腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレから


  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を楽にしたら腰痛を起した原因も見つけて改善することで腰の痛みが楽になり繰り返しにくくなる北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

腰痛や腰の痛みが起きる時は何かをしている時に起きてしまいますが、何もしていなくても腰が痛くなる時もあります。普通は重たいものを持ったり、中腰の姿勢をしたり、前かがみをしたり、柔らかい布団に寝ると腰が痛くなる、座っているだけで腰が痛い、長く立っていると腰が痛い、クシャミをしただけで腰が痛くなる、とかですが、全てに原因があります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるのは、骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが有るからですが、歪みや開きや背骨のズレが原因で痛くなるのではなく、歪みや開き、そして背骨のズレを起こす原因です。

どうして歪みや開きや背骨のズレが起きるのか。どこから起きているのか、考える必要もあります。

対症療法をすると

対症療法をしても楽になる事はあります。対症療法と言うのは病院で注射を打ったり、湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器などをすることです。痛みの原因なんか、関係ありません。痛み止めをするのが対症療法です。

対症療法

ですから原因が残ったままになっています。原因を残したままでいると悪化させたり、繰り返したりは当然ですが、原因もいつまでも、そのままではいられません。

原因も現状維持はありません。悪い部分は年齢以上に悪くなっていきます。

腰痛から椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に進行する事もあります。椎間板ヘルニア、坐骨神経痛も特別なモノではありません。誰でも起きることがあるのが椎間板ヘルニアです。

腰痛が悪化したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になっていきます。

腰が痛くなるのは

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるのは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。この積み重ねが腰の痛みになっていきますが、多くなるものは特別なモノではありません。

多くの方がたまっているモノです。

しかし、多くなるものは弱い部分にたまっていく傾向があります。腰が弱い方が多くためてしまうと腰が痛くなります。

しかも毎日の生活で多くなるモノですが、減らす事をしていません。

毎日の生活で多くなるものとは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積が弱い部分に多くたまっていくと歪みやズレになり、歪みやズレが大きくなると骨盤が安定しません。つまり骨盤が不安定な時に、体を支える事ができない姿勢をすると痛くなります。

 

腰痛が起きるときには、何かの原因があります。なにも原因がなくて腰の痛みになる事はありません。何かが起きているから腰痛になります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを直したりする治療は色々ありますが、多くは対症療法になっていますから痛みを緩和する治療ばかりです。腰痛には楽にする治療と、原因を見つけ出して原因から変えていく治療があります。

しかし多くの治療は痛みを楽にすることをして直した、又は、治ったと思っています。

腰痛の治療は、湿布を貼っても、サプリメント、医薬部外品を飲んでも、マッサージしても、低周波治療器や電器をしても楽になる事もあります。また整体院やカイロプラクティック院でボキボキしても、本当は対症療法になります。

他の整体院の治療やカイロプラクティック院の治療では骨盤の歪み・背骨のズレが中心だからです。その先にあるものが、本当の原因ですから、骨盤の歪み・背骨のズレは結果にしかすぎません。

腰痛が起きるときには2つの条件があります。

2つの条件が揃ったときには、避けようがありません。何をしても、何もしなくても腰の痛みになります。条件も、いつも同じではありません。変化しています。良くなったりひどくなったり強くなるのは変化しているからです。人は軽くなると、このまま良くなるのか、と思いがちですが、そうはいきません。なりをひそめているだけの場合もあります。

いつかは、大きくなって出る事もあります。その時には腰痛どころか、通り越して椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になる事もあります。椎間板ヘルニア、坐骨神経痛も特別なモノではありません。誰でも起こるものです。

一つ目は切っ掛けです。

切っ掛けとは重たいものを持ち上げたりして腰が痛くなることや、座って立とうとしたときに腰が痛くなること、何かを取ろうとして体を伸ばした時に痛くなること、クシャミをしただけで腰にくること、車の運転で腰痛が起きることや布団やベットで寝て腰が痛くなることです。

何をして腰が痛くなったのかと聞いた時に言う事です。原因ではありません。あくまでも切っ掛けです。もう一つが揃わないと起こりません。

2つ目は骨盤の歪み・背骨のズレ

2つ目の原因が深く腰痛に関係します。腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。一つ目と2つ目の両方が揃ったときに腰が痛くなります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因

当院では腰の痛みを楽にすることを優先していきます。楽になったら、そこから腰痛の原因を見つけ出す事をしていきます。

腰痛になる時には、必ず原因があります。原因を見つけ出す為にも、まずは痛みを楽にすることから。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになる時には毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それは疲れやストレスです。

疲れやストレスは弱い部分にたまっていきます。弱い部分が腰の方が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を楽にしていくなら

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには、体に多くの疲れやストレスがたまって骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因は毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。これが疲れやストレスです。

疲れやストレスの

疲れやストレスがたまる時には特別なことではなく、いつもあるものです。いつもあるものを減らす事はしていません。つまり疲れやストレスがたまっていると言う事です。

疲れやストレスは際限なく多くなっていきます。疲れやストレスの借金を多くしていると言う事で腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが取り立てと言う事ですが、借金を返していることにはなりません。

疲れやストレスと言う借金を多くしているだけです。しかも返せない借金です。

この借金を減らす事もしないで生活したり仕事をしたり運動をしてます。

生活したり仕事をしたり運動をしていると、さらに多くの疲れやストレスが積み重なっていきます。

この積み重なるものが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

しかも疲れやストレスが多くなる時には体の弱い部分にたまる傾向がありますから腰痛になる部分が弱い方が多くの疲れやストレスをためてしまいます。

腰痛を楽にしていくなら対症療法よりも骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレなどの解消からしています。

腰痛を楽にしていく治療法は色々ありますが、多くは対症療法という治療法ばかりです。

対症療法というのは原因を見つけることなく痛みさえ楽になれば治ったと言う事を言います。ですから原因なんか、関係ありません。

腰の痛みがある所に何かをするのが対症療法です。本当の腰痛の原因が別にあることも考えようともせずに。

一番、簡単な方法の対症療法が何も考えずに腰が痛ければ腰に湿布を貼る事です。確かに湿布と言うのは鎮痛効果がありますから痛みは楽になることもありますが、どうして腰痛が起きたのかと言うことは関係ありません。

多くの腰痛は姿勢で起こります。姿勢と言うのは重たいものを持ったりすることが代表です。前かがみになって重いものを持とうとして腰が痛くなる、ギックリ腰になる、腰痛になるという事です。

しかし、本当は重いものが悪い訳ではなく、重いものを持ち上げようとする前に骨盤の問題があることです。

骨盤の問題とは、骨盤の歪み、骨盤の開きです。骨盤に歪みや開きがあると骨盤が不安定になります。この骨盤が不安定な時に前かがみになっていること自体、腰にかなりの負担が起きています。

この負担がある時に重いものを持とうとしたために腰が支えることができないでじん帯、筋肉の炎症が起きていき、ギックリ腰になっています。ギックリ腰は急性腰痛とも言いますが、要は足や手首、首に起きるネンザです。

関節が大きい為に痛みがヒドイですが、ギックリ腰は腰で起きるネンザです。寝違えも捻挫です。同じネンザですから、捻挫もどうして起きたのか、理由があります。それは体調の悪さです。

体調の悪さがあると疲れやストレスが多くたまっていますから、疲れやストレスが多くたまればたまるほど歪みやズレになります。

これが、いつか、限界を超えて歪みやズレが大きくなった時に腰痛として起きます。

腰痛が起きるときには、必ず疲れやストレスが腰痛を起こす部分にたまっています。