腰痛


  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を楽にしたら腰痛を起した原因も見つけて改善することで腰の痛みが楽になり繰り返しにくくなる北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

当院では腰の痛みを楽にすることを優先していきます。楽になったら、そこから腰痛の原因を見つけ出す事をしていきます。

腰痛になる時には、必ず原因があります。原因を見つけ出す為にも、まずは痛みを楽にすることから。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

顔にあたる部分が固く感じますからタオルを持ってきてください。また顔にあたる部分がレザーになっていますのでレザーの臭いがあります。臭いと固さを防ぐためにもタオルをお持ちください。

ボキボキしない腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど保険は

整体とカイロプラクティックの施術は、どこでも保険は効きません。しかし腰痛の原因である歪みやズレを矯正できるのは整体とカイロプラクティックだけです。

腰痛を楽にしていくなら

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには、体に多くの疲れやストレスがたまって骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因は毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。これが疲れやストレスです。

疲れやストレスの

疲れやストレスがたまる時には特別なことではなく、いつもあるものです。いつもあるものを減らす事はしていません。つまり疲れやストレスがたまっていると言う事です。

疲れやストレスは際限なく多くなっていきます。疲れやストレスの借金を多くしていると言う事で腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが取り立てと言う事ですが、借金を返していることにはなりません。

疲れやストレスと言う借金を多くしているだけです。しかも返せない借金です。

この借金を減らす事もしないで生活したり仕事をしたり運動をしてます。

生活したり仕事をしたり運動をしていると、さらに多くの疲れやストレスが積み重なっていきます。

この積み重なるものが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

しかも疲れやストレスが多くなる時には体の弱い部分にたまる傾向がありますから腰痛になる部分が弱い方が多くの疲れやストレスをためてしまいます。

疲れやストレスから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

 

腰痛を楽にしていくなら対症療法よりも骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレなどの解消からしています。

腰痛を楽にしていく治療法は色々ありますが、多くは対症療法という治療法ばかりです。

対症療法というのは原因を見つけることなく痛みさえ楽になれば治ったと言う事を言います。ですから原因なんか、関係ありません。

腰の痛みがある所に何かをするのが対症療法です。本当の腰痛の原因が別にあることも考えようともせずに。

一番、簡単な方法の対症療法が何も考えずに腰が痛ければ腰に湿布を貼る事です。確かに湿布と言うのは鎮痛効果がありますから痛みは楽になることもありますが、どうして腰痛が起きたのかと言うことは関係ありません。

多くの腰痛は姿勢で起こります。姿勢と言うのは重たいものを持ったりすることが代表です。前かがみになって重いものを持とうとして腰が痛くなる、ギックリ腰になる、腰痛になるという事です。

しかし、本当は重いものが悪い訳ではなく、重いものを持ち上げようとする前に骨盤の問題があることです。

骨盤の問題とは、骨盤の歪み、骨盤の開きです。骨盤に歪みや開きがあると骨盤が不安定になります。この骨盤が不安定な時に前かがみになっていること自体、腰にかなりの負担が起きています。

この負担がある時に重いものを持とうとしたために腰が支えることができないでじん帯、筋肉の炎症が起きていき、ギックリ腰になっています。ギックリ腰は急性腰痛とも言いますが、要は足や手首、首に起きるネンザです。

関節が大きい為に痛みがヒドイですが、ギックリ腰は腰で起きるネンザです。寝違えも捻挫です。同じネンザですから、捻挫もどうして起きたのか、理由があります。それは体調の悪さです。

体調の悪さがあると疲れやストレスが多くたまっていますから、疲れやストレスが多くたまればたまるほど歪みやズレになります。

これが、いつか、限界を超えて歪みやズレが大きくなった時に腰痛として起きます。

腰痛が起きるときには、必ず疲れやストレスが腰痛を起こす部分にたまっています。

 

腰痛・腰の痛みは

腰の痛みが起きるのは、ストレスが主な原因です。体のストレスがたまってくると歪みが起きていきます。この歪みが骨盤の歪みや背骨のズレを起こして筋肉やじん帯のユルミを作ります。このユルミが出来た時に体が支えられない姿勢で、急に痛みが起きるか、徐々に痛みになるのが腰痛、腰の痛みです。

体にたまったストレスが腰にたまっていくと骨盤の歪みや筋肉、靭帯のバランスを喪失してしまって、体が支えられないと腰痛、腰の痛みになります。腰痛が起きるのは、年齢や性別は関係ありません。誰でも起きてしまうのが腰痛です。悪化させると、椎間板ヘルニアや、坐骨神経痛になります。ヘルニアや坐骨神経痛になると、足のしびれや足の痛み、足のマヒになっていきます。

