ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

腰痛

腰痛を楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものを解決しなければいけませんが腰痛というのは骨盤の歪みや骨盤の開きを必ず起こしている場合がありますので骨盤の歪みや骨盤の開きを改善していかなければ痛みだけを楽にすることは対症療法でもできます。

腰痛とは

対症療法というやり方は楽にすることを主にするやり方なので対症療法という方法は原因なんかは関係なく単純に痛みを楽にすることを中心にしていく方法です。

腰痛と対症療法

対症療法というやり方は湿布を貼ったりすることでも腰痛や腰の痛みを楽にすることもできますし運動やストレッチをしても腰痛を楽にすることができる可能性もありますしサプリメントを飲んでも腰痛を楽にすることはできる可能性もありますしマッサージをしても専門家の先生に上手にマッサージをしてもらっても腰痛を楽にすることがあるかも分かりませんし低周波治療器や電気などをかけても腰痛を楽にすることができる可能性もありますが、 どれもこれも対症療法の一つです。

腰痛や腰の痛みを感じたら治療法というのは、2通りの治療法がありますので一つ目の治療法というのは対症療法という治療法です。

もう一つの治療法というのは根本療法という治療法なんですが根本療法という治療法は原因を見つけ出すことをして少しずつ解消していくのが根本療法です。
どちらかと言うと普通の腰痛や腰の痛みであれば根本療法の方が時間がかかるのが当然ですし短期で済むと思うのが対症療法になります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛は腰の痛みといってもこじらせていて悪化させたものというのは時間がかかってしか直っていきませんので回数を重ねていかなければ治ることはありません。

腰痛は腰の痛みというのは椎間板ヘルニア、坐骨神経痛を起こすこともありますから坐骨神経痛や椎間板ヘルニアというのも特別なものではありませんので誰でも当然、起きてしまうことがあります。
腰痛や腰の痛みが起きる時には慢性化した状態で数年にわたっていつも腰が痛いと思う方もいますし急激に痛みが起きてしまう方もいますから色々な痛みになっていきます。
腰痛は腰の痛みになってしまうと短期で改善する場合もあれば時間をかけたり回数をかけないと治らないという方がいますので単純に疲れやストレスの蓄積で起きている腰痛は腰の痛みであれば数回で改善できると思いますが、 最近はそういうわけでは行かない腰痛の方が多くなっています。

背骨のズレ

短期で楽になる事もあれば慢性化した痛みは

短期で痛みが楽にならない場合はこじらせている腰痛ですからしばらくの通院が必要になります。
短期で治らない腰痛というのは少しずつ改善していくしかありませんのでいくつかの原因が重なっている場合がありますので重なったものを減らしていくことをしないと腰痛や腰の痛みが楽になることはありません。

腰痛を起こしている原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きに原因がありますので骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると体を支えることができませんので体を支えることができないときに重たい物を持ったり前かがみになったり中腰をしたりすることで歪みがひであきが悪化してしまいますので悪化したものが急激に起きた事がぎっくり腰になります。

しかしなにも原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありませんのでどうして起きたのかということを見つけ出さなければいけません。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的なプレッシャーを加えられたり睡眠負債があると多くみなされていくものが体に蓄積したのが原因です。
多く生み出されていくものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので腰が弱い人であれば腰痛起こし方が弱い人であれば肩こりになっていくということで生理に関係するところが弱い方は生理痛を起こし便通が悪くなる性の問題を持っている方でしたら便秘を起こしていくということになります。
弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすくなりますので人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しています。

弱い部分には疲れやストレスがたまりやすくなっていきますがそのでもない部分というのは疲れやストレスがたまらないことはありませんが弱い部分よりも圧倒的に少なくなっています。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上が水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではありませんので血液だったりリンパ液だったり体液だったり組織液だったり色々な部分の水だということです。

疲れやストレスの蓄積

水に何かが起きるということはありませんので滞留することは起きても見ずに疲れやストレスがたまるということはないと思います。

疲れやストレスがたまる所

ではあと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあると言えます。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
大脳も内臓の一部です。

筋肉にも疲れやストレスがたまるということは分かっていると思いますから後はどこにたまるのかということが問題なんですが筋肉よりも奥にある部分に問題があります。
筋肉よりも奥にある部分というのは内臓ですが内蔵と言っても病気というのは関係付けることなく内臓に疲れやストレスが多く溜まっていくことが起こります。

内臓に疲れやす列が溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし背骨のズレが起きて行きます。
骨盤が不安定状態になってしまうことなんですが骨盤が不安定状態になった時に体を支えられないような姿勢をしてしまうと腰が痛くなります。

別に骨が外れることもありません。

筋肉や靭帯が体を支えられない時に炎症や腫れを起こしていきます。
腰の部分を触れば熱を持っている感じになっている方がいますが炎症や腫れが残っている場合がありますので

