ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

疲れやストレス

簡単なようで減りにくいのが疲れやストレスです。疲れやストレスは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなっていきます。疲れやストレスがたまるのは、わかっていると思いますが減らす事をしていません。

疲れやストレス

痛みやコリとは

腰痛、肩こりなどが起きたら運動不足だと思わないで下さい。何かが起きる時には疲れやストレスが多くたまって体調を落としていますから、体調が悪い時には運動しても筋トレしてもプールで泳いでも続きにくいし、余計に疲れやストレスが多くなるばかりです。

疲れやストレスは生活でもたまりますし、仕事でも多くなるばかりですし、運動してもジョキングしても筋トレしてもストレッチしても増えていきます。さらに、最近は多くの方が睡眠負債になっていますから睡眠負債による眠りの浅さでも増えていきます。

対症療法

例で説明すると

●腰痛は、疲れやストレスをたまった部分から減らしていくと骨盤の歪み・背骨のズレが解消して楽になっていきます。
●肩こりは、疲れやストレスが蓄積した部分から減らしていくと筋肉も背骨のズレも解消されて楽になります。
●生理痛なども生理に関係する部分が弱いから疲れやストレスがたまりやすく、たまると生理痛がひどくなります。
●便秘なども大腸が弱い方が、大腸に疲れやストレスをためやすく、ためてしまうと余計に大腸の働きが低下して便を前へ送り出すことができなくなります。
●頭痛と言うのは大脳に疲れやストレスがたまることで緊張が高くなり痛みになっています。
●最近、多い膝の痛みは病院で注射で水を抜いたりヒアルロン酸をしたりしていますが、まずは膝の炎症やハレから改善して原因になるものを見つけ出さないと、悪化していきます。悪化したものは櫃関節変形症とか言われてしまうことも。

●小顔矯正をする時にも、疲れやストレスは深く関係しています。疲れやストレスは体にもたまりますが、実は顔にも疲れやストレスはたまっているからです。顔にたまった疲れやストレスを減らしていくと顔が小顔になっていきます。減らいsていくと小顔になっていきます。1回目から変わってきますが1度で終わる事はありません。

●骨盤矯正をする時にも同じようなことが言えます。骨盤にも多くの疲れやストレスがたまりますから、たまると骨盤の歪み・骨盤の開きになります。そうすると骨盤が大きくなり浮腫み、脂肪が多くなります。これを減らしていくと小尻になる事ができます。

●浮腫みを減らしていくなら疲れやストレスから減らすことが一番です。どうしてかと言うと浮腫みは疲れやストレスの蓄積から起きているからです。

一番、難しいのが疲れやストレスを減らす事です

何といっても一番、減らないのが疲れやストレスです。疲れやストレスは焼き肉を食べても減らないし、ウナギを食べても減らないしサプリメント、医薬部外品でも減りにくいのが疲れやストレスです。栄養が有るものでも疲れやストレスは大変、減るのが難しいようです。

疲れやストレスが多くなると人は何かをしたくなりますからカラオケに行ったり飲みに行ったり、旅行に行ったり、温泉に行ったりして気分転換をしますが、焼肉を食べに行ったり、アルコールを飲んだりすると内臓に分解や消化の負担を多くしてしまいます。油部を分解するのも、アルコールを分解するのも内臓は大変なんです。

内臓が分解や消化をする時にも疲れやストレスは内臓にたまっていきます。
何をしても何もしなくても疲れやストレスは多くなります。
本当に疲れやストレスがたまるばかりですが、唯一、減らす事ができるのは寝ている時だけです。それも芯から寝ている時だけですから浅い眠りの時は寝ているとは言えません。

不眠症とは違い睡眠負債と言う言葉があります。不眠症は寝ようとすると寝つきが悪いのが特徴です。寝ても夜中に何回も目が覚めたりするのが不眠症ですが、睡眠負債は違います。
睡眠負債は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めません。そのため多くの方が寝ていると思っています。

体質改善の施術

当院では体質改善と言う施術があります。疲れやストレスは弱い部分にたまる傾向がありますから弱い部分を変えていくのが体質改善です。
体質改善の施術は別名、アンチエイジングの施術とも言います。