腰の痛みは、つらいものがあります。身体も真っ直ぐにできない場合もあります。
セキをしただけで、腰に痛みが起きる方もいます。靴下を履こうとしただけで腰に痛みが起きる方もいます。少しの中腰で、腰痛になる方もいます。ものを取ろうとして、腰を痛める時もあります。

北九州市で腰痛を楽にするなら徳力整体院小倉南区 小倉北区 八幡東区 行橋市 戸畑区
腰痛を起こすときには原因と切っ掛けがあります。まず、切っ掛けが、重いものを持つ、何かを取ろうとして腰痛、中腰で腰痛、体を捻って腰痛、朝起きたら腰痛、くしゃみを見たら腰が痛くなった、咳をしたら腰がズキズキするようになった、靴下を履こうとして腰が痛くなったなどが切っ掛けです。

これらが、切っ掛けで、あとは、原因があります。原因から施術していくことをしないと、繰り返しやすくなります。痛みが解消したら、良くなったではなくて、原因が残っています。

この原因が、年齢と老化で日々悪くなっていきます。腰痛が起きた方の、ほとんどは原因がある為に起きています。

一時的な急性状態が、楽になったら終わりではなく、そこから原因を減らしていく事をしていくのが、体質改善という施術です。その為にも、今の痛みを楽にしていく事をしていきます。

この原因から解消していく事で腰痛が起こる原因もわかります。原因が、わかると、腰痛を繰り返さないようにしていく事も体質改善という施術でできます。その前には、腰痛を楽にすることをします。

腰痛は、姿勢や重いものを持つなどが原因で起きるのではなく、これらは、切っ掛けです。

この切っ掛けで、腰痛が起きやすくなります。
特に疲れやストレスが、たまって蓄積した時に、切っ掛けで腰痛・腰を痛めてしまします。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの切っ掛け

この切っ掛けとは

重いものを持って腰痛
体をヒネル
横座り、あぐら、足を組む
朝起きたら,腰痛になっていた
靴下を履こうとして
ズボンを履こうとして
洗濯物を干そうとして
お風呂に入っていて腰痛
  などなど切っ掛けは色々あります。

しかし、この切っ掛けが起きる前に、もう、いつ起きても不思議じゃない状態になっている事が、腰痛を起こしている原因です。

腰痛いつ起きても、不思議じゃない状態の場合だけ、腰痛が切っ掛けで起こります。

腰痛いつ起きても、不思議じゃない状態っと言うのは、疲れです。
それも、単純な疲れではなく、深い疲れが蓄積している場合です。
腰痛を起こすほどの疲れの蓄積です。
この腰痛を起こすほどの、疲れが蓄積した時に、切っ掛けで腰痛になります。

腰痛を起こすほどの疲れが蓄積すると、蓄積するものが多くなると、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に進行する場合があります。

腰痛のメカニズムは

腰痛が起きるのは、疲れの蓄積です。この疲れの蓄積が、体の何処かにたまります。
この場所は、腎臓です。腎臓に疲れが蓄積すると、筋肉バランスが崩れていきます。

筋肉バランスが崩れると、骨盤が開いたり、骨盤の歪みが起きります。この骨盤の歪みが、体の上体を支えきれません。この時に、起きるのが、ギックリ腰です。

ギックリ腰は、腰に起きるネンザです。関節が大きいため、痛みが強くなります。骨盤などが歪みが起きているので、筋肉やじん帯が支えきれなくて強い炎症を起こします。

骨盤の歪みと骨盤の開きが、立つときに痛んでしまい、真っ直ぐ立つときに痛みになります。

腎臓に疲れが溜まると、大腰筋、腸骨筋と言って骨盤の股関節に付着して骨盤の上の方や背骨についている筋肉のバランスが崩れてしまいます。

北九州市で腰痛を楽にするなら徳力整体院小倉南区 小倉北区 八幡東区 行橋市 戸畑区 腰痛は歪みから  
上のイラストが、腰痛を起こしている筋肉です。

この筋肉がバランスが崩れた時に、腰痛がいつ起きても不思議ではない状態になります。

そして、この筋肉は腎臓に関係する筋肉です。
骨盤の歪みが腰痛になります。
腎臓に疲れが溜まると、筋肉が弱くなって骨盤の歪みと骨盤の開きを起こして、腰痛・ギックリ腰になります。

腎臓疲労から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに
腰痛を解消するには

当院は腰痛を原因から改善することをしています。
体に蓄積した疲れを軽くすることとから始めて、腎臓の働きを良くすることをすると、腰痛が楽になります。

当院の特殊な痛くない腰痛改善法は、腰痛の原因の腎臓を回復させていく施術法です。
痛みを電器などで一時的に散らすことをするのではなく、根本から改善することをしています。

