ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

整体

整体とは

整体とは

当院では無理な施術や痛い施術はしていません。体調を検査しながら施術していくようにしますが患者さん側は痛みやコリを一刻も早く楽にしたいと思うでしょうが、最近はご自分で気が付いてない方が多くいますが。奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしている方が増えていますから、早く楽にしてあげようするとダルクなります。

体は回復する力が必要です。回復する力がない方が、今ある体力を回復する方向に取られると、足りなくなってダルクなります。自分が思っているほど体力がなくなっていますが、多くの方がハイテンションになっています。ハイテンションになると元気だと勘違いしている方がいます。

ハイテンションになる時には眠れていないのに朝から元気で疲れ知らずに動けます。しかし、これがかなり危険なことになっていることさえわからずに。

ハイテンションになるのも原因があります。

整体とは歪みやズレが起きた体を整えていく事です。歪みやズレが起きると痛みやコリになりますが歪みやズレを矯正しなくても楽になる方法があります。その方法のことを対症療法と言います。

対症療法と言うのは原因なんか関係なく見つけることなく楽にする方法です。

ですから検査も必要ありません。どこから起きているとか関係ありません。どうして痛みやコリが起きているのか関係ありません。

多くの治療が対症療法になっています。そのため検査する事もなくしているだけです。

対症療法は湿布を貼ったりすること、サプリメント、医薬部外品を飲むこと、マッサージすること、低周波治療器や電器をすることなどです。

特に一般の方もしている方法はサプリメント、医薬部外品、湿布を貼ったり、家族の方のマッサージです。

専門の治療院では専門家のマッサージ、整骨院の低周波治療器や電器です。

また病気でも注射を打ったりしているものは対症療法になります。

痛みやコリの原因

痛みやコリなどの症状の原因を見つけることなくしているだけです。

対症療法とは楽にすることですが、楽にすることと、直していくことは違います。整体とは体を整えていく事ですから体を整えて行かないといけないのに整体院でも低周波治療器や電器を使って刺激して痛みやコリを散らす事をしている整体院が多く見受けられます。

整体とは単純に歪みやズレを見つけることをしていきますが、歪みを見つけることも簡単ではありません。そのため検査できないと状況はわかりませんが、検査できない方が多くいます。

当院では体調の検査、筋肉のコリ検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、内臓の働きの検査、リンパの流れの検査する技術も向上するようにしています。

当院の院長である私は、以前はセミナーに毎週のように飛行機に乗って東京までいってセミナーに出て勉強していました。毎年40回から50回くらい東京に行っていました。これを5年間続けていました。

東京で行われている国際セミナーにも多数、出席しています。アメリカの有名なカイロプラクティック団体の協会長の先生のセミナーも出ています。

もちろん通訳を介してですが。

 

カイロプラクティックと整体は根本的には違いますが、同じような矯正術と認識して下さい。今では整体と言うのは呼び名だけになっています。昔の柔道や剣道の方の練習で痛めた関節を治療していたのが整体です。外傷、切り傷、骨折、病気などは病院ですが、それ以外は整体でした。

ですから柔道の師範の先生が整体をしていました。しかし発展途中でアメリカから同じような矯正術が入って来て今では整体は残ったのは名前だけです。

整体とカイロプラクティックでは同じような感じです。

 

矯正ではなく、体を直す技術と検査する技術の両方が必要です。

技術力でしているので低周波治療器や電器でごまかすことはしていません。

検査することが大切

痛みやコリには検査することが必要になりますから、どんなふうに歪みやズレが起きているのか、どこから歪みやズレが起きているのか、どうして歪みやズレになったのか、検査して見つけることをしていきます。

何よりも検査することが重要になります。検査してわかったものを矯正すると言う進行なんですが、もちろん治療技術も必要です。歪みやズレだけの場合もありますが、複雑に絡んでいるものもあります。歪みやズレだけで起きているとは言えません。