2019年02月06日

美容整体する時には

骨盤矯正・小顔矯正・姿勢矯正・浮腫み解消、ウエスト細く、ダイエット

当院では人気がある小顔矯正、骨盤矯正、浮腫みを減らす、姿勢矯正・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットをしています。
今まで多くの方の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫みを減らす、姿勢矯正・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットをしてきましたが、体に起きている問題を、まずは減らすことをしないと小さくなったり、細くなることはありません。

多くの方が美容的なものを変えようと訪れていますが、全員と言って良いほど基本的なことができていません。基本的なこととは体調です。
体調と言うのは痛みやコリだけではなく美容的なことをしていくうえでも大切なことになります。

ただ小さくなれば良いと言う訳ではありません。細くすれば良いと言う訳ではありません。浮腫みなども減らすことも大切なんですが基本的なことができていないと効果がでてきません。

小さく、細く、解消する為には

顔を小さくする、骨盤を小さく小尻にする、浮腫みを減らしていきたい、姿勢を良くしたい、猫背を解消したい、ウエストが細くしたい、体重を減らしたいと思う方が多く来院していますが、全員の方が基本的なことからしていかないと効果が出にくくなっています。
基本的なこととは体調です。体調と言うのは抽象的な言葉ですから痛みやコリなどの症状がなければ体調は良いのか、と言うとそうではありません。

ダルイとか疲れやすいとか痛みやコリがなくても体調は落ちていることが多くあります。当院では検査する事ができます。体調の検査をしてみると全員の方が体調を落としています。
体調が落ちると歪みやズレも起こりますが太りやすくなります。浮腫みやすくなります。脂肪が多くなります。顔が大きくなります。特にアゴのラインが太くなります。骨盤も大きくなります。ウエストも太くなります。

体を変える為には

顔を小さくする、骨盤を小さく小尻にする、浮腫みを減らしていきたい、姿勢を良くしたい、猫背を解消したい、ウエストが細くしたい、体重を減らす為には、どうすれば変える事ができるのか。
多くの方が希望していますが、変える為には減らすべきものがあります。
減らすべきものとは疲れやストレスと睡眠負債です。この両方ともが多くあると何をしても効果はありません。

逆に、この2つのものを減らす事ができれば変わっていきます。

しかし1回で変化していきますが1回では全部、変化しません。そして維持すること、持続力はありません。さらに変化させる為には先に進んでいく事が必要です。そのため体を直していく事も必要です。体を直す施術のことを体質改善と言います。体質改善の施術は強い施術になります。痛いと言う訳ではありません。

あとでダルクなりやすく風邪っぽさが出てきやすいからです。

骨盤矯正で骨盤を小さく小尻にする

当院では希望されて訪れた方が、全員、骨盤が小さくなっています。骨盤矯正で骨盤を小さくする為には、どうすれば骨盤を小さくすることができるのか、検査することで見つけていきます。電気や機械を使う事もありません。

手の技術力だけで骨盤を小さくする事をしています。
骨盤矯正と言うと骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正することでも骨盤は小さくなっていく事もあります。骨盤の歪み・骨盤の開きがあると骨盤周辺に浮腫み、脂肪が多くなります。骨盤周辺に脂肪や浮腫みが増えてしまうと骨盤が大きく見えてしまいます。
しかし、骨盤の歪み・骨盤の開きだけを矯正すれば良いと言う訳ではありません。
骨盤矯正で骨盤を小さくしても維持すること、持続力も出るようにしなければ骨盤矯正とは言えません。数回以上かかりますが体質改善の施術をしていくことをすると、さらに変わります。

小顔矯正で顔を小さく小顔にする

当院で簡単に顔を小さくしているように思われているのが小顔矯正ですが、簡単に顔を小さくしている訳ではありません。小顔矯正をして行くときにはボキボキしないで痛くない矯正をしています。小顔矯正をして行くときには顔をマッサージするような感じで顔を小さくすることができます。しかしマッサージではありません。
当院の小顔矯正は変化を比べることができます。つまり自分で小さくなったのが比べることができるようにしています。

