本文へスキップ

フリーウェイトは初心者からアスリートまでトレーニングできるジムです。

電話でのお問い合わせは0982-21-5606

 試合結果  
 
                     TGフリーウェイト所属選手のJPA公式試合結果をお知らせします!     
年度  大会名 開催場所 選手名  階級  ギア 記録 順位 記事
2018 第3回
世界クラシックベンチプレス
選手権大会
 フィンランド 猪須純一  83s級 ギアベンチ 162.5s  優勝 MV
世界新
 
 2018   第19回宮崎県
パワー&ベンチプレス
選手権大会 
 延岡市 
市民体育館
   
女子
宇都宮真由 
47s級 ギアベンチ  52.5s 優勝 宮崎新 
富山春香    57s級 85s 優勝
芦刈宣彦  66s級  160s  優勝  宮崎新
 黒木幸二 83s級 130s 4位
南正覚雅士  83s級  140s  3位 
猪須純一 83s級 160s  2位
     2017      第18回
   ジャパンクラシックベンチ  
栃木県
真岡市
 芦刈宣彦 66s級   ギアベンチ    150s 一般9位  ― 
 柳田芳春  74s級 ―  失格 
 南正覚雅士  83s級 130s MV3位 ― 
 猪須純一  83s級 155s  MV優勝  ―  
 一宮正博  +120s 190s 一般2位  ― 
井上俊二 +120s 175.5s MU優勝 MU
日本新
 2017 アジベンチプレス選手権大会 フィ リピン
ケソシティ
南正覚雅士  83s級 ギアベンチ 131s MV優勝 MVアジア新
2017 第18回宮崎県
パワー&ベンチプレス
 選手権大会      
 
延岡市 
市民体育館
         
女子
富山春香 
57s級 ギアベンチ  85s  優勝 
佐々木仁志 59s級 112.5s 優勝  宮崎新 
佐々木恒介 66s級 125s 優勝 ー 
柳田芳春 74s級 145s  2位 
鈴木靖久  74s級 152.5s 優勝 ー 
猪須純一 83s級 165s 優勝  ー 
黒木幸二 93s級 155s 優勝 宮崎新 
山口祥明 105s級 130s 3位  ー 
大渡祐司  105s級 140s  2位 
井上俊二  120s級 170s  優勝 宮崎新 
一宮正博  +120s  190s 優勝  宮崎新 
2016  第17回
   ジャパンクラシックベンチ 
  
東京都
品川区立総合区民会館
南正覚雅士  83s級 ギアベンチ  120s MV2位
2016  第17回宮崎県
パワー&ベンチプレス
 選手権大会     
延岡市 
市民体育館
佐々木恒介 66s級 ギアベンチ  115s   優勝 ー 
柳田芳春  74s級 140s   2位  ー 
猪須純一  74s級  142.5s 優勝  ー 
伊藤智幸 83s級 90s  2位
南正覚雅士  83s級 115s 優勝
2015     第16回
   ジャパンクラシックベンチ 
 
高知市  女子
富山春香
57s級 ギアベンチ 92.5s  優勝
南正覚雅士  83s級  120s MV2位
 猪須純一  83s級  150s MV優勝
2015     
第16回宮崎県
パワー&ベンチプレス
 選手権大会   
延岡市 
市民体育館
女子
富山春香
57s級 ギアベンチ 90s 優勝 宮崎新
南正覚雅士 83s級 120s 優勝
一宮正博  +120s  150s  優勝 宮崎新
2015
 2015九州
 ベンチプレス選手権大会
福岡県春日市
クローバープラザ
佐々木仁志 66s級 ギアベンチ 130s 一般優勝
鈴木靖久 74s級 140s  一般4位
南正覚雅士 83s級 110s  MU 2位
猪須純一 93s級 170s  一般 2位
2014 第15回
ジャパンクラシックベンチ
茨城県つくば市 猪須純一 83s級 ギアベンチ 165s MU 優勝 MV
日本新
2014     第15回宮崎県
パワー&ベンチプレス
 選手権大会  
延岡市 
市民体育館
女子
富山春香
57s級 ギアベンチ 85s 優勝 宮崎新
佐々木仁志 66s級 130s 優勝
 冨田博志  74s級  110s  優勝  ー
井上祥典   74s級  90s  2位  ー
 猪須純一  83s級 162.5s  2位  ー
 黒木幸二  93s級 145s  優勝  ー
2013  第14回宮崎県
パワー&ベンチプレス
  選手権大会       
延岡市 
市民体育館    
中村 広志   59s級  Nギアベンチ  85s  優勝   ー
 佐々木仁志  66s級  130s  優勝 宮崎新 
岩切康誠   66s級  105s 2位    ー
鈴木靖久   74s級  152.5s 優勝 宮崎新
黒木幸二  93s級  152.5s 優勝  ー 
 太田博之 105s級  170s 優勝 宮崎新
 阿部宏     
105s級   
 Nギアパワー
スクワット
 162.5s 優勝  宮崎新 
Nギアパワー
ベンチ 
  122.5s ー  
Nギアパワー
デッドリフト
  
205s  宮崎新  
 トータル  490s 宮崎新