和傘工房 朱夏
 和傘工房 朱夏(しゅか)


  大分県中津市鷹匠町901-1

    電話 0979-23-1820
    FAX 0979-23-1820


    メール

    ebf000355440@sat.bbiq.jp

  中津駅から北へ直進300mです

   

 




          和傘工房 朱夏     代表 今吉 次郎

横浜の不動産会社に勤務していましたが、父の病気がきっかけで家業の不動産業を継ぐために平成6年に故郷中津にUターンしました。
家業のかたわら城下町中津のまちづくりにも積極的に参加して来ました。
その中で城下町中津の伝統工芸でもあり大分県の一村一品にも加えられていた和傘作りが職人さんの高齢化による後継者不足から廃業に追い込まれたのを憂慮し、和傘作りのため「和傘工房・朱夏」を立ち上げました。


          「和傘に神様が宿る」和傘は神事でも活躍
和傘には、「祭り傘」、「野点傘」、「蛇の目傘」、「番傘」、「日傘」などがあります。
和傘には「傘に神様が宿る」ということから祭りなどの神事にも使われ、特に中津市では860年続いている伝統行事「鶴市花傘鉾祭り(つるいちはなかさぼこまつり)」が毎年8月に行われ、そのときに使う祭り傘の修理や補修なども和傘工房朱夏のスタッフが引き受けています。

   




表紙 中津和傘について 商品紹介とご注文 中津和傘かわら版 工房のご案内 美味創匠 朱華

和傘工房 朱夏
大分県中津市鷹匠町901-1
TEL/FAX 0979-23-1820 mail : ebf000355440@sat.bbiq.jp