カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • カイロプラクティックと言うのは手のみで体の歪みやズレを整えて矯正することで痛みやコリを楽にしていく方法です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院

カイロプラクティックと言うのは歪みやズレを矯正する方法です。多くの症状、不調、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みは歪みやズレから起きています。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは手の技術力で体を整えていく事です。カイロプラクティックとはカイロは手と言う意味でラクティックは術とか、技と言う意味があります。つまり手技と言う意味になります。カイロプラクティックと言うのは骨盤の歪み・背骨のズレ、関節の矯正する施術になります。

当院では30年以上のカイロプラクティックの経験がありますが進歩していますからボキボキしたりすることもなく怖いこともなく痛くもない矯正をしています。

ボキボキしないカイロプラクティック

カイロプラクティックと痛みやコリ

痛みやコリなどの体の不調の多くは原因がありますから、原因を見つけることをしないと楽にするばかり、おさえるばかりでは直りません、。楽にすること、おさえることと、直していく事は違います。

痛みやコリの原因もいつまでも同じままではありません。進行して悪化してくることもあります。また原因が形を違えて出ることもあります。いつまでも楽にする事ばかりしている方、痛みやコリをおさえてばかりいる方が多くいます。

カイロプラクティックと言うのは考え方があって骨盤の歪み・背骨のズレばかりしていますが、本当は、その裏にあるものが原因です。裏にあるものとは、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きたのか、と言う原因です。何も原因がなくて骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

何かの原因があるから骨盤の歪み・背骨のズレになった訳です。ここまで追求できるカイロプラクティックはありません。どうしても表面上の骨盤の歪み・背骨のズレばかりボキボキしたり矯正する事をしています。

ボキボキすることは骨の矯正音ではなく骨と骨の間にある椎間板(軟骨)にたまった気泡の弾ける音です。手の指をボキボキしていることと同じです。ボキボキしたあとは、しばらくは鳴らなくても、もうしばらくすると同じことをしています。ボキボキ音の気泡がどうしてたまるのか、原因もあります。

人の体は生まれつき真っすぐな方はいません。何かしらの歪みやズレがあります。この背骨のズレは体質と家系と関係があります。生まれつきある背骨のズレは親子関係をあらわすものでもあります。つまり遺伝子が関係しています。

疲れやストレスが歪みやズレに

 

内臓には

人の体は弱い内臓とそうでもない内臓があります。そうでもない内臓はあまり痛みやコリにも関係がありませんが弱い内臓は痛みやコリと深く関係があります。

●弱い内臓とは両親、祖父母の方が腎臓の病気をもって透析になっていれば、子供は病気ではありませんが、腎臓が弱く疲れやストレスを多く腎臓にためやすくなると腰痛、腰の痛み、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になりやすくなります。生まれつき胸椎の11番目、12番目の背骨のズレがあります。しかし生まれつきある背骨のズレでは痛みやコリは感じません。生まれつきある背骨のズレは体質です。体質的な弱さがある部分でもかなり悪くならない限りは何も感じません。

●弱い内臓とは両親、祖父母の方が糖尿病を持っていると、子供はアレルギー、アトピー、乾燥肌、下痢、足が攣りやすいなどが起きやすくなります。生まれつき胸椎の6番目の背骨のズレがあります。しかし生まれつきある背骨のズレでは痛みやコリは感じません。生まれつきある背骨のズレは体質です。体質的な弱さがある部分でもかなり悪くならない限りは何も感じません。

●弱い内臓とは両親、祖父母の方が肝臓の病気になっていると子供や孫はアレルギーが出やすくアレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾になりやすくなります。生まれつきある背骨のズレは胸椎8番目になります。しかし生まれつきある背骨のズレでは痛みやコリは感じません。生まれつきある背骨のズレは体質です。体質的な弱さがある部分でもかなり悪くならない限りは何も感じません。

しかし弱い内臓に日常の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャーなどを受けると疲れやストレスが生じます。これが多くなると骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。体質的な背骨のズレがある上に重なって拡大していきます。この時に椎間板に気泡が多くできて背骨のズレがさらに拡大します。この時に痛みやコリになります。

カイロプラクティックのボキボキ音は

当院では内臓と言う言葉が出てきますが内臓と言っても病気ではありません。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓に疲れやストレスがたまる時には2つあります。毎日の生活、仕事、精神的な緊張などでも多くの疲れやストレスはたまります。さらに食事でも疲れやストレスが多くなります。食事の問題は勝手に働いてくれていますから忘れがちですがアルコールを飲んだりすることでも内臓は働いてくれてます。働くということは内臓にも疲れやストレスが多くうまれてしまいます。脂分を分解するのも内臓が働いて分解してくれます。胃で消化する時も内臓がはたらいてくれるから消化してくれます。

内臓に多くの疲れやストレスが生じる事態になっても減らす事はできません。この積み重ねが内臓の老化を促進させ病気に近づいていきます。あとは、いつ完成するかです。

内臓と背骨のズレ

下のイラストは内臓に蓄積した疲れやストレスと背骨の関係です。

カイロプラクティックとは

背骨のズレが起きるときには、必ず内臓疲労に関係があります。自分の中のの内臓に弱い部分があって、その部分に疲れやストレスがたまっていきます。疲れやストレスがたまった内臓の関係がある背骨にズレが起こります。これが痛みやコリになります。

