腰痛

腰痛を感じる時にはどうして腰痛を感じて腰が痛くなっているのかということを考えなければいけませんただ、腰が痛いとか言う感じだけでは腰痛を知ることはできませんので、腰痛が繰り返し起きやすい方、腰痛になりやすい方、色々な腰の痛みがあると思いますので、腰痛の原因を考えなければいけませんから腰痛がどうして起きるのかということを知るようにしてください。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

切っ掛けと腰痛、腰の痛み

腰痛というのは腰痛が起きる原因があるから腰痛になっている訳ですから、なぜ腰痛が起きるのかということを知らなければいけませんが、多くの方は重たい物を持ったから体をひねったから前屈みになって何かを取ろうとしたから中腰をしてたとうとした時に腰が痛くなった、車の運転していると腰が痛い野球をしていてスイングをしていたら腰が痛くなった、サッカーをしていたら腰が痛くなった腹筋をしていたら腰が痛くなった朝起きたら腰が痛くて動けなかったなど色々なことを言われますが、これらは全て切っ掛けです。

きっかけというのは原因ではありませんので、切っ掛けと原因が腰痛を起こしているものになります。
色々な物事を同じようにしても痛くならない時もあれば、痛くなる時もありますので注意してしているということもあるかも分かりませんが、注意しなくても起きたり起きなかったりするのは、どうしてなのかという原因が体の歪みやズレにあります。

何かをしたら腰痛、腰の痛み、腰が痛い

代表例で言うと重たいものを急にもとうとした時に腰が痛くなったとかいう風に言われますが、どうして重たいものを同じように持っても痛くなる時と痛くならない時があるのかということを考えなければいけません。
同じように同じ重さのものを持っても痛くなる時と痛くならない時があるということなんですが、痛くなる時と痛くならない時の差というのは骨盤の歪みや骨盤の開きにあります。骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時に重たいものを持ったりすると、体を支えることができないために体を支えることができない状態で筋肉や靭帯の軋轢が起きてぎっくり腰になったり、腰が痛くなったり、腰痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きもいつも変化していますので、大きくなったり小さくなったり変化していますから大きくなった時に重たいものを持ったりすると体を支えることができない状態があり、腰が痛くなります。
骨盤というのは上の体を支えている部分ですから、骨盤が不安定になっている時に何かをして負担が大きくなった時に骨盤の歪みや開きが大きくなり、体を支えられなくなった時に腰が痛くなります。

姿勢、猫背で腰痛、腰の痛み、腰が痛い


姿勢が悪かったり、猫背になることが骨盤の歪みや開きを作るものではありません
姿勢が悪かったり、猫背になるのもしっかりとした原因があるから猫背になったり姿勢が悪くなっています。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは、更にもっと奥に深い原因が潜んでいるんです
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは、腰の痛みなどが起きていない方も軽く起きています。
骨盤の歪みや骨盤の開きがないという方は、いませんので、単純に腰の痛みとして感じていない方も多くいますし、女性で言えば便秘が起きたり生理痛が起きたり生理不順が起きたり、膀胱炎になってしまったりということで腰の痛みとしてではなく違う形として感じている方もいます。
また、股関節の痛みとして時々感じているという方も、骨盤の歪みや骨盤の開きで起きていますので、色々な症状として感じてしまっているという場合もありますので、単純に腰の痛みや腰痛がないからといって骨盤が整っているかというとそうではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤の歪みや骨盤の開きなどが起きる時には何が原因で起きているのかということを考えなければいけませんが、それは特別なものではなく、日常的に多く存在しているものが原因なんです。

毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや歩いたりすることや熱いことや寒いことや車の運転をすることや足を組んで椅子に座っていることや横すわりをすることや色々な物事で多くなったりするものが体に蓄積しているのが原因です。
体に蓄積するものというのは、疲れやストレスです。
疲れやストレスというのも毎日毎日の生活や食事を作ったりすることでも多くなりますし、掃除をする時でも疲れやストレスは多くなりますし、ジョギングをしたりする事やストレッチをすることでも多くなったりしますし、色々な物事で疲れやストレスは溜まるばかりなんですが、疲れやすいですが、溜まったのを減らすことはしていませんし、考えてもいません。

