ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを解消して楽にするなら運動、筋トレ、ストレッチ、マッサージ、解消グッズ、ツボよりもコリの原因を見つけることから北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽に

肩こりを楽にしたいく為には筋肉にも注目していく必要がありますが、肩こりと言うのは筋肉だけで起きていることはありません。

しかし筋肉が関係していますから筋肉から解消することをしていきます。

肩こりを感じる時には、自分でも調べることができます。

本当に肩こりが筋肉から起きている肩こりなのか、筋肉のコリが起きながら他の部分から起きているのか。

肩こりを感じている時に、肩の筋肉をつまむようにして触ります。つまんだ筋肉がコリを起こしている部分なのか、感じてみてください。

感じるように頭を働かせないとわからないでしょうが。

当院では、本当に筋肉のコリから起きている肩こりなのか、確認しながら肩こりを解消していきます。

当院では他ではマネできない肩こりを確認しながら解消していく事をしています。

ただ闇雲に筋肉ばかりマッサージしたり、揉んだりするだけではなく、どこから肩こりの原因になっているのか、判断しながら解消することをしていきます。

そのため、数回はかかります。

しかし1回目から肩こりを楽にしていくことをしていきます。

肩こりを楽にすることと、肩こりを直すことは違います。

肩こりを楽にしたら、普通はそこで終わりですが。

楽にしたら、肩こりの原因を見つける治療をしていきます。

肩こりとは

肩こりと言うのは筋肉のコリでもありますから、筋肉の検査をしていきます。多くの肩こりを感じる方は筋肉のこりがあります。しかし筋肉のコリが原因だと言えるかと言うと多くの方の肩こりの場合、そうではありません。

どうして筋肉のコリが起きているのか、

筋肉のコリとは筋肉の緊張の事、筋肉疲労から肩こりになります。

肩こりを起こす肩と言うのは、いつも多くのことで使っています。何気ないくらい意識していない時でも、生活する時も、仕事をする時も使っています。

運動する時も、鍛える時も筋肉は多く使っています。

例えば、運動する時、筋トレする時、なども肩の筋肉を使います。筋肉は使えば使うほど筋肉に疲れが溜まっていきます。つまり筋肉疲労です。この筋肉疲労が最終的に肩こりになっていきます。

肩や腕を使う事をすると、多くの疲れが生まれてしまいます。

何をしても筋肉は疲れをためてしまいます。運動しなくても生活する上で筋肉疲労は多くなります。

その多くなった筋肉疲労は、いつ減らす事をしているのか??

多くなってしまった筋肉疲労を解消は何時するのか??

鍛える事ばかりしていると、筋力は上がるでしょうが、筋肉疲労は多くなって筋肉が硬くなっていきます。筋肉が硬くなるのは、一時的な硬さではありません。筋肉が固くなるのは鍛えているからだと言えるでしょうが、実は、違う硬さがあります。

それは筋肉も老化するという事です。筋肉が老化して固くなると筋トレしても運動しても痛めやすくなります。

筋肉が老化すると言う事ですから、高齢の方の膝と同じような感じだと言えます。

筋肉の老化は、揉んでも、マッサージしても変わりません。マッサージしているときだけ良いような感じがしますが、すぐに戻りますし、マッサージばかしていると進みます。

肩こりとは

肩こりと言うのは長期間、慢性化した肩こりだと筋肉も硬くなっていきます。しかし筋肉が固くなると次第に肩こりを感じなくなります。

つまりマヒした状態になります。

しかし、肩こりを感じなくても筋肉は硬くなっていますから近くにある神経、血管も固くなります。

血管が固くなると血行障害になります。つまり血流がいくことができませんし、戻りにくくなります。

神経障害が起きると握力低下が特徴になります。つまり力が落ちると言うことで、つかみ損ねが多くなりますし、持ったものを落としやすくなります。

肩こりも治らない状態で慢性化させてしまうと、神経も血管も固くなります。

これが起きると腕の太さが違ってきたりします。

これが起きると筋肉のハリがなくなります。

年齢とともにではなく、年齢以上に進行していくと言いたいですが、普通の歳を重ねたものではなく病的になっていきます。

難病的になっていきます。

肩こりを悪化させると、大変なことになります。

背骨のズレから起きる肩こり

肩こりは筋肉のコリだけではなく背骨のズレからも起こりますが、背骨のズレは原因があってズレを起こしています。

簡単にズレることはありません。

中枢神経を守っている背骨ですから簡単に姿勢でズレることはありません。

背骨がズレるのは疲れやストレスの蓄積でズレが起こります。疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓です。

