小顔矯正

顔を小さくしていく小顔矯正が評判で人気がありますが当院の小顔矯正は痛くもなく顔を小さくすることをしていますので安心して受けてもらうことができますがどうやって顔を小さくしているのかと言うと検査をすることをして異常のある部分を見つけ出すことをしています。

当院の小顔矯正は無理な小顔矯正ではありませんので自然な形で顔が小さくなっていくということで評判がいいんです。

小顔矯正

顔を小さくするには

小顔矯正をして行く時には小顔矯正に入る前に顔を触って大きさや幅やむくみ度合いなど覚えてもらうようにして小顔矯正に入るようにして変化を自分で実際に感じてもらいます。
小顔矯正をしていくときには自分で触って手で覚えてもらうことをしていますので変化がしっかりとわかるようにしていますが時々触り方がいい加減なかたがいますのでわからないということがあるのも事実です。

そのため当院では院内に鏡を置いていますので鏡で見て自分の顔の大きさを目で見て確認してもらいます。

鏡で何を見るのかと言うと顔の形です。
鏡を真正面に見て顔の形を目でしっかりと見てください。

顔というのは左右差が対象の人はいません。 頭の右側と左側が同じ人はいません。
顔というのは左右が対象ではありませんので非対称になりますから例えばですけど顔の右側が全体的に大きいのに左側が頬骨のあたりが出っ張っているとかいう感じがあると思います。

顔には左右差があります

顔の左右差

必ず顔というのは左右差がありますから左右差を鏡で見て覚えるようにしてください。
鏡で見て顔の形を覚えたら今度は実際に手で顔を触ってもらいます。

しかし鏡で見た顔の形の左右差と手で触った時の左右差というのを比べてみると反転している場合がありますので逆に感じてしまうこともあるということなんです。

それほど目で見るのと手だけで触るということは難しいんです。
目で見て形を覚えるということと目で見えない状態の顔を触るということは難しいんです。
それを簡単に触ってしまったかたほど分からないということがありますから。

自分で顔を触る

顔を触る時にはしっかりとこちらの言うことを聞いて触ってみてください。

顔を触るということは大変難しいことですから簡単に行ってしまった方ほど手を置いてるだけで感じようとしていませんので感じようとしない限りはいくら触っても分かりませんから小さくなってもわからないということになってしまいます。

顔の触り方は小顔矯正に入る前に2度ほど練習をします。
1度目は院長と向かい合ってはじめに触り方を説明します。

二度目は矯正する際に上向きで寝てもらって顔を触って説明をします。
どうして二度も触るのかと言うと本当に変わるからです。
小顔矯正をするときの触り方は両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

手を当てただけでは顔はわからない

単純にこれだけなんですがこれだけではわからないという方もいます。
その時に一番肝心なポイントと言うのは、左右差を感じようとして触るということです。
顔には左右差がありますから左右差を感じようとして触ると手の感覚神経と大脳の感覚神経が働き出しますので働かないと顔が小さくなったのが分かりませんから感じようとしてみてください。

感じようとして感じられればしっかりと小さくなったのが分かります。

小顔矯正と言っても10 CM 20 CM の30 CM の顔が小さくなることはありません。
小顔矯正をして小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じだと思いますから例えば一cm 変わってもわかるようにしておいてください。

顔を小さくする

小顔矯正と疲れやストレスの蓄積

そして小顔矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係をします。
当院で顔が小さくなっても維持することができますかとか持続力はありますかとか聞かれますがそれはご自分の体に聞いてみてください。

初回の小顔矯正は顔だけ触って顔を小さくすることに専念していきますので身体全体の状態というのは無視していますので体状身体全体を整えていかなければ維持することはできない場合も多くありますし持続力がないという場合もありますので小顔矯正の技術のせいではありません。

維持すること、持続力というのは小顔矯正のテクニックの関係ではありません。

自分の体に全て関係があります。
最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが院長が 体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと多くの方が悪くありません調子は悪くありませんとか簡単に答えてしまいますが検査をしてみると逆のことが分かるからです。

体調と顔を小さくすること

小顔矯正を希望されて訪れたか全員が体調がすごく悪いことがあります。
今まで30年以上小顔矯正をしてきて体調がいいという方は一人もいませんでしたから。

小顔矯正をして行く時には顔だけではなく体もかなり深く顔に関係をしています。

 

小顔矯正をして行く時にはむくみが脂肪も減らさなければいけませんがむくみや脂肪が顔に多く増えてしまっているのは、すべて体調に関係しているからです。
体調が落ちるということは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的なプレッシャーで、たまるものが原因です。

それらは、すべて体に蓄積していきます。

毎日毎日生活することで運動することで仕事をすることで体を動かしたりすることで精神的な緊張やプレッシャーが加わることで多くなったりするものが毎日毎日生み出されていきます。

生み出されたものは体に蓄積していきます。

生み出されていくものは疲れやストレスです。

疲れやストレスが多くなればなるほど体は歪み、開き、ズレを起こしていきます。
多くの方が疲れやストレスを溜めてしまっていますので疲れやストレスを溜めると顔全体が肥大しながら変形していき大きくなっていきます。