疲れやストレスが多くなればなるほど、細胞の変化が大きい弱い部分ほど老化を急速に早めてしまうことがあるのに、疲れやストレスが溜まりっぱなしになっている方が多くいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスがない生活はありません。
疲れやストレスが溜まっていない方はいません。
疲れやストレスが溜まっているのにわかっていない方や感じていない方はいます。


疲れやストレスは誰でも溜まっているものですから、誰でも多少なりとも歪みやズレは起きています。
疲れやストレスというのは弱い部分に多く溜まっていきますので、人の体には弱い部分とそうでもない部分というのがあります。
弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく、多く蓄積してしまって長期間になっていくと細胞の変化が徐々に起きて、色々なトラブルを起こしていくということがあります。
腰痛を起こしていく時にも、内臓に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきますが、病気というわけではありませんので、内臓というとなんでもかんでも病気というのを考えることはやめてください。

どこに疲れやストレスがたまる

例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなりますので、体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが、単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり、組織の中の水分だったり、いろいろな部分に水分があるということなんです。
水分に何かが起きたり疲れやすですが、たまると考えられませんので疲れやストレスが溜まる所というのは後残った35キロの中にあるということです。
35キロの中には神経と血管とリンパの重さと筋肉と靭帯と皮膚と脂肪と骨の重さと中枢神経系脳大脳や脳幹や脊髄の重さと色々な内臓の重さになりますので、この中で疲れ休めずが溜まりやすいところがあるということです。

疲れやストレスが溜まりやすい所というのはこの中では内臓と筋肉になりますので、筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうのは内臓です。
しかし、内臓と言っても病気と言っている訳ではありませんので、なんでもかんでも病気と勘違いしないでください。
内臓に疲れやストレスが溜めると内臓の働きが悪くなっていきますが、数値として異常が出てくることはあまりないと思います。

内臓疲労が腰痛になる

内臓の病気になる時には数値の何らかの異常が起きているのが条件ですから血液検査や尿検査や色々な検査というのは数値の異常を示した時に病気という判断が下ります。
しかし、内臓にたまった疲れやストレスというのは数値的な異常を示すことはあまりありませんので、病気というわけではないけど、色々な問題になってしまうという内臓なんです
弱い内臓に疲れやすですが、溜まりやすく疲れやすレスを溜めてしまうことが原因でぶよぶよになったり、炎症を起こしたりハレたりということが触ると分かります。

腰痛の方は腰の部分の少し上の肋骨の辺りを触ると炎症を起こして腫れていると硬くなっていたり、盛り上がったり出っ張ったりということが起きていると思いますので、触ってみるとわかるという方もいます。
または、ブヨブヨ状態になっていると、なんだかつかみどころがないような感じになりますので、炎症や腫れとは違う状態になっているという方までいますので、腰痛が起きてしまう方は腎臓の問題を持っている方です。
腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスを溜めてしまうと、骨盤の歪みや骨盤の開きが起こり、腰痛になっていきます。
腎臓に疲れやすレスがたまることが原因で腎臓に関係する大腰筋、腸骨筋という筋肉に影響が出てしまい、骨盤のバランスが悪くなって歪んだり開いたりして骨盤が不安定になった時に重たいものを持ったりすると腰が痛くなるという感じです。

腰痛の方は

炎症や痛みの原因になっている筋肉や靭帯からほぐしていくようにしますが、それだけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていくことをして背骨のズレを解消して腎臓の働きを少しずつでも上げていくことをして楽にしていくことをしています
普通は骨盤の歪みや骨盤の開き、筋肉などを対象としていますが、当院ではさらにその上の内臓の働きまでに注目していますので、内臓の働きを良くしないと戻りやすく効果がなかったりということがあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消しています。

2018年08月09日