つまり疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。

内臓に疲れやストレスがたまることで体の中から崩れていきます。

これが背骨のズレを起こしていきます。

この時には同時にから全体にも疲れやストレスがたまっています。

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にしていく為には肩こりの原因を見つけることから。

2018年04月24日

頭痛

  • はてなブックマークに追加
  • 頭痛を薬ばかりでおさえていないで原因を見つけることからしませんか、頭痛には頭痛を起こす原因があるから頭の痛みになります。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
頭痛、頭の痛み

頭痛を楽にしていく為に

頭痛頭の痛みが起きる時には何かがあるから痛みになります。この何かがあることがわからないから安易に一時的な痛み止めになる頭痛薬ばかり使って安心していないで頭痛の原因を見つけることからしていきませんか。

痛み止めの薬さえ飲めば頭痛、頭の痛みが楽になる為に頭痛薬ばかり使っている方が多くいます。しかし頭痛薬は一時的に痛みをおさえているだけです。

痛み止めなので痛みはしばらくするとおさまりますが、頭痛、頭の痛みには原因があるから頭痛、頭の痛みになっています。

痛み止めの頭痛薬ばかり服用して治ったと思わないで下さい。

頭痛薬は生理痛の諸症状をおさえる薬でもあり、歯の痛みをわからなくする薬でもありますから。

頭痛薬は胃で溶けて全身に効いて痛み止めになります。

痛い所だけ効く痛み止めは服用する分ではありません。

口で痛み止めを服用すると胃で溶けて血液に入って手から足から頭から全身に効いていきます。

悪い部分だけに行くことはありません。

頭痛薬が生理痛の薬と同じであり、虫歯の痛み止めと同じです。

痛み止めは、痛み止めです。

一時的に頭痛、頭の痛みをおさえているだけです。

薬は一時的に痛みを止めることはできるかも知れません。しかし直している訳ではありません。

頭痛、頭の痛みは原因があります。頭痛、頭の痛みの原因を見つけることをしていきます。

最近、見たテレビの特集で頭痛、頭の痛みの方の半数が脳梗塞になっていると言っているのを見ました。

実は大変、衝撃でしょうが、これが事実です。

脳梗塞になっていなくても予備群だからです。

今は脳梗塞になっていなくても、ゆくゆくはと言う事です。

頭痛、頭の痛みは

時々、頭痛、頭の痛みを急に起こしながら細胞の変化が行われていきます。この期間は千差万別ですが5年から20年です。

その間、時々、頭痛、頭の痛みを起こしながら近づいていきます。

なってしまうまで病院ではわかりません。

健康な細胞から病気の細胞に変化する為には、数年はかかります。この時に頭痛、頭の痛みが起こりだしています。つまり初期の頭痛、頭の痛みです。

これを数週間に1度とか、数か月に1度とか頭痛、頭の痛みになりながら、脳の病気に近づいていきます。

この期間が5年から20年の間です。

つまり今、頭痛、頭の痛みがある方は、今から5年以上前から細胞の変化が起きています。

頭痛、頭の痛みになる前から細胞の変化が起こります。細胞の変化が起こりながら、いつかは頭痛、頭の痛みとして感じ出します。

しかし初めは時々で薬を飲んだらすぐにおさまります。

もうこの時から細胞の変化が起きているから頭痛、頭の痛みになっています。

どれくらい進行してきたのかはわかりませんが。

ある時になると頭痛薬の薬を買い置きするくらいになります。

月に2回から3回くらい頭痛頭の痛みになる方もいます。

頭痛、頭の痛みの方はなる因子があるから頭痛、頭の痛みになります。

なる因子がない方は頭痛、頭の痛みにはなりません。

つまり脳の血管の病気にはなりません。

病気として完成したら

病気として完成したら病院で検査する必要があります。脳神経外科などが頭痛、頭の痛みの専門家です。

しかし完成するまではわかりません。

頭痛、頭の痛みが起きていても異常なしなのは完成していないからです。

完成するか、しないかは進行するスピードで違います。

完成するスピードの違いは弱さと睡眠負債あります。

毎日の生活で疲れやストレスは蓄積していきます。疲れやストレスは弱い部分にたまります。この弱い部分が頭痛、頭の痛みになっています。頭痛、頭の痛みを起こしています。

あとは睡眠負債です。最近は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。人が自分の寝ている姿を見てもスースー寝息を立てていれば 得ていると思いますよね。

