フリーウェイトは初心者からアスリートまでトレーニングできるジムです。

電話でのお問い合わせは0982-21-5606
      みんなのページ   Tweet                 
画像をクリックするとPDFファイルに変わります!
 
ベンチプレスランキング
パワー&ベンチプレス宮崎県記録 pdfへのリンク 

 2017年 第18回宮崎県パワーリフティング&ベンチプレス選手権大会 

 ベンチプレスの部 試合結果.pdf へのリンク 

 

 
  大分・宮崎のヘビー級コンビです。
  2人とも190s成功!まだまだ伸びます。
 

井上さん、3回目の180sは失敗しましたが、次は180s以上挙げる
パワーをつけて、120s超級へと階級を変更しJPCへの挑戦を考え
ています。
56歳で試合初参加でしたが、これからどこまで強くなるか楽しみです。 
 
 上野さんのセンター補助による春ちゃんの試技です。
 私(猪須)も上野さんにセンター補助をお願いしました。

  3年振りに復帰の坂本選手!今回は調子が悪かった。

 アナウンス中のアームレスリング岩永圭介さんです。
 
試合前の記念写真

試合後の写真   いろんなタイプ(フォーム)の選手の集まりです。
それぞれが自分に合ったベンチプレスの形で自由に練習をしていま
す。私の悪いフォームは勧めません!
春ちゃんは自宅の農作業(田植えの準備)を手伝う為帰宅

表彰式前の記念撮影、後ろでアームレスリングの岩永さんが笑っています。
写真をクリックすると大きくなります!
 今年のトレーニングジムフリーウェイトの選手は全員良く頑張り、過去最高の記録を残しました。この勢いで全国大会のJPC参加を予定している選手も何人かいます。
私も83s級MVでJPCへの参加を考えていますが、今回は試合直前までベンチ台を作ったり、賞状・エントリー表の作成など大会準備に追われてしまって思った練習が出来ず、納得のいく重量を挙げられないまま終わってしまいました。全国大会までは時間がありますので、どうしたらもっと強くなれるかを真剣に考えて練習を再開したいと思います。




 
残念!南正覚さん
第2回世界クラシックベンチプレス選手権大会出場辞退

大会出発直前に急性胆嚢炎による激しい腹痛が起こり、急きょ胆石を取り出す為の手術を行ないました。
大会に向けて順調に調整ができ重量もアップしていましたので非常に残念ですが、健康が一番ですので、今回の悔し
い気持ちをバネにして次のチャンスに賭けていただきたいと思います。

  2016 第17回宮崎県パワー&ベンチプレス選手権大会      2016年5月15日 延岡市民体育館
 
 
      フリーウェイトの選手とスタッフの皆様です!          初出場の伊藤さん       66s級の佐々木選手          今年もアナウンスをお願いした黒木さん(右)
 トレーニングジムフリーウェイト所属選手の記録と順位は、試合結果のページで確認できます。

 第16回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会  高知市
  2016年3月12・13日
 
  春ちゃん全国大会を初出場で優勝するこ
  とが出来ました。
  記録は92.5s、日本記録の100.5sは失敗!
 
   試合経験豊富な山口選手に胸を借りるという形になり
   ましたが、お互い限界までよく頑張ったと思います。


   コスチュームチェックでOKが出ていたTシャ
  ツが試技直前に駄目と云われて、オロオロしてい
  た春ちゃんに気が付き、素早く自分のTシャツを
  貸してくれました。ノーリミッツでスタッフをさ
  れている高橋さんです。 

  ありがとうございました。         
  事前に私がTシャツの確認を怠ったことが原因で
  、春ちゃんに申し訳ないことをしてしまいました。 
 
        写真をクリックすると画像が変わります!
 試合前の南正覚先生、結果はMV83s級120s挙上で2位でした。小
学校(学童数441名)の校長先生をされていて、卒業式前の忙しい時
期での参加となり、大変だったと思います。  
 
   昔、若いころ全日本ベンチプレス選手権会場で良くお目にか
   けていたノーリミッツオーナー三土手さん、大会前久し振り
   に話をすることができました。5月1日に宮崎県都城市に来る
   そうです。時間があればぜひ、延岡の私のジムにも立ち寄っ
   ていただきたいものです。                                                  
 
   小林選手47s級92.5s挙上(日本新記
   録樹立)とツーショット!                             