小顔矯正をして顔が小さくなっても1度で終わる小顔矯正はありません。と言うのも関係する所があるからです。初回は顔だけ触って小さくしていきますが、顔を1度も触らないでも顔を小さくする事もあります。
しかし納得してもらう為に初回は顔を触って小さくしていきます。数回以上かかりますが体質改善の施術をしていくことをすると、さらに変わります。

猫背矯正・姿勢矯正

姿勢が悪くなったり、猫背になったりするのは原因があります。誰でも好き好んで姿勢が悪くなったり、猫背になったりするのはありません。
姿勢矯正ベルトに代表される健康グッズが多くありますが、それらをすると余計に姿勢が悪くなります。

姿勢が悪くなったり、猫背になったりするのは原因がありますから原因から解消する事も必要です。その為には検査してみる姿勢が悪くなったり、猫背になる原因がみつかります。
それを施術してへらしていくと変わってきます。数回以上かかりますが体質改善の施術をしていくことをすると、さらに変わります。

浮腫み解消

浮腫みが増えてしまうのは食べすぎもあるかも知れません。そして運動不足もあるかも知れませんが、本当に、それだけでしょうか。
浮腫み減らす為には、体調の検査や体の歪みやズレの検査が必要です。浮腫みがどうして増えてしまったのか、原因があります。多くの場合、浮腫みが増えてしまった原因は食べすぎもあります、運動不足もありますが、違う部分にあることがあります。

当院では浮腫みを解消していく時には検査することをして減らせることを確認して減らしていきます。1度で浮腫みがすべて減ることはありません。数回以上かかりますが体質改善の施術をしていくことをすると、さらに変わります。

ダイエット、痩せる為には

ダイエット、痩せる為には、基本的なことから体を整えていかないと、運動してもストレッチしてもダイエットグッズを使っても食事制限しても効果は半減してしまいます。ダイエットして痩せる為には体を整えていくと代謝も上がります。そして体重よりも見た目を細くするダイエットをすることができます。どうしても体重計ばかり気にしていると痩せても細くなっても骨ばって痩せていきますからキレイに見えることはありません。

ダイエット、痩せる為には人から見て「最近、痩せてきたね」と言われるように体を引き締めていきます。

小顔矯正、骨盤矯正、浮腫みを減らす、姿勢矯正・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、ダイエット、痩せる為には何よりも原因になるものを減らす事をしないと効果は出ません。原因になるものとは疲れやストレスの蓄積です。

毎日の生活で仕事で体を動かすことで運動すること、体の多くの疲れやストレスがたまると顔が大きくなっていきます。骨盤も大きくなり太りやすくなり浮腫みやすく脂肪が多くなります。つまり疲れやストレスを蓄積した所から減らす事ができれば変わると言う事です。

●美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、アゴのラインをスッキリさせる矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット、姿勢矯正、猫背矯正、浮腫み解消をしています。

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首のこり、膝の痛みを楽に

体には毎日、毎日の生活、仕事、運動したり、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それは疲れやストレスです。疲れやストレスは体の弱い部分に多くたまっていきます。
弱い部分に疲れやストレスがたまると痛みやコリになります。

●痛みやコリの施術は腰痛、腰が痛い、腰が重い、腰が張る、肩こり、肩が重い、肩が張る、肩がダルイ、生理痛、生理不順、便秘、下痢、首の痛み、首のこり、頭痛、頭の痛み、片頭痛、膝の痛み、目が疲れる、胃のモタレ、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、疲れやすい、ダルイ、体が重たい、背中の痛み、背中のハリ、背中が重い、息が吸いにくい、胸苦しい、更年期障害、自律神経失調症、イライラする、眠りが浅い、眠れない、不眠症、夢ばかり見る、寝つきが悪い、などなどの症状の改善をしています。適応は他にもあります。相談して下さい。

色々な症状は1回で楽にできることもあれば数回以上かかることもあります。症状と体の状態で違います。そして楽にすることと、直していくことは違います。直していく為にも、まずは楽にすることからしていきます。

