小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときには何が関係するのかと言うと二つの大きな問題があります。
二つの大きな問題というのは小顔矯正をして行く時には単純に顔を小さくすればいいというわけではないからです。

しかも二つの問題が大きくあると顔を小さくするときも顔が小さくなりにくく維持することや持続力は低下してしまいます。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときに顔が小さくなったらなったで維持することができるのか持続力があるのかということをよく希望されて訪れた方に聞かれますが、それはご自分の状態に関係していますので小顔矯正の技術の関係のせいではありません。

小顔矯正をしていくときに一番、問題になるものは体に溜まってしまった疲れやストレスなんですが体というのは全身のことを言いますので小顔矯正をしていくときの顔も中に入ります。

小顔矯正をしていくときには二つの大きな問題というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張を加えられることで生み出されて多くなったものが体に蓄積していきます。
体に蓄積していくのも365日毎日毎日、積み重なっていきますので積み重なったものを減らすことはしていませんから積み重なるばかりなんです。

しかも毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで積み重なっていくものは減りにくいものです。
顔を小さくしていく小顔矯正というのは単純に何も考えずに顔を小さくすることをすればいいというわけではなく体の検査をしたり積み重なっているものがどれくらいあるのかということを考えなければいけません。

体も小顔矯正に関係する

何も考えずに顔を小さくすることをしても顔は小さくなりにくいと思いますしならないと思います。
当院で小顔矯正を希望されて訪れた方にお聞きしたことがありますが他で何回か受けたことがあるけど全然、顔が小さくならなかったということを聞きました。
小顔矯正をして行く時には関係する二つのものがあると説明したように一つは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的なプレッシャーを加えられることで生み出されて多く蓄積していくものなんですが、これは疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは誰でもあるものですが感じていない方が時々います。
人が生活している限り生きている限り色々な疲れやストレスというのは加わっているわけですけど単純に感じているものや感じていないけど積み重なっているものがあります。
体に多くの疲れやストレスが溜まってくるとどういう現象が起きてくるのかと言うと、歪みやズレが起こります。

小顔矯正と体調

歪みやズレから

歪みやズレというのは体に起きるものがほとんどなんですが顔の変形状態も起きていきますし顔にできてしまった、または、体に多くなってしまったむくみや脂肪も疲れやストレスが原因の場合が多くあります。
体にも溜まる疲れやストレスなんですが、顔にも疲れやストレスが溜まっていきますから顔に疲れやストレスが溜まるとむくみや脂肪が多くなったり顔が変形状態が強くなってきます。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこに溜まるのかということが一番の問題になりますので体に溜まるところというのは弱い部分に多く蓄積していく傾向があります。
体には必ず弱い部分塗装でもない部分が存在していますのでそうでもない部分は疲れやストレスをためにくくなりますが弱い部分というのはそういうわけにはいきません。

弱い部分に疲れやストレスがたまりば溜まるほど溜め込んでしまいますので色々な問題を起こしたりしますので歪みやズレだけ起きることはありませんので多くの症状が起きてしまうことがありますし普段から起きている便秘や生理痛や生理不順なども対象として入る場合があります。
疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が筋肉だったり関節だったりまたはその他のものだったりということなんですが例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg にもなります。