 


2015

アームレスリングの岩永選手
とベンチプレスの春ちゃん   
2015 
師匠の上野さんと2ショット
 
春ちゃんは2013年まで仕事の修行で大分市内に住んでいましたが、その間、体力をつける為に県総合体育館でトレーニングに励んでいました。そこでベンチプレスを一から教えたのが大分市在住の上野さんでした。
当時の春ちゃんは、練習で最高95sまで挙げるようになっていました。単身赴任中の私は、上野さんと練習をする為にこの体育館に時々通っていましたので、その強さはよく知っていました。                         
上野さんから、春ちゃんが仕事の修行が終了し宮崎の実家に帰ったら、その時は私のジムで続きをお願いしますと頼まれていましたので、日本一を目指してもう少し頑張ってもらいたいと思っています。                           
 

                                 2015
福岡県・大分県の皆さんとジムで合同練習後
オジサン達に囲まれた春ちゃん!

誤解するといけませんので、少し解説をします。私が
無理にあぐらを組ませました! 
 
 2015九州ベンチプレス大会の宮崎県選手 
 
    左から鈴木・黒木選手・TG練磨の高橋さん
   宮崎1の坂本選手 
 
   精神統一中の トレーニングジムフリーウェイト所属太田選手
   ノーギアベンチ105s級170sの宮崎県記録保持者です。
 
   岩永さんと太田選手
 
 
   写真をクリックすると昔の姿になります!   
   井本全保宮崎県パワーリフティング協会
  理事長、1993年82.5s級全日本ベンチプ
  レスチャンピオンです。     2015
 
   大分県の緒方さん!ベンチプレス74s級マスターズMW
   の世界チャンピオンです。何回も宮崎大会に出場してい
   ただいてます。感謝         2015
 
   2012
   トレーニングジムフリーウェイト所属パワーリフティング120s級薬師寺さ
   んに師匠上野さんが試合前のアドバイス中、後ろ左側の方は同じく74s級小野選手。
 
 
    右側、世界マスターズU66s級ベンチプレス
   2連覇の矢野秀行さん、左74s級ヤノパワー 
    ジム所属フルギア郡山選手      2015
 
写真をクリックすると大きくなります!
 富山選手の試技  2015
 
TG練磨のオーナー高橋審判、元83s級
マスターズUノーギア元日本記録保持者
2015

昔の写真コーナー
 
 1994年第5回全日本ベンチプレス選手権大会後に写真撮影をお願いしたところ、快く受けていただきました。
 1980・1986 JBBFミスター日本、2位7回他、国際大会で活躍されたボディービルダーの朝生さんです。超一流のボディビル選手ですが、パワーリフティング・ベンチプレスの全国大会にも参加をされていました。
 
私の記憶では、全日本ベンチプレス選手権の前身オールジャパンオープンベンチプレス大会(パワーハウス吉田氏主宰)82.5s級で何度も優勝しその後、全日本ベンチプレス選手権大会にも挑戦されていました。
 
2015年9月、私のトレーニング先輩伊東氏の紹介により、3人で北九州市の小倉で会食をする予定でしたが、知人の不幸の為、私が北九州に行くことが出来なくなり、直前にキャンセルをしてしまい申し訳なく思っています。ボディビルを極めた一流選手の、昔と今の話を聞くことが出来る大事な機会でしたので非常に残念でした。            
 国際大会
1982年アジアボディビルディング選手権男子85kg以下級優勝、1997年アジア・ミックスド・ペアボディビル選手権で優勝、1997年アジアボディビルディング選手権男子マスターズ優勝、1999年アジアボディビルディング選手権男子マスターズ70kg超級優勝、2002年アジア・マスターズボディビル選手権優勝。

     
    写真をクリックすると大きくなります! 
  アンドレザジャイアントのマネージャー“将軍KYワカマツ”こと若松 市政
  さんが家に遊びに来てくれました。新日本プロレスで、めちゃくちゃに大
  暴れしている姿とは全く違い、非常に真面目でやさしい方でした。1990
  
     
    1999年7月31日、祭り延岡で行われた一般市民のベンチプレス大会シーンです。
   無料で飛び込み参加ができましたので、250名以上の方が挑戦され大変盛り上が
   りました。因みにベンチ台は私の手作りで、超頑丈に製作しております!
                           


 
写真をクリックすると大きくなります!
 




    1996年(H8年)4月28日 延岡で全九州ベンチプレス選手権大会が行われました。
 
  
 
    
写真をクリックすると大きくなります!
 