まずは炎症や腫れを抑えて行かなければいけませんので炎症や腫れを抑えるためには湿布が一番の有効な手段ですからお風呂に入って温めたりすることもなく湿布を貼って冷やしてください。
まずは筋肉や靭帯の炎症や腫れを抑えていくことが優先されます。
筋肉や靭帯の 炎症や腫れを解消していけば楽になるかというとそうでもないこともあります。

筋肉や靭帯の炎症を解消しても骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがある場合もありますし椎間板ヘルニアになっているということがあるからです。
椎間板ヘルニアというのも疲れやすレスが弱い部分に溜まることが原因で誰でも起きてしまうことがありますので特別なものではありません。

生活している限り疲れやストレスはある

生活している限り仕事をしている限り運動したりすることが多くあったりすると疲れやストレスが溜まっていきますが弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が腰の部分であれば骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていき歪みやズレが起きた時に身体を支えられない姿勢をした時に一気に起きるのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰というのは骨が外れたりすることではなく筋肉や靭帯の炎症が急激に起きていくということで痛みになっていきますので捻挫と同じことなんです。
寝違えというのも捻挫ですから体調の悪さを示していますので体を支えることができない時に不自然な姿勢で寝ている時がありますので不自然な姿勢で寝ていることで急激に痛みになってしまいます。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛と疲れやストレス

腰痛というのも疲れやストレスが溜まりすぎていることが原因で限界まで貯めてしまった時に身体を支えることができない姿勢をしたら痛みになっています。

腰痛を改善するためにはまずは筋肉や靭帯の炎症や腫れが検査をすることで見つかれば炎症や腫れから解消していかなければいけませんので筋肉や靭帯の炎症や腫れをまず先に解決していきます。

筋肉や靭帯の炎症や腫れも一度で治ることもありますが数回かからないと治らない場合もありますので状況によりけりですが筋肉や靭帯の炎症が治まったら次は骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを矯正していきます。

そして次に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしたのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因ですから内臓に溜まった疲れやストレスを見つけ出して減らすことをしていきます。
多くの場合、腰痛を起こしている時には主にですが一つの原因が思い当たります。

一つの原因というのは腎臓の疲労です。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓も疲弊していきますので働きが悪くなるというよりも炎症や腫れを起こすこともありますから腎臓のある部分を触ると出っ張っていることがありますし張っていることもあります。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなりますので腎臓に関係する筋肉というのは大腰筋と腸骨筋という筋肉がお盆に骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしそして腰椎の4番目と5番目の骨を不安定状態にしたりズレさせる原因になっていきます。
腎臓が弱くない方は腰痛になることはありませんが腎臓が悪すぎる方は腰痛を起こすことがなく腰痛を飛び越して先将来の病気につながっていくこともあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因
2018年12月08日

肩こり

肩こりを楽にしていくためには筋肉のこりからほぐして楽にすることからしていますが筋肉のこりと言うコリという意味は意味不明な言葉でもあります。
意味不明な言葉というのはイメージしにくいからです。

筋肉がこることを肩こりと言いますので筋肉のこりというのは筋肉疲労や緊張という感じだと思います。
肩の筋肉というのは重たいものを持ったりしても使っていますし軽いものを持っても保つことを維持することでも使っていますから何をしても腕や肩や指を使うことが多くありますので使うことが多くなればなるほど筋肉疲労は起きても当然だと思います。

筋肉のコリ

特別なことをしなくてもコル

特別なことをしなくても筋肉のコリは起きてしまいます。
肩こりを起こす場合は普段の動作や生活で起きて積み重なったものが原因ですから、積み重なる原因というのは色々な所で存在しています。

最近は多くの方が携帯を扱うことが多くありますから携帯やスマートフォンを使うことでも小さいボタンを扱ったりすることで力が入っていますので力が入ることが筋肉疲労につながっています。
普段の生活でも窓を拭いたりすることでも掃除をしたりすることでも腕や肩や指をよく使っていますので使うことで筋肉疲労が溜まっていきたまったものが凝りになっていきます。

生活上では使うことが多くある筋肉ですから仕事をする時でも多くの筋肉を使っていますので筋肉疲労が積み重なったものが凝りという状態になっています。

肩こりとは

肩こりというのはいつもいつも使うことが多くある筋肉ですから積み重なったものが解消できないうちに積み重なっていくことで緊張が強くなり筋肉疲労が抜けなくなった状態が肩こりです。
肩こりを解消していく治療というのは色々あると思いますが多くは湿布を貼ったりしても筋肉疲労が取れていきますので筋肉疲労が取れる段階のものであれば湿布を貼ったりしても楽になっていきます。

しかし筋肉疲労を楽にすることばかりしていると原因が潜んでいる場合がありますので原因が潜んでいるものもいつまでも同じままではいられません。
どうして肩こりが起きるのか。