当院では小顔矯正をしていく時には検査をすることをしていますので検査をしてみると体調というのが、どういう段階まで陥っているのかということは判断することができますが最近は多くの方が眠れていないので体調が奈落の底の状態で落ちている場合が多くあります。

小顔矯正をして行く時には小顔をしていくときなんですが顔を小さくするという意味がありますが顔というのは顔面骨という言い方もありますが頭蓋骨のひとつです。

頭の骨というのが頭骸骨ですから顔面骨というよりも頭蓋骨の一部のことになります。
つまり小顔矯正というのは頭蓋骨を小さくすることになりますので頭蓋骨の中でも前側にある顔の骨を小さくしていくということにつながります。

疲れやストレスと小顔矯正

顔を小さくするには

顔の骨だけ小さくすることができませんので頭蓋骨全体に影響があるということもあります。

頭蓋骨に影響があるということは大脳にも影響があるということにもなりますので簡単な頭蓋骨矯正や小顔矯正という意味ではありません。
顔を小さくしていくときには体調からあげて整えていくことをしなければいけませんが初回は顔が小さくなることが希望ですから体を整えていくよりも顔を小さくすることに専念をしていきます。

顔が小さくなってきたら体もコントロールしていかないと体調が悪かったり骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタ状態になっている方が維持することはできないと思いますし持続力はないと思いますので体の方も体調をあげたり疲れやストレスの蓄積しているところから疲れやストレスを減らしていかなければ本当の意味で顔が小さくなったのがいいような状態に見えることはないと思います。

顔色や顔のツヤも

体調が顔色や肌のツヤを表していますので肌のツヤがなかったり顔色が悪かったり目の下のクマができていたりでは、いくら顔を小さくしても半減してしまいます。
疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなります。

つまり体重の半分以上は水分で構成されているということですから水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分の水ということになります。
水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますから、あと残った40 kg の中に疲れやすレスが存在しています。あと残った40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは全体にたまりますが筋肉と内臓が主に溜まっていくところになります。

内臓と聞くと多くの方が病気というのは関係づけてしまいますが内蔵と言っても病気というわけではありません。

内臓にも疲れやストレスが溜まるということが普段から起きています。

しかも人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分というのは

何も症状に関係することもなく先将来に繋がることもありませんが弱い部分というのはそういうわけにはいきません。
弱い部分というのは疲れやストレスを貯めやすく冷めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

例えばですけど肝臓が弱っている方はアルコールに関係なく弱っていますので肝臓が弱ってる方は背骨の8番目の骨がずれを起こしていきますし半蔵通われば顔色が悪くなったりツヤがなくなったりしていきますし花粉症なども怒りやすくアレルギー性鼻炎も肝臓から起きています。

生理痛が起こりやすい方は生理に関係する内臓というのは卵巣と子宮とホルモン系が主に関係しますので卵巣や子宮やホルモン系の弱さがある方が生理痛になり体調が落ちた時に余計にひどくなります。

便秘の方も同じ事が言えますので便秘というのは腸の働きが低下した状態で起こりますから腸の弱さがある方が、腸に疲れやストレスを溜め安くなっていくと動きが悪くなりますから動きが悪くなることが原因で便通が停滞していきます。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

体の弱いところがいつも何かの症状を起こす場合がありますので生理痛は便秘だからといって何も考えないのは良くありませんのでどうして起きるのかなぜ生理痛になったりするのかということを考えなければいけないと思います。

小顔矯正をして行く時には顔を小さくしていくことをしますが疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係していますので最近は多くの方が気がついていないくらい睡眠負債状態になっている方が増えています。

睡眠負債状態というのは夜寝ようとすると朝まで目が覚めないのが特徴です。
不眠症とは違いますので不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。

しかし睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるのが特徴ですし朝まで目が覚めないのが特徴ですから寝ていると勘違いしている場合が多くあります。
目が覚めないから寝ていると言えません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り何か夢を見ていたと覚えているし、どんな夢を見ていたということが記憶に残っています。

しかし夢よりも浅い睡眠が睡眠負債状態です。

寝ているということは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので熟睡状態のことだけをいいます。

大脳は眠れていないとどれぐらい体が弱っていくのかということが大変な問題になっていますが大脳が弱ると痛みやコリや体調の悪さを感じなくなっていくのが特徴で麻痺した状態が鈍感状態になっていきます。
麻痺した状態や鈍感状態になって行くと風邪をひくこともできません。

風邪やインフルエンザウイルスの細菌などが入っていても脳が元気だから発熱や諸症状を起こしていきますが細菌やウイルスは熱を上げることをしていません。
熱というのは自分で上げているますので大脳が元気だからあげることができてウイルスや細菌の増殖を抑えるということで熱を上げていきます。

小顔矯正の方も疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が多くあればあるほどを取りやすくむくみやすく脂肪が多くなっていくのが特徴です。

睡眠負債と小顔矯正
2018年10月30日