。背景には農業法人では研修費用の交付、給付金制度などの存在などあります。