疲れやストレスの蓄積

毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレス

例えば水分が60 kg の方がいるとしたら体重が100キロですから水分が60 kg ということは後残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところがありますので水分にたまるということはないと思いますから60 kg は差し引いていいと思います。
疲れやストレスがたまるところというのは40 kg の中にあるということですから40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
疲れやストレスというのは40 km の中に存在していますので40 km の中に疲れやすですがたまるところがあると言う事です。
40 kg の中には神経と血管とリンパもありますし皮膚と皮下脂肪と筋肉、じん帯と脂肪と骨と内臓しか存在していませんのでこの中で疲れやストレスを 貯めやすい所というのは筋肉と内臓しか存在していません。
筋肉に疲れやすいですがたまってリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積したり乳酸が溜まるということは知られていると思いますが内臓と聞くと多くの方が病気というのを連想しますが病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやストレスがたまるということで起こります。
多くの方が内臓と聞くと病気というのは関係付けてしまいますが何でもかんでも即病気というのを関係づけることなく内臓にも疲れやストレスが溜まってしまうということですから内臓に溜まった疲れやストレスが小顔矯正をしていくときに一番の邪魔なものになり厄介なものになります。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスが多く蓄積していると普通は何かの症状を感じなければいけませんしど愛というものがありますので度合いが多ければ多いほど悪さを感じなければいけませんが、最近は多くの方が睡眠負債状態に陥っている場合がありますので睡眠負債状態というのは自分の体調の悪さを感じにくくし痛みやこりを麻痺状態を起こしていきます。
つまりどんなに悪くても麻痺してしまったり鈍感になってしまった方は体調を通していることさえも気が付かないで風邪も引かないと思っています。
人というのは風邪の細菌が入ってくると風邪っぽくなってしまうのが当たり前なんですが L大脳が元気だからできる技です。
眠りが浅いということは大脳が急激に弱っていき慢性化状態で弱ってしまいますので弱った方ほど痛みやコリを感じにくく風邪を引くこともできませんし例えばインフルエンザウイルスが体内に入って人に撒き散らして感染してしまうような状態の方でも本人は平気だと思ってしまう方もいますので発症はしないということです。
インフルエンザウイルスや風邪の細菌が体内に入って増殖してきても大脳が弱っていると風邪をひくこともできません市インフルエンザを発症させることもできません。
風邪やインフルエンザの時期に予防接種をしてしまう方もいますが予防接種というのはいいものを体内に入れるのではなくインフルエンザウィルスの録画を抜いたものを体内に入れて免疫を作らせるということをしていますのでインフルエンザにならないということはないということです。
予防接種をしてしまえばインフルエンザにならないと思っている方が多くいますが予防接種というのはいいものを入れるものではなくインフルエンザウイルスを体内に入れるということですからインフルエンザに負けてしまうこともあるということです。

小顔矯正と疲れやストレス

大脳と小顔矯正

以前はよくテレビなどで病院の先生がでてインフルエンザにならないというわけではないと説明していましたが最近はあまり言わなくなりました。
言わないだけで変わっているわけではないと思います。

インフルエンザウイルスのワクチンを打っても予防接種をしてもインフルエンザにかからないというわけではなく既読ならなくて済むということです。
しかし大脳が弱り切ってしまった人ほどインフルエンザウイルスが体内に増殖傾向を示していても何も感じませんし熱を上げることもできません。
風も同じような感じで風邪の細菌が体内に入って増殖しても熱を上げることもなくウイルスや細菌が体内に入って増殖していても本人は何も起こらない子風邪っぽくもならないし熱が上がることもありません。

大脳が弱ってしまったほど発症させることができませんので高熱を上げて寝込むということはないと思いますが生活を見てみると風邪を引くような格好していたり悪い生活をいっぱいしていますが大脳がを弱ればば弱るほど何も起こりません。
子顔矯正をして行く時には疲れやストレスと二分されるような状態で関係するものがありますが関係するものは睡眠負債状態と睡眠障害です。

不眠症と顔を小さくすること

多くの方が勘違いしていますが睡眠負債というのは不眠症とは違います。
不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり目が冴えてしまっていたり夜中に何回も目を覚ましたりするのが不眠症なんです。

しかし不眠症とは違い睡眠障害や睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めることはないから寝ていると思っています。
単純に目が覚めないから寝ているということは言えませんので夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

覚えているのはたった今見た夢だからです。

しかし夢よりも浅い睡眠がありますので浅い睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは大脳を急激に弱らせていき弱っただけでは済まなくなってしまっているか違いますので検査してみると体調が奈落の底の体調していたり存続の体調しているばかりなんです。

今まで多くの方の顔を小さくする小顔矯正をしてきましたが全員と言っていいほど簡単に体調が上がらないほど奈落の底の体調してたりどん底の体調しているばかりでした。
それも多くの方が自分がどれほど落ちているのかということを分かっていませんし、言っても信じてもらえないこともありました。

体の状態が関係する

説明してもわかってもらえないことも多くありますので簡単に信用してもらえるわけではありませんがしっかりと考えるようにしたほうがいいと思います。

自分の体というのはスペアはありませんのでひとつしかありません。
当院の検査というのも正確な検査をしていますので30年間研究をして今も研究を続けている最中ですが正確でいろいろなものが分かるという検査をしています。

2018年11月22日