原因があるのかということを考えなければいけませんので多くの場合、肩こりは原因が必ず潜んでいます。
しかし原因を見つけるということは簡単な方法ではないために多くの場合、対症療法ばかりしてその場しのぎをしている場合があります。

毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレス

コリを検査する

当院の院長は30年の経験がありますので検査することをしていますから肩こりの原因になってるものを見つけ出すことをしていますが簡単な方法ではありませんけど、できるから簡単にしています。
検査をすると言っても病院でしている検査とは違いますので尿検査や血液検査やエコーやレントゲン検査をとることはありません。
筋肉のコリを検査する時に10段階で分けて確認するようにしていますが多くの肩こりの場合筋肉のこりというのは2段階から3段階の場合が多くあります。
ひどい肩でも4段階ぐらいだと思いますから10段階中10段階という方は今まで30年間肩こりを解消してきていません。

肩こりの場合筋肉のこりだと思っている場合が多くあると思いますが、筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは一人も今までいませんでしたのでその先にあるものが繋がっている場合が多くあります。
筋肉のコリの先に繋がるものというのは背骨のズレです。
筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がずれて動いたりすると筋肉が引っ張られたり、緩んだりします。

筋肉が引っ張れたり緊張したり

筋肉が引っ張られたり緩んだりするとリンパの働きが悪くなっている老廃物が多く溜まっていき循環が悪くなります。

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなったりすることはありませんので老廃物が溜まるということは考えられませんから何かの原因があるからリンパの働き悪くなるというのは当然だと思います。

筋肉のコリが起きる時にはどうして起きるのかという原因がありますから肩こりを起こしている方も肩こりを感じている方も24時間、365日、肩こりを感じている方はいません。
肩こりを感じない時というのは何かに集中している時が多くありますが集中している場合は肩こりを忘れてしまっている場合がありますが終わった途端に肩こりを感じてしまう場合があります。

疲れやストレスがたまるのは

肩こりとは

肩こりを感じる場合と言うのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで積み重なっていくものが少しだけ減った時が増えた時に関係しています。
積み重なっていくものというのは疲れやストレスです。

体というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで色々な疲れやストレスが多く溜まっていきますので増えていくばかりです。
増えていくばかりですから減らす努力をしないと減ることはありません。
多くの方が減らす努力もしないで溜まるばかりの場合があります。

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので体には弱い部分が存在していますから弱い部分には多くの疲れやストレスが徐々に溜まるばかりです。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

人の体というのは弱い部分塗装ではない部分が存在しますので弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まる傾向がありますから弱い部分に疲れやすいですがたまると何かが起こります。
疲れやストレスが溜まるところというのは弱い部分に溜まると言いましたが筋肉にもたまりながらあるところに多くの疲れやストレスがたまる傾向があります。

体というのは何があるのかということを考えてください。

例えば体をぎゅっと絞ってみると体重が100 kg の方がいるとしたら水分が60 kg から70 kg 出てきます。
出てきますあとの水 出てきますあとの水分に何かが玉 出てきますあとの水分に何かがたまるという事もないしすい 出てきますあとの水分に何かがたまるという言葉ないし水分が悪さ起こしということも考えられませんから、あと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。
35 kg の中には神経と血管とリンパなどの管と皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯とその他の脂肪と骨と内臓しか存在しません。

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓ということになりますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので注意して説明をしっかりと聞いて早合点しないでください。

多くの方が 内臓と聞いてしまうと病気というの関係築けてしまいますが病気になってしまう前に内蔵にも多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

疲れやストレスがたまるのは

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向があると説明したように弱い部分が筋肉だったり関節だったりまた内臓だったりという状態でコリに発展していきます。

筋肉よりも中心部であるのが内臓です。
内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくと体は自然と歪みやズレを起こしていきます。
内臓に溜まった疲れやストレスが多くなればなるほど回復する力や治ろうとする力というのは落ちていきます。

そのためいつまでも、これが残りやすくなったり戻りやすくなったり繰り返し安くなります。
肩こりになる方は疲れやストレスが弱い部分に泊まって背骨がずれて筋肉が引っ張られたり緩んだりして肩こりになっていきます。
これが肩こりのメカニズムです。

疲れやストレスの蓄積
2018年12月04日

肩こり

肩こりを楽にしていこうと思うなら肩こりを起こしている原因を見つけ出さなければいけませんが肩こりを改善する治療というのは、ほとんどが筋肉ばかりに注目してしまっていますので筋肉のコリをほぐすことだけをしています。
確かに肩こりと言うと筋肉のコリという意味がありますので筋肉のコリほぐしてしまえば肩こりを楽にすることができると思いますが肩こりを楽にすることと肩こりを原因を見つけ出して直していくということは全然意味が違います。

