オール電化とは?
 いま使っている生活エネルギーのすべてを電気に変える。
 簡単にいうと火を使わない暮らしのこと。
  つまり、キッチンや給湯を電気でまかなうこと。安心で清潔な「IHクッキングヒーター」
  や、環境にもやさしい「エコキュート」で、快適な生活が簡単に実現します。
  お子さまからお年寄りまで、家族みんながすこやかに暮らしを楽しめる理想の住まい
  づくりを実現できます。
 おすすめする理由
 安心
  火を使わないから、消し忘れや不完全燃焼の心配もなく、お子さまやお年寄りにも
  とっても安心。
 快適
  燃焼による空気の汚れや水蒸気の発生を抑えるので、結露やカビ・ダニの発生を軽減。
 経済的
  割安な夜間電力を使って効率よくエネルギーを利用するから、光熱費がグーンとオトク。
参考サイト:
九州電力(株) 省エネ快適ライフ
http://www.kireilife.net/pages/index.html
 エコロジー
  地球温暖化の原因の1つである二酸化炭素の排出量を減らせるので、環境にやさしい。
 オール電化設備の紹介
 IHクッキングヒーター
  火を使わないから安心。お手入れもラクラクで、楽しくお料理できます。
 IHクッキングヒーターは、火を使わず、磁力の
 働きで鍋自体が発熱します。炎がないから立
 ち消えや衣服への着火の心配がありません。
 火がないので、夏場でも涼しく快適に調理が
 できます。また、燃焼ガスや二酸化炭素を出
 さないのでお部屋の空気を汚しません。しかも
 フラットなトッププレートは、お掃除が簡単。
 揚げ物温度コントロール機能や両面焼きロー
 スター、タイマーや自動炊飯機能など、便利
 な機能が充実。
IHクッキングヒーター
について

詳しくはこちら
 エコキュート
  空気中の熱を利用してお湯をつくるヒートポンプ式給湯器。
エコキュートについて
詳しくはこちら
オゾン層に影響を与えるフロンガスを冷媒として使用せず、自然界に存在する二酸化炭素を有効利用。
気体が圧縮されると高温になる性質を利用したヒートポンプ式給湯器は、使用する電気エネルギーの3倍以上の熱エネルギーを作ることが可能。
高効率なうえに、格安な深夜電力を利用するので、ランニングコストもカットできて家計に負担をかけません。また、エコキュートの導入には、国の補助金制度が利用できます。
 電気温水器

    夜間の割安な電気でお湯を沸かす高い経済性を持つ温水器。貯湯タンクの中の
    水をヒーターで加熱し、お湯を沸かします。炎を使わないから、クリーンで静か。給
    湯から沸き上げまで自動運転だから燃料の補給や点火・消火の手間も省けます。

 その他
 電気床暖房
 足元からぽかぽかお部屋全体を暖める
 健康暖房。床からの輻射熱と伝道熱で
 体の心まで温まります。
 食器洗い乾燥機
食器洗い乾燥機は、手洗いよりも、水を使
用しません。タイマーをセットして割安な夜
間電力を使えば、さらにランニングコストの
節約になります。
 浴室暖房換気乾燥機
入浴前に浴室を暖めることで、寒暖の差で
血圧と脈拍が急激に変化して起こるヒート
ショックを防ぐことができます。雨の日や梅
雨時、気温の低い冬場は洗濯物の乾燥に
も大助かり。割安な夜間電力を使って、夜
中に乾燥して朝に取り入れることも可能。 
浴室のカビ予防にもなります。
 
 太陽光発電システム

 無限かつ無害で人・地球にやさしい太陽
 エネルギーを屋根から吸収・発電し、家
 庭内に電力供給してくれるのが太陽光発
 電システム。太陽電池で家の電気をまか
 ない、さらに余った電気は無駄にせずに
 電力会社へ売却することができます。二
 酸化炭素の削減に貢献できて、電気代も
 大幅に節約。

 オール電化Q&A
オール電化住宅にすると光熱費は高くなるのでしょうか?
オール電化はとってもおトクです!
電気代、ガス代と分けて出費していた光熱費が一本化されるので、基本料金だけでも大きなメリットが生まれます。夜間電力などのおトクな電気料金メニューと高効率機器の利用により、光熱費を大幅にカットできます。
停電した時は使えなくなるのですか?
はい。でも、特にオール電化 だから困るということはありません。
電気以外の熱源でも制御用に電気を利用しているものが多く、これらも停電時は使えません。ただし、年間停電時間は平均で約3分間程度と、かなり短くなってお り、過去の震災でもライフラインの中で電気がもっとも早く復旧しました。また、エコキュートや電気温水器などは、タンク内にお湯が残っていますので、万一の際は非常用水としてもご利用いただけます。
IHにしたいけど、システムキッチンからの取替えはできますか?
はい。簡単に取替えができます。
IHクッキングヒーターには、システムキッチンサイズのビルトインタイプと、 ガステーブルの流し台スペースにおける据え置きタイプの2種類があり、 いずれも設置は簡単です。
どんな電気工事が必要ですか?
200Vの電気工事が必要になります。
多くの場合は、 家の分電盤まで200ボルト配線は来ていますので、 基本的には、分電盤からクッキングヒーターや 電気給湯器などの機器までの配線工事を行えば、オール電化機器は利用できます。(ただし、お客さまの電気設備状況によっては、その他工事も必要になる場合もあります)
200Vにすると電気代が高くなりませんか?
今までと同じ料金で計算するので、まったく変わりません。
200Vの電気とは、100Vに比べて2倍のパワーがあるという事。力が2倍になる分、電気料金が多くかかるように思われるかもしれませんが、同じ量の仕事を半分の時間で済ませることが出来るため、消費電力は全く変わりません。消費電力が変わらないということは、電気料金も100Vと同じ料金で計算されることになります。
今のマンションをオール電化住宅にできますか?
まずは、マンション管理会社への相談が必要です。
マンションの場合は、共同で電気配線を所有しており、各戸で使用できる最大電気容量が決められています。オール電化設備の設置に併せて、どの程度の電気容量アップが必要になるか、また、電気温水器やエコキュートの設置には、重量やスペース、電気配線などを確認する必要がありますので、まずお住まいのマンション管理会社にご確認ください。
IHクッキングヒーターからの電磁波の影響は大丈夫ですか?
IHクッキングヒーターだからと心配する必要はありません。
IHクッキングヒーターは『電磁調理器』とも呼ばれていますので、「電磁波をたくさん出している」という誤ったイメージが一部であるようです。しかし、IHクッキングヒーターだけが電磁波を出しているわけではありません。昔から使用している一般の電気製品(テレビ・パソコン・携帯電話・電子レンジ・ドライヤーなど)と同じレベルなんです。なお、電磁波の人体に与える影響の有無については科学的・免疫的に結論付けられてはいません。発ガン性の可能性についても、日常生活で摂取するコーヒーや漬物と同程度と言われています。平成15年 (財)家電製品協会のIHの電磁波についての測定結果では、30cm横にて磁界強度10mmガウス以下であり、総務省や国際的な機構(ICNIRP)が制定したガイドライン値を大幅に下回っています。

参考サイト:
電磁波についての詳細 日本電機工業会サイト参照

http://www.jema-net.or.jp/Japanese/ha/ih/q_a.html