2019年01月22日

腰痛

腰痛を楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものを解決しなければいけませんが腰痛というのは骨盤の歪みや骨盤の開きを必ず起こしている場合がありますので骨盤の歪みや骨盤の開きを改善していかなければ痛みだけを楽にすることは対症療法でもできます。

腰痛とは

対症療法というやり方は楽にすることを主にするやり方なので対症療法という方法は原因なんかは関係なく単純に痛みを楽にすることを中心にしていく方法です。

腰痛と対症療法

対症療法というやり方は湿布を貼ったりすることでも腰痛や腰の痛みを楽にすることもできますし運動やストレッチをしても腰痛を楽にすることができる可能性もありますしサプリメントを飲んでも腰痛を楽にすることはできる可能性もありますしマッサージをしても専門家の先生に上手にマッサージをしてもらっても腰痛を楽にすることがあるかも分かりませんし低周波治療器や電気などをかけても腰痛を楽にすることができる可能性もありますが、 どれもこれも対症療法の一つです。

腰痛や腰の痛みを感じたら治療法というのは、2通りの治療法がありますので一つ目の治療法というのは対症療法という治療法です。

もう一つの治療法というのは根本療法という治療法なんですが根本療法という治療法は原因を見つけ出すことをして少しずつ解消していくのが根本療法です。
どちらかと言うと普通の腰痛や腰の痛みであれば根本療法の方が時間がかかるのが当然ですし短期で済むと思うのが対症療法になります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛は腰の痛みといってもこじらせていて悪化させたものというのは時間がかかってしか直っていきませんので回数を重ねていかなければ治ることはありません。

腰痛は腰の痛みというのは椎間板ヘルニア、坐骨神経痛を起こすこともありますから坐骨神経痛や椎間板ヘルニアというのも特別なものではありませんので誰でも当然、起きてしまうことがあります。
腰痛や腰の痛みが起きる時には慢性化した状態で数年にわたっていつも腰が痛いと思う方もいますし急激に痛みが起きてしまう方もいますから色々な痛みになっていきます。
腰痛は腰の痛みになってしまうと短期で改善する場合もあれば時間をかけたり回数をかけないと治らないという方がいますので単純に疲れやストレスの蓄積で起きている腰痛は腰の痛みであれば数回で改善できると思いますが、 最近はそういうわけでは行かない腰痛の方が多くなっています。

背骨のズレ

短期で楽になる事もあれば慢性化した痛みは

短期で痛みが楽にならない場合はこじらせている腰痛ですからしばらくの通院が必要になります。
短期で治らない腰痛というのは少しずつ改善していくしかありませんのでいくつかの原因が重なっている場合がありますので重なったものを減らしていくことをしないと腰痛や腰の痛みが楽になることはありません。

腰痛を起こしている原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きに原因がありますので骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると体を支えることができませんので体を支えることができないときに重たい物を持ったり前かがみになったり中腰をしたりすることで歪みがひであきが悪化してしまいますので悪化したものが急激に起きた事がぎっくり腰になります。

しかしなにも原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありませんのでどうして起きたのかということを見つけ出さなければいけません。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的なプレッシャーを加えられたり睡眠負債があると多くみなされていくものが体に蓄積したのが原因です。
多く生み出されていくものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので腰が弱い人であれば腰痛起こし方が弱い人であれば肩こりになっていくということで生理に関係するところが弱い方は生理痛を起こし便通が悪くなる性の問題を持っている方でしたら便秘を起こしていくということになります。
弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすくなりますので人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しています。

弱い部分には疲れやストレスがたまりやすくなっていきますがそのでもない部分というのは疲れやストレスがたまらないことはありませんが弱い部分よりも圧倒的に少なくなっています。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上が水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではありませんので血液だったりリンパ液だったり体液だったり組織液だったり色々な部分の水だということです。

疲れやストレスの蓄積

水に何かが起きるということはありませんので滞留することは起きても見ずに疲れやストレスがたまるということはないと思います。

疲れやストレスがたまる所

ではあと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあると言えます。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
大脳も内臓の一部です。