疲れやストレスから肩こりになる

肩こりとは

筋肉をほぐしたりすることはマッサージをしたりすることでも可能ですから家族の方や専門家の先生などに揉んでもらったりマッサージをしてもらったりすることで肩こりを楽にすることができますが楽にすることばかりしていると原因もいつのまにか進行しているということがあります。
肩こりを起こしている場合は原因がしっかりとありますから原因から見つけ出すことをしなければいけませんが簡単なことではありませんし短期で解消することはないと思います。
筋肉のコリをほぐすだけでしたら一度や二度で改善できると思いますが単純な筋肉のコリの場合だけです。

筋肉のコリとは

肩こりと言っても単純な筋肉のコリだけではありませんので、しっかりと検査をすることをしてみると筋肉のコリだけで起きているということがない場合もあります。
肩こりというのは筋肉疲労という状態でこりという意味合いがありますが筋肉の疲労が起きてしまって 緊張が高くなった状態で乳酸が多くなったり老廃物が溜まってリンパの流れが悪くなったりしていますので肩こりとして起きてしまいますが普通は筋肉の凝りというのは強く感じてしまっても、ひどいものではない場合が多くあります。
当院では肩こりを検査することをしていますが検査をしてみると筋肉のコリというのは半分程度の場合がありますので10段階あっても10段階の方はいませんし一段階二段階というよりも真ん中程度の4段階から5段階程度の筋肉の疲労で起きているコリということが多いようです。
肩の凝りを起こす時には筋肉だけで起きているものはありませんので筋肉だけで起きている肩こりであれば湿布を貼ったりすれば解消できると思いますし首や肩や腕を回すことでもリンパの働きが良くなりますから老廃物は流れるということです。

筋肉疲労から肩こりに

リンパの流れから老廃物がたまる

単純にリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積している状況であれば肩や腕や首を動かしたりすることで流れが良くなりますので流れが良くなったぶんだけこりが解消しているなければいけません。
またリンパの働きを悪くなって老廃物が溜まっている状況であればお風呂に入ったりして温めることで流れが良くなりますので流れが良くなったぶんだけ老廃物が流れていきますからしばらくは、良い感じになっていなければいけません。
単純にリンパを流したら流れていきますのでしばらくはいい感じにならなければいけませんので繰り返すということは何か他の原因があると考えた方がいいと思います。
肩こりを押している時にはどういう状況で起きているのかと言うと肩こりを24時間、感じている方はいませんので何か集中している時には肩こりを忘れてしまっている場合があります。
肩こりを強く感じたり軽く感じたりする場合は何が関係しているのかと言うと体の体調が関係していますので体の体調というのは意味不明な言葉なんですが簡単に表せば疲れやストレスの蓄積度あいが関係しています。

生活や仕事で生まれる疲れやストレス

疲れやストレスは生活から

毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張などを加えられることで疲れやストレスは生み出されていくばかりですが、生み出された疲れやストレスは体に溜まっていきますので体の弱い部分に溜まる傾向があります。

体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうではない部分はあまり肩こりに関係することもなく他の症状に直結して関係することもありません。

しかしそうでもない部分とは違って弱い部分というのは、そうはいきません。
弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすくなりますので筋肉が弱い方であれば筋肉に疲れやストレスがたまりますが、たまりやすいということで起こります。
関節が弱い方であれば関節に疲れやストレスですが、たまりやすくなりますので疲れやすストレスがたまると関節を痛めてしまいます。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

弱い部分を鍛えようとしても筋肉は鍛えることができますが簡単に鍛えられるものではありませんので鍛えられる前に使用してしまいます。
筋肉を鍛えようとしたら簡単なことではありませんので毎日毎日運動したりストレッチをしたりすることで筋肉は鍛えられていきますが、やめてしまうとすぐにダメになってしまいます。
そんなに簡単に鍛えられるものではなりませんので普段の動作である程度の動きはできていると考えた方がいいと思いますが無理をして運動やストレッチなどをして余計に疲れることをすると弱い部分というのは疲れをためてしまいますので痛めやすくなります。
いくら色々な健康グッズで運動しても運動にしかなっていませんので余計に肥料を食べてしまうという結果になります。

疲れやストレスがたまるばかり

肩や腕を使うことで動かすことをしても効果的には少なく疲労ばかり多くなるばかりです。
肩こりを強く感じている時には疲れやストレスが多く溜まっている時です。
肩こりを軽く感じている時には疲れやストレスが少し減った時です。
しかし疲れやストレスというのは生み出されているということは分かっていると思いますが体に溜まっていくということは分かっていると思いますが、どこにたまるのかということを考えている方はいませんし減らす努力をしていません。
疲れやストレスというのは大変厄介なものなんですがあまり考えていない方が多くいますので疲れやストレスを減らすためには何をすればいいのかということになりますがカラオケに行っても飲みに行っても余計に疲れやストレスを生み出していきます。

