ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正を希望されて訪れている方が多くいますが、小顔矯正というのをなんとなくしか分かっていない方が多くいますので、小顔矯正という意味を知ってもらうためにも説明をしていきたいと思います。

小顔矯正をする時には

小顔矯正というのは、読んで字のごとく顔を小さくする矯正のことなんですが、どうやったら顔を小さくすることができるのか顔に何があるから小さくすることができるのかということを考えなければおぼろげに小顔矯正と言っても効果がない小顔矯正も色々ありますから、効果がある小顔矯正をしていくためにはどうすれば顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけません。

小顔矯正をしていく時にはどうやって小顔にするのかというと、多くの方が聞きたいところだと思いますし、また顔が小さくなったらなったで維持することができるのか持続力があるのかということを聞かれますので、説明をしていきたいと思います。

小顔矯正をしていく時には、当院ではマッサージをするような感じで顔を小さくすることができるので、マッサージ感覚だと説明を加えていますが、いつも言っていますのでマッサージではないということです。
マッサージをするような感じで、顔を揉んでいくことで顔が小さくなる小顔矯正を実際にしていますが、マッサージをして顔が小さくなることはないと院長も思っていますので、マッサージではありませんが本当に誰が見てもマッサージをしたり顔を問題にしているだけで徐々に顔が小さくなっていくという特殊な小顔矯正をしています。

特殊な小顔矯正

当院の院長だけができる特別な治療技術ですから、誰でもどこでも出来る技ではありませんが、本当に顔を問題にしてマッサージをしたりするような感じで顔を小さくすることができますので、顔を無理やり押さえつけたりいたいということではありません。

小顔矯正をしていく時には、まずは二つほど重要なことがあります。
一つ目は自分で顔が小さくなったのが分かるということです。
当院では小顔矯正を希望されて訪れた方全員に対して、してもらっていることがあります。
小顔矯正をする時に、患者さん自身にしてもらうことというのは、自分で顔の大きさを覚えてもらうことなんです。

小顔矯正に入る前に

小顔矯正を始める前に、顔の大きさを触って覚えておかないと、小さくなったのが分かりませんので、小顔矯正をに入る前に触って形や大きさや幅などを覚えてもらうことをしていますが、これが大変簡単なようで簡単ではないから変化がわからないという方も時々います。
できるだけ小顔矯正をして変化がわからないということがないようにしていますが、それでもなおかつわからないという方が時々いますので、実際にしっかり真面目に触って覚えてもらうことをしていますが、それでも100%とまではいきません。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をしていく時には簡単な方法で触ってもらうことをしていますが、単純に簡単だと思って触ってしまった方ほどわからないという方がいますので、小顔矯正と言っても10センチも20センチも30センチも変わることはありませんので、小顔矯正で変わるのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりという感じで顔が変わってきますので顔が小さくなって特に顎のラインは細くすっきりして引き締まっていきます。
小顔矯正をしていく時には触り方ですが、両方の手首を合わせるようにして触って顎の部分に充てて手のひらと指を顔に密着させるだけなんです。
しかし、ただ手を当てただけでは分かりませんし、手を置いただけでも分かりませんので、自分の顔を大きさを幅を覚えようとしてください。

顔の左右差

顔というのは左右差がありますので、左右差を感じようとした時にしっかりと顔の大きさを把握することができます。
ですから、ただ単にてだけを置いただけでは顔の変化がわかりにくくなりますので、しっかりと左右差を感じようとして触ってみてください。
まずは目で鏡で見て、顔の大きさで形を覚えてください。
どちらの顔が大きいですか、どちらの顔が出っ張っていますかそれを判断するために目で見て鏡で確認をしてみてください。

顔を触る時

例えばですけど、右側全体が大きいとか左側の1部が出っ張っているとか言う感じで顔にも左右差がありますので、左右下を触ることで覚えるということなんですが、測ることはできませんのでご自分の両方の手のひらを顔に密着させるようにして触って覚えておいてください。
必ず左右差を感じようとする時に手に集中力が増して大脳にある感覚神経を動員することができますので、感覚神経を動員できた方がしっかりと顔の変化がわかります
感覚神経を使うことができなかった方は、ただ単にてだけで感じようとしていますので、てだけで感じようとしただけでは分かりません。
必ず手だけで感じる事無く、集中力を増して感覚神経を総動員させるようにするとしっかりと変化がわかります。