筋肉にも疲れやストレスがたまるということは分かっていると思いますから後はどこにたまるのかということが問題なんですが筋肉よりも奥にある部分に問題があります。
筋肉よりも奥にある部分というのは内臓ですが内蔵と言っても病気というのは関係付けることなく内臓に疲れやストレスが多く溜まっていくことが起こります。

内臓に疲れやす列が溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし背骨のズレが起きて行きます。
骨盤が不安定状態になってしまうことなんですが骨盤が不安定状態になった時に体を支えられないような姿勢をしてしまうと腰が痛くなります。

別に骨が外れることもありません。

筋肉や靭帯が体を支えられない時に炎症や腫れを起こしていきます。
腰の部分を触れば熱を持っている感じになっている方がいますが炎症や腫れが残っている場合がありますので

まずは炎症や腫れを抑えて行かなければいけませんので炎症や腫れを抑えるためには湿布が一番の有効な手段ですからお風呂に入って温めたりすることもなく湿布を貼って冷やしてください。
まずは筋肉や靭帯の炎症や腫れを抑えていくことが優先されます。
筋肉や靭帯の 炎症や腫れを解消していけば楽になるかというとそうでもないこともあります。

筋肉や靭帯の炎症を解消しても骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがある場合もありますし椎間板ヘルニアになっているということがあるからです。
椎間板ヘルニアというのも疲れやすレスが弱い部分に溜まることが原因で誰でも起きてしまうことがありますので特別なものではありません。

生活している限り疲れやストレスはある

生活している限り仕事をしている限り運動したりすることが多くあったりすると疲れやストレスが溜まっていきますが弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が腰の部分であれば骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていき歪みやズレが起きた時に身体を支えられない姿勢をした時に一気に起きるのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰というのは骨が外れたりすることではなく筋肉や靭帯の炎症が急激に起きていくということで痛みになっていきますので捻挫と同じことなんです。
寝違えというのも捻挫ですから体調の悪さを示していますので体を支えることができない時に不自然な姿勢で寝ている時がありますので不自然な姿勢で寝ていることで急激に痛みになってしまいます。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛と疲れやストレス

腰痛というのも疲れやストレスが溜まりすぎていることが原因で限界まで貯めてしまった時に身体を支えることができない姿勢をしたら痛みになっています。

腰痛を改善するためにはまずは筋肉や靭帯の炎症や腫れが検査をすることで見つかれば炎症や腫れから解消していかなければいけませんので筋肉や靭帯の炎症や腫れをまず先に解決していきます。

筋肉や靭帯の炎症や腫れも一度で治ることもありますが数回かからないと治らない場合もありますので状況によりけりですが筋肉や靭帯の炎症が治まったら次は骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを矯正していきます。

そして次に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしたのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因ですから内臓に溜まった疲れやストレスを見つけ出して減らすことをしていきます。
多くの場合、腰痛を起こしている時には主にですが一つの原因が思い当たります。

一つの原因というのは腎臓の疲労です。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓も疲弊していきますので働きが悪くなるというよりも炎症や腫れを起こすこともありますから腎臓のある部分を触ると出っ張っていることがありますし張っていることもあります。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなりますので腎臓に関係する筋肉というのは大腰筋と腸骨筋という筋肉がお盆に骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしそして腰椎の4番目と5番目の骨を不安定状態にしたりズレさせる原因になっていきます。
腎臓が弱くない方は腰痛になることはありませんが腎臓が悪すぎる方は腰痛を起こすことがなく腰痛を飛び越して先将来の病気につながっていくこともあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因
2018年12月08日

肩こり

肩こりを楽にしていくためには筋肉のこりからほぐして楽にすることからしていますが筋肉のこりと言うコリという意味は意味不明な言葉でもあります。
意味不明な言葉というのはイメージしにくいからです。