歪みやズレも歪みやズレだけで起きていることもありますが、こじらせると他にも広がっています。

単純と言ってわかりませんが、歪みやズレを矯正して楽になることもあれば、そうではない場合もおおくありますが。

検査することでわかるのは一つずつです。病院の検査のように一度でわかることはありません。検査して一つ施術して、さらにもう一度、検査する事をいかなければわかりません。

検査も正確に行う必要があります。

しかし当院の院長は検査する事にかけて時間はかけません。30年の経験がありますから正確にすばやくしています。

整体の施術項目

整体の施術項目は色々ありますが体に起きる問題の全てが対象になります。多くの痛みやコリなどの体の不調は歪みやズレから起きています。しかし病院では病院の専門家ですから病気になっていなければわかりません。

痛みやコリと言うのは病気でも起こりますが、病気ではない状態でも起こります。もちろん病気になっていれば病院にいかなければいけません。

病院で行う血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。病気とは病気の専門家です。

しかし健康な細胞から一気に病気になることはありません。なっていく過程があります。変化していく過程です。病気になる為には半年や1年で健康な細胞から変化することはありませんから10年、20年かかりながら細胞は変化していきます。

その、なっていく過程の時に時々、痛みやコリなどの症状になります。

痛みやコリも病気とは関係がないことはありません。

しかし、今は病気ではありません。

腰痛でも肩こりでも生理痛でも頭痛、頭の痛みでも膝の痛みでも関係があります。

しかし今は病気ではありませんから病院で検査しても出ないかもしれません。数値で異常が出たら病気です。

しかし多くの痛みやコリは病気ではありません。

整体とは

病院のように病気を直している訳ではありません。しかもマッサージみたいに筋肉をほぐすことを目的ではありません。低周波治療器や電器をして痛みやコリを散らすことはしません。

当院の整体は体を直していく事が目的です。

ですから歪みやズレだけを矯正すれば良いと言う訳ではありません。その他にも対象の部分は多くあります。普通の整体院では筋肉を揉むようしてボキボキして低周波治療器や電器をして終わりと言う感じです。

当院では手の技術力のみで体を変えていくので低周波治療器や電器を使いません。

もちろん筋肉はほぐしていきます。それだけではありません。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから整体なら痛みやコリが楽になる。

2018年06月20日

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤矯正で小尻に

当院では多くの方が骨盤矯正に訪れて小尻にすることができています。しかし骨盤矯正というのは、骨盤を小さくすれば良いと言う訳ではありません。

例えばですが、もし骨盤を小さくできたら中のある内臓はどうでしょう。今までよりも小さくなるわけですから働きが低下したりすることもあるかもわかりません。

骨盤矯正をする時には色々な部分が深く関係します。もし骨盤が小さくなっても維持できるのか、と言うことも疑問だと思います。

それについてお答えする前に説明していきたいと思います。

骨盤矯正をする時には、できるだけ骨盤を小さくすることをしていきますが、体調や体力が落ちていると骨盤矯正をしたあと、ダルクなります

最近は多くの方が自分が思っているほど体力はありません。運動している方は体力を上げている訳ではありません。運動や筋トレは筋肉を鍛えていますから、分野が違います。

運動をやりすぎると体力は落ちていきます。筋力は向上するかも知れませんが。

運動や筋トレ、ジョッキングなどは筋肉をきたえていますから筋肉の力は上がるかも知れませんが代償として体力は落ちてきます。

毎日、毎日の生活で疲れやストレスはたまるばかりです。疲れやストレスが多くなると人の体は脂肪が多くなったり浮腫みが多くなります。つまり太ります。

骨盤矯正と体調

骨盤矯正をする時には一番、邪魔なものは疲れやストレスの蓄積です。疲れやストレスが多くあると骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。しかも疲れやストレスは多くなればなるほど骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。疲れやストレスの蓄積した状態を体調と言います。

