人間関係に疲れた時




 −シルバーバーチの霊訓より−


   BACK




愚にもつかぬ嫉妬心や他愛ない意地悪から出る言葉を気にしてはなりません。そのようなものはあなた方の方から心のスキを与えないかぎり絶対に入り込めないように守られております。霊の力は避難所であり、霊の愛は聖域であり、霊の叡知は安息所です。イザという時はそれを求めるがよろしい。人間の心には裏切られることがありますが、霊は決して裏切りません。      

(シルバーバーチの霊訓 1−114) 



人のために精一杯の努力をする人は、その誠意によって引きつけられる別の人によって、そのお返しを受けるのです。 

(シルバーバーチの霊訓 2−96)



他人がどう言おうと気にしてはいけません。非難・中傷などすべて忘れることです。
(シルバーバーチの霊訓 3−67)



あなたが関わっておられるのは人間という気まぐれな存在の集まりです。時には最も緊密な味方であるべき人が最大の敵にまわったりすることがあります。同じ目的、同じ大義によって団結すべき人たちの中にあってすら、摩擦と誤解の犠牲となることがあります。が、たとえすべての人間が同じ仕事に従事していても、たった一つの視点から眺めるということは、所詮、無理なのです。

(シルバーバーチの霊訓 9−98)



他人がどう言っているか、どう考えているか、どうしようとしているか、それはあなたには関係のないことです。大切なのはあなた自身が何を述べ、何を考え、何をするかです。神はあなたに他人の行為や言葉や思想にまで責任は取らせません。

(シルバーバーチの霊訓 9−98)



霊的に言えば皆さんはお互いにつながり合った関係にあります。人類は一大霊的家族を構成しているのです。なぜなら、霊性という共通の要素が、神とのつながりと同じように、切っても切れない絆によってしっかりとお互いを結びつけているからです。

(シルバーバーチの霊訓 11ー203)



私たちはお互いに欠点をそなえた人間的存在です。もしも完全であれば今こうして集い合っていることもないでしょう。

(シルバーバーチの霊訓 12−154)



人間の集まるところには必ずトラブルが生じます。一人一人が霊的に異なった段階にありますから、同じ問題を必ずしも同じようには見ていません。それは致し方のないことです。幸いにして自分の方が進化の階梯の高い位置にいる人は、自分より低い位置にいる人に対して同情と、寛容と、理解のある態度で臨むべきです。

(新たなる啓示・152)
−シルバーバーチの霊訓−



物質界で大事にされているもの全てが無に帰したあと、お互いのために尽くし合った行為のみが永遠に消えることのない進化をもたらしてくれるのです。

(霊性進化の道しるべ・94)
−シルバーバーチの霊訓−



地上の人間には失望させられることがあるかも知れません。信頼していた同志から裏切られることがあるかも知れません。しかし大霊は絶対に裏切りません。

(地上人類への最高の福音・257)

−シルバーバーチの霊訓−



三千年に及ぶ永い体験によってわたしは、“人を裁くなかれ”という教えが確かに真実であることを確認しております。他人の欠点を指摘することは容易なことです。もっとも、残念ながら、批判されてもやむを得ないだけの条件が揃っているケースもあることは認めますが・・・。地上の人たちが他人の利己主義に文句を言うのをやめて、自分の欠点を反省し、どうすればそれが改められるかに関心を向けるようになれば、地上はもう少しは進歩することでしょう。

(地上人類への最高の福音・245)

−シルバーバーチの霊訓−



BACK 頁TOP 困難な状況になった時 物質欲にとらわれた時 身近な人を愛せない時 失敗した時 寂しくなった時 

愛する者が亡くなった時 意気消沈した時 心配で不安な時 アドバイスが欲しい時 病気、または苦痛の時 失望した時