何をしても疲れやストレスがたまる

旅行に行っても気分転換にはなりますけど余計に旅行に行く移動で疲れを多くしてしまいます。
疲れやストレスを減らす為には気分転換をすることも大切なんですが美味しい焼肉、うなぎを食べても栄養があったりするだけであり疲れやストレスとはあまり関係ないと思います。
疲れやストレスというのは多く生み出されていくものなんですが減らすというのは大変なことをしなければすぐには減ってくれませんしなかなかうまく減ることはできません。
一番厄介なものが疲れやストレスなんです。
一番厄介な疲れやストレスというのを簡単に減らすことはできません。
疲れやストレスが多く溜まっていくと筋肉も老化していきます。
筋肉が老化していくと硬くなります。

疲れやストレスの蓄積から肩こりに
2018年11月28日

小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときには何が関係するのかと言うと二つの大きな問題があります。
二つの大きな問題というのは小顔矯正をして行く時には単純に顔を小さくすればいいというわけではないからです。

しかも二つの問題が大きくあると顔を小さくするときも顔が小さくなりにくく維持することや持続力は低下してしまいます。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときに顔が小さくなったらなったで維持することができるのか持続力があるのかということをよく希望されて訪れた方に聞かれますが、それはご自分の状態に関係していますので小顔矯正の技術の関係のせいではありません。

小顔矯正をしていくときに一番、問題になるものは体に溜まってしまった疲れやストレスなんですが体というのは全身のことを言いますので小顔矯正をしていくときの顔も中に入ります。

小顔矯正をしていくときには二つの大きな問題というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張を加えられることで生み出されて多くなったものが体に蓄積していきます。
体に蓄積していくのも365日毎日毎日、積み重なっていきますので積み重なったものを減らすことはしていませんから積み重なるばかりなんです。

しかも毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで積み重なっていくものは減りにくいものです。
顔を小さくしていく小顔矯正というのは単純に何も考えずに顔を小さくすることをすればいいというわけではなく体の検査をしたり積み重なっているものがどれくらいあるのかということを考えなければいけません。

体も小顔矯正に関係する

何も考えずに顔を小さくすることをしても顔は小さくなりにくいと思いますしならないと思います。
当院で小顔矯正を希望されて訪れた方にお聞きしたことがありますが他で何回か受けたことがあるけど全然、顔が小さくならなかったということを聞きました。
小顔矯正をして行く時には関係する二つのものがあると説明したように一つは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的なプレッシャーを加えられることで生み出されて多く蓄積していくものなんですが、これは疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは誰でもあるものですが感じていない方が時々います。
人が生活している限り生きている限り色々な疲れやストレスというのは加わっているわけですけど単純に感じているものや感じていないけど積み重なっているものがあります。
体に多くの疲れやストレスが溜まってくるとどういう現象が起きてくるのかと言うと、歪みやズレが起こります。

小顔矯正と体調

歪みやズレから

歪みやズレというのは体に起きるものがほとんどなんですが顔の変形状態も起きていきますし顔にできてしまった、または、体に多くなってしまったむくみや脂肪も疲れやストレスが原因の場合が多くあります。
体にも溜まる疲れやストレスなんですが、顔にも疲れやストレスが溜まっていきますから顔に疲れやストレスが溜まるとむくみや脂肪が多くなったり顔が変形状態が強くなってきます。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこに溜まるのかということが一番の問題になりますので体に溜まるところというのは弱い部分に多く蓄積していく傾向があります。
体には必ず弱い部分塗装でもない部分が存在していますのでそうでもない部分は疲れやストレスをためにくくなりますが弱い部分というのはそういうわけにはいきません。

弱い部分に疲れやストレスがたまりば溜まるほど溜め込んでしまいますので色々な問題を起こしたりしますので歪みやズレだけ起きることはありませんので多くの症状が起きてしまうことがありますし普段から起きている便秘や生理痛や生理不順なども対象として入る場合があります。
疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が筋肉だったり関節だったりまたはその他のものだったりということなんですが例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg にもなります。