疲れやストレスが多くなることを体調が悪い、調子が落ちているとか言います。

疲れやストレスが多くなると骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

疲れやストレスが多くたまると脂肪が多くなります。

疲れやストレスが多く蓄積すると浮腫みになります。

疲れやストレスが多くたまった方ほど骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあります。

そして疲れやストレスにはたまる所がありますから、それが問題なんです。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、多くは内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

体が疲れた、と言う時には内臓に疲れやストレスがたまっている事です。

ストレスがたまったと言いますがストレスと言う単語は英語にはありません。ストレスの語源になったものはストレッサーとか、ディストレスと言う言葉です。

ストレッサーは欲求不満と訳されます。ディストレスは抑圧とか訳されます。

あまり適当ではない言葉になります。

ストレスと意味的なものから探ると蓄積していく疲れ、つまり蓄積疲労が妥当です。

つまり「ストレスがたまった」を言い換えると「疲れが溜まった」と言えるからです。

骨盤矯正とストレス

骨盤矯正をする時には、自分でも感じていないくらいのストレス(蓄積疲労)が障害になります。ストレスが多くたまっている方ほど骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると骨盤は大きくなるからです。

ストレスはたまる所があります。そのたまる所と言うのは筋肉にもたまりますがある部分に多くたまっています。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管と、あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

つまりストレスがたまる内臓の問題がおきて骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤矯正をして行くときに、骨盤の歪み・背骨のズレを矯正する事でも骨盤は小さくなります。

骨盤周辺に多くなった脂肪、浮腫みを減らしても骨盤は小さくなります。

しかし、それだけでは限界があります。

骨盤矯正をして行くときには骨盤の歪み・背骨のズレでも脂肪や浮腫みを減らす事、以上ののことをしないと効果が半減します。

ストレスを減らすと小尻に

当院の施術で骨盤矯正をする時には、たまったストレスを解消していくことで骨盤が小さくなります。多くの方がストレスをため込んでいますから、全部のストレスを一度で減らす事はできません。

ストレスは色々な部分にたまっていきますから、筋肉にもストレスはたまりますし内臓にもたまります。

どこでもストレスはたまるために、全身に蓄積すると言っても過言ではありません。

骨盤矯正をしていく時には検査する事をしていきます。検査して確認して判断して矯正していくと、本当に骨盤が小さくなります。

 

睡眠負債と骨盤矯正

最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。眠りと言うのは脳から寝ていることを言います。

脳から寝ていないと誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

しかし一番、ダメな睡眠があります。その睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

そのため多くの方が眠れていないのにわからなくなっています。

目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

睡眠負債の方は体調がかなり落ちています。奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしている方も多くいます。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

睡眠負債の方は骨盤の炎症やハレがあります。大脳も弱って疲弊しています。脳幹も弱っています。そして内臓も弱っています。

こんな状態では維持することはできません。

維持する力、持続させる力は自分の状態にあります。どんな上手い技術で骨盤矯正をして骨盤を小さくしても崩れやすくなります。

その為の治療をしています。ですから骨盤矯正といっても骨盤治療です。

 

骨盤矯正とは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから骨盤矯正が人気があって初回から骨盤が小さくなるカイロプラクティック徳力整体院

2018年06月04日

浮腫み

  • はてなブックマークに追加
  • 浮腫みを減らすなら運動よりも筋トレよりもサプリメント、医薬部外品よりも浮腫み解消グッズよりも効果がある体の内側から解消していく北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
浮腫み

浮腫みを解消する

浮腫みを解消するなら体の内側から変えていくことが重要です。基本的な見地からして浮腫みと言うのは、どうして多くなるのか、なぜ、浮腫みになるのか、なる原因があるからなっています。浮腫みの本質をしることが浮腫みを解消する手助けとなります。

浮腫みと脂肪は違います。脂肪は実態がありますが、浮腫みには実態はありません。焼肉に使う肉の脂肪が脂肪です。牛の牛脂が脂肪です。脂肪は実態があると言うのは、わかりやすく言うと脂肪と言う物があります。浮腫みには水分で物はありません。