筋肉がこることを肩こりと言いますので筋肉のこりというのは筋肉疲労や緊張という感じだと思います。
肩の筋肉というのは重たいものを持ったりしても使っていますし軽いものを持っても保つことを維持することでも使っていますから何をしても腕や肩や指を使うことが多くありますので使うことが多くなればなるほど筋肉疲労は起きても当然だと思います。

筋肉のコリ

特別なことをしなくてもコル

特別なことをしなくても筋肉のコリは起きてしまいます。
肩こりを起こす場合は普段の動作や生活で起きて積み重なったものが原因ですから、積み重なる原因というのは色々な所で存在しています。

最近は多くの方が携帯を扱うことが多くありますから携帯やスマートフォンを使うことでも小さいボタンを扱ったりすることで力が入っていますので力が入ることが筋肉疲労につながっています。
普段の生活でも窓を拭いたりすることでも掃除をしたりすることでも腕や肩や指をよく使っていますので使うことで筋肉疲労が溜まっていきたまったものが凝りになっていきます。

生活上では使うことが多くある筋肉ですから仕事をする時でも多くの筋肉を使っていますので筋肉疲労が積み重なったものが凝りという状態になっています。

肩こりとは

肩こりというのはいつもいつも使うことが多くある筋肉ですから積み重なったものが解消できないうちに積み重なっていくことで緊張が強くなり筋肉疲労が抜けなくなった状態が肩こりです。
肩こりを解消していく治療というのは色々あると思いますが多くは湿布を貼ったりしても筋肉疲労が取れていきますので筋肉疲労が取れる段階のものであれば湿布を貼ったりしても楽になっていきます。

しかし筋肉疲労を楽にすることばかりしていると原因が潜んでいる場合がありますので原因が潜んでいるものもいつまでも同じままではいられません。
どうして肩こりが起きるのか。

原因があるのかということを考えなければいけませんので多くの場合、肩こりは原因が必ず潜んでいます。
しかし原因を見つけるということは簡単な方法ではないために多くの場合、対症療法ばかりしてその場しのぎをしている場合があります。

毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレス

コリを検査する

当院の院長は30年の経験がありますので検査することをしていますから肩こりの原因になってるものを見つけ出すことをしていますが簡単な方法ではありませんけど、できるから簡単にしています。
検査をすると言っても病院でしている検査とは違いますので尿検査や血液検査やエコーやレントゲン検査をとることはありません。
筋肉のコリを検査する時に10段階で分けて確認するようにしていますが多くの肩こりの場合筋肉のこりというのは2段階から3段階の場合が多くあります。
ひどい肩でも4段階ぐらいだと思いますから10段階中10段階という方は今まで30年間肩こりを解消してきていません。

肩こりの場合筋肉のこりだと思っている場合が多くあると思いますが、筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは一人も今までいませんでしたのでその先にあるものが繋がっている場合が多くあります。
筋肉のコリの先に繋がるものというのは背骨のズレです。
筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がずれて動いたりすると筋肉が引っ張られたり、緩んだりします。

筋肉が引っ張れたり緊張したり

筋肉が引っ張られたり緩んだりするとリンパの働きが悪くなっている老廃物が多く溜まっていき循環が悪くなります。

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなったりすることはありませんので老廃物が溜まるということは考えられませんから何かの原因があるからリンパの働き悪くなるというのは当然だと思います。

筋肉のコリが起きる時にはどうして起きるのかという原因がありますから肩こりを起こしている方も肩こりを感じている方も24時間、365日、肩こりを感じている方はいません。
肩こりを感じない時というのは何かに集中している時が多くありますが集中している場合は肩こりを忘れてしまっている場合がありますが終わった途端に肩こりを感じてしまう場合があります。

疲れやストレスがたまるのは

肩こりとは

肩こりを感じる場合と言うのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで積み重なっていくものが少しだけ減った時が増えた時に関係しています。
積み重なっていくものというのは疲れやストレスです。

体というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで色々な疲れやストレスが多く溜まっていきますので増えていくばかりです。
増えていくばかりですから減らす努力をしないと減ることはありません。
多くの方が減らす努力もしないで溜まるばかりの場合があります。