集中して触ると

顔を触るだけでも簡単な方法なんですが、大変難しい方法ですが、触り方自体は簡単です
小顔矯正をしていく時にはしっかりと小顔矯正に入る前の顔の大きさを触って覚えておかないと比べることができませんので、しっかりと触って覚えてもらうためにもこれを努力してしてもらいます。
鏡で顔の大きさはわかったら、次は目を閉じて手だけで顔の大きさを同じように感じるか確認してみてください。
鏡で見て、大きさや形と同じように感じるかということなんですが、これを比べることをしてもらえると更にしっかりと小さくなったのが分かるようになります。
本当に遠いんでは初回から顔が小さくなる小顔矯正で人気がありますので、しっかりと初回から触って覚えてもらうことをしていますが、大変触り方自体は簡単ですが感じようとする分かろうとすること自体に努力が必要ですから努力をつぎ込んで触ると結果として顔が小さくなったのがわかりますので小さくなった分だけ笑顔が違います。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積が天敵になります。

疲れやストレスが多く、蓄積していくと顔が変形したり、むくみが多くなったり、脂肪が多くなったりしていますし、顔色が悪くなっている方もいますので疲れやストレスというのは大変重要な要素になります。

疲れやストレスを減らすことで、顔が小さくなるということもありますので、顔を触らなくても体を整えていくことで顔が小さくなっていくということも多く見受けられるものです。

小顔矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積でむくみや脂肪や顔の変形だけではなく、色々な問題を起こしていることが多くありますので、疲れやストレスを溜まっているところから減らすだけでも顔が小さくなっていきます。

疲れやストレスを減らすこと

疲れやストレスが体に溜まるということはわかっている方が多くいますが、体のどこに溜まるのかということを知っている方はいませんので疲れやストレスが溜まるところを説明していきたいと思います。

疲れやストレスというのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなりますので、体重の半分以上が水分で構成されているということなんですが、水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったりいろいろな部分に水が存在していますので、水の総合重量が65キロにもなるということです。

あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがありますので35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚の重さと筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系と内臓になります。
この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、中枢神経系も内臓-1部ですから、内臓と筋肉になります。

内臓疲労から顔が大きくなる

内臓と筋肉に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきますので、歪みやズレが起きることが原因で体全体が歪んだりしていきますから体が歪めば顔も歪んでいきます。
小顔矯正をしていく時には、体調というのも深く関係しますので、体調というのは体調が落ちているという感じや調子を落としているという意味がありますが、これらは全て疲れやストレスの蓄積で起きています。

疲れやストレスというのも大変多くの方に溜まっているものですから、蓄積していないという方はいませんので、誰でも骨盤の歪みや開き、そして背骨のズレが起きているということになります。

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきますので、内蔵というのは体の1番奥にあり中心にありますので中心、奥が調子が悪いと体全体の歪みが起きていきますので、顔にも影響が大きいということが言えます。

体調の低下

小顔矯正をしていく時には、実は顔にも疲れやストレスが溜まるということが起こりますので、普通では考えられないと思いますが、院長が研究してわかったことなんですが、実は筋肉や内臓だけに疲れやストレスがたまるということではないということなんです。

そのため、研究してやっと分かったことなんですが、皮膚にも疲れやストレスが溜まったり、脂肪にも疲れやストレスが溜まったり、顔の骨にも疲れやストレスが溜まるということが分かったんです。
疲れやストレスというのは大変多くを蓄積していきますので、疲れやストレスが溜まれば溜まるほど顔にむくみや脂肪が多くなるということがわかりました。

顔の歪み、浮腫み、脂肪

顔に疲れがたまると顔が歪んだりしますので、むくみや脂肪も多くなり、変形上体を起こしていき、炎症や腫れを起こしていきますので、炎症や腫れが起きると顔が大きく肥大していきます。