浮腫みと言うのはフシュです。フシュと言うのが多くなるとお腹にたまると腹水です。お腹の腹水は体調が良くない時にたまります。わかりやすい例ですが腹腔内に異常に多くの液体がある状態の事を言いますが、これは体の状態が良くない時に多くなります。

しかしフシュは、ここまで行かなくても浮腫みになりますから、浮腫みも同種類ですが病気ではありません。わかりやすく言うとと言う感じです。

浮腫みが多くなるのは色々な原因が考えられますが、一つは体調の低下です。毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなる浮腫みがあります。

いくらサプリメント、医薬部外品、運動、筋トレ、ストレッチをしても増えてしまいます。下着、ストッキングで締め付けても脱げば同じです。

浮腫みの天敵

浮腫みには天敵となるものがあります。それが多いと浮腫みは減りにくくなります。いくらどんなに良い浮腫み解消法をしても減りにくく上手くいきません。浮腫みが減りにくいのが浮腫みが出来る、多くなる物に関係しています。

浮腫みが減りにくいのは疲れやストレスの蓄積です。毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスです。

疲れやストレスがない方はいません。疲れやストレスがたまっていても感じていない方は多くいます。

疲れやストレスがたまれば、誰でも起きるものがあります。これは体の崩れです。

疲れやストレスがたまれば骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

疲れやストレスがたまるとリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなります。何も原因がなくてリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることはありません。

そして睡眠負債でも浮腫みは多くなります。

睡眠負債と浮腫み

睡眠負債と言うのは寝ているようで眠れていないことで起きる脳疲労です。多くの方が眠りを勘違いしています。不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。しかし最近の睡眠負債の方は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

寝ている方は寝ているからわからないのに単純に目が覚めないから寝ていると思っています。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

夢とは違い、さらに悪い睡眠があります。この睡眠は寝ながら考え事をしている睡眠です。寝ながら考え事をしている睡眠も寝ています。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

脳が休養を取って寝ていることが睡眠です。脳が寝ていないと脳は疲れやストレスをためていきます。脳が疲れやストレスをためていくと脳が弱っていきます。脳が弱ると痛みやコリも感じません。どんなに痛みやコリが起きている状況でも感じませんから「体調は良い」と言います。

院長から『体調はどうですか』、と聞かれると多くの方が「体調は良いです」とか「体調は悪くありません」と言います。

当院の院長は検査する事ができますから検査してみると体調が無茶苦茶に悪いのに感じていない方がいるからです。これは脳が弱ってしまって痛みやコリ、体調の悪さを感じていません。だから体調は良いと思っています。

この体調の方を奈落の底のような体調、ドン底のような体調と言う感じです。体調が悪ければリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環どころではなく内臓の働きも低下しています。

すべての基本は体調です。睡眠負債も体調が悪くなります。

体調が悪くなれば当然、浮腫みが多くなります、そして減りません。

体調が悪い時には疲れやストレスのたまるところがあります。たまる所は筋肉にもたまりますが、多くはある部分にたまっていきます。

それが内臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

疲れやストレスと浮腫み

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。この中で疲れやストレスがたまる所があるとすれば筋肉ですね。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

つまり疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきます。内臓と言っても病気ではありまんよ。

循環を良くしても必ず内臓を通ります。

リンパの流れも血管に流れていきます。そして内臓を通ります。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。内臓に蓄積した疲れやストレスで浮腫みが多くなります。

運動しても疲れやストレスが多くなります。筋トレしてもストレッチして基礎代謝を上げても疲れやストレスが多くたまります。さらに睡眠負債になると疲れやストレスも多く体にたまり内臓にたまっていきます。

浮腫みを解消

浮腫みを解消したいなら体にたまった疲れやストレスを減らす事です。ではどうすれば内臓にたまった疲れやストレスを減らす事ができるのか。

どうやれば疲れやストレスを減らして浮腫みを解消できるのか。

と言うことを当院ではしています。

疲れやストレスが溜まるのも段階があります。多く蓄積した疲れやストレスほど簡単には減りません。しかし疲れやストレスが減ると内臓の働きも向上していきます。

疲れやストレスが多くあると長期間あると内臓は老化していきます。老化した内臓を解消するのは体質改善の治療だけです。

 

