EVO 5   EVO 5 AM

2008年11月末のプレ日本選手権用の機体の調整も大体終わりました。

手前が、ミュージック用 EVO5 AM YSK、電池無しで96gです。
向こう側がパターン用で、EVO5 電池なし170g。機体構想は、今年の6月頃には、出来ていたのですが、細部の見直し等で、実際の調整は、10月位からでした。
AMは、音楽選考に時間がかかり、本格的に練習始めたのが、11月になってからでした。その為、今でもまだ、思い通りにいっていません。やはり、体育館の狭さだと、音楽に合わせるのが難しいですね。
モーターは、HACKER A10-15Sそれをベルウッド製のギヤダウンで、回してます 今回の最大の特徴。翼を板型から、通常の翼型に変更。以前翼型で失敗していたのですが、あの時と事情が大分変ってます。十分な軽さと、モーター類の進化、そして、抵抗板の考案等・・・。抜けの良さ、ロールの均一性等の向上が見込まれます。
EVO5 am YSK、 YSKの意味何でしょう? 今回のポイントですけど・・・分りませんよね。 モーターは、このクラス最軽量のE-Fliteモーター Park 250。後1割パワーがあると最高なのですが。


平成20年11月24日  落合さんに写真撮ってもらいました。 有難うございました。
ちなみに、飛行機は、最初宅急便で送る予定だったのですが、飛行機に手荷物で預けられるとの事で、急遽手で持っていく事にしました。ただ、帰りも持って帰るのは、大変なので、

大会後 どなたか、EVO5 を機体のみで10,000円(他サーボ等が必要な場合は、実費相当分) EVO5 am を機体のみで5,000円(他サーボ等が必要な場合は、実費相当分)で購入して下さる方は、いらっしゃいませんか(---応談でも---)?
宜しくお願いします。


110×90×30の箱を作り、収めますが、まず脚がじゃまになるので、外します。 長さも足りないので、リンケージを外します。
エレベータも45度しか動かないようにしてあるので、切り取って90度近く動くようにします。 切り取り。
それで、AMと重ねて入れてみます。 高さがオーバーします。
張り線も外します。 やっと、詰め込みました。1センチの隙間もないところがあります。

大問題発生!
明日出発なのに、夜になり飛行機に載せる時の箱のサイズがオーバーしてる事が判明!
あれだけ、旅行会社なんかに確認したのに。
急遽、2機とも胴体の真ん中でばっさり!
あー。やる気無くすなー(−−〆)。

戻る