骨盤矯正

骨盤矯正で小尻になる

初回から骨盤が小さくなることで人気のある骨盤矯正をしていますが今まで30年間で多くの方の骨盤を小さくすることをしています。
骨盤矯正を希望されて訪れた方の骨盤を検査をしてみると多くの方に骨盤の歪みや骨盤の開きなどが大きくありますので矯正をすることで骨盤が小さくなっていきます。
骨盤周辺に多くなってしまったむくみや脂肪を減らしていくことも骨盤を小さくするための最低条件のひとつですから骨盤周辺に増えてしまったむくみや脂肪を減らすことをしていくと骨盤が小さくなるという効果もあります。

骨盤矯正で小尻になる事ができる

骨盤矯正をして行く時には骨盤周辺に増えてしまったむくみや脂肪を減らすことと骨盤の歪みや骨盤の開きを調整することで骨盤は小さくなっていきます。

しかし単純にそれだけでは骨盤は少ししか小さくなることはありませんのでそれ以上のことをしなければ骨盤矯正をして骨盤を小さくすることができないと思います。
当院では骨盤矯正をして行く時にはボキボキもしないし痛くもない方法で骨盤矯正をしていきます。

骨盤矯正をしていくときには自分で骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしながら比べてもらうことをしていますので必ず初回から骨盤が小さくなっていきますが骨盤矯正と言ってもただ骨盤を小さくすればいいというわけではありません。

骨盤矯正をするということは単純に骨盤だけを小さくすればいいというわけではなく骨盤矯正をしていくためには持続力や維持することが大切になりますのでどうやったら持続力や維持する力ができるのかということも考えなければいけませんが最近多くの方が骨盤矯正に訪れていますが検査をしてみると異常と思えるほど体調が悪い方が多くなっていますので体調が悪い人ほど維持することはできません。

骨盤の歪み・骨盤の開きと骨盤矯正

骨盤矯正は体調が深く関係します

骨盤矯正を希望されて訪れた方に対して体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞いてみると多くの方が体調は悪くありませんとか調子は悪くありませんという風に答えてしまいますが検査をしてみると体調が

どん底のような体調していたり奈落の底のような体調をしている方が多くいます。
ご自分で感じていることよりも検査の方が正確に反応していますので検査をしてみると体調が悪い方は骨盤を小さくしても維持することができない場合が多くあります。
骨盤矯正で骨盤を小さくしたわけですから後は維持することや持続力というのはご自分の状態に関係をしています。

小尻になっても維持すること、持続力は

骨盤矯正の技術力ではなく維持することや持続力というのは回復する力の方に関係していますのでご自分の体の状態が深く関係しているということです。

骨盤矯正をしていくときには関係するものが二つあります。

骨盤矯正をして関係するものというのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態です。
最近は多くの方が疲れやストレスを異常と思えるぐらい貯めてしまっていますので疲れやストレスを多く食べてしまった方ほど骨盤周辺のむくみや脂肪が多くなってしまい骨盤の歪み骨盤の開きが大きくあります。
疲れやストレスが多くなればなるほど限界なく蓄積していきますので疲れやストレスが多く蓄積してしまった
人ほど骨盤の歪みが骨盤の開きが大きくあります。

骨盤矯正と内臓

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが多く蓄積してしまったかたほど骨盤の歪みや骨盤の開きが最大限広がっていき普通は腰痛が起きたり生理痛が起きたり生理不順が起きたり便秘になったり膀胱炎を繰り返したりという感じが起きてしまいます。

疲れやストレスの蓄積というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで多く生み出されていきます。
毎日毎日の生活で生み出された疲れやストレスは体に溜まっていくばかりですが疲れやストレスを減らすことができるのは唯一寝ている時だけです。

睡眠負債と骨盤矯正

しかし最近その眠りができていない方が多くなっているのが最悪の結果を招いてますので眠りができないということは単純に目が覚めないから寝ているというわけではありません。

多くの方が勘違いしている場合が多くありますが目が覚めなければ寝ていると思っている方が多くいます。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので眠りというのは熟睡状態の短時間の時間なんです。
3時間も4時間も熟睡状態ができている方はいません。
最高に良い睡眠をとったとしても大脳が休養とっている眠りで熟睡を取っている時間は2時間以内です。
しかも2時間以内というのは連続して取ることができませんので寝ている時だけでも2回から3回繰り返しながら熟睡状態になっていきます。

眠りと骨盤矯正の関係

夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
目が覚めるというよりも眠りが浅い状態になっている場合が多くありますので夢よりもさらに浅い睡眠があります。

この睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは最悪な睡眠のことですから眠りが夢よりも浅く目が覚めた瞬間に寝ながら考え事をしていたということを忘れてしまいます。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは単純に眠りができないだけではすみませんので大脳を急激に弱らせていき自分の体調が落ちていることも鈍感になってしまって麻痺した状態になっていきますので分からなくなっていきます。