疲れやストレスから浮腫み

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから浮腫みを減らす事ができるには浮腫みの原因を知っているからです。

2018年06月01日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛、腰の痛みは原因があって起きています、腰痛、腰の痛みを楽にしたら、そこから原因を見つけて整えていくことから腰痛、腰の痛みを楽にしていきます、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラク
腰痛

腰痛、腰の痛みは

腰痛腰の痛みは腰痛、腰の痛みになる原因があるから、腰痛、腰の痛みになります。腰痛が起きる原因は骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。しかし腰痛、腰の痛みを整えなくても腰痛、腰の痛みを楽にすることはできます。

基本的には骨盤の歪み・背骨のズレがあっても、直接に痛みになるとは限りません。骨盤の歪み・背骨のズレにも段階があります。程度というか骨盤の歪み・背骨のズレにも軽いのからひどいのから、色々あります。

骨盤の歪み・背骨のズレは多少なりとも誰でもあります。誰でもあっても腰痛、腰の痛みになるとはかぎりません。

腰痛、腰の痛みが起きる方は腎臓の弱い方です。腎臓が弱いと腎臓に関係する大腰筋、腸骨筋と言う骨盤にある筋肉に影響がでてバランスが悪くなります。

弱い腎臓に疲れがたまっていきます。疲れやストレスのたまり方には日々違いがあります。腎臓の疲れやストレスが減ったり多くなったりして限界を超えていきます。腎臓の疲労が限界を超えてくると骨盤の歪み・背骨のズレは最大になります。この時に姿勢が悪かったり、重いものを持ったり、前かがみの姿勢、中腰の姿勢、車の運転、同じ姿勢で体を支えることができないとギックリ腰、腰痛、腰の痛みになります。

上体を支えることができないくらい骨盤の歪み・背骨のズレがひろがっている時に重いものを持ったり、前かがみの姿勢、クシャミでも腰痛、腰の痛みになったり、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。

腰痛が起きる時は

腰痛が起きるときには、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。しかし骨盤の歪み・背骨のズレを整えなくても痛みは楽にすることはできます。その方法はサプリメントを飲んだり湿布を貼ったり、病院で痛み止めの注射を打ったり、マッサージをしたり、鍼灸をしたり、低周波治療器や電器をしたりと言う方法があります。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレは残ったままになっています。そして骨盤の歪み・背骨のズレを起した原因である腎臓の問題も残ったままです。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると腰痛にならなくても生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、尿漏れになることもあります。足の冷えや浮腫みとして起きることもあります。

骨盤の歪み・背骨のズレが長期間、あっても腰痛にならないときもありますが、骨盤の歪み・背骨のズレがあると、それだけでは済まなくなります。眠りが浅くなることもあります。骨盤は土台ですから土台が歪んでいると全身が歪むとまで言います。

しかも骨盤の歪み・背骨のズレを起こしている原因の腎臓疲労は単純な腎臓疲労だけではすまなくなります。腰痛の方の多くは腎臓が原因ですから、弱い腎臓に多くの疲れやストレスがたまることで腎臓の老化が急速に早まります。断言はできませんが、腰痛の方は先将来の病気の暗示かも知れません。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすく、たまると急速に老化が進行していきます。この最終形態が病気だからです。

弱い内臓を早めに蓄積した疲労を軽くしていかないと最近は腎臓が硬い方が増えています。しかし、今は病気ではありません。

病気になる時には数年かかります。健康な細胞から変化していく時間が必要ですが、今もゼロではありません。ゼロではないから腰痛になっています。

例えばですが生まれてからもゼロの方はいません。

それは親からもらった遺伝子が関係しているからです。弱いと言うことは遺伝子的な要素があります。

病気で行う検査は血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。もう病気になっている方は陽性でわかります。

