腰痛

腰痛を楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものを解決しなければいけませんが腰痛というのは骨盤の歪みや骨盤の開きを必ず起こしている場合がありますので骨盤の歪みや骨盤の開きを改善していかなければ痛みだけを楽にすることは対症療法でもできます。

腰痛とは

対症療法というやり方は楽にすることを主にするやり方なので対症療法という方法は原因なんかは関係なく単純に痛みを楽にすることを中心にしていく方法です。

腰痛と対症療法

対症療法というやり方は湿布を貼ったりすることでも腰痛や腰の痛みを楽にすることもできますし運動やストレッチをしても腰痛を楽にすることができる可能性もありますしサプリメントを飲んでも腰痛を楽にすることはできる可能性もありますしマッサージをしても専門家の先生に上手にマッサージをしてもらっても腰痛を楽にすることがあるかも分かりませんし低周波治療器や電気などをかけても腰痛を楽にすることができる可能性もありますが、 どれもこれも対症療法の一つです。

腰痛や腰の痛みを感じたら治療法というのは、2通りの治療法がありますので一つ目の治療法というのは対症療法という治療法です。

もう一つの治療法というのは根本療法という治療法なんですが根本療法という治療法は原因を見つけ出すことをして少しずつ解消していくのが根本療法です。
どちらかと言うと普通の腰痛や腰の痛みであれば根本療法の方が時間がかかるのが当然ですし短期で済むと思うのが対症療法になります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛は腰の痛みといってもこじらせていて悪化させたものというのは時間がかかってしか直っていきませんので回数を重ねていかなければ治ることはありません。

腰痛は腰の痛みというのは椎間板ヘルニア、坐骨神経痛を起こすこともありますから坐骨神経痛や椎間板ヘルニアというのも特別なものではありませんので誰でも当然、起きてしまうことがあります。
腰痛や腰の痛みが起きる時には慢性化した状態で数年にわたっていつも腰が痛いと思う方もいますし急激に痛みが起きてしまう方もいますから色々な痛みになっていきます。
腰痛は腰の痛みになってしまうと短期で改善する場合もあれば時間をかけたり回数をかけないと治らないという方がいますので単純に疲れやストレスの蓄積で起きている腰痛は腰の痛みであれば数回で改善できると思いますが、 最近はそういうわけでは行かない腰痛の方が多くなっています。

背骨のズレ

短期で楽になる事もあれば慢性化した痛みは

短期で痛みが楽にならない場合はこじらせている腰痛ですからしばらくの通院が必要になります。
短期で治らない腰痛というのは少しずつ改善していくしかありませんのでいくつかの原因が重なっている場合がありますので重なったものを減らしていくことをしないと腰痛や腰の痛みが楽になることはありません。

腰痛を起こしている原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きに原因がありますので骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると体を支えることができませんので体を支えることができないときに重たい物を持ったり前かがみになったり中腰をしたりすることで歪みがひであきが悪化してしまいますので悪化したものが急激に起きた事がぎっくり腰になります。

しかしなにも原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありませんのでどうして起きたのかということを見つけ出さなければいけません。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的なプレッシャーを加えられたり睡眠負債があると多くみなされていくものが体に蓄積したのが原因です。
多く生み出されていくものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので腰が弱い人であれば腰痛起こし方が弱い人であれば肩こりになっていくということで生理に関係するところが弱い方は生理痛を起こし便通が悪くなる性の問題を持っている方でしたら便秘を起こしていくということになります。
弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすくなりますので人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しています。

弱い部分には疲れやストレスがたまりやすくなっていきますがそのでもない部分というのは疲れやストレスがたまらないことはありませんが弱い部分よりも圧倒的に少なくなっています。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上が水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではありませんので血液だったりリンパ液だったり体液だったり組織液だったり色々な部分の水だということです。

疲れやストレスの蓄積

水に何かが起きるということはありませんので滞留することは起きても見ずに疲れやストレスがたまるということはないと思います。

疲れやストレスがたまる所

ではあと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあると言えます。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
大脳も内臓の一部です。

筋肉にも疲れやストレスがたまるということは分かっていると思いますから後はどこにたまるのかということが問題なんですが筋肉よりも奥にある部分に問題があります。
筋肉よりも奥にある部分というのは内臓ですが内蔵と言っても病気というのは関係付けることなく内臓に疲れやストレスが多く溜まっていくことが起こります。

内臓に疲れやす列が溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし背骨のズレが起きて行きます。
骨盤が不安定状態になってしまうことなんですが骨盤が不安定状態になった時に体を支えられないような姿勢をしてしまうと腰が痛くなります。

別に骨が外れることもありません。

筋肉や靭帯が体を支えられない時に炎症や腫れを起こしていきます。
腰の部分を触れば熱を持っている感じになっている方がいますが炎症や腫れが残っている場合がありますので

まずは炎症や腫れを抑えて行かなければいけませんので炎症や腫れを抑えるためには湿布が一番の有効な手段ですからお風呂に入って温めたりすることもなく湿布を貼って冷やしてください。
まずは筋肉や靭帯の炎症や腫れを抑えていくことが優先されます。
筋肉や靭帯の 炎症や腫れを解消していけば楽になるかというとそうでもないこともあります。

筋肉や靭帯の炎症を解消しても骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがある場合もありますし椎間板ヘルニアになっているということがあるからです。
椎間板ヘルニアというのも疲れやすレスが弱い部分に溜まることが原因で誰でも起きてしまうことがありますので特別なものではありません。

生活している限り疲れやストレスはある

生活している限り仕事をしている限り運動したりすることが多くあったりすると疲れやストレスが溜まっていきますが弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が腰の部分であれば骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていき歪みやズレが起きた時に身体を支えられない姿勢をした時に一気に起きるのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰というのは骨が外れたりすることではなく筋肉や靭帯の炎症が急激に起きていくということで痛みになっていきますので捻挫と同じことなんです。
寝違えというのも捻挫ですから体調の悪さを示していますので体を支えることができない時に不自然な姿勢で寝ている時がありますので不自然な姿勢で寝ていることで急激に痛みになってしまいます。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛と疲れやストレス

腰痛というのも疲れやストレスが溜まりすぎていることが原因で限界まで貯めてしまった時に身体を支えることができない姿勢をしたら痛みになっています。

腰痛を改善するためにはまずは筋肉や靭帯の炎症や腫れが検査をすることで見つかれば炎症や腫れから解消していかなければいけませんので筋肉や靭帯の炎症や腫れをまず先に解決していきます。

筋肉や靭帯の炎症や腫れも一度で治ることもありますが数回かからないと治らない場合もありますので状況によりけりですが筋肉や靭帯の炎症が治まったら次は骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを矯正していきます。

そして次に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしたのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因ですから内臓に溜まった疲れやストレスを見つけ出して減らすことをしていきます。
多くの場合、腰痛を起こしている時には主にですが一つの原因が思い当たります。

一つの原因というのは腎臓の疲労です。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓も疲弊していきますので働きが悪くなるというよりも炎症や腫れを起こすこともありますから腎臓のある部分を触ると出っ張っていることがありますし張っていることもあります。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなりますので腎臓に関係する筋肉というのは大腰筋と腸骨筋という筋肉がお盆に骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしそして腰椎の4番目と5番目の骨を不安定状態にしたりズレさせる原因になっていきます。
腎臓が弱くない方は腰痛になることはありませんが腎臓が悪すぎる方は腰痛を起こすことがなく腰痛を飛び越して先将来の病気につながっていくこともあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因
2018年12月08日