下のイラストは背骨の位置と内臓の関係を表しています。


カイロプラクティックとは

カイロプラクティックは体の歪みを整える技術です。

カイロプラクティックと言えばボキボキしたり痛いと言うイメージですが。
当院では、そんなことはありません。

もちろん、今の施術をしらない時は、ボキボキしていました。
電器や低周波治療器、温熱パック、レーザー光線、牽引機械など色々ありました。
電器に頼らなければいけない時代もありましたが。
今は、一切、治療器や機械は使いません。
手のみで変える事が出来るからです。
しかも、原因から施術していく事も出来るからです。
別にボキボキしなくても、背骨は整います。
と言うか、ボキボキしても、背骨は整っていませんよ。
専門家が言うので、間違いありません。

背骨を整えるには、良く背骨の事を知らなければなりません。
背骨はな何故ズレを起こして歪むのか。

歪みを整えてるのがカイロプラクティックです。

①それは、体調でも曲がります。
  体調と言うと、調子が悪いとか、疲れがたまっていると言う事です。
  別名、ストレスがたまっていると言う事です。
  体にも疲れはたまります。
  しかし、体の何処に疲れがたまるのか??

  それは、主に疲れは内臓にたまります。
  内臓の疲れが、背骨のズレや歪みを起こします。
  これが痛みやコリになります。
  もちろん、筋肉は、骨のズレや歪みで長く凝ります。

  それと、もう一つ、

②体質で背骨はズレを起こしています。  

この体質レベルの骨のズレは、生まれつきです。
  生まれつきと言うのは、遺伝です。
  遺伝で、肝臓が弱い家系、腎臓が弱い家系が決まっています。
  親などの祖父母・親戚などの病歴などを、見ればわかります。
  これが遺伝でわかります。

  この遺伝的な弱さが、疲れがたまりやすい所です。
  疲れがたまると、痛みやコリになります。
  疲れがたまると、骨のズレや歪みになります。
  だから、遺伝は関係しているんです。

  この遺伝的な弱さを少しずつ変える施術法が、体質改善です。
  体質は、そんなに簡単には変わりません。
  数回で変わるものは、体質改善とは言えません。
  定期的な施術で変える事が出来る施術法です。
  体質改善は体のパワーを必要とします。
  そのパワーを作る準備ができている場合のみ体質改善に進めます。


  痛くない方法で背骨を整える事をしています。
  背骨がズレたり、歪みを起こすのは、理由があるからです。
  その理由から変えていく施術だから、痛い思いをしないで良くなります。

  背骨から、脊髄が出ています。
  体が疲れてくると、骨は少しずつズレを起こします。
  この時には筋肉が、緊張したり、引っ張られたりしてコリになります。
  その背骨を骨がズレることで圧迫すると、痛みになります。
  背骨のズレが起きる位置で、痛む所が違います。
  骨のズレが腰で起きれば腰痛になります。

カイロプラクティックの創始者のD・D・パーマーです。

パーマーはカイロプラクティックを初め研究した方です。

カイロプラクティック


そして、初めての矯正をした人です。
1845年にD・D・パーマーはカナダのオンタリオ州のポートペリーで生まれました。
パーマーが20歳の時にアメリカのイリノイ州に移住しました。
このころのパーマーは、いうtもある疑問を考えていたと言われています。
それは、『同じ親から生まれ兄弟でも、弱い子とそうでもない子ができるのか?』
『何の関係があるのか?』
と、いつもパーマーは疑問に思っていました。
回復する力を使って、体を薬を使うことなく回復させることはできないのか。

時が流れ、人体に興味を持っていたパーマーは、アイオワ州ダベンポートに引っ越しをしてある街の4階に治療院を設けました。

パーマーは病気を改善するのが天職と悟り、寝食を忘れて研究して病気の背後には、背骨に共通するあることがあることがわかりました。
背骨に共通するあることを突き詰めるために、もっと研究するようになりました。

研究から数年たち、ある時にビルの管理人の方で掃除もしていた方がいました。
この方の名前は、ハーベィ・リラードと言います。
この方は耳が聞こえませんでした。
しかも、生まれつきではなく、17年間、耳が聞こえなくなっていると言う事でした。
パーマーは、話を聞いてみる事にしました。

そうすると、ある時、掃除をしていると、狭く窮屈な所で、首を曲げて掃除していると、ボキッと音がして急に聞こえなくなったと言う事でした。
首と言うので、ハーベィの首の所を見てみると、不自然な出っ張りが見つかりました。
パーマーが、そこの首を触ってみても良いかと言うとハーベィは快く承諾してくれました。
 不自然な首の出っ張りを、少し強く押しても良いか聞いて、『もしかしたら耳に何らかの影響があるかも』と説明すると、あきらめ半分のハーベィは了承しました。
この時にボキッと音がして、だんだんと聞こえるようになりました。
これが、1895年9月18日で初めての矯正です。

カイロは手技という言葉です。プラクティックは術と言う日本語が一般的です。
日本ではカイロプラクティックは、手技療法と言う言葉になっています。

今では世界カイロプラクティック連合と言う団体まであります。

2015年5月13日(水曜日)から16日(土曜日)にギリシャのアテネで世界カイロプラクティック連合の世界大会があっています。
世界50か国からカイロプラクティックの関係者が900人集まりました。
237編の研究論文の発表や長年の功績に対する表彰などもありました。
次の世界大会は、2017年のアメリカでワシントンD・Cで開かれることが決まって閉会しました。
アメリカでは国が認めた正規なドクターです。

 

北九州市小倉南区と小倉北区で整体とカイロプラクティックの技術で歪みやズレを矯正する事をしています。