顔にできた炎症や腫れを検査することで確認しながら、炎症や腫れを減らしていくことをすれば、特に顎のラインは炎症や腫れがひどくありますので、炎症や腫れを減らすことで顎のラインがスッキリして細く引き締まっていきます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は30年の経験がある小顔矯正。

小顔矯正の触り方



2018年08月14日

腰痛

腰痛を感じる時にはどうして腰痛を感じて腰が痛くなっているのかということを考えなければいけませんただ、腰が痛いとか言う感じだけでは腰痛を知ることはできませんので、腰痛が繰り返し起きやすい方、腰痛になりやすい方、色々な腰の痛みがあると思いますので、腰痛の原因を考えなければいけませんから腰痛がどうして起きるのかということを知るようにしてください。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

切っ掛けと腰痛、腰の痛み

腰痛というのは腰痛が起きる原因があるから腰痛になっている訳ですから、なぜ腰痛が起きるのかということを知らなければいけませんが、多くの方は重たい物を持ったから体をひねったから前屈みになって何かを取ろうとしたから中腰をしてたとうとした時に腰が痛くなった、車の運転していると腰が痛い野球をしていてスイングをしていたら腰が痛くなった、サッカーをしていたら腰が痛くなった腹筋をしていたら腰が痛くなった朝起きたら腰が痛くて動けなかったなど色々なことを言われますが、これらは全て切っ掛けです。

きっかけというのは原因ではありませんので、切っ掛けと原因が腰痛を起こしているものになります。
色々な物事を同じようにしても痛くならない時もあれば、痛くなる時もありますので注意してしているということもあるかも分かりませんが、注意しなくても起きたり起きなかったりするのは、どうしてなのかという原因が体の歪みやズレにあります。

何かをしたら腰痛、腰の痛み、腰が痛い

代表例で言うと重たいものを急にもとうとした時に腰が痛くなったとかいう風に言われますが、どうして重たいものを同じように持っても痛くなる時と痛くならない時があるのかということを考えなければいけません。
同じように同じ重さのものを持っても痛くなる時と痛くならない時があるということなんですが、痛くなる時と痛くならない時の差というのは骨盤の歪みや骨盤の開きにあります。骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時に重たいものを持ったりすると、体を支えることができないために体を支えることができない状態で筋肉や靭帯の軋轢が起きてぎっくり腰になったり、腰が痛くなったり、腰痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きもいつも変化していますので、大きくなったり小さくなったり変化していますから大きくなった時に重たいものを持ったりすると体を支えることができない状態があり、腰が痛くなります。
骨盤というのは上の体を支えている部分ですから、骨盤が不安定になっている時に何かをして負担が大きくなった時に骨盤の歪みや開きが大きくなり、体を支えられなくなった時に腰が痛くなります。

姿勢、猫背で腰痛、腰の痛み、腰が痛い


姿勢が悪かったり、猫背になることが骨盤の歪みや開きを作るものではありません
姿勢が悪かったり、猫背になるのもしっかりとした原因があるから猫背になったり姿勢が悪くなっています。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは、更にもっと奥に深い原因が潜んでいるんです
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは、腰の痛みなどが起きていない方も軽く起きています。
骨盤の歪みや骨盤の開きがないという方は、いませんので、単純に腰の痛みとして感じていない方も多くいますし、女性で言えば便秘が起きたり生理痛が起きたり生理不順が起きたり、膀胱炎になってしまったりということで腰の痛みとしてではなく違う形として感じている方もいます。
また、股関節の痛みとして時々感じているという方も、骨盤の歪みや骨盤の開きで起きていますので、色々な症状として感じてしまっているという場合もありますので、単純に腰の痛みや腰痛がないからといって骨盤が整っているかというとそうではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤の歪みや骨盤の開きなどが起きる時には何が原因で起きているのかということを考えなければいけませんが、それは特別なものではなく、日常的に多く存在しているものが原因なんです。

毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや歩いたりすることや熱いことや寒いことや車の運転をすることや足を組んで椅子に座っていることや横すわりをすることや色々な物事で多くなったりするものが体に蓄積しているのが原因です。
体に蓄積するものというのは、疲れやストレスです。
疲れやストレスというのも毎日毎日の生活や食事を作ったりすることでも多くなりますし、掃除をする時でも疲れやストレスは多くなりますし、ジョギングをしたりする事やストレッチをすることでも多くなったりしますし、色々な物事で疲れやストレスは溜まるばかりなんですが、疲れやすいですが、溜まったのを減らすことはしていませんし、考えてもいません。

疲れやストレスが多くなればなるほど、細胞の変化が大きい弱い部分ほど老化を急速に早めてしまうことがあるのに、疲れやストレスが溜まりっぱなしになっている方が多くいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスがない生活はありません。
疲れやストレスが溜まっていない方はいません。
疲れやストレスが溜まっているのにわかっていない方や感じていない方はいます。


疲れやストレスは誰でも溜まっているものですから、誰でも多少なりとも歪みやズレは起きています。
疲れやストレスというのは弱い部分に多く溜まっていきますので、人の体には弱い部分とそうでもない部分というのがあります。
弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく、多く蓄積してしまって長期間になっていくと細胞の変化が徐々に起きて、色々なトラブルを起こしていくということがあります。
腰痛を起こしていく時にも、内臓に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきますが、病気というわけではありませんので、内臓というとなんでもかんでも病気というのを考えることはやめてください。

どこに疲れやストレスがたまる

例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなりますので、体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが、単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり、組織の中の水分だったり、いろいろな部分に水分があるということなんです。
水分に何かが起きたり疲れやすですが、たまると考えられませんので疲れやストレスが溜まる所というのは後残った35キロの中にあるということです。
35キロの中には神経と血管とリンパの重さと筋肉と靭帯と皮膚と脂肪と骨の重さと中枢神経系脳大脳や脳幹や脊髄の重さと色々な内臓の重さになりますので、この中で疲れ休めずが溜まりやすいところがあるということです。

疲れやストレスが溜まりやすい所というのはこの中では内臓と筋肉になりますので、筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうのは内臓です。
しかし、内臓と言っても病気と言っている訳ではありませんので、なんでもかんでも病気と勘違いしないでください。
内臓に疲れやストレスが溜めると内臓の働きが悪くなっていきますが、数値として異常が出てくることはあまりないと思います。

内臓疲労が腰痛になる

内臓の病気になる時には数値の何らかの異常が起きているのが条件ですから血液検査や尿検査や色々な検査というのは数値の異常を示した時に病気という判断が下ります。
しかし、内臓にたまった疲れやストレスというのは数値的な異常を示すことはあまりありませんので、病気というわけではないけど、色々な問題になってしまうという内臓なんです
弱い内臓に疲れやすですが、溜まりやすく疲れやすレスを溜めてしまうことが原因でぶよぶよになったり、炎症を起こしたりハレたりということが触ると分かります。

腰痛の方は腰の部分の少し上の肋骨の辺りを触ると炎症を起こして腫れていると硬くなっていたり、盛り上がったり出っ張ったりということが起きていると思いますので、触ってみるとわかるという方もいます。
または、ブヨブヨ状態になっていると、なんだかつかみどころがないような感じになりますので、炎症や腫れとは違う状態になっているという方までいますので、腰痛が起きてしまう方は腎臓の問題を持っている方です。
腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスを溜めてしまうと、骨盤の歪みや骨盤の開きが起こり、腰痛になっていきます。
腎臓に疲れやすレスがたまることが原因で腎臓に関係する大腰筋、腸骨筋という筋肉に影響が出てしまい、骨盤のバランスが悪くなって歪んだり開いたりして骨盤が不安定になった時に重たいものを持ったりすると腰が痛くなるという感じです。

腰痛の方は

炎症や痛みの原因になっている筋肉や靭帯からほぐしていくようにしますが、それだけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていくことをして背骨のズレを解消して腎臓の働きを少しずつでも上げていくことをして楽にしていくことをしています
普通は骨盤の歪みや骨盤の開き、筋肉などを対象としていますが、当院ではさらにその上の内臓の働きまでに注目していますので、内臓の働きを良くしないと戻りやすく効果がなかったりということがあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消しています。