腰痛と言っても色々な感じ方があります。
腰痛が起きた切っ掛けは、本当に、姿勢とか、ヒネル、重いものを持つとか色々あります。

腰痛を楽にするためには、ピンポイントで原因を追及していく必要があります。
電器やボキボキしたりなどの痛みを散らすことをしないで、原因から腰痛を改善していきます。
腰痛を我慢すると、悪化させてしまうので、回復までに、もっと時間がかかるようになります。

何事にも早く適切な処置をする必要があります。
       

腰の痛みは

整体やカイロのように電機やボキボキしたりして痛みを散らしているだけでは、根本的な改善にはなりません。
ほとんどの整体やカイロをしている先生も知りませんが、当院では腰の痛みが起きている原因を施術していきます。
その原因は腎臓にあります。病気ではありません)
腎臓と言うと、即、病気?と思う方がほとんどだと思いますが、違います。

内臓が疲れると、腰痛・腰の痛みやコリになります。

腎臓が疲れた時に、腰痛、腰の痛み、ヘルニア、坐骨神経痛、シビレが起きます。
腎臓が疲れると、浮腫みが起きたりします。
腎臓に疲れがたまると、どうして腰痛になるのか??

それは、

腎臓の疲れがたまると、骨盤のバランスが悪くなります。
骨盤のズレが起きます。
ズレを起こすのは、大腰筋、腸骨筋と言って骨盤の股関節に付着して骨盤の上の方や背骨についている筋肉です。
 

腰痛の起きるメカニズム

大腰筋、腸骨筋は、よくテレビで、ダイエットの時に出てくる筋肉です。      

骨盤の開きで腰痛は起きます

大腰筋・腸骨筋のバランスが悪くなって起きた骨盤の開きとネジレ

 
腰痛を起こす筋肉に影響を出すのが、腎臓です。
筋肉と内臓は密接に関係しています。
この筋肉を良くすることもダイエットにつながります。

大腰筋、腸骨筋が緊張してくると骨のズレを起こしたり椎間板も牽引したりしてヘルニアを起こします。
大腰筋、腸骨筋が固く張ってくると、もっとひどい腰痛になります。
この場合も腎臓を回復させる必要があります。

施術法は、内臓から元気にしていく事です。体が疲れたと言うことは内臓が疲れたと言うことです。
基本は内臓なので、全て内臓を原因にしていく事で大腰筋、腸骨筋も回復して戻ります。

腎臓が弱くなると、腰痛が起きます。


腎臓が疲れてくると、腰痛は起きます。
なぜ、腎臓が弱いのか??なぜ、腎臓に疲れがたまるのか??

それは、体質的に老化しているからです。体質的に老化と言うと、もしかしたら、先将来、腎臓の病気を起こす可能性が多い方です。腎臓と言えば、病気と思いがちですが、今は病気ではありません。

今だ病気にあらず!! 

未病と言う状態で色々な症状は起こります。
しかし、一時的に強い痛みを起こしますが、時間や電気を掛けると一時的に良い状態ができるかもしれません。
でも、時々、このように腰痛などの痛みを起こして、少しずつ悪くなって、気が付かないうちに腎臓が老化していきます。
老化の最終形態が、病気です。でも、今は病気ではありません。
簡単に言うと、病気になっていっている途中かもしれません。どれだけ、老化が進んでいるのか。これが一番大事だと思います。
これを少しずつでも改善していくのが体質改善 アンチエイジング 若返りの施術です。

痛みは

いつまでも腰の痛みを抱えていないで原因から解消していくことを考えませんか。腰の痛みが起きるのは、何かの原因があります。この原因となるものの、一つは、体調です。体調とは、体調が悪い、調子が悪い、疲れがたまっている、ストレスがたまっていると言います。

ストレス

我々は良く簡単にストレスと言う言葉を使いますが、『ストレス』と言うのは本当の英語は「Distress」です。前の「Di」がなくなって後半の「stress」だけが残って今のストレスになっています。ストレスの英語の意味は、「苦悩」とか「苦痛」と言う意味です。直訳で言うと「ストレスがたまった』と言う事は、『苦痛がたまった』と言っている訳です。

ストレスとは

日本語の意味は、疲れです、『ストレスがたまった』と言うことを言い換えると、『疲れがたまった』と言う事を言っています。このストレスが体にたまると体は歪みを起こしていきます。ストレスは限りなくたまることができます。限界なくたまって歪みを起こしていくと、歪みが起きて腰痛、腰の痛みになります。