しかし、これが間違いです。

眠りとは脳が寝ていることです。

脳が休養を取って寝ていることが眠りです。

寝ている状態でも脳の中まで見えません。

夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りおぼえています。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

5時間50分の睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。しかし本人は寝ているから気が付きません。

目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

眠りが浅い方は脳が弱っていきます。

脳が弱ることが原因で脳疲労になります。脳が疲労していくと脳疲弊と言うことや脳衰弱になります。どんなに痛みやコリが起きている状態でも感じません。痛みやコリがわかりません。

インフルエンザになっても隠れインフルエンザになります。

これは風邪でも同じことが言えます。

インフルエンザでも風邪でも引いている状態でも発症しません。熱が上がりません。脳が元気だから熱を上げて細菌やウィルスを減らします。これができません。

そうすると脳細胞の数が急激に減っていきます。

その方はハイテンションになります。

おかしくないことでも笑ったりします。

記憶力が落ちていきます。

物忘れが増えていきます。

うっかりが増えていきます。

そうすると脳梗塞と言うよりも精神疾患になっていきます。

これが頭痛、頭の痛みの方です。

大変なことが起こりは初めているのが頭痛、頭の痛みです。

頭痛、頭の痛みとは

 

 

 

 

頭痛を楽にしていくなら一時抑えの薬ばかり使っていないで頭痛の原因を見つけることで頭痛を解消していくことができる北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が来院する徳力整体院。

2018年04月13日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小顔矯正が人気があって初回から顔が小さなる小顔矯正をしてボキボキしない痛くない顔を小さくする矯正ですから北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正とは

小顔矯正が人気

小顔矯正をしていく時の良く聞く疑問は、

①本当にちいさくなるのか。

②維持することができるのか。

③痛くないのか、と言う事だと思います。

 

①の説明

本当に顔が小さくなるのか、と言う疑問は、本当です。当院では小顔矯正をする前に、自分で顔を触っておぼえてもらう事をしています。

しかも危険なこともありません。無理やり押さえつけたりすることはしていません。ボキボキもしていません。

ボキボキもしないし、顔を無理に押さえつけたりすることなく小顔矯正をしています。

では、どうして小顔矯正で顔を小さくすることができるのか、と言うとマッサージするみたいにして小顔矯正をしています。

しかしマッサージではありません。

マッサージするみたいにして顔を小さくできる特殊な技術がありますから。

他ではマネできない小顔矯正をしています。

同じようにしても顔が小さくなりません。だからマネできない小顔矯正です。

小顔矯正をする時には、小顔矯正を始める前に顔を自分の両手で触っておぼえてもらいます。

変化がわかるようにしています。

しかし小顔矯正をする時の顔の触り方は簡単ではありませんから、簡単だと思って触った方ほど、変化がわからない方もいます。

顔が小さくなっても分からないことがないようにしていますが、どうしても強く言えませんので。

小顔矯正をするときの顔の触り方は、

1、アゴの部分で両方の手首を合わせます。

2、手のヒラと指を顔に密着させます。浮いた部分がないように鏡で見て下さい。

3、あとは顔の左右を感じるようにします。

一番は手のヒラと指が顔に引っ付いていることと、左右の差を感じる事です。

顔は左右が対象ではありません、つまり同じではありません。

顔の左右が同じではありませんから、それを感じることをしてもらいます。

それが左右差を感じる事ですが、ただ手を当てても分かりませんから、わかろうとすることです。左右を感じようとすると左右差があるという事がわかります。

左右差を感じとることができたら小顔矯正に入ります。

②維持すること、持続力

小顔矯正をしたあとは維持することができるか、持続力があるのか、と言うことが気になると思います。

維持する力、持続させる力は他人の技術力ではなく、自分の体調に関係があります。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積度合いです。疲れやストレスと言うのは程度があります。蓄積しているものの多さです。