写真をクリックすると大きくなります!
  岩崎先生の試合を初めて見たのは1989年、第3回アジアカップ(高松)が初めてでした。75s級の軽量の私にとって、ヘビー級の
 金城選手や小出選手とともに、もの凄いインパクトがあり、スケールの違いに驚きました。その後、全日本クラスの試合で日本記録
 を塗り替えた後の3回目のパフォーマンス試技で、会場を沸かせていた様子が目に浮かびます。


25年位前だったと思いますが、
 岩崎先生から購入させて頂い
た競技用ベルトです。私に相性
の良いベルトなので、試合はこ
の2本のベルト以外は使ってい
ません!私にとって試合の思い
出が詰まった大事なベルトです。

 
 
  師匠の富永先生です


写真をクリックすると大きくなります!
初対面は1989年第3回アジアカップで
延岡のベンチプレッサー矢野さんから
紹介して頂きました。
 べンチプレス67.5s級の元世界チャンピオンです。国内の試合では20年以上負けたことがない選手でした。58歳の最高齢で全日本ベンチプレス67.5s級の優勝を果たした方です。ベンチプレスを強くするには、基本的に高重量をたくさん扱うことで、具体的には1セット5回がやっと挙げられる重量をとことんやりこんで下さいと教えられました。

仕事は税理士事務所を開設していて、当時の全日本選手権は3月に行われていましたので、多忙の中で試合に出場されていました。先生の教えは、忙しいからと逃げたら駄目です。忙しい時ほど練習をしてください。力と技術は普段の練習でつくり、忙しい時は精神面を鍛える絶好のチャンスと思って、トレーニングに取り組んで下さいと教えられました。他にもたくさん教わったことがありますので、機会をつくり少しずつ紹介したいと思います。

1991年9月1日 富永先生に誘われて、第1回日本マスターズオープンベンチに福島県いわき市まで宮崎県から遥々と出かけて行ったことがあります。この大会にも岩崎先生が出場していまして、派手なベンチプレスで会場を盛り上げていました。
 
大会後のアトラクションで、主催者の大谷会長から岩崎先生と私にベンチプレス120sを続けて何回やれるか挑戦して下さいと指名があり、試合後の疲れた体で私が17回、岩崎先生が48回ほど挙げた記憶があります。当初は岩崎先生が140s、私が120sで挑戦の指名でしたが、私の挑戦が終わった後に岩崎先生が強引に120sに変更を要求して、同重量の挑戦となりました。

富永先生の教えを基本に

ジムでは強くなりたい人に限って、ベンチプレスは7回を目標に5〜6回挙げられる重量を5セット、トータル12セット以上、(20sのアップからスタートしたものも含めて)の練習を勧めています。結果として、延岡の田舎の小さなジムでも、18年間に76名の方がしっかりとしたフォームで100s以上挙げることができました。

富永先生の著書に
人生苦あれば楽あり ある税理士のパワーリフティング健康法
があります。
 
金城選手
 1989年第3回アジアカップオープンベンチプレス選手権大会110s級で現在のノーギアベンチプレ235s挙上。
 
特別試技240sは中尾先生の指名を受けての挑戦でしたが、惜しくも失敗でした。


金城選手は全身が分厚い筋肉で、バランスが取れた頑丈な体の持ち主でした。ベンチプレスはあまりブリッジをしない方で、胸の中部から上部の間に下ろし確実に胸に止めていました。挙上距離もありましたので、大胸筋と肩を使った力ベンチだと私なりに分析をしました。
 
金城選手のベンチプレスを目の当たりにした私は、このフォームを研究すれば、重い重量を挙げることができると勝手に思い込み、ブリッジに興味を持たずにひたすら肩を強化することに専念しました。結果的に肩の強化が功を奏して素質の無い私にとっても、そこそこの重量を挙げることができたと思います。(試合後、肩と上腕三頭筋を強化する為にベアリング入り28o径大型フレンチプレスバーを製作しました。現在ジムで使用中のバーは、その後フリーウェイト顧問の上野さんから頂いた50oΦのハガネを用いて、超大型フレンチプレスバーへと進化させたものです。)

  回転式50o径超大型フレンチプレスバー、20sと17sがあります。
写真をクリックすると画像が変わります!

ベンチプレスのブリッジについて 
ブリッジを作るということは、身体が反るということで、バーベルを下ろした時にバーが身体に早く触れるため、扱う重量が重くできるということにつながりますので、多くの方がブリッジフォームを研究し競技力向上に向けて実践しているようですが、私の考えは、そんなにブリッジをしなくても肩と胸を強化すれば、ある程度の重量は持てると確信していますので、私はブリッジの少ないフォームでトレーニングを行い試合に出場してきました。
 

このページの先頭へ

ナビゲーション