手相


手相の見方:利き手で将来を、もう片方の手で過去をみます。
過去を見ながら将来を見る。両方合わせて総合的に判断するのが望ましいでしょう。
手相は変化します。線が良いからといって 暴飲暴食をしたり不規則な生活をしていますと、良い結果を生みません。
また手相を見るにあたって大事なことは、その線だけを見るのではなく、他の線も合わせて見ること、すべて総合的に見ることが大切です。いくら生命線が吉相でも頭脳線が悪ければ その生命線の現わす天命をその年齢時まで保つ事が難しいということになります。
線が良いからといって一概に楽観したり悪いからといって悲観したりする必要はないということです

生命線 体力・健康状態・病気の有無・怪我等 生命に関する また生命に影響を及ぼす すべての事柄を示すもの
頭脳線 知的能力を示す線
思考のタイプ、得意分野がわかる。頭脳活動の順応性をあらわす。
感情線 感情表現・愛情表現を現わす
感情の質・強弱、あるいは単純であるか複雑であるかなどをあらわす。
運命線 人生の運・不運、大きな変化をあらわす。
運命の消長を表し、仕事の充実度がわかる。
結婚線 結婚の吉凶、成否運勢など結婚運が示される。
線が数本ある場合、早婚か晩婚かをみるには その中でもっとも長い線で判断する。