疲れやストレスと言うのは蓄積させると、限界なく多くできます。しかも疲れやストレスはある部分にたまっていきます。

ある部分と言うのは内臓です。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓です。

内臓の中には大脳、脳幹、脊髄が入ります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、多くは内臓に蓄積して体の中から崩しを起こします。

体の中から崩れてくると骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

内臓にも多くの疲れやストレスはたまっていきます。これが体の内部から破壊することになり維持する力を無くすことになります。

そして最近は多くの方が夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています、普通でしたら良い眠りなんですが、寝ているようで眠れていないからです。

目が覚めないから寝ていると思っています。

スースー寝息を立てていても夢を見ると言うよりも寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

眠りとは脳が寝ていることです。

脳から寝ていないと眠りとは言えません。

脳から寝ていない方は自分でも気が付いていませんが脳疲労を起こしています。

脳疲労が起きると痛みやコリも感じません。どんなに痛みやコリが起きている状態でも感じることはできなくなります。

体調も良いと勘違いするくらい悪い方が増えています。

体調はドン底のような体調でも感じなければわかりません。感じるのは脳が元気だから良いか、悪いか感じます。

体調が悪いと浮腫みが多くなります。

体調が悪いと脂肪が多くなります。

体調が落ちていると便秘体質の方は便通がひどく悪くなります。

生理痛、生理不順などもひどくなります。

痛みやコリが感じなくても生理痛、生理不順、便秘などでわかることもあります。

体調の悪さから小顔矯正をしても維持することはできません。

しかも小顔矯正をしたあとの顔の小ささは、その時の最高点ですから最高点を維持することはできませんが、あとは戻りがありますが、どれくらい維持することができるのかで体調の状態が分かります。

体調が落ちている方ほど崩れるのが早くなりますし小顔矯正をしたあとダルクなる確率が高くなります。

小顔矯正をして顔の小ささを維持するのも体力が必要です。

体力がない方ほど、小顔矯正をして顔が小さくなったのを維持することは難しくなりますし顔の維持に体力を消費してしまうとダルクなります。

痛くない小顔矯正

当院の小顔矯正は痛くありません。

当院の小顔矯正はボキボキもしないし痛くない小顔矯正をしています。

顔を無理に押さえつけたりすることもない小顔矯正です。

低周波治療器や電器なども使いません。

手のみで顔を小さくしていく事ができる小顔矯正をしています。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正が人気があるから評判のカイロプラクティック徳力整体院

2018年04月09日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 骨盤矯正が人気があって骨盤が小さくなる矯正で痛くないボキボキしない初回から骨盤が小さくなるので評判の良い北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正が人気

当院の骨盤矯正は始めから骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。当院の骨盤矯正は危険なこともなく痛いこともないボキボキもしない骨盤矯正をしています。

骨盤矯正をしていく時には、どうして骨盤を小さくしていくのかと言うと、マッサージする見たいにしてマッサージ感覚で骨盤矯正をしています。

しかしマッサージをして骨盤が小さくなることはないと思っていますからマッサージではありません。

骨盤矯正をしていく時にはマッサージをするようにして揉んでいるだけで院長の私がすると骨盤の矯正もできるし顔を小さくしていく時にもマッサージする見たいにして顔を小さくしていく事ができます。