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので体には弱い部分が存在していますから弱い部分には多くの疲れやストレスが徐々に溜まるばかりです。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

人の体というのは弱い部分塗装ではない部分が存在しますので弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まる傾向がありますから弱い部分に疲れやすいですがたまると何かが起こります。
疲れやストレスが溜まるところというのは弱い部分に溜まると言いましたが筋肉にもたまりながらあるところに多くの疲れやストレスがたまる傾向があります。

体というのは何があるのかということを考えてください。

例えば体をぎゅっと絞ってみると体重が100 kg の方がいるとしたら水分が60 kg から70 kg 出てきます。
出てきますあとの水 出てきますあとの水分に何かが玉 出てきますあとの水分に何かがたまるという事もないしすい 出てきますあとの水分に何かがたまるという言葉ないし水分が悪さ起こしということも考えられませんから、あと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。
35 kg の中には神経と血管とリンパなどの管と皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯とその他の脂肪と骨と内臓しか存在しません。

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓ということになりますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので注意して説明をしっかりと聞いて早合点しないでください。

多くの方が 内臓と聞いてしまうと病気というの関係築けてしまいますが病気になってしまう前に内蔵にも多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

疲れやストレスがたまるのは

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向があると説明したように弱い部分が筋肉だったり関節だったりまた内臓だったりという状態でコリに発展していきます。

筋肉よりも中心部であるのが内臓です。
内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくと体は自然と歪みやズレを起こしていきます。
内臓に溜まった疲れやストレスが多くなればなるほど回復する力や治ろうとする力というのは落ちていきます。

そのためいつまでも、これが残りやすくなったり戻りやすくなったり繰り返し安くなります。
肩こりになる方は疲れやストレスが弱い部分に泊まって背骨がずれて筋肉が引っ張られたり緩んだりして肩こりになっていきます。
これが肩こりのメカニズムです。

疲れやストレスの蓄積
2018年12月04日

肩こり

肩こりを楽にしていこうと思うなら肩こりを起こしている原因を見つけ出さなければいけませんが肩こりを改善する治療というのは、ほとんどが筋肉ばかりに注目してしまっていますので筋肉のコリをほぐすことだけをしています。
確かに肩こりと言うと筋肉のコリという意味がありますので筋肉のコリほぐしてしまえば肩こりを楽にすることができると思いますが肩こりを楽にすることと肩こりを原因を見つけ出して直していくということは全然意味が違います。

疲れやストレスから肩こりになる

肩こりとは

筋肉をほぐしたりすることはマッサージをしたりすることでも可能ですから家族の方や専門家の先生などに揉んでもらったりマッサージをしてもらったりすることで肩こりを楽にすることができますが楽にすることばかりしていると原因もいつのまにか進行しているということがあります。
肩こりを起こしている場合は原因がしっかりとありますから原因から見つけ出すことをしなければいけませんが簡単なことではありませんし短期で解消することはないと思います。
筋肉のコリをほぐすだけでしたら一度や二度で改善できると思いますが単純な筋肉のコリの場合だけです。

筋肉のコリとは

肩こりと言っても単純な筋肉のコリだけではありませんので、しっかりと検査をすることをしてみると筋肉のコリだけで起きているということがない場合もあります。
肩こりというのは筋肉疲労という状態でこりという意味合いがありますが筋肉の疲労が起きてしまって 緊張が高くなった状態で乳酸が多くなったり老廃物が溜まってリンパの流れが悪くなったりしていますので肩こりとして起きてしまいますが普通は筋肉の凝りというのは強く感じてしまっても、ひどいものではない場合が多くあります。
当院では肩こりを検査することをしていますが検査をしてみると筋肉のコリというのは半分程度の場合がありますので10段階あっても10段階の方はいませんし一段階二段階というよりも真ん中程度の4段階から5段階程度の筋肉の疲労で起きているコリということが多いようです。
肩の凝りを起こす時には筋肉だけで起きているものはありませんので筋肉だけで起きている肩こりであれば湿布を貼ったりすれば解消できると思いますし首や肩や腕を回すことでもリンパの働きが良くなりますから老廃物は流れるということです。