2018年08月09日

骨盤矯正で小尻になれる

骨盤矯正

当院の骨盤矯正はボキボキもしないけど、本当に骨盤が小さくなることができる骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正は、本当に初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが全員の方が骨盤が小さくなっていますが、スタッフが計測したりすることはしていません。

骨盤矯正を希望された方に自分で骨盤を触っておぼえてもらいます。

骨盤矯正をする時に自分の骨盤の幅を自分で触っておぼえることをしてもらいます。

しかし、言っておきますが、簡単に触るとわかりませんよ。

骨盤を触ること

骨盤矯正をする時では、当院ではスタッフが測ったりすることはしていません。自分の手で触ってもらうことを基準にしています。

スタッフが測ると骨盤矯正前後で位置が違ったりゆるく測ったり、キツク測ったりする骨盤矯正院もありますから自分で触ることが一番だと思いますが、簡単だと勘違いして触ると小さくなっても分からないと言う方がいます。

ダメな触り方。

① 手を動かす方

② ただ手を骨盤に当てただけの方、骨盤に手を置いているだけの方。

手を当てるだけならサルでもできます。

ましてや手を置いているだけでは変化しても分かりません。

人は考えたり感じたりすることができます。

骨盤矯正をする時にも、感じようとすると変化がわかります。

骨盤矯正の触り方は

骨盤矯正をする時の触り方は骨盤の両横に手を当てるだけです。

そして当てたら幅を感じようとして下さい。実は骨盤には左右差があります。

中心を境にして右側が大きいとか、左側の骨盤が一部が出っ張っているとか。

左右差がない方もいるでしょうが、感じようとすることが大切なんです。

多くの方は左右差があります。

ピッタリな洋服で骨盤の所を鏡の前で見て下さい。

左右差があるように見えますか??

もし、左右差があることがわかったら立ったまま目を閉じて骨盤の横に手を当てて下さい。

骨盤の左右差がない方、左右差がわからない方も立って骨盤を触って見て下さい。

触る時に、少し中心部に向けて押しながら触ります。

結構、多くの方が左右差があるのがわかります。

これを今でもしてくれていると、当院に来た時に説明しやすいのですが。

骨盤矯正の触る位置

 

骨盤矯正に入ります。

触ることができたら骨盤矯正に入ります。当院の骨盤矯正は簡単にして骨盤を変化させることができますが、簡単な方法ではありません。

当院の院長が骨盤矯正をしているときにも、こんな簡単で小さくなるんですね、と言われますが、院長は簡単だとは一度も言っていません。

骨盤矯正の方法は、マッサージをするような感じと言えば一番、近いと思います。

しかしマッサージをしているわけではありません。

マッサージをして骨盤が小さくなることはありません。

しかし、院長がすると小さくなっていきます。簡単に揉んでいるような感じしか見えない為に、簡単に思われますが簡単な技術で変わることはありません。

骨盤矯正をする時には、重大なことが関係しています。

美容的に減らす事もできますがそれだけでは安定して減りません。

骨盤矯正を検査する

骨盤矯正をする時には検査する事をしています。

検査してみると骨盤矯正に訪れた方の問題がわかります。

骨盤矯正に訪れた方は何も言いませんが、院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

本当に多く方が体調が悪いのに、体調は良いですと言いますが、この体調の状態が骨盤矯正をする時に深く関係しています。

体調の低下があると骨盤の歪み・骨盤の開きが起きています。

そして骨盤の歪み・骨盤の開きが起きると浮腫み、脂肪が多くなっています。

そして、それ以上のことが起きています。

最近は多くの方が睡眠負債になっています。

睡眠負債と骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きるときには睡眠負債とかさなって起きていることが多くあります。

睡眠負債があると本人も気が付いていないくらい体調が落ちていますが、奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしていても、それを感じとることができていません。