健康な細胞から一気に病気の細胞になることはありませんから、なっていく過程ではわかりません。

例えばですが80を超えたら病気だとします。80という数値は適当です。80か78かくらいにならないと病気でも検査しても分かりません。病気として完成しないと何かの異常を訴えても検査しても異常が見つかりません。そこまで進行してしまうと遅いです。もう病気ですから。

もしかしたら病気になるまえに弱い内臓を強くしていく事ができれば変えられるかも知れません。

しかし簡単なことではありませんから短期ではできません。簡単に1回や2回で変えるできればいいですが半年や1年以上かかることも多くあります。どれくらい老化しているのか、と言う事になります。

腰痛を

腰痛をサプリメント、湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器などをすることをしていると進行が速くなります。腰痛が最近はおこらないからと言って安心はできません。

腰痛に限らす多くの症状は内臓と関係があります。

しかし今は病気ではありません。いくら検査しても尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしても、いまは、まだ病気ではないという意味になります。しかし痛みやコリが起きた時には、注意しなければいけません。

腰痛を一時抑えの事ばかりしていると、その時は楽になるでしょが。

腰痛を楽にすることと、腰痛を直していくことは違います。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛、腰の痛みが起きる原因は、ほんとうに腎臓に関係しています。腎臓が弱い方が腰痛になります。腎臓の弱さがない方は腰痛、腰の痛みにはなりません。

腰痛が起きているときには骨盤の歪み・背骨のズレから解消するようにしています。

もちろん腰周辺の筋肉、じん帯の炎症やハレもあります。そして腎臓疲労を解消して蓄積した疲れやストレスを腎臓から軽くしていきます。

そして体質改善の施術で腎臓を強くしていく事をしています。

 

腰痛、腰の痛みとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛腰の痛みの原因を見つけて整えるカイロプラクティック徳力整体院。

2018年05月22日

カイロプラクティック

ボキボキしないカイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは痛みやコリなどの症状は歪みやズレから起きていると言う事なので歪みやズレを矯正して整えて痛みやコリを楽にしていく方法です。

他のカイロプラクティック院ではボキボキしたり、低周波治療器や電器をしたり、揉んだりする、専用の台でドスンと落としたりすることをしています。

当院ではボキボキもしない低周波治療器や電器をすることもなく専用の台でドスンと落としたりすることもなく矯正をしています。ドスンと落とす台は使っていますが、落とすことはしていません。

普通はカイロプラクティック院に行くと、骨盤の歪み・背骨のズレの矯正をする前に体を揉んで骨が動きやすくする為にマッサージしています。あとは気持ち良さですね。

これをした後、ボキボキするか、専用の台でドスンと落とす骨の矯正をします。あとは低周波治療器ですね。たまにはマッサージベットですね。

しかし当院でも、昔はマッサージベット、低周波治療器、ハリに似た刺激がある機械、金魚運動する機械、牽引する機械、温熱を加えながら磁気が出る機械(ホットパック)、レーザー光線、などを使っていました。

多くのカイロプラクティック院は機械を使います。機械は使えば使えほど痛みやコリを散らしてわからなくさせることができます。

特にマッサージベット、ローラーベットなどは疲れさせます。そして低周波治療器も筋肉疲労を起こします。

マッサージベット、ローラーベットも刺激を加えて気持ち良さも多くありますが、疲れさせます。疲れさせることよりも刺激させることで気持ち良さの方が良い印象を与えますが、ただの気持ち良さです。しかしいつまでも、刺激ばかりしていても、変わりません。