疲れやストレスの蓄積

毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレス

例えば水分が60 kg の方がいるとしたら体重が100キロですから水分が60 kg ということは後残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところがありますので水分にたまるということはないと思いますから60 kg は差し引いていいと思います。
疲れやストレスがたまるところというのは40 kg の中にあるということですから40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
疲れやストレスというのは40 km の中に存在していますので40 km の中に疲れやすですがたまるところがあると言う事です。
40 kg の中には神経と血管とリンパもありますし皮膚と皮下脂肪と筋肉、じん帯と脂肪と骨と内臓しか存在していませんのでこの中で疲れやストレスを 貯めやすい所というのは筋肉と内臓しか存在していません。
筋肉に疲れやすいですがたまってリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積したり乳酸が溜まるということは知られていると思いますが内臓と聞くと多くの方が病気というのを連想しますが病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやストレスがたまるということで起こります。
多くの方が内臓と聞くと病気というのは関係付けてしまいますが何でもかんでも即病気というのを関係づけることなく内臓にも疲れやストレスが溜まってしまうということですから内臓に溜まった疲れやストレスが小顔矯正をしていくときに一番の邪魔なものになり厄介なものになります。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスが多く蓄積していると普通は何かの症状を感じなければいけませんしど愛というものがありますので度合いが多ければ多いほど悪さを感じなければいけませんが、最近は多くの方が睡眠負債状態に陥っている場合がありますので睡眠負債状態というのは自分の体調の悪さを感じにくくし痛みやこりを麻痺状態を起こしていきます。
つまりどんなに悪くても麻痺してしまったり鈍感になってしまった方は体調を通していることさえも気が付かないで風邪も引かないと思っています。
人というのは風邪の細菌が入ってくると風邪っぽくなってしまうのが当たり前なんですが L大脳が元気だからできる技です。
眠りが浅いということは大脳が急激に弱っていき慢性化状態で弱ってしまいますので弱った方ほど痛みやコリを感じにくく風邪を引くこともできませんし例えばインフルエンザウイルスが体内に入って人に撒き散らして感染してしまうような状態の方でも本人は平気だと思ってしまう方もいますので発症はしないということです。
インフルエンザウイルスや風邪の細菌が体内に入って増殖してきても大脳が弱っていると風邪をひくこともできません市インフルエンザを発症させることもできません。
風邪やインフルエンザの時期に予防接種をしてしまう方もいますが予防接種というのはいいものを体内に入れるのではなくインフルエンザウィルスの録画を抜いたものを体内に入れて免疫を作らせるということをしていますのでインフルエンザにならないということはないということです。
予防接種をしてしまえばインフルエンザにならないと思っている方が多くいますが予防接種というのはいいものを入れるものではなくインフルエンザウイルスを体内に入れるということですからインフルエンザに負けてしまうこともあるということです。

小顔矯正と疲れやストレス

大脳と小顔矯正

以前はよくテレビなどで病院の先生がでてインフルエンザにならないというわけではないと説明していましたが最近はあまり言わなくなりました。
言わないだけで変わっているわけではないと思います。

インフルエンザウイルスのワクチンを打っても予防接種をしてもインフルエンザにかからないというわけではなく既読ならなくて済むということです。
しかし大脳が弱り切ってしまった人ほどインフルエンザウイルスが体内に増殖傾向を示していても何も感じませんし熱を上げることもできません。
風も同じような感じで風邪の細菌が体内に入って増殖しても熱を上げることもなくウイルスや細菌が体内に入って増殖していても本人は何も起こらない子風邪っぽくもならないし熱が上がることもありません。

大脳が弱ってしまったほど発症させることができませんので高熱を上げて寝込むということはないと思いますが生活を見てみると風邪を引くような格好していたり悪い生活をいっぱいしていますが大脳がを弱ればば弱るほど何も起こりません。
子顔矯正をして行く時には疲れやストレスと二分されるような状態で関係するものがありますが関係するものは睡眠負債状態と睡眠障害です。

不眠症と顔を小さくすること

多くの方が勘違いしていますが睡眠負債というのは不眠症とは違います。
不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり目が冴えてしまっていたり夜中に何回も目を覚ましたりするのが不眠症なんです。

しかし不眠症とは違い睡眠障害や睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めることはないから寝ていると思っています。
単純に目が覚めないから寝ているということは言えませんので夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

覚えているのはたった今見た夢だからです。

しかし夢よりも浅い睡眠がありますので浅い睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは大脳を急激に弱らせていき弱っただけでは済まなくなってしまっているか違いますので検査してみると体調が奈落の底の体調していたり存続の体調しているばかりなんです。

今まで多くの方の顔を小さくする小顔矯正をしてきましたが全員と言っていいほど簡単に体調が上がらないほど奈落の底の体調してたりどん底の体調しているばかりでした。
それも多くの方が自分がどれほど落ちているのかということを分かっていませんし、言っても信じてもらえないこともありました。

体の状態が関係する

説明してもわかってもらえないことも多くありますので簡単に信用してもらえるわけではありませんがしっかりと考えるようにしたほうがいいと思います。

自分の体というのはスペアはありませんのでひとつしかありません。
当院の検査というのも正確な検査をしていますので30年間研究をして今も研究を続けている最中ですが正確でいろいろなものが分かるという検査をしています。

2018年11月22日

小顔矯正

顔を小さくしていく小顔矯正が評判で人気がありますが当院の小顔矯正は痛くもなく顔を小さくすることをしていますので安心して受けてもらうことができますがどうやって顔を小さくしているのかと言うと検査をすることをして異常のある部分を見つけ出すことをしています。