その理由は脳が弱っているからです。

大脳が弱ると痛みやコリを感じなくなります。大脳が弱ると奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしても感じません。

そのため体調が良いと思っています。

体調が良い方は骨盤の歪み・骨盤の開きは起こりません。

 

骨盤の歪み・骨盤の開きとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから骨盤矯正に多くの方が訪れている人気がある骨盤矯正。

2018年08月06日

整体

整体とは

整体とは

北九州市でも多くの整体院がありますが当院の整体の施術はボキボキしない痛くない整体の技術をして歪みやズレを解消する事をしています。整体と言うのは日本中、どこでも保険は効きません。

しかし保険が効かないのに、どうして整体院があると思いますか。

整体院も万能ではありませんが保険が効く治療とは違う事をしているからです。

多くの治療院がありますが病院でも整形外科でも外科でもマッサージ院でも鍼灸院でも指圧院でも種類が違うからです。

痛みやコリになる歪みやズレを矯正することができるのは整体院だけなんですが、整体院で扱う歪みやズレを解消しなくても楽にすることはできます。

歪みやズレを矯正しなくても楽にすることができます。この治療法は対症療法と言う治療法です。

病院でも整形外科でも外科でもマッサージ院でも鍼灸院でも指圧院でも保険が効きますが、整体院では効きません。

整体院と言うと高級と言う事もありません。リラクゼーションと言う感じでもありません。

では何故、保険が効かないのに整体院があるのか、と言うと歪みやズレを矯正することで効果があるからです。

しかし整体院でも万能ではありません。痛みやコリなどの症状には程度があります。程度が軽いのもからひどいものから色々な段階があります。

程度や段階は感じる強さではありません。痛いから程度がヒドイかと言うとそうでもない時もあります。

軽い痛みやコリだからと言って、こじらせていることもあります。

最近は多くの方がこじらせています。

いつも同じ所に痛みやコリが起きる方はこじらせています。最近、また痛みやコリになったと言うだけです。経歴があります。繰り返し起きやすい痛みやコリには長年の歴史があります。

それだけ気が付いていなくても慢性化していると言う事が言えます。

1年に1回でも痛みやコリになる時には進行していきます。

3年に1回でも起きる時にも進行していきます。つまり1度でも起きた痛みやコリが直っていなくて進行して起きていると言う事です。

痛みやコリが起きるときの切っ掛けが重いものを持ったとか、中腰で痛みが起きたとか、前かがみで痛くなったとかと言うのは切っ掛けです。

痛みやコリが起きた時にはマッサージしても中和ができます。低周波治療器や電器でもサプリメント、医薬部外品でも中和ができますから楽になりますが楽になることと、直すことは違います。

楽にすることは対症療法と言います。対症療法は原因なんか関係ありません。

対症療法は楽にしているだけです。対症療法は病院でも整形外科でも外科でもマッサージ院でも鍼灸院でも指圧院でもしています。

何回も言いますが痛みやコリは歪みやズレから起きています。

歪みやズレの起きる原因

歪みやズレには起きる原因が裏側に潜んでいます。他の整体院やカイロプラクティック院でボキボキしたりしても低周波治療器や電器をしても治らない原因です。

普通の整体院の治療では背骨のズレ、骨盤の歪み・骨盤の開きが中心です。しかし、どうして骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きるのか、わかっていません。

背骨のズレは姿勢で起きることはありません。

猫背でも起きることはありません。背骨は中枢神経を守っています。歪みやズレが起きると中枢神経を守ることはできません。

守ることができないほどのことが起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレだけを矯正すれば良いと言う訳ではありません。

どうして歪みやズレが起きたのか、どこから歪みやズレが起きたのか。見つけることが必要になります。

当院の整体の施術は裏側まで確認します。

人には生まれつき結わい部分と、そうでもない部分があります。そうでもない部分は痛みやコリにはなりにくく関係しませんが、弱い部分と言うのは毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