骨盤矯正を訪れた方の中には多くの方が睡眠負債状態になっていることが気がついていないことが多くありますから不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりすることがあったりすると不眠症だったりと言われますが夜中に何回も目を覚ますことでも不眠症という状態ですけど睡眠負債状態は違います。

目が覚めないから寝ているとは

夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が自分でも気が付かない状態で寝ている時に眠りが浅くなっていて睡眠負債状態になっているということですから大脳が急激に弱っていき体の体調も最低限まで落ちている方が多くなっています。

不眠症と睡眠負債というのは意味が全然違います。
骨盤矯正をしていく時には骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正しなければいけませんがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのかということを考えなければいけません。

骨盤矯正と骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪みや骨盤の開きも何も原因がなくてゆがんだり開いたりすることは起こりません。
何かの原因があるから骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていきますので姿勢が悪いことが原因だと言われる場合もありますがどうして姿勢が悪くなっているのかということも原因があるということですから統一して考えた方がいいと思いますので、その原因はすべて疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態にあるということです。

今まで多くの方の骨盤矯正をする時に検査をしていきましたが全員と言っていいほど奈落の底のような体調をしている方ばかりですし、どん底のような体調しているばかりなんですが、それらを気がついていない方が多くいますので本当は骨盤矯正ところではないということもあります。

骨盤矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積というのも考えなければいけませんので睡眠負債状態で眠りが浅いことでも疲れやストレスが多く生み出されていきますが疲れやストレスというのは体のどこにたまるのか蓄積するところがあるからたまるわけですからその場所を限定しなければいけません。

疲れやストレスの蓄積と骨盤の歪み・骨盤の開き

疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで多くなって蓄積していくものなんですがどこにたまるのかということを考えている方は少ないと思います。

疲れやストレスというのは貯まるところがあるからたまって言ってるわけですから貯まるところというのは例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると35 kg もの水分が出てきますので水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったりという色々な水分になりますが見ずに疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った35 kgの中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありませんのでこの中で疲れやストレスが多く蓄積していくところは筋肉と内臓になります。
中枢神経系である大脳脳幹や脊髄も内臓の一部として考えれば筋肉と内臓に多くの疲れやストレスが溜まるということです。

内臓にたまる疲れやストレス

内臓と言っても病気と言っているわけではなく内臓と聞くと多くの方が病気というのをイメージしやすいと思いますが内臓にもお疲れやストレスが溜まって働きが低下するということで体の歪みが起こります。

体というのは先ほど挙げた部分しかありませんので筋肉にも疲れやストレスは溜まるということは普通一般的に誰でも入っていることですが多くの疲れやストレスは筋肉よりも多く蓄積していくところは内臓なんです、

内臓というのは筋肉と同じように食べている時だけではなく食べた後でも消化したり分解したりして働いてくれていてエネルギーを作ってくれているところなんですが内臓も働けば働くほど疲れやストレスを溜めていくということは起こらないということはありません。

内臓に蓄積していく疲れやストレスというのは体の中から歪みを起こしていきますので体の中から崩れていくということで骨盤の歪みが骨盤の開きが起こります。
骨盤矯正をしていく時には骨盤の中に入っている内臓が深く関係をしていますので骨盤の中にある内臓というのは大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣ということになります。

大腸や小腸の働きの低下で便秘が起きたりすることが多く見受けられます。そうすると骨盤がゆがんだ骨盤が開いたりします。

骨盤の中の内臓

卵巣や子宮に疲れやストレスが溜まっていくと骨盤の下部つまり下の方が開いたりしていきますので骨盤が股関節 出っ張っていくということが考えられます。

骨盤矯正をする時には借り人ですが内臓が正常であれば骨盤が小さくなったぶんだけ狭い部屋に押し込められた状態になりますので内臓も正しく働くことはできませんが普通は骨盤が大きくなってしまうのは内臓に関係を持っていますので内臓の方が優先された状態で反応していきます。

内臓に疲れやストレスが溜まっていくと骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていき歪んだり開いたことが原因で骨盤周辺にむくみが脂肪が多くなっていきます。
単純に骨盤を小さくすればいいというわけではなく疲れやストレスとは蓄積を体から減らすことをしていかないと骨盤を小さくしても維持することや持続力はないと思います。

睡眠負債と骨盤が小さくなること

ましてや睡眠負債状態で眠りが浅いともっと骨盤の歪み骨盤の開きが起きていることも考えられますので睡眠負債状態から起きてしまった内臓の衰弱状態や大脳の疲弊状態を改善していかなければ維持することや持続力は大きくなっていきません。

骨盤矯正をする時には単純に骨盤を締めつけたりすればいいというわけではなくベルトやショーツなどで締め付けたりするものがありますが締めているだけで緩めてしまえば結果は元に戻ります。
締め付けているだけでは骨盤は小さくなることはありませんので単純に歪みやズレが取れることもなく骨盤周辺にある脂肪やむくみを抑えているだけです。
骨盤矯正をして行く時には骨盤を小さくすることをしなければいけませんので骨盤を小さくするためには何をすればいいのかどうすればいいのかということを考えなければいけません

2018年10月15日