QLOOKアクセス解析

ラベルの表示

まずは、アプレットでのGUIプログラミングで最も簡単なプログラムです。
アプレット上でラベルを表示してみたいと思います。

では、まずプログラムを作成します。

サンプルプログラム(AppletSample20.java)

//java.appletパッケージをimport宣言
//java.awtパッケージもimport宣言

import java.applet.*; import java.awt.*; public class AppletSample20 extends Applet{ public void init(){ //AWTのGUIコンポーネントクラスの作成 Label la = new Label("はじめてのJava入門"); //アプレット領域にGUIコンポーネント(部品)の追加(載せる)
add(la);
} }
プログラムをコピーする場合すべて選択をクリックしてください。

HTMLの作成(AppletSample20.html)

<html>
  <head>
      <title>アプレット20</title>
  </head>
   <body>

<h1>ラベルの表示</h1> <applet code="AppletSample20.class" width="200" height="150"></applet> </body> </html>

プログラムをコピーする場合すべて選択をクリックしてください。

Sponsored link

では、コンパイルし、AppletSample20.htmlをアプレットピューアしてみます。
以下のような結果になります。

まず、アプレットを作成するのでjava.appletパッケージをimportします。
同じくAWTでGUIコンポーネントを作成するのでjava.awtパッケージもimportします。

基本的にはGUIコンポーネント(部品)の追加は一度だけやればよいのでinit()内に記述することを覚えておいてください。

今回はただラベルの表示だけなのでLabelクラスのコンストラクタを作成しています。
引数には表示させたい文字列を指定します。

GUIコンポーネントの追加にはadd()メソッドを使います。

ここで少しgui.htmlのサンプルプログラムGUISample1.javaを見てください。
GUIコンポーネントの追加にはc.add(la)と書かれていました。
つまり、GUISample1.javaの場合はGUIコンポーネントの追加の場合は
コンテナ.add(コンポーネント)にしていました。
しかしアプレットの場合はadd(コンポーネント)だけでいいのです。

その意味を説明すると、クラスの継承関係にあります。

AppletクラスはContainerクラスを継承しているからです。
つまりAppletクラスはContainerクラスの性質を引き継いでいます。
つまりAppletクラスはコンテナ(性質)でもあり、addメソッドも引き継いでいます。
アプレット自身もコンテナでありadd()メソッドを持っています。
したがってadd(コンポーネント)と記述するだけでいいのです。
もしも正式に記述したい場合であれば、自分自身を意味するthisを記述すればいいのです。
つまり、this.add(la)と記述すればいいのです。

したがって上記のプログラムは以下のように書くことも出来るのです。

サンプルプログラム(AppletSample20.java)

//java.appletパッケージをimport宣言
//java.awtパッケージもimport宣言

import java.applet.*; import java.awt.*; public class AppletSample20 extends Applet{ public void init(){ //AWTのGUIコンポーネントクラスの作成 Label la = new Label("はじめてのJava入門"); //アプレット領域にGUIコンポーネント(部品)の追加(載せる)
this.add(la);
} }

プログラムをコピーする場合すべて選択をクリックしてください。

結果は同じになります。

このようにコンポーネントの追加にはただadd()メソッドで追加できることを覚えておいてください。

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

【PR】楽天市場はインターネット通販、通信販売が楽しめる総合ショッピングモール。

TSUTAYAオンラインショッピング

ページのトップへ戻る