弱い部分に疲れやストレスがたまりやすくなり骨盤の歪み・背骨のズレになります。

例えば、

膝が弱い方でしたら、いつかは膝の痛みになります。関節も弱さがあります。関節が弱い方でしたら膝の痛みになります。あとは内臓も関係します。内臓といってもなんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。膝の痛みには肝臓が深く関係していると言うことはわかっています。

例えば、

鼻が弱い方でしたら花粉症になります。花粉症でも目に来ない花粉症もあります。あとは内臓も関係します。花粉症も肝臓が深く関係しますがカユミは膵臓も関係します。アレルギーと言うのは肝臓と膵臓、副腎が関係します。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

多くの症状が内臓と深く関係があります。

と言うのは疲れやストレスは弱い内臓に多くたまっていくからです。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。疲れやストレスが水にたまると言う事はありませんから、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまる所があると言う事です。

あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中に疲れやストレスがたまるところがあると言う事ですから、主には内臓と筋肉になります。

中枢神経も内臓の一部です。

脳疲労もあります。

最近は疲れやストレスだけではなく睡眠負債の方が多くなっています。睡眠負債と言うのは寝ているようで眠れていないことを言います。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

眠りが浅いと脳が弱っていきます。しかし脳が弱るだけでは済みません。脳が弱ると痛みやコリを感じにくくなり悪化させてしまうからです。限界まで悪くしないと痛みやコリも感じなくなります。

さらに脳が弱ると脳細胞の急激な減少になるからです。

美容整体の方が来られると、院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。骨盤の歪みが大きくあったり背骨のズレがあっても感じません。

これが、どれほど大変なことになっているかも分からずに。

歪みやズレと整体

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから北九州のカイロプラクティック徳力整体院はボキボキしないから人気があって痛くないと口コミ有名で痛みやコリが楽になる整体院

2018年07月13日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるのは原因がありますから痛みを楽にしたら原因を解消することも必要です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み、腰が痛い

腰痛、腰の痛み、腰が痛い

腰痛腰の痛み腰が痛いが起きる方は原因があります。痛みを楽にしたら原因を考えるようにして下さい。

しかし整体院やカイロプラクティック院では保険は効きませんから実費になりますが、保険が効く所ではできない原因を見つけ出して矯正することができます。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いのある方は、重たいものをもったりすることに代表させることで痛くなりますが、これらは切っ掛けです。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いが起きるときには切っ掛けと原因の両方が揃ったときに痛みになります。特に慢性化した方、長期にわたり腰痛、腰の痛み、腰が痛いがある方は原因から解消していく事をしないと楽になることはありません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いが起きるときには必ず原因があります。しかし原因を減らす事をしなくても楽になる方法があります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いが起きる原因は骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレです。

しかし骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレを矯正しなくても楽になる方法があります。

一番、簡単な方法から説明すると湿布を貼ったりしても楽になることはあります。昔からある痛みには効果があるのが湿布を貼ったりすることです。一番は捻挫とかに有効です。腰痛にも効果があります。しかし湿布を貼ったりして良くなる程度の痛みであればですが。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いにも段階と言うか、レベルと言う物があります。軽いのから程度がヒドイのから色々あると言う事です。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いが起きている時には筋肉、じん帯の炎症やハレがありますから、炎症やハレを解消するには湿布を貼ったりすることで薬剤の効果で鎮痛効果があります。冷やすことと鎮痛効果で腰痛が楽になることもあります。

しかし何も原因がないのに痛みになる事はありませんから湿布を貼ったりして腰の痛みを楽にしても原因は変わらずあると言う事が言えます。

楽にすることと、直すことは違います。

いつまでも楽にする事ばかりしていると原因もいつまでも同じままでは、いられません。つまり痛みがない時でも進行していきます。原因があればですが。

ドラックストアで売っているサプリメント、医薬部外品でも腰痛、腰の痛み、腰が痛いは楽にすることができます。サプリメントにはビタミンやミネラル、何かのエキスが入っています。これも栄養や何かのエキスが入っているので効果があるから売っています。

