意気消沈した時




 −シルバーバーチの霊訓より−


BACK



奉仕の仕事に嫌気がさしてはなりません。奉仕は霊の通貨のようなものです。神が発行される万人共通の通貨です。あなた方の仕事にとって必要な力は用意されています。しかし一度に大きな仕事を成就しようとしてはいけません。今日は今日できることだけをして、明日やるべきことは今日は忘れることです。
(シルバーバーチの霊訓1−136)


弱気になってはなりません。毎朝をこれから先の使命達成の前触れとして明るく迎えることです。これからも引き続き自信に満ちた生活の規範を垂れ、あなたより不如意な境遇のもとで迷い、恐れ、疑い、たぶん大きな不安の中で生きている人々が、あなたの生活ぶりの中に聖域、憩いの場、あるいは避難所を見出すことができるようにしてあげて下さい。
(シルバーバーチの霊訓2−40)


私たちには授けるべきメッセージがあります。今日ほどそれを必要とする時代はありません。今の地上こそ私たちの奮闘を必要とする土地です。慰めを必要とする人が大勢います。悲しみに打ちひしがれ知識と援助を叫び求める人々が大勢おります。私たちに代わってそういう人たちを救うことのできる説教者や指導者が一体どこにいるでしょうか。  

(シルバーバーチの霊訓3−36)


決して弱気になってはいけません。堂々と胸を張り、宇宙の全生命を創造した力、夜空にきらめく星空を支えている力、花に香を添え、太陽を昇らせそして沈ませる力、虹にあの美しい色彩を施し小鳥にあの可憐なさえずりを与えた力、全生命に存在価値を与え、人間に神性を賦与した力、その力がいつもあなた方を支え、守り、そして導いていることを忘れてはなりません。  

(シルバーバーチの霊訓4−199)


万が一やる気を無くすようなことがあったら−人間なら時には意気消沈することがあるものです− その時はいったん歩みを止めることです。そしてそれまで奇跡ともいえる形で成し遂げられてきたことを振り返って、これだけのことが成就されてきたのなら、これから先もきっとうまく行くはずだという認識を持つことです。あなたに要求されることは、そこまであなたを導いてきた霊力に対する絶対的な忠誠心と自信とをもってあなたの責務を全うすること、それだけです。
(シルバーバーチの霊訓9−94)


もしもうんざりしたり困惑したり悲観的な気持ちになったりした時は、地上の喧噪から逃れて魂の静寂の中へ引っ込むことです。そうしてそこに溢れる豊かな光輝に馴染み、美しさに思い切り浸り、そこから得られる静けさと落ち着きと安らぎと自信を味わうことです。こうして気分一新してから再び地上世界へ戻り、はつらつと仕事を始めるのです

(シルバーバーチの霊訓10−142)


俗世の悩みに襲われ、暗闇に閉ざされて気が滅入り、疲れ果てあるいは塞ぎ込みそうになった時は、霊的知識を手にした皆さんは、このまま野放しにしたら地上を破滅状態に陥れかねない物質第一主義の風潮に挑む、戦いの中の戦いに選ばれた霊の大軍の一員であることを思い出して、奮い立たないといけません。
(シルバーバーチの霊訓11−139)


勇気をもって前進してください。もとより、これからも多くの困難と多くの失敗は免れません。がそういう時でも私たちが背後に控えていて、苦しい時には不屈の情熱を吹き込み、疲れた時には希望と力を与え、意気消沈している時には精神を高揚してあげるための努力をします。決して一人ぽっちでいることはありません。大霊が使者を遣わして援助します。      

(霊性進化の道しるべ・108)
−シルバーバーチの霊訓−


どうか、わたしがこれまでに述べてきた知識の中から、物的生活の背後で働いている霊的活動、あなたの身のまわりに存在する莫大な霊力、あなた方を善のために活用せんとして待ち構えている霊の存在を認識してください。あなた自身の中に潜在する可能性をしっかりと認識してください。それが自我の霊的本性の持つ莫大な兵器庫、魂の宝庫を開くカギとなるからです。   
(地上人類最高の福音・61
−シルバーバーチの霊訓


弱気になってはいけません。明日がもたらすものを断固たる意志と不適な精神で迎えるのです。そうすれば万事うまく行きます。 

(地上人類最高の福音・149
−シルバーバーチの霊訓−


やるべきことがたくさんあります。どうか皆さんも、わたしたちとともに、自分の行為によって生きる諭しみを知ってくれる人が、ここにも、あそこにもいてくれるのだという喜びに満ちた期待をもって仕事に邁進いたしましょう。

(地上人類最高の福音・149)
−シルバーバーチの霊訓−



BACK 頁TOP 困難な状況になった時 身近な人を愛せない時 物質欲にとらわれた時 失敗した時 人間関係に疲れた時

 寂しくなった時 愛する者が亡くなった時 心配で不安な時 アドバイスが欲しい時 病気、または苦痛の時 失望した時