筋肉疲労から肩こりに

リンパの流れから老廃物がたまる

単純にリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積している状況であれば肩や腕や首を動かしたりすることで流れが良くなりますので流れが良くなったぶんだけこりが解消しているなければいけません。
またリンパの働きを悪くなって老廃物が溜まっている状況であればお風呂に入ったりして温めることで流れが良くなりますので流れが良くなったぶんだけ老廃物が流れていきますからしばらくは、良い感じになっていなければいけません。
単純にリンパを流したら流れていきますのでしばらくはいい感じにならなければいけませんので繰り返すということは何か他の原因があると考えた方がいいと思います。
肩こりを押している時にはどういう状況で起きているのかと言うと肩こりを24時間、感じている方はいませんので何か集中している時には肩こりを忘れてしまっている場合があります。
肩こりを強く感じたり軽く感じたりする場合は何が関係しているのかと言うと体の体調が関係していますので体の体調というのは意味不明な言葉なんですが簡単に表せば疲れやストレスの蓄積度あいが関係しています。

生活や仕事で生まれる疲れやストレス

疲れやストレスは生活から

毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張などを加えられることで疲れやストレスは生み出されていくばかりですが、生み出された疲れやストレスは体に溜まっていきますので体の弱い部分に溜まる傾向があります。

体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうではない部分はあまり肩こりに関係することもなく他の症状に直結して関係することもありません。

しかしそうでもない部分とは違って弱い部分というのは、そうはいきません。
弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすくなりますので筋肉が弱い方であれば筋肉に疲れやストレスがたまりますが、たまりやすいということで起こります。
関節が弱い方であれば関節に疲れやストレスですが、たまりやすくなりますので疲れやすストレスがたまると関節を痛めてしまいます。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

弱い部分を鍛えようとしても筋肉は鍛えることができますが簡単に鍛えられるものではありませんので鍛えられる前に使用してしまいます。
筋肉を鍛えようとしたら簡単なことではありませんので毎日毎日運動したりストレッチをしたりすることで筋肉は鍛えられていきますが、やめてしまうとすぐにダメになってしまいます。
そんなに簡単に鍛えられるものではなりませんので普段の動作である程度の動きはできていると考えた方がいいと思いますが無理をして運動やストレッチなどをして余計に疲れることをすると弱い部分というのは疲れをためてしまいますので痛めやすくなります。
いくら色々な健康グッズで運動しても運動にしかなっていませんので余計に肥料を食べてしまうという結果になります。

疲れやストレスがたまるばかり

肩や腕を使うことで動かすことをしても効果的には少なく疲労ばかり多くなるばかりです。
肩こりを強く感じている時には疲れやストレスが多く溜まっている時です。
肩こりを軽く感じている時には疲れやストレスが少し減った時です。
しかし疲れやストレスというのは生み出されているということは分かっていると思いますが体に溜まっていくということは分かっていると思いますが、どこにたまるのかということを考えている方はいませんし減らす努力をしていません。
疲れやストレスというのは大変厄介なものなんですがあまり考えていない方が多くいますので疲れやストレスを減らすためには何をすればいいのかということになりますがカラオケに行っても飲みに行っても余計に疲れやストレスを生み出していきます。

何をしても疲れやストレスがたまる

旅行に行っても気分転換にはなりますけど余計に旅行に行く移動で疲れを多くしてしまいます。
疲れやストレスを減らす為には気分転換をすることも大切なんですが美味しい焼肉、うなぎを食べても栄養があったりするだけであり疲れやストレスとはあまり関係ないと思います。
疲れやストレスというのは多く生み出されていくものなんですが減らすというのは大変なことをしなければすぐには減ってくれませんしなかなかうまく減ることはできません。
一番厄介なものが疲れやストレスなんです。
一番厄介な疲れやストレスというのを簡単に減らすことはできません。
疲れやストレスが多く溜まっていくと筋肉も老化していきます。
筋肉が老化していくと硬くなります。

疲れやストレスの蓄積から肩こりに
2018年11月28日
» 続きを読む