必ず初回から骨盤が小さくなっていきますから自分でわかるようにしています。

骨盤矯正をしていくと骨盤周辺の脂肪、浮腫みも変わります。

骨盤矯正をして行くときには骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正していきます。

それだけではなく体調の悪さから骨が炎症やハレを起こしている方も増えています。

普通は炎症やハレなんか起きていませんが、最近は体調の落ちすぎから骨盤の骨まで炎症やハレが起きている方が多くなっています。

骨盤矯正をする前には

当院では骨盤矯正をする前に、自分で触っておぼえてもらうようにしています。骨盤矯正を希望して来院した方は全員が同じことをして触ってもらいます。

しかし、この触り方は簡単ではありません。

簡単に考えて触ると、骨盤矯正をしたあとでわからないと言う方はいます。骨盤矯正で骨盤が小さくなったのがわからない方がいるのは事実です。

穿いてきたスカートやGパンなどが緩くなったのがわかる方もいますが、当院では手で触って記憶しておぼえてもらいます。

そのため骨盤矯正をしていくときには、院長から説明の段階で触り方を教えています。

触り方は骨盤の横に手を当てて触るだけでなんですが、特別、難しいこともない訳ですが、分かろうとしないとわかりません。

この触り方の時に、わかろうとして触ると言うことが大切です。

分かろうとして触らないとある部分が働きません。ある部分を働けせて触らないと小さくなったのがわかりません。

骨盤矯正と言っても10センチも20センチも分かりません。

骨盤矯正で小さくなるのは1センチ、2センチ、3センチくらいです。場合によっては、まだまだ変わる方もいます。

何センチ変わるかはわかりません。

骨盤矯正をしてみないと変化する度合いはわかりませんが、必ず変わります。今まで骨盤矯正をしてきて変わらないと言う方はいません。

骨盤矯正は

骨盤矯正をする前に骨盤を触っておぼえてもらいます。触り方は骨盤の両横に手を当てるだけなんですが、ただ、手を当てただけではわかりません。

骨盤矯正とは

上の写真の位置を手で触ります。

骨盤矯正をする時に骨盤の何を変えるのか、わかっていない方、知らない方が多くいます。骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくしていく事ですから、骨盤を小さくするということはお尻を小さく小尻にすることです。

股関節の上の位置を手で触って左右差を感じるように触ります。骨盤は同じようで左右差があります。この左右差を感じようとすると脳の感覚神経が働きます。

脳の感覚神経の働きで変化がわかるようになります。

脳の感覚神経の働きで手の感覚が良くなります。

脳の感覚神経の働きができない方、していない方が変化がわかりません。

脳を働せることがない方が小さくなったのがわかりません。

わからない方はわかるように治療もできますので骨盤矯正と同時に治療することをお勧めします。

骨盤矯正をしていく時には

骨盤矯正をしていく時には必ず骨盤矯正に入る前に自分で骨盤を触っておぼえて下さい。骨盤矯正といっても1回で終わる骨盤矯正はありません。

と言うのは理由があります。

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくことで小尻にして行くわけですけど関係する部分は骨盤だけではありません。そのため維持することはできません。

初回の骨盤矯正だけでは維持すること、持続力はありません。その理由は自分の体調にあります。

当院では他ではできない、わからないことを検査する事ができます。

それは体調の検査です。

多くの方が骨盤矯正を希望してきますが、体調が悪すぎる方ばかりです。

自分で良い評価していても体調が悪くなりすぎている方がいます。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積度合いです。

疲れやストレスがたまればたまるほど体調は落ちていきます。

また最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債になると体調がわからなくなります。自分で感じているべきものがわからなくなります。

睡眠負債とは夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思い込んでいる方です。

目が覚めないから寝ていると思っています。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

夢を見る前の睡眠はわかりません。

寝ているから。

この睡眠の浅さが骨盤矯正をした時の維持する力を落としています。

眠りと言うのは脳が寝ていることです。

スースー寝息を立てていても脳から寝ていないと眠れていません。

脳が一番、眠れていないと良い眠りをしていないと寝ていません。

脳が寝ていない時には、寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は妄想に近い睡眠です。

脳が緊張したりする、興奮状態だと寝つきが悪くなったり、夜に目が覚めたりして眠れないと気が付きます。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めない為に、体調がドン底のような体調をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳を弱らせていきます。

脳が弱れば脳が痛みやコリ、体調をわからなくしていきます。

脳マヒまで落ちたら脳細胞もそのままではありません。

急激に脳細胞の減少が行われています。

その先に何があるかも考えもせずに。

この方が骨盤矯正をしても維持することも持続させる力もありません。

骨盤矯正をして骨盤が小さくなっても終わった瞬間から落ちていきます。

骨盤矯正をして骨盤が小さくなっても、立った瞬間から崩れていく方もいます。

これが体調の悪い方です。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多く方が骨盤矯正に訪れています。

2018年04月09日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉南区で小顔矯正なら危険でもない小顔の効果がある人気がありボキボキしないから評判の良い矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正