栄養を補うことや痛みに聞くエキスで腰痛、腰の痛み、腰が痛いの痛みが楽になっていくと思います。しかし腰痛、腰の痛み、腰が痛いを起こす原因は残ったままです。

栄養を補ってもエキスで痛みが緩和されても原因はかわりません。いつまでも楽にする事ばかりしていると原因もいつまでも同じままでは、いられません。つまり痛みがない時でも進行していきます。原因があればですが。

マッサージしても腰痛、腰の痛み、腰が痛いは楽になります。筋肉のコリがほぐれていきます。しかし腰痛、腰の痛み、腰が痛いは筋肉の問題だけで起きていることはありません。

マッサージは筋肉を対象としてほぐしています。確かに筋肉があまりにも緊張したりすると骨盤が歪んでしまうと言う事はあるでしょうが。

低周波治療器や電器をしてもプラス端子からマイナス端子へ電気を流すだけです。電気で刺激して痛みやコリを散らすをしています。散らしてしまえばわからなくなります。

痛みやコリを散らすことをしてマヒした状態を作っています。

マヒさせても原因はあいかわらずあります。

しかも筋肉が疲労している上に、筋肉を刺激することで筋肉疲労を多くします。

電気は刺激することをして筋肉を疲労させていきます。

他の整体、カイロプラクティック院では

当院と違って他の整体院やカイロプラクティック院ではマッサージしたり揉んだりして筋肉をほぐしたら骨盤の歪み・背骨のズレの矯正をして低周波治療器や電器をしています。順番は違うかも知れませんが。

当院ではボキボキもしません。

低周波治療器や電器もしません。

ボキボキもしないし低周波治療器や電器をかけることもしないのに骨盤の歪み・背骨のズレを矯正することができます。

もちろん筋肉はほぐします。マッサージではありません。マッサージは目的が筋肉ですから。

当院の目的は骨盤の歪み・背骨のズレの矯正ですから。

しかし、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか、原因を見つけることをしないと安定しません。

腰痛腰の痛み腰が痛いを起こすのは骨盤の歪み・背骨のズレが原因です。しかし何も原因がなくて歪みやズレが起きることはありません。

歪みやズレには原因がありますが、見つけ出すことは容易なことではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレを見つけることは簡単ではありませんから低周波治療器や電器にたよってしまいます。しかも低周波治療器や電器は痛みやコリを散らしているだけです。

一番、簡単な方法が低周波治療器や電器です。機械さえあれば痛みやコリを散らすことができるからです。素人でもできます。専門知識は必要ありません。

低周波治療器や電器ばかりしている方は原因を進行させることが多くあります。特に腰痛、腰の痛み、腰が痛いと言うと脊柱管狭窄症などに進行したりすることも多くあります。また椎間板がつぶれたりすることも起きています。

まずは骨盤の歪み・背骨のズレから解消することが大切です。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因

骨盤の歪み・背骨のズレには原因があります。この原因は姿勢ではありません。猫背もありません。

骨盤の歪み・背骨のズレになる原因は毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがある部分に溜まります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとの残りの35キロは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

疲れが溜まったら焼肉を食べたりウナギを食べたりケーキを食べたり脂分やアルコールを飲んだりします。例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。

これも内臓が働いてくれています。

その疲れやストレスが内臓にたまっていきます。そうすると内臓疲労が起きて骨盤の歪み・背骨のズレになります。

特に腰痛、腰の痛み、腰が痛いは弱い部分に疲れやストレスがたまることが原因で歪みやズレになります。弱い部分と言うのは腰と言うよりも内臓ですから腎臓です。

腎臓疲労が骨盤の歪み・背骨のズレになり腰痛、腰の痛み、腰が痛いになります。

 

睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛い

最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債になっていること自体、気が付いていない方が多くいます。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

脳が休養を取って寝ていることが眠りです。脳が休養を持っていない限りは眠れていません。

誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

睡眠負債になって眠りが浅いと脳が弱っていきます。脳が弱ると骨盤が一番に不安定になります。

骨盤が不安定な時に重いものをもっただけで腰痛、腰の痛み、腰が痛いになります。

睡眠負債の中でも最悪な睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いとは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛腰の痛み腰が痛いを楽にすることから。

2018年07月06日
» 続きを読む