当院の小顔矯正は無理な小顔矯正ではありませんので自然な形で顔が小さくなっていくということで評判がいいんです。

小顔矯正

顔を小さくするには

小顔矯正をして行く時には小顔矯正に入る前に顔を触って大きさや幅やむくみ度合いなど覚えてもらうようにして小顔矯正に入るようにして変化を自分で実際に感じてもらいます。
小顔矯正をしていくときには自分で触って手で覚えてもらうことをしていますので変化がしっかりとわかるようにしていますが時々触り方がいい加減なかたがいますのでわからないということがあるのも事実です。

そのため当院では院内に鏡を置いていますので鏡で見て自分の顔の大きさを目で見て確認してもらいます。

鏡で何を見るのかと言うと顔の形です。
鏡を真正面に見て顔の形を目でしっかりと見てください。

顔というのは左右差が対象の人はいません。 頭の右側と左側が同じ人はいません。
顔というのは左右が対象ではありませんので非対称になりますから例えばですけど顔の右側が全体的に大きいのに左側が頬骨のあたりが出っ張っているとかいう感じがあると思います。

顔には左右差があります

顔の左右差

必ず顔というのは左右差がありますから左右差を鏡で見て覚えるようにしてください。
鏡で見て顔の形を覚えたら今度は実際に手で顔を触ってもらいます。

しかし鏡で見た顔の形の左右差と手で触った時の左右差というのを比べてみると反転している場合がありますので逆に感じてしまうこともあるということなんです。

それほど目で見るのと手だけで触るということは難しいんです。
目で見て形を覚えるということと目で見えない状態の顔を触るということは難しいんです。
それを簡単に触ってしまったかたほど分からないということがありますから。

自分で顔を触る

顔を触る時にはしっかりとこちらの言うことを聞いて触ってみてください。

顔を触るということは大変難しいことですから簡単に行ってしまった方ほど手を置いてるだけで感じようとしていませんので感じようとしない限りはいくら触っても分かりませんから小さくなってもわからないということになってしまいます。

顔の触り方は小顔矯正に入る前に2度ほど練習をします。
1度目は院長と向かい合ってはじめに触り方を説明します。

二度目は矯正する際に上向きで寝てもらって顔を触って説明をします。
どうして二度も触るのかと言うと本当に変わるからです。
小顔矯正をするときの触り方は両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

手を当てただけでは顔はわからない

単純にこれだけなんですがこれだけではわからないという方もいます。
その時に一番肝心なポイントと言うのは、左右差を感じようとして触るということです。
顔には左右差がありますから左右差を感じようとして触ると手の感覚神経と大脳の感覚神経が働き出しますので働かないと顔が小さくなったのが分かりませんから感じようとしてみてください。

感じようとして感じられればしっかりと小さくなったのが分かります。

小顔矯正と言っても10 CM 20 CM の30 CM の顔が小さくなることはありません。
小顔矯正をして小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じだと思いますから例えば一cm 変わってもわかるようにしておいてください。

顔を小さくする

小顔矯正と疲れやストレスの蓄積

そして小顔矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係をします。
当院で顔が小さくなっても維持することができますかとか持続力はありますかとか聞かれますがそれはご自分の体に聞いてみてください。

初回の小顔矯正は顔だけ触って顔を小さくすることに専念していきますので身体全体の状態というのは無視していますので体状身体全体を整えていかなければ維持することはできない場合も多くありますし持続力がないという場合もありますので小顔矯正の技術のせいではありません。

維持すること、持続力というのは小顔矯正のテクニックの関係ではありません。

自分の体に全て関係があります。
最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが院長が 体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと多くの方が悪くありません調子は悪くありませんとか簡単に答えてしまいますが検査をしてみると逆のことが分かるからです。

体調と顔を小さくすること

小顔矯正を希望されて訪れたか全員が体調がすごく悪いことがあります。
今まで30年以上小顔矯正をしてきて体調がいいという方は一人もいませんでしたから。

小顔矯正をして行く時には顔だけではなく体もかなり深く顔に関係をしています。

 

小顔矯正をして行く時にはむくみが脂肪も減らさなければいけませんがむくみや脂肪が顔に多く増えてしまっているのは、すべて体調に関係しているからです。
体調が落ちるということは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的なプレッシャーで、たまるものが原因です。

それらは、すべて体に蓄積していきます。

毎日毎日生活することで運動することで仕事をすることで体を動かしたりすることで精神的な緊張やプレッシャーが加わることで多くなったりするものが毎日毎日生み出されていきます。

生み出されたものは体に蓄積していきます。

生み出されていくものは疲れやストレスです。

疲れやストレスが多くなればなるほど体は歪み、開き、ズレを起こしていきます。
多くの方が疲れやストレスを溜めてしまっていますので疲れやストレスを溜めると顔全体が肥大しながら変形していき大きくなっていきます。

