疲れやストレスのたまる場所

痛みやコリ、体調の悪さなどは、どうして起きる?
毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多く生み出されていきます。何をしても何もしなくても疲れやストレスは多くなります。

生活上で座っているだけや、足を組んでいる時も、横すわりしている時も、テレビを見ている時も、家の階段を上り下りする時も、洗濯して干す時も、お風呂掃除する時も、部屋掃除する時も、買い物をする時も歩く時も坂道を上り下りする時も、鍛えたりジョッキングする時もストレッチする時も運動する時もプールで泳ぐ時もランニングマシーンを走る時も車の運転する時でも、デスクワークする時でも、仕事する時でも、ゲームで遊ぶ時もスマホを操作する時でも、眠りが浅い時でも体には多くの疲れやストレスが生み出されていきます。

何をしても何もしなくてもたまる

家でゴロゴロしてもダラダラしても、家でゆっくりしても多くの疲れやストレスが生み出されて体に蓄積していきます。生み出されてたまったものは、すべて体にたまっていきます。

体にたまって歪みやズレになり腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み、骨盤が大きくなる、顔が大きくなる、浮腫みが多くなる、脂肪がつきやすくなる、ウエストが太くなる。

疲れやストレスがたまるのは

疲れやストレスほど多くなっていくのに減っていないものはありません。
例えばですが体重が100キロの方がいるとしたら

体重が100キロの方がいるとしたら

体重の半分以上は水分でできていますが、水分と言っても単純な水と言う訳ではなく血液、リンパ液、脳せき髄液、細胞の中にある水です。しかし水に疲れやストレスがたまることはありません。

体重の半分以上は水

ということはあと、残った100キログラム中、35キロの中に疲れやストレスがたまる所があると言う事になります。

水に疲れやストレスはたまらない

内臓にたまった疲れやストレスが骨盤の歪み、開きを起したり、背骨のズレを起こしていきます。骨盤の歪みや開きは全体の体調を表しています。疲れやストレスが多くたまると骨盤の歪みや開きになっていきます。

疲れやストレスが