アドバイスが欲しい時




     −シルバーバーチの霊訓より−

BACK




背筋を伸ばし、霊の使者として人類の霊的再生のために、すべての者が等しく自由と寛容を享受できる“新しい世界”を招来するために、神のお召しにあずかったのだという誇りをもってください。
                           
(シルバーバーチの霊訓7−106)


毎朝を無限の可能性に満ちた新しい霊的冒険の始まりとして、また、あなたの霊的な輝きと資質を増す機会の到来として、歓喜をもって迎えるのです。毎朝が霊的成長を促し内部の神性を発達させ全生命の始源へ近づけてくれる好機をもたらしてくれるのです。

(シルバーバーチの霊訓9−62)


あなた方人間の一人ひとりに果たすべき役割があります。いま住んでおられるところを、あなたがそこに存在するということによって明るく豊かにすることができるのです。そのための指針はあなたが霊的に受け入れる用意ができた時に授けられます。                  

(シルバーバーチの霊訓10−13)


首をうなだれてはいけません。後ろを振り向いてはいけません。前を見るのです。過去のページはすでにめくられ、二度と元へは戻せないのです。生命の書は常に新しいページをめくるのです。その日のその日のために生き、昨日のために生きてはいけません。明日刈り取る収穫のタネを蒔くのは今日なのです。
                          

(シルバーバーチの霊訓10−166)


私たちを信頼してください。きっと道をお教えします。扉を開いてさしあげます。閉め切られた扉をノックしてみて開かない時は、あきらめることです。ノックしてみてすぐに開いた時は、真っすぐに突き進まれるがよろしい。それがあなたにとっての正しい道なのです。
         

(シルバーバーチの霊訓11−48)



地上界は暗黒に満ちております。人生に疲れ、生きる意欲を失い困惑している人々、慰めの一言、一片の真理を渇望している人々が大勢います。あなた方による援助を必要としております。そういう人々のために、あなた方は一刻を惜しんで真理普及のために努力すべきです。その霊的真理こそが、その人たちにとって人生を建て直す盤石の土台となることでしょう。
                          
(不滅の真理・166)
−シルバーバーチの霊訓−


人のために役立つことをする −これが他のすべてのことに優先しなくてはなりません。大切なのは“自分”ではなく“他人”です。魂の奥底から他人のために良いことをしてあげたいという願望を抱いている人は、襲いくる困難がいかに大きく酷しいものであっても、必ずや救いの手が差しのべられます。道は必ず開けます。                   
                          

(新たなる啓示・47)
−シルバーバーチの霊訓−


良い心がけが無駄に終わることはありません。地上においてもこちらの世界においても、絶対にありません。そのことを常に念頭に置いておいてください。真心から出た思念、行為、人のためという願いは、いつか、どこかで、だれかの役に立ちます。そうした願いのあるところには必ず霊界から援助の手が差し向けられるからです。
               

(霊性進化の道しるべ・23)
−シルバーバーチの霊訓ー

 

隠れた霊的資質を存分に発揮なさってください。ほかならぬ自分が無限の力を駆使できる大霊であることを自覚してください。そうすれば、今ゆっくりと暗い世界を照らしはじめた新しい時代の道具として活躍することができます。

(霊性進化の道しるべ・108)
−シルバーバーチの霊訓−


これからも真理探究の旅をお続けください。求め続けるのです。きっと与えられます。要求が拒絶されることは決してありません。ただし、回答は必ずしもあなたが期待したとおりのものであるとはかぎりません。あなたの成長にとって最善のものが与えられます。

(地上人類最高の福音・198)
−シルバーバーチの霊訓−


各自がそれぞれの道において、温かき愛と、悠然たる自信と、確固たる信念をもって生き、道を見失った人々があなた方を見て、光明への道はきっとあるのだと感じ取ってくれるような、そういう生き方をなさってください。
                         

(地上人類最高の福音・199)
−シルバーバーチの霊訓−



BACK 頁TOP 困難な状況になった時 身近な人を愛せない時 物質欲にとらわれた時 失敗した時 人間関係に疲れた時
寂しくなった時 意気消沈した時 心配で不安な時 愛する者が亡くなった時 病気、または苦痛の時 
失望した時