人気がある小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなることで人気がある小顔矯正をしています。当院の小顔矯正は危険なこともなくボキボキもしないし、痛くもない小顔矯正をしています。

小顔矯正をする時には無理やり顔を押さえつけたりすることもなく顔を小さくしていく事をしています。院長が小顔矯正をしていく時には、検査する事をしています。小顔矯正で検査というのも変な話ですが検査することで、顔のどこが変わるのかがわかります。

小顔矯正をして行くときには院長が検査しながら小顔矯正をしていきます。

顔を検査することで、顔が小さくなる部位がわかります。

そして、わかったら、どうすれば変わるのか、と言うことを確認して小顔矯正をしていきます。

今まで多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが、検査してみると全員が顔に異常があります。

異常がある顔の部分を見つけて整えていくことをして顔が小さくなっていきます。

異常がある部分を見つけて正常に戻していく小顔矯正です。

顔の異常がない方はいません。

異常がある方は疲れやストレスが溜まりすぎています。

疲れやストレスが蓄積していない方はいません。

疲れやストレスがたまると

 

変なことではなく、本当に顔にも炎症やハレが起きています。

毎日の生活や仕事や精神的な抑圧、プレッシャー、緊張などでも多くの疲れやストレスは体にたまります。この疲れやストレスが顔にもたまって異常を起こしていくことが見つかりました。

この異常も検査する事ができないと見つけることはありませんでしたが、当院では検査する事ができますから検査してみると全員が顔に異常があります。

どんな異常かと言うと炎症やハレです。

顔には皮膚と皮下脂肪と筋肉、じん帯、骨があります。

このどれかが炎症やハレを起こしていたりしています。

全部が炎症やハレを起こしている方も多くいます。

顔の炎症やハレがあると浮腫みが多くなります。

顔に炎症やハレがあると脂肪が多くなります。

顔に炎症やハレがあると皮膚が垂れ下がります。

顔に炎症やハレがあると脂肪も垂れ下がります。

顔に炎症やハレがあると骨までハレて骨が変形をおこして大きくなります。つまり肥大します。

顔に炎症やハレがあると顔全体が大きくなります。

この顔に起きる炎症やハレは体調から起きています。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積度合です。

疲れやストレスは限界なくたまっていきます。

例えばボロボロの状態まで疲れやストレスはたまります。

そして中には炎症やハレだけでは済まなくなっている方がいます。

言葉では言えませんが、炎症やハレ以上に異常が起きている方もいます。

顔の治療をすると小さくなる

検査する事ができるのが当院の特徴ですから検査して異常のある部分を見つけて整えていくことで顔が小さくなります。

異常を見つけていく小顔矯正なので、異常がない方は小さくならないかと言うとそうではありません。

と言うのは今まで30年間以上、小顔矯正をしてきて異常がない方は一人もいません。

ですから全員が顔が小さくなっています。

小顔矯正をして行くときにはマッサージではありませんがマッサージをするように顔を揉んでいくと顔が正常になって小さくなります。

しかしマッサージのような感じで整えて行きますが、誰でもどこでもしている小顔矯正ではありません。

真似できない小顔矯正

小顔矯正をする時には簡単にしていますが、簡単な小顔矯正ではなくマネできない小顔矯正です。

院長と同じようにしても顔は変わりません。多分。

30年の経験がある院長ができる特殊な小顔矯正ですから、30年の研究と臨床があるから身に着けることができる小顔矯正です。

そして院長の手が特殊だからできる小顔矯正です。

小顔矯正をする時には2通りの小顔矯正があります。

一つは

初回から数回の小顔矯正をして顔が小さくなる小顔矯正

もう一つは

体質改善による小顔矯正です。

 

維持する力があるのは体質改善で体を若返らせていく小顔矯正です。しかし初回からはできません。体調や体力が上がらないと出来ないのが体質改善の小顔矯正です。

 

小顔矯正をした方も注意事項

体力がない方ほど、顔を変えるとダルクなります。顔を変えすぎると体力が取られてダルさが出てしまいます。ダルさが出ても悪い訳ですが体力が落ちている方ですから、体力を上げていく事もできますから体力が上がればダルクなることはなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

小倉南区で顔を小さくする小顔矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年04月06日
» 続きを読む