QLOOKアクセス解析

円・楕円形を描くdrawOval((int x,int y,int width,int height))

円・楕円形を描くにはやはりGraphicsクラスのdrawOvalメソッドを使います。

ここで注目してほしいのはdrawRoundRectメソッドの引数です。

引数には

drawOval(int x,int y,int width,int height)

とあります。この引数がアプレットに描く時の座標を表しています。

つまり以下のように書き換えられます。

drawOval(左上X座標,左上Y座標,幅,高さ)

になります。

塗りつぶされた円・楕円形を描く(fillOval(int x,int y,int width,int height))

塗りつぶされた円・楕円形を描くにはやはりGraphicsクラスのfillOvalメソッドを使います。

ここで注目してほしいのはfillOvalメソッドの引数です。

引数には

fillOval(int x,int y,int width,int height)

とあります。この引数がアプレットに描く時の座標を表しています。

つまり以下のように書き換えられます。

fillOval(左上X座標,左上Y座標,幅,高さ)

になります。

では上記2つのメソッドを利用して実際に角丸四角を描いていきます。

サンプルプログラム(AppletSample10.java)

//java.appletパッケージをimport宣言
//Graphicsクラスはawtパッケージに属しているのでawtパッケージもimport宣言

import java.applet.*; import java.awt.*; //Appletクラスを継承 public class AppletSample10 extends Applet{ public void paint(Graphics g){ //楕円形の枠をを描く g.setColor(Color.cyan); g.drawOval(10,10,150,100);
//塗りつぶされた楕円形を描く g.fillOval(170,10,150,100); //円を描く g.setColor(Color.green); g.drawOval(10,150,100,100); //塗りつぶされた円を描く g.fillOval(130,150,100,100);
} }

プログラムをコピーする場合すべて選択をクリックしてください。

HTMLの作成(AppletSample10.html)

<html>
  <head>
      <title>アプレット10</title>
  </head>
   <body>

<h1>楕円・円を描く</h1> <applet code="AppletSample10.class" width="350" height="300"></applet> </body> </html>

プログラムをコピーする場合すべて選択をクリックしてください。

Sponsored link

コンパイル後にアプレットビューアーを起動してみます。
以下のようになります。

このようになります。

円を描きたいときは幅と高さを同じにしてやることで可能です。

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

【PR】楽天市場はインターネット通販、通信販売が楽しめる総合ショッピングモール。

TSUTAYAオンラインショッピング

ページのトップへ戻る