当院では小顔矯正をしていく時には検査をすることをしていますので検査をしてみると体調というのが、どういう段階まで陥っているのかということは判断することができますが最近は多くの方が眠れていないので体調が奈落の底の状態で落ちている場合が多くあります。

小顔矯正をして行く時には小顔をしていくときなんですが顔を小さくするという意味がありますが顔というのは顔面骨という言い方もありますが頭蓋骨のひとつです。

頭の骨というのが頭骸骨ですから顔面骨というよりも頭蓋骨の一部のことになります。
つまり小顔矯正というのは頭蓋骨を小さくすることになりますので頭蓋骨の中でも前側にある顔の骨を小さくしていくということにつながります。

疲れやストレスと小顔矯正

顔を小さくするには

顔の骨だけ小さくすることができませんので頭蓋骨全体に影響があるということもあります。

頭蓋骨に影響があるということは大脳にも影響があるということにもなりますので簡単な頭蓋骨矯正や小顔矯正という意味ではありません。
顔を小さくしていくときには体調からあげて整えていくことをしなければいけませんが初回は顔が小さくなることが希望ですから体を整えていくよりも顔を小さくすることに専念をしていきます。

顔が小さくなってきたら体もコントロールしていかないと体調が悪かったり骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタ状態になっている方が維持することはできないと思いますし持続力はないと思いますので体の方も体調をあげたり疲れやストレスの蓄積しているところから疲れやストレスを減らしていかなければ本当の意味で顔が小さくなったのがいいような状態に見えることはないと思います。

顔色や顔のツヤも

体調が顔色や肌のツヤを表していますので肌のツヤがなかったり顔色が悪かったり目の下のクマができていたりでは、いくら顔を小さくしても半減してしまいます。
疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなります。

つまり体重の半分以上は水分で構成されているということですから水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分の水ということになります。
水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますから、あと残った40 kg の中に疲れやすレスが存在しています。あと残った40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは全体にたまりますが筋肉と内臓が主に溜まっていくところになります。

内臓と聞くと多くの方が病気というのは関係づけてしまいますが内蔵と言っても病気というわけではありません。

内臓にも疲れやストレスが溜まるということが普段から起きています。

しかも人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分というのは

何も症状に関係することもなく先将来に繋がることもありませんが弱い部分というのはそういうわけにはいきません。
弱い部分というのは疲れやストレスを貯めやすく冷めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

例えばですけど肝臓が弱っている方はアルコールに関係なく弱っていますので肝臓が弱ってる方は背骨の8番目の骨がずれを起こしていきますし半蔵通われば顔色が悪くなったりツヤがなくなったりしていきますし花粉症なども怒りやすくアレルギー性鼻炎も肝臓から起きています。

生理痛が起こりやすい方は生理に関係する内臓というのは卵巣と子宮とホルモン系が主に関係しますので卵巣や子宮やホルモン系の弱さがある方が生理痛になり体調が落ちた時に余計にひどくなります。

便秘の方も同じ事が言えますので便秘というのは腸の働きが低下した状態で起こりますから腸の弱さがある方が、腸に疲れやストレスを溜め安くなっていくと動きが悪くなりますから動きが悪くなることが原因で便通が停滞していきます。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

体の弱いところがいつも何かの症状を起こす場合がありますので生理痛は便秘だからといって何も考えないのは良くありませんのでどうして起きるのかなぜ生理痛になったりするのかということを考えなければいけないと思います。

小顔矯正をして行く時には顔を小さくしていくことをしますが疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係していますので最近は多くの方が気がついていないくらい睡眠負債状態になっている方が増えています。

睡眠負債状態というのは夜寝ようとすると朝まで目が覚めないのが特徴です。
不眠症とは違いますので不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。

しかし睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるのが特徴ですし朝まで目が覚めないのが特徴ですから寝ていると勘違いしている場合が多くあります。
目が覚めないから寝ていると言えません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り何か夢を見ていたと覚えているし、どんな夢を見ていたということが記憶に残っています。

しかし夢よりも浅い睡眠が睡眠負債状態です。

寝ているということは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので熟睡状態のことだけをいいます。

大脳は眠れていないとどれぐらい体が弱っていくのかということが大変な問題になっていますが大脳が弱ると痛みやコリや体調の悪さを感じなくなっていくのが特徴で麻痺した状態が鈍感状態になっていきます。
麻痺した状態や鈍感状態になって行くと風邪をひくこともできません。

風邪やインフルエンザウイルスの細菌などが入っていても脳が元気だから発熱や諸症状を起こしていきますが細菌やウイルスは熱を上げることをしていません。
熱というのは自分で上げているますので大脳が元気だからあげることができてウイルスや細菌の増殖を抑えるということで熱を上げていきます。

小顔矯正の方も疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が多くあればあるほどを取りやすくむくみやすく脂肪が多くなっていくのが特徴です。

睡眠負債と小顔矯正
2018年10月30日
» 続きを読む