刺激を加えても、何も変わりません。

気持ち良さと勘違いしないで下さい。

症状を改善する為には何かが起きています。この何かを見つけることなく刺激ばかりしても、その時の気持ち良さを作るだけです。

カイロプラクティックとは

痛みやコリの原因である骨盤の歪み・背骨のズレを解消していくことがカイロプラクティックですから低周波治療器や電器で誤魔化すことはしていません。

低周波治療器や電器をすると痛みやコリが散ってしまいます。

低周波治療器や電器は、痛みやコリを直していません。

痛みやコリの原因を見つけることは大変、難しく簡単ではありませんから、どうしても低周波治療器や電器に頼ってしまいます。

物量(機械)に頼ると技術力が上がりません。

当院でも昔は物量を使っていましたが、今では一切、使っていません。

手の技術力を磨いてきましたから。

手の技術力と検査する技術の両方が初めてあって、検査と矯正を行うことができます。

技術ばかりでもダメですし、検査する技術も必要です。

最近の痛みやコリは矯正すれば良いと言うものではありません。

普通は痛みやコリは骨盤の歪み・背骨のズレから起きていますが、骨盤の歪み・背骨のズレからだけでは解決できない痛みやコリもあります。

昔みたいに骨盤の歪み・背骨のズレばかりしているだけでは解消しない痛みやコリも多くなっています。

ですから骨盤の歪み・背骨のズレを矯正すれば良いと言う訳ではありません。これを判断する為にも検査する事ができないと先に進めません。

骨盤の歪み・背骨のズレは

痛みやコリの多くのは骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。骨盤の歪み・背骨のズレが起きると筋肉も引っ張られたりして緊張していきます。

痛みは椎間板ヘルニアになりかけている時に起きる場合が多くあります。椎間板ヘルニアも程度があります。軽いのからひどいのから程度があります。椎間板ヘルニアは誰でも起きるものですから特別なモノではありません。

椎間板ヘルニアが起きる原因は疲れやストレスの蓄積です。椎間板ヘルニアが多くなると限界なく疲れやストレスはたまっていきます。

毎日の生活、仕事、寝不足、精神的なもので疲れやストレスが多くなっていきます。

毎日の生活、仕事、寝不足、精神的なものは誰でもありますから、無い方はいません。

疲れやストレスの蓄積が多くあると、体は補正の為に骨盤の歪み・背骨のズレになります。

疲れやストレスの蓄積を痛みやコリとして警報を鳴らして自分に教えます。

これが痛みやコリになります。

疲れやストレスがたまりすぎると、骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛、腰の痛み、肩こり、頭痛、頭の痛みなどは疲れやストレスの蓄積です。

痛みやコリ

●生理痛、生理不順も骨盤にある内臓ですから、疲れやストレスがたまって骨盤の歪み・骨盤の開きが起きれば、影響はあります。骨盤の歪み・骨盤の開きが起きれば骨盤の中にある内臓も正常な働きができません。生理痛、生理不順の方腰椎の3番目が卵巣に関係する部分です。子宮に関係する部分は腰椎の5番目です。生理痛、生理不順の方は腰椎3番目と5番目に歪みがあります。生理痛、生理不順の方は、体調を整えていくことはもちろんですが、骨盤の歪み・骨盤の開きを解消することから始めて行きます。ホルモンも関係していますからホルモンの解消なども必要です。生理痛、生理不順の方は最低限でも骨盤の歪み・骨盤の開き、ホルモンのバランスの問題を解消するようにしています。

 

●腰痛、腰の痛みの方は腰椎3番目から、4番目、5番目に歪みやズレが有ります。あとは骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。骨盤の歪み・骨盤の開きがあると骨盤が不安定になって腰痛、腰の痛みを起こしていきます。

●肩こりの方は首の部分か肩の部分に歪みやズレが有ります。

など多くの症状は歪みやズレから起きています。

痛みやコリとは

痛みやコリは疲れやストレスの蓄積で起きています。

疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

誰でも疲れやストレスの蓄積はありますから、痛みやコリがない方も、歪みやズレはあります。

歪みやズレを解消できるのはカイロプラクティックだけです。

カイロプラクティックとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などからカイロプラクティックならカイロプラクティック徳力整体院。